TOEIC900点のすごさを徹底解説!【キャリア無双できる3つの理由】

TOEIC900点すごい
外資系企業に強い転職エージェント3選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
無料登録はこちら
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
無料登録はこちら
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
無料登録はこちら

※全て無料で会員登録できます

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「TOEIC900点ってどのくらいすごいの?」

すでに英語学習を始めている方、これから英語学習を始められる方なら、現在このような疑問を抱えているかもしれません。

今回の結論から申し上げると、世間一般的にTOEIC900点以上持っていると、様々な面で恩恵を受け取ることができます。

(*ちなみにTOEICは990点満点なのでTOEIC900点以上は正解率9割以上です。)

もし現在のあなたが英語学習を始めるか迷っているなら、“今すぐにでも英語学習は始めた方がお得”と考えています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「TOEIC900点のすごさ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

これから効率よく英語力を高めていきたいなら、まずは通勤時間などのスキマ時間で英語学習ができる「オンライン英語学習サービス」を活用しましょう。

レベル別オンライン英会話サービス9選にも書いていますが、現代はインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも英語力を高めることができるので、まず使わない手はありません。

【本当にすごい】TOEIC900点以上は全受験者の何%!?

グラフ

まずTOEIC900点以上がどのくらいすごいのかと言うと、IIBCが主催する毎試験ごとにTOEIC900点以上取得者はTOEIC全受験者のうち”たった約3〜4%”を占めます

100人が試験を受けたら、3〜4人だけがTOEIC900点以上を取得する計算になるので、日本人の英語レベル的にも極めて高い最上位グループに属することになります。

そのため、あなたがTOEICで900点以上を取得できたら、まず”自分の英語力について胸を張っていい”と考えています。

(実際に私の周りの友人や知人にもTOEIC900点を最終的な目標に掲げ、今から英語学習を始める方は一定数いらっしゃいます。)

特に普段から忙しくなかなか英語学習の時間が取れない方が自力でTOEIC900点を達成している姿を見ると、私自身も励まされますし良い刺激をもらうことが多いです。

またTOEICの試験は日本全国で毎回10万人以上の方が受験しているので、毎回数千人を超えるTOEIC900点以上ホルダーが生まれている計算になり、決して目指すことができない不可能な数値でもない”です。

