楽天の離職率はぶっちゃけ高い?【実際の働き方はどうなの?】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「楽天の離職率は高い?」

EC・金融・通信など手広く事業を展開し、日本のIT業界を牽引する存在の「楽天」

ご存知の方も多いかもしれませんが、給料はIT業界の中では比較的高く、パフォーマンスを発揮すると高く評価される”実力主義の会社”として知名度が高いです。

もちろんその分オーナーシップやリーダーシップが育まれるので、間違いなく営業パーソンとして成長することはできます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「楽天の離職率の高さと年収の仕組みや働き方」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

楽天に転職するなら?
JACリクルートメント今後楽天への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

楽天への転職はIT業界や外資系企業出身者が多く、IT業界や外資系の転職支援に強い「JACリクルートメント」は最も楽天への転職者が登録する転職エージェントです。

また「JACリクルートメント」は元々イギリス・ロンドンで創業したこともあり、海外現地企業とのネットワークが非常に強く、あなたは効率よく国内のグローバル企業に転職することができます。

あなたがこれからスムーズに楽天への転職を決めたいなら、「JACリクルートメント」はまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

まずさきに結論から申し上げると、“楽天の離職率は高い”です。

明確なデータはありませんが、私が独自に調査した口コミ・評判によると、一般的に“楽天は入社してから5年以内に退職することが多い”です。

楽天の退職理由としては、「トップダウンのノルマが厳しいこと」「次のキャリアアップ」が最も多いです。

とはいえ、楽天は”成果主義”を採用しており、順調に営業として継続して商品やサービスを販売することができれば、社内で十分にキャリアアップを目指すこともできます。

楽天の離職率は比較的高いですが、“成果主義の働き方が合っている方にとっては最適な職場環境”と言えます。

GAKU
ちなみに楽天では最低3年の就労経験を積んで転職することを推奨します。楽天で3年も業務を遂行していれば、すでに何かしらのパフォーマンスを発揮し、転職市場で重宝される人材になっているからです。
楽天からの転職先

楽天からの転職先は困らない?【元楽天社員に聞いてみた】

2021年7月14日

楽天の年収は高い?実際の働き方はどうなの?

前述の通り、楽天では成果主義を採用しているため、一概に全ての従業員の年収が高いとは言い切れません。

ご参考までにお伝えすると、2020年の有価証券報告書によると“楽天の平均年収は約755万円”です。

楽天で稼いでいる方の中には年収1,000万円のプレーヤーがいる一方で、まったく稼げない方には年収400〜500万円の方もいます。その中央値が755万円です。

楽天ではあなた自身が目に見える成果を上げると高い年収に結びつきますが、逆に成果を上げられないと低い年収の状況が続いてしまいます。

そのため、サラリーマンとして毎月決まった額の給料を受け取りたいと考える方には合わない働き方になりますし、逆に自分の実力に応じた給料を受け取りたいと考える方には最適な働き方になります。

とはいえ、IT業界の平均年収は約444万円と言われているので、IT業界の中で“楽天の平均年収は高い”です。

また以前まで“楽天は残業が多い割には手取り額が少ない”とブラック企業のイメージが強かったですが、最近は徐々にホワイト企業に近づいてきている印象を受けます。

実際に私の大学時代の同級生は現在楽天に勤めていますが、たとえ平日でも奥さんと家事や育児を分担しながら充実した日々を送っています。

そのため、仕事でもしっかりと成果を出しつつ、ワークライフバランスを上手くとりながら日々暮らしていきたい方にとっては、楽天は最適な労働環境だと思います。

GAKU
楽天と聞くと、実力主義で厳しい印象はありますが、働き方に関しては柔軟度が高いです。

楽天への転職が向いている方の特徴

楽天への転職が向いている方の特徴としては、主に3つのことが考えられます。

楽天への転職が向いている方
・営業力に自信がある方
・高い英語力がある方
・専門スキルを活かしたい方

まず今勤めている会社で営業として結果を残していて、自分の営業力に自信がある方は楽天の営業職に最適な人材と言えます。

また高い英語力がある方は楽天でグローバルな業務に携われる機会もあるので、挑戦する価値は高いと思います。

また楽天では常に事業拡大をしているので、専門的なスキルを保有している方は、マーケティング・エンジニア・管理業務などでも転職することができます。

楽天への転職を目指すなら、まず登録すべき転職エージェント

これから楽天への転職を効率よく進めたいと考えているなら、まずは“グローバル企業やIT企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろん楽天の公式HP中途採用ページから直接エントリーする方法もありますが、IT企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、楽天ではIT企業特有の選考手法があり、あなたは十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最も楽天への転職に近い転職エージェントです。

楽天に転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、主にミドル・ハイクラス層の外資系企業の転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方がまず登録しておきたい転職エージェントです。

JACリクルートメントでは各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めてのグローバル企業への転職も安心して進めることができます。

楽天においても複数のポジションの掲載があるので、まずはじめに登録して間違いない転職エージェントです。

現在のあなたが最短距離で楽天に転職したいなら、まず「JACリクルートメント」に登録をしておきましょう。

あなたが万が一楽天に転職できなくても、国内の優良求人に出会えることは間違いないので、まずJACリクルートメントには登録しておきましょう。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由で楽天に転職を決めています。転職活動はあなたの能力の高さ以上に“効率の良さ”が重要になります。

【まとめ】楽天の離職率は高いが、その分成長することができる!

今回は、「楽天の離職率の高さと年収の仕組みや働き方」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

楽天は成果主義を採用しており、やはり“離職率は高い”です。

(世間一般的に成果主義を採用している多くの企業においても、同じく離職率は高くなる傾向にあります。)

しかしながら、あなた自身が十分に成果を上げることができれば、その分青天井に受け取る給料を伸ばすこともできます。

楽天に勤めたばかりの頃は慣れない業務で大変ですが、それを乗り越えるとあなたが“百戦錬磨のビジネスパーソンに成長していること”は間違いなしです。

楽天には営業のプロフェッショナルばかりが集結しているため、そのような厳しい実力主義の環境の中でまずは自己研鑽をしてみるのもありです。

特にあなたの年齢がまだ若いのであれば、一度あなたの実力を試すために楽天に転職することは大賛成です!

これから楽天への転職を実現したいなら、まずは楽天を含む国内の優良企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談しましょう。

JACリクルートメントは特にミドル・ハイクラス層をターゲットに手厚く転職支援をしているので、かなりの高い確率で楽天をはじめとする日本国内の優良な企業の求人を紹介してくれます。

楽天は成果主義を重視する日系グローバル企業なので、あなたが成果を上げるほど年収を青天井に上げることもできます。

特にこれから営業職としてバリバリ稼いでいきたい方にとっては、まず楽天は最適な転職先だと考えています。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

楽天に転職するなら?
JACリクルートメント今後楽天への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

楽天への転職はIT業界や外資系企業出身者が多く、IT業界や外資系の転職支援に強い「JACリクルートメント」は最も楽天への転職者が登録する転職エージェントです。

「JACリクルートメント」は元々イギリス・ロンドンで創業したこともあり、海外現地企業とのネットワークが非常に強く、あなたは効率よく国内のグローバル企業に転職することができます。

あなたがこれからスムーズに楽天への転職を決めたいなら、「JACリクルートメント」はまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

JACリクルートメントと併用するなら?

今後あなたがグローバルな働き方を実現したいなら、まずJACリクルートメントと同じくミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用するようにしましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。