上司のせいでストレスが限界!外資系企業転職のススメ

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「上司のせいでストレスが限界に達している。」

あなたがサラリーマンとして働いている以上、あなたが上司を選ぶことはできません。

そして、上司との人間関係が原因でストレスが限界値に達している方も多いはずです。

そんな時はあなたが上司をコントロールするのではなく、あなた自身が職場環境を変えることが重要な考え方になります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「上司のせいでストレスが限界なら、今すぐ外資系企業に転職すべき理由」について詳しくご紹介していきます。

ランスタッドは初めての外資系企業転職に親身にサポートをしてくれるので、働き盛りの20代・30代がまず登録すべき転職エージェントです。

>>ランスタッドに無料登録する

あなたが上司のせいで日々ストレスを抱えている理由として、例えば以下のようなことが考えらえます。

上司が嫌な理由
・自分が正しいと思い込んでいる
・仕事をしない
・過去の武勇伝を語る

自分が正しいと思い込んでいる

まずあなたの上司が自分の考えていることや発言していることを全て正しいと思っているケースです。

この場合、あなたがいくら正しい意見をしても、上司によって意見を閉ざされてしまいます。

あなたの意見が通らないことがストレスに繋がります。

仕事をしない

次にまったく上司が仕事をしないケースです。

上司の仕事もあなたが肩代わりして、気づいたら上司に指摘をされ続ける毎日。

あなたに仕事を全て任せっきりにして、あとはあなたに責任を押し付けてくる。

上司という権威を使って、全く仕事をしない人ってどこにでもいます。

過去の武勇伝を語る

最後に過去の武勇伝を語るだけの上司です。

この場合、あなたの過去の功績がすごいことはわかったけど、今はどうなの?と問いかけたくなるはず。

過去の武勇伝ばかり語っている上司とは、正直付き合わない方がいいです。

あなたが上司をコントロールすることはできない

まず大前提としてあなたが上司をコントロールすることはできないということを理解しておきましょう。

上司はあなたより社会人経験が長く、その性格や内面をあなたがすぐにコントロールすることは不可能です。

あなたが無理に上司と人間関係を構築する必要はないので、とにかく業務に支障がない程度に付き合っていきましょう。

あなたが無理をして我慢をするくらいなら、相手をどうにかしたいという気持ちをまず捨てましょう。

上司のせいでストレスが限界なら、まず自分が変わろう

もしあなたが職場の上司のせいでストレスが限界なら、自分が変わることを意識しましょう。

他責ではなく、自責の考え方です。

例えば、今在籍している部署から異動する、新しい趣味を始めてみる、引越しをしてみるなどあなたが普段感じているストレスを解消する方法を模索してみましょう。

特に部署異動については、基本的に会社の人事部に相談をしたら、善処してくれることが多いです。

自ら環境を変える努力をすることが重要な考え方です。

上司のせいでストレスが限界なら、外資系企業転職もあり

また上司のせいで日々ストレスが限界なら、外資系企業に転職するのもありです。

あなたが日系企業に勤めているなら、

・年功序列制度
・上司が帰るまで帰れない
・サービス残業が多い

などの悩みを抱えているかもしれません。

実は私も新卒で入社した日系の会社のこのような文化が嫌で外資系企業に転職を決めた人間の一人です。

外資系企業に勤めると、実力主義などの厳しい評価制度がありますが、残業をしなくてもあなたがしっかりと結果を出せば認められます。

上司のストレスが原因で会社を辞める際の注意点

上司のストレスが原因で会社を辞めることになったとしても、そのことを退職の理由として言わない方がいいです。

あなたがそのことを言い過ぎてしまうと、お互いに気持ちよく別れることができなくなります。

たとえそのように感じていたとしても、あなたと一緒に働いていたメンバーや上司に感謝の気持ちを伝えることはとても大事です。

あなた自身が気持ちよく次の一歩を踏み出すためにも相手に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

初めての外資系企業転職ならコレ!

今回は、「上司のせいでストレスが限界なら、今すぐ外資系企業に転職すべき理由」について詳しく紹介してきました。

もしあなたが上司のせいでストレスを抱えているなら、上司をコントロールせずにまずは自分が変わることを意識しましょう。

他責ではなく自責にすることで、色々な選択肢を見出すことができます。

またもしあなたが日系企業に勤めていて、年功序列制度がつらいや残業がつらいと考えているなら、思い切って外資系企業に転職してみるのもいいでしょう。

筆者自身も新卒で入社した日系企業の企業文化や体質が合わずに、外資系企業に転職してよかったと考えている人間の一人です。

まずは初めての外資系企業転職でも安心して利用できるランスタッドに無料登録してみましょう。


\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。