外資系企業は激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

外資系企業は激務
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系企業は激務なの?」「外資系企業は減給やリストラが普通に起こるの?」

日系企業よりも年収が高く華やかなイメージが強い外資系企業ですが、その実態はどうなっているのでしょうか?

基本的に多くの外資系企業では成果主義を採用しているため、厳しいイメージを持っている方が多いかもしれません。

特に現代は終身雇用が崩壊し、転職が当たり前の時代ですので、外資系企業での働き方が気になる方は多いはずです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業は激務なの?減給やリストラもある?」について詳しくご紹介します。

これから外資系転職を目指すなら、まずは国内の外資系企業転職に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

さきに今回の結論から申し上げると、外資系企業が激務かどうかは実際に“あなたが勤める業界や企業によって異なります”

例えば、年収がめちゃくちゃ高い外資系投資銀行や外資系コンサルファームで働くなら激務であることが多いですし、年収そこそこの外資系メーカーで営業として働くなら激務じゃないこともあります。

つまり、あなたが実際に勤める企業によって激務かどうかは異なるので、はじめから激務というイメージだけ持っても仕方ないです。(外資系企業に限った話ではなく、日系企業でも同じことが言えます。)

しかしながら、多くの外資系企業では減給やリストラは普通に起こります。

多くの外資系企業では成果主義を採用しており、あなたの仕事でのパフォーマンスが評価や給料に直結するので、あなたがあまりに成果を出せないと簡単に減給されたりリストラされたりもします。

そのため、外資系企業での減給やリストラなどが、もしかすると激務というイメージに繋がっているのかもしれません。

GAKU
外資系企業は一概に激務と言えませんが、勤め先や考え方によって激務と感じるかもしれません。特に外資系企業で激務と呼ばれるのは特定の業界に偏っていることが多いです。
外資系は試用期間でもクビ

すぐにクビになる?外資系企業の試用期間には注意が必要【転職前必見】

2021年5月5日

激務な業界・企業ほど年収が高い【物事は常にトレードオフ】

外資系企業の営業マン

当たり前のことですが、物事は常にトレードオフによって成り立っています。

外資系企業も然り、激務な業界や企業ほど年収が高い傾向にあります。

例えば、外資系企業で激務な業界はまず以下の2パターンが考えられます。

外資系の激務な業界
・外資系投資銀行
・外資系コンサルファーム

基本的に上記の業界は激務だけれども、その分年収が高いことが多いです。

例えば私の友人を例にとると、もともと彼は日系コンサルティング会社で働いていましたが、数年経験を積んだ後に外資系コンサルファームへと転職をしました。

日系コンサルティング会社時代と比較し、外資系コンサルファームでは毎日の就労時間が3時間延びたものの、年収750万円から年収1,200万円プレーヤーになりました。

外資系の中でも忙しい業界に行くとそれなりに業務量も増えて大変なことも多くありますが、その分あなたが受け取る報酬額も比例するように大きくなっていきます。

そのため、もし現在のあなたが“今すぐに年収を上げたい”“多少激務でも耐えられる”と感じているなら、思い切って外資系企業に転職してみるのもありです。

日本国内の全ての外資系企業が激務ではないので、あなたの希望する業界や職種があれば積極的に狙っていきましょう。

GAKU
少なくとも外資系企業は日系企業よりも年収が高いことが多いです。あなたがこれからせっかく外資系転職をするなら、管理職になってさらに年収を上げていきましょう。

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【最新】

2021年5月4日

外資系に勤める私が激務と感じた事例【事実ベース】

内定率は上がる?

