アフラックの平均年収はぶっちゃけ高い?その後の転職先についても紹介

アフラックの年収は高い
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「アフラックの平均年収は高いの?」

アフラックはアメリカのジョージア州に本社を持つ外資系保険会社です。

日本国内ではアヒルのTVCMでご存知の方が多いのではないでしょうか?

アフラックはがん保険のパイオニア企業として知名度が高く、日本では1974年から積極的に事業を展開しています。

現在もがん保険や医療保険の販売に注力しており、日本国内でも屈指の外資系保険会社ということもあり、やはり多くの転職者にとって人気がある企業の一つです。

さきに結論から申し上げると、アフラックの“平均年収はやはり高い”です。

国内に数ある保険会社の中でもアフラックは最も平均年収が高いと言われています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アフラックの平均年収やその後の転職先」について詳しくご紹介します。

今後あなたがアフラックをはじめとする大手外資系企業への転職を目指すなら、まずはミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録をしましょう。

>>JACリクルートメントで求人チェック

アフラックの平均年収は高い?

アフラックの平均年収は高い

さきに今回の結論から申し上げると、日本国内の保険業界において、“アフラックの平均年収は高い”です。

アフラックの年代別の平均年収は、以下の通りになります(転職会議調べ)。

年代 平均年収
20代後半 500万円
30代前半 800万円
30代後半 900万円
40代前半 1,100万円
40代後半 1,300万円
50代前半 1,600万円

(転職会議公式HPより引用)

上記からもわかる通り、アフラックでは基本的に年齢が上がるにつれて、平均年収が徐々に高くなる傾向にあります。

40代を越えると年収が1,000万円超えすることが一般的なので、常に平均以上のパフォーマンスを発揮していれば、比較的高い給料を受け取ることができます。

しかしながら、アフラックは外資系保険会社ではあるものの、年功序列のような日本的な考え方も非常に重要にしています。

そのため、多くの外資系企業のように「成果を出したから年齢に関係なく一気に昇給する事例は少ない」と聞きます。

実際にはそれなりに年齢に応じた形で緩やかに年収が決まっていくことが多いです。

とはいえ、アフラックでは福利厚生が充実しており、日本国内の保険業界では珍しく残業時間も少ないため、男女対等に働きやすい保険会社としても有名です。

最近ではフレックス制度やテレワーク制度を積極的に活用する社員も増えてきており、“子育てや介護をしながらでも働きやすい会社”という声もよく聞きます。

国内の保険業界の中で年収が高いにも関わらず、男性も女性も働きやすい労働環境が整っているので、日系保険会社から転職してくる方も一定数いらっしゃいます。

GAKU
保険会社と聞くとブラックなイメージを抱きますが、アフラックは相当ホワイト企業のようです。アフラックは女性社員も積極的に採用しており、日本国内のアフラック従業員比率は男女1:1となっています。

アフラックの昇給の仕組み

ご存知の通り、アフラックは外資系企業なので、あなたが常にコンスタントに成果を上げることができれば、自然と年収が上がる仕組みになっています。

日本国内に数ある保険会社(第一生命/日本生命など)と比較しても、アフラックの昇給ペースは比較的早いと言われています。

アフラックに中途で入社する場合は前職の年収が考慮されて年収が決まっていくので、アフラックに新卒で入社した方よりも年収のスタート地点が高い場合もあります。

またアフラックでは年に3回のボーナスを受け取ることができます。一般的な企業ではボーナスは年2回だけなので、アフラックのボーナスには魅力しかありません。

アフラックのボーナス(※特に3月の業績ボーナス)は月給の約4〜5ヵ月分とも言われており、アフラックのボーナスを目当てに転職してくる方も少なくないです。

GAKU
アフラックでは会社の業績が良ければ、新卒者でもボーナスで100万円以上受け取れるようです。

アフラックで順調に年収が高くなる方の特徴【必見】

外資系企業の営業マン

アフラックで順調に年収が高くなる方の特徴は、「自分で設定した目標を確実に達成することができる方」です。

アフラックでは一人ひとりに与えられるミッションが常に明確になっており、アフラックの従業員には主体的にそのミッションを達成できる力が求められます。

あなたがアフラックで与えられたミッションさえ達成していれば、もちろん休日出勤や残業をする必要もありません。

自分がやるべきことを明確にし、常に目標達成ができる方であれば、アフラックでは順調に年収を高くすることができます。

アフラックは女性でも働ける?

前述の通り、アフラックでは積極的に女性の採用や昇進を行なっています。

実際にアフラックの従業員の男女比率は1:1となっており、アフラックで管理職として活躍する女性社員は非常に多いです。

またアフラックでは“時短勤務”“育児休暇”などの制度が充実しているため、子育てや育児をしながらアフラックに勤めるママ社員も多く在籍しています。

GAKU
実際に私の友人もアフラックに中途で入社しましたが、一時出産で育児休暇を取得後、現在はアフラックに復帰しバリバリ働いています。

アフラックからの転職先について【その後のキャリアは?】

転職元、転職先

私の友人の一人に現在アフラックに勤めている方がいるので、“アフラック後のキャリアとしては、その後どのような企業に転職するのか”を聞いてみました。

さきに結論から申し上げると、アフラックに一度入社すると、その後転職をする方は非常に少ないということでした。

なぜなら、アフラックは外資系保険会社なので、保険業界でもトップクラスに平均年収が高く、残業が少なく休日出勤がないなど、職場環境が整っているからです。

またアフラックでは社内で成果を上げることができれば、順調に年収アップや昇進することができるので、従業員が安心して働き続けることができるのでしょう。

ただ優秀な人材であれば、日本の大手生命保険会社からヘッドハンティングされることもあるので、条件の良いオファーが届いた場合には、アフラックと同じ保険業界に転職することもあるようです。

GAKU
日本国内にある生命保険会社の中でも、アフラックは特に従業員からの評価が高いです。それだけアフラックが従業員が中長期的に安心して働ける企業ということです。

確実にアフラックへ転職するなら、まずは「JACリクルートメント」へ登録しよう!

JACリクルートメント

今回は、「アフラックの平均年収やその後の転職先」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

これからあなたが最も効率よくアフラックに転職したいなら、まずは“アフラックをはじめとする大手外資系転職支援に強い転職エージェントに登録すべき”です。

特にアフラックのような生命保険業界で知名度が高い人気企業では、非公開求人を多く抱える転職エージェントに優良求人案件が掲載されていることが多いです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後大手外資系企業で働きたいと考えている方に定評があります。

JACリクルートメントはミドル・ハイクラス層向けに転職支援をしているので、かなりの高い確率でアフラックをはじめとする優良外資系企業の求人を紹介してくれます。

万が一あなたがアフラックへ転職できなかったとしても、世界的にも知名度が高い名だたる外資系企業の優良求人に出会えることはまず間違いないでしょう。

まずはJACリクルートメントに無料登録をして、あなたの希望に沿った優良外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

アフラックの年収は高い

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。