TOEICは転職や就活には意味ないの?【外資系勤務13年目が語る】

TOEICが転職に意味ない
外資系企業に強い転職エージェント3選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
無料登録はこちら
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
無料登録はこちら
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
無料登録はこちら

※全て無料で会員登録できます

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「今からTOEICの勉強をしても何にも役にも立たない。」「転職活動時にまず企業側にTOEICのスコアが見られることはない。」

これから必死にTOEICを勉強しようとしている方に対して、このような心の無い言葉を掛けてくる方はどこにでも一定数います。

“果たしてこのような心無い発言は、紛れもない事実と言えるのでしょうか?”

今回の結論から申し上げると、私自身はこれまでTOEICスコアを活用して転職に成功してきた人間なので、”TOEICスコアが転職時や就活時に役立つ”と考えています。

つまり、日本国内において、英語力のある貴重なグローバル人材は就職活動や転職活動を有利に進めることができます。

とはいえ、あなたが目指す業界や職種によっては業務で英語を使わないこともあるので、”そういった場合においてはTOEICが転職時に役立つことはないでしょう”。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「TOEICは転職や就活には意味ないの?」について詳しくご紹介していきます。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

\60秒で簡単登録/

まずはじめに今回の結論から申し上げると、“TOEICが転職や就活に意味がないということは絶対にありません”

なぜなら、TOEICは日本国内において最も知名度が高い英語試験で、“日本国内でも多くの企業が人材の英語力を測るために採用している公式の英語試験だから”です。

日本を代表する日系グローバル企業や国内で事業を展開する外資系企業などは新卒採用や中途採用時に求職者の英語能力を測るためにTOEICスコアをみることもあります。

具体的な事例をあげると、日系グローバル企業である楽天では新卒入社時に800点以上のTOEICスコアが必要ですし、日本国内で事業を展開する日本IBMでは中途入社時に600点以上のTOEICスコアが必要です。

>>楽天入社時に必要なTOEICスコア

日本から海外に事業を展開する日系グローバル企業や逆に海外から日本に進出して事業を展開する外資系企業では、新卒・中途採用時にTOEICスコアが見られます。

これから日系グローバル企業や外資系企業への転職や就職を考えているなら、まずTOEICのスコアは持つ方が有利になります。

また多くのみなさんがすでにご存知の通り、現在の日本は超高齢社会に突入していることもあり、ますますグローバルな視点を持って事業を行ったり、キャリアアップをしていく必要性が高まっています。

このような社会情勢の中でTOEICが転職時や就活時に意味をなさないことはないので、今後TOEICや英語学習を始められる方は、ぜひ安心して取り組んでいきましょう。

これまでの人生で全く英語に触れたことがない方は、今から英語学習を始めても全く遅くありません。むしろ現代においてはTOEICを受験しつつ、徐々に自らの英語力を高める自己研鑽の考え方が重要です。

レベル別オンライン英会話サービス9選でもまとめていますが、現代は月額料金がお得な英会話サービスが非常に充実しているので、これから英語力をつけたいビジネスマンはまず使わないと損です。

転職時にTOEICを当てにし過ぎると危ない【みんな陥りがち】

注意点

前述の通り、TOEICスコアを持っていると、日系グローバル企業や外資系企業転職の採用時の重要な指標の一つになります。

しかしながら、実際に英語を使った実務経験がなかったり、そもそもあなたの職歴が浅かったりすると、せっかくのその高い英語力を活かせないケースもあります。

特に転職活動においては、あなたのTOEICスコアよりも経歴や職歴をみて、採用に値する人材かを判断されるため、TOEICで高得点を保有したからといってどこの企業にでも簡単に転職できるわけではありません。

転職活動の際にTOEICを当てにし過ぎると痛い目に合うので、あなたのこれまでキャリアを振り返り、あなたの強みと英語力を掛け合わせて転職活動を進めましょう。

転職支援のプロである転職エージェントなら、あなたの英語力と強みを上手に引き出しつつ、あなたに最適な転職先候補を紹介してくれます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系企業転職にTOEICスコアは有効!【知らないと損】

あなたがTOEICスコアを保有していると、外資系企業への転職に有利になります

なぜなら、日本国内で事業を展開する外資系企業は様々なバックグラウンドを持つ外国人の従業員で構成されることが多く、普段から英語でコミュニケーションを取る必要があることが多いからです。

当然業務の中で英語を使う機会が多かったりする(※業務内容や職種にもよる)ので、今後外資系企業に勤めたいならビジネスレベルの英語力がある方が絶対良いです。

外資系企業が募集する求人要項で「TOEIC○○○点」が必須になることも少なからずあるため、まず高いTOEICスコアを保有していて損をすることはありません。

外資系企業への転職時にはどのくらいの英語力が求められるのか?でもまとめていますが、外資系企業への転職ではTOEICスコアよりも対話力の方が重要です。

TOEICは社内異動の交渉時にも有効!【実はみんな知らない】

海外赴任に失敗

あなたがTOEICスコアを保有していると、社内異動の交渉時にも有利に働きます

これは海外事業部を持つ企業に限った話ですが、あなたが海外事業部に異動したい時に高いTOEICスコアを持っていると、海外事業部に異動できる可能性は高まります。

なぜなら、海外事業部はその名の通り、英語能力が高い方や英語でビジネスができる方から順番に引き抜いていくからです。

たとえ転職活動の時にTOEICスコアが使えなかったとしても、海外事業部などを持つグローバル企業においては、あなたが自ら希望して部署異動することもできます。

高い英語力を保有しているだけで、あなたの仕事の幅は広げることができるので、絶対に損をすることはありませんね。

積極的に海外に人員を派遣する総合商社や日系グローバルメーカーなども従業員のTOEICスコアは重要視しています。

【まとめ】TOEICスコアは転職時にも使える!

今回は、「TOEICは転職には意味ないの?」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、私の経験則で転職活動・就職活動では、少なからずTOEICスコアは活用することができます。

「TOEICは意味ない。」と発言している方のほとんどは、自分自身がTOEICを受験したことがなかったり、TOEICで高いスコアを保有していない方である可能性が高いです。

確かに業務で日本語しか使わない企業ではTOEICスコアはあまり意味をなさないですが、それでも今後のキャリアや部署異動などの機会があった時に活用できます。

現在のあなたが「TOEICで高得点を取りたい。」「本格的に英語学習したい。」と考えているなら、まずは日々少しずつ英語学習を始めてみることを強く推奨します。

特に将来的に「英語を使った仕事をしたい。」「外資系企業でバリバリ働きたい。」と考えているなら、今のうちから英語学習をしていて間違いありません。

個人的には忙しいサラリーマンでもスキマ時間を活用できるリクルートの「スタディサプリENGLISH」でまずはコツコツと英語学習を進めることを強く推奨します。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

\60秒で簡単登録/

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

私や私の友人・知人は、転職活動の際に“複数の転職エージェントに登録して各社を比較すること”が多いです。

各転職エージェントの求人案件を比較することで、より良い魅力的な求人に出会う確率を高めることができるからです。

本当は自分に最適な求人があったのに、転職エージェントを1つしか利用していなかったばかりに、あなたに最適な求人を見過ごしてしまうことが最ももったいないことです。

実際に転職が完了した時点で、あとから“本当はもっと良い条件で転職することができたのに。。”と後悔する方も多いです。

転職エージェントは必ず2-3社同時に登録して、あなたの転職を成功に近づけましょう。

今後あなたがグローバルな働き方を実現したいなら、まずJACリクルートメントと同じくミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

\60秒で簡単登録/

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

TOEICが転職に意味ない

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。