これまでのキャリアで外資系企業を5社渡り歩いてきた私が外資系企業で激務と感じたことは、“某外資系CRMツール開発会社の営業職として勤めた時”にありました。

この時は前職(4社目の外資系コンサルファーム)での実績が認められ、ヘッドハンティングでゆくゆく部長職に昇進する約束で管理職として迎え入れられました。

しかし、私はその企業で目標としていた営業成績を達成することができずに、挙げ句の果てに激務だったために一時的にドロップアウトをしてしまいました。

比較的高めの給料に設定されていましたが、なかなか成果を上げることができなかったので、当然給料は下がるだけ。約束していた部長職にも昇進することができず、人生で初めての挫折を味わいました。

成果を上げることができなければ、それが明日の食い扶持、来月・再来月の食い扶持を左右する。これが私が外資系企業が激務だと感じた唯一の経験になります。

当然現在はその時の苦い経験を最大限に活かし、外資系企業でしっかりとコンスタントに成果を上げながら、順調に年収アップ・キャリアアップが実現できています。

GAKU
外資系企業で特に成果を上げられない期間は、どうしても激務に感じる場面が多いです。しかし、それを乗り越えればあなたは一人前のビジネスパーソンに成長できます。

外資系企業で求められる3つの条件【まず身につけたい】

条件

多くの外資系企業では、主に以下3つのことが求められます。

この3つのポイントを押さえれば、あなたが外資系企業で激務と感じることは少なくなるので、まず知っておきたいところです。

外資系企業で求められること
・成果主義であること
・英語が使えること
・柔軟性があること

1つずつみていきましょう。

成果主義であること

まず多くの外資系企業で求められることは、“目に見える成果を上げること”です。

あなたがいくら残業して頑張っても、外資系企業では成果が出ていなければ仕事ができない人という評価が下されます。

逆にまったく残業をしていなくても、十分成果を出していれば高い評価に繋がります。

外資系企業では常にあなたに与えられたポジションで業務で最高のパフォーマンスを発揮することを心掛けましょう。

GAKU
外資系企業では常に成果を上げ続けることが重要な考え方になります。
外資系クビその後

突然外資系企業をクビになったら、その後はどうすればいい?

2021年7月5日

英語が使えること

次に多くの外資系企業で求められることは、“英語が使えること”です。

外資系企業は日系企業ではないので、様々な国や地域の従業員で構成されます。

当然コミュニケーションツールは英語となりますので、いつでも英語を使える状態にあることはマスト条件になります。

これから外資系転職を目指したいけど、自分の英語力に自信がない方は、まずこちらの記事を参考にしてみてください。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

柔軟性があること

最後に多くの外資系企業で求められることは、“柔軟性があること”です。

多くの日系企業と違って、多くの外資系企業は意思決定のスピードが速いです。

特に日本国内に拠点を構える外資系企業は、本部が海外にあるため、事業の方向性や考え方が急に変わることも多いです。

いかに柔軟性高く仕事に従事できるかが、外資系企業で働く際の鍵になります。

普段から柔軟性高く仕事ができる方ほど、外資系企業では順調に年収アップ・キャリアアップしていく傾向にあります。

GAKU
私は今年で外資系に勤めて13年目になりますが、やはり外資系企業勤務に向いている方は“柔軟性がある方が多い”と感じています。
外資系企業やめとけ

こんな人は外資系企業への転職はやめとけ【5項目でチェック】

2021年5月3日

【まとめ】外資系企業は激務ほど年収が高い傾向にある!

今回は、「外資系企業は激務なの?減給やリストラもある?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、外資系企業で激務な業界はある程度限られています。

そして外資系企業は激務な業界ほど、比例するように年収が高い傾向にあります。

外資系の激務な業界
・外資系投資銀行
・外資系コンサル

そして外資系企業で激務かどうかは、結局あなたが勤める企業によって異なります。

また多くの外資系企業では成果主義を採用しており、あなたが与えられたミッションの中で十分に成果を上げれば、まったく残業をせずに過ごすこともできます。

外資系企業は激務というイメージが先行しがちですが、実はそんなことはありません。(日系企業にも同じことが言えます。)

確かに外資系企業はあなたが成果を上げることができなければ、少なからず減給やリストラなどの可能性はあります。

そのため、これから外資系企業転職に挑戦しようとしている方は、あまり構えずに積極的に挑戦していって問題ありません。

あなたがこれから外資系企業に転職したいなら、まずは外資系転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は今後本気で外資系企業に転職したいと考えている方にとても定評があります。

まずはJACリクルートメントに無料登録して、あなたの希望に沿った優良な外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

外資系企業は激務

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。