>>TOEIC公開テスト スコア分布はこちら

GAKU
TOEICで出題される問題には傾向と対策があるので、あなたが正しく努力をすれば試験を受けるたびに点数が上がる傾向にあります。

TOEIC900点以上がキャリア無双できる3つの理由【事実】

3つ

ここからはTOEIC900点以上がキャリア無双できる理由について説明していきます。

ここからは少しキャリア的な観点のお話になるので、自分自身のキャリアにTOEICを活用したい方はぜひ読み進めてください。

TOEIC900点以上のメリット
・昇進・昇格・異動に使える
・外資系企業に転職できる
・海外でも働ける

1つずつ紹介していきます。

昇進・昇格・異動に使える

まずTOEIC900点以上がキャリア無双できる理由として、“昇進・昇格・異動時に使える”ということがあります。

日本国内においてTOEICは最も認知度が高い英語試験であり、またTOEIC900点以上は誰もが認める高い英語力です。

そのため、日本国内外で事業を展開する企業においては、“社内での昇進・昇格・異動時にTOEIC900点以上の高い英語力”をうまく活用することができます。

今後の日本経済では特に“国際的に働けるビジネスリーダーが求められる時代”なので、あなたが高い英語力を持っていて、まず損をすることは一切ありません。

GAKU
私の周りの友人もTOEICなどで高い英語力をアピールして、海外赴任ポジションを勝ち取ったり、社内で部署異動が決まったりしています。

外資系企業に転職できる

次にTOEIC900点以上がキャリア無双できる理由として、“国内の外資系企業に転職できる”ということがあります。

あなたがTOEIC900点以上の高い英語力をお持ちなら、まず間違いなく日本国内に進出している外資系企業に転職できます。

特に日本に進出する外資系企業は資金力があるため、日系企業への転職よりも効率よく高い年収を狙うことができます。

英語を使いながら仕事をしたい方は、前向きに外資系への転職を検討しましょう。

GAKU
ちなみに私は大学卒業後は日系企業に入社しましたが、その後ずっと外資系に勤務しており、外資系の方が自分の性に合うと感じています。

外資系企業に転職するメリット・デメリットをまとめた記事にも書いていますが、成果主義の考え方をお持ちの方はまず外資系企業に転職すべきです。

海外でも働ける

最後にTOEIC900点以上がキャリア無双できる理由として、“海外でも働ける”ということがあります。

あなたがTOEIC900点以上の高い英語力をお持ちなら、間違いなく今後日本国外でもスムーズに転職することができます。

あなたが働くフィールドを日本だけでなく世界中に広げることができるので、極論自分が好きな国で暮らすことができます。

海外で就労経験をして日本に戻ってくると、さらにあなたは希少な人材になるので、まず転職先に困ることはありません。

GAKU
海外諸国で日本人は真面目で勤勉な良いイメージがあるので、まず職に困ることはないでしょう。

TOEIC900点以上を目指すために最も効率の良い学習方法

グーグル

TOEIC900点以上を目指すために最も効率の良い英語学習方法は、“オンライン英語学習サービス”をフル活用することです。

インターネット環境さえあればいつでもどこでも気軽に英語力を磨くことができるので、正直現代において、オンライン英語学習サービスは使わないと損です。

実際に私は外資系に勤める今もオンライン英語学習サービスで英語力を高め、外資系に勤める私の友人の多くもオンライン英語学習サービスはほぼ使っています。

特に普段から忙しいサラリーマンにとっては、通勤時間や待ち時間などを上手に活用できる「オンライン英語学習サービス」は最適な英語勉強法と考えています。

最も効率よく英語力を高めるための最大のコツは、“他の人が英語学習をしていない間に自分だけは英語学習すること”です。

GAKU
全く英語力がない状態からでも、本気で1年〜2年英語学習を継続することで、十分TOEIC900点以上を目指すことはできます。

【注意】TOEICスコアだけすごくても意味がない!

注意点

キャリア的な観点からTOEIC900点を狙うメリットについてお伝えしてきましたが、ここでは”TOEICスコアだけすごくても意味がないこと”をお伝えしておきます。

残念なお話にはなりますが、TOEIC900点を取得してもやはり仕事ができない方は一定数います。結局のところ、英語だけができても、全く意味がありません。

あくまであなたの得意な分野/強みやこれまでの職歴と掛け合わせる形で高い英語力を活用していく必要があります。

例えば保険業界で職歴があるなら外資系保険(金融)会社に転職することができますし、ITコンサル業で職歴があるなら外資系ITコンサル会社に転職することができます。

TOEIC900点の高い英語力は転職時の便利なツールになるくらいの認識でいましょう。

GAKU
もちろんこれから大学を卒業して就職する方であれば、積極的に高い英語力をアピールしていきましょう。

TOEICは転職や就活には意味ないの?にも書いていますが、転職活動時にTOEICスコアを当てにし過ぎると痛い目に遭うので注意が必要です。

TOEIC900点ホルダーなら、まず国内の外資系転職を検討すべき!

外資系企業の営業マン

今回は、「TOEIC900点のすごさ」について詳しくご紹介してきました。

日本国内においてTOEIC900点のハイスコアは、あなたの高い英語力を証明するために有効なアプローチになります。

高い英語力を持っておくと、今後のキャリアの選択肢を大きく広げてくれるので、“今から本格的に英語学習を始める”というのは決して遅い決断ではありません。

TOEIC900点以上のメリット
・昇進・昇格・異動に使える
・外資系企業に転職できる
・海外でも働ける

また個人的にあなたがTOEIC900点ホルダーなら、まず国内の外資系企業に積極的に転職すべきと考えています。

なぜなら、私自身がこれまでに日本国内の外資系企業5社を渡り歩いてきましたが、順調に年収アップ・キャリアアップを果たすことができたからです。

(日系企業を渡り歩くよりも効率よく年収アップ・キャリアアップできたことを強く実感しています。)

せっかくあなたが高い英語力をお持ちなら、今後前向きに日本国内の外資系企業に転職することも検討していきましょう。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

私や私の友人・知人は、転職活動の際に“複数の転職エージェントに登録して各社を比較すること”が多いです。

各転職エージェントの求人案件を比較することで、より良い魅力的な求人に出会う確率を高めることができるからです。

本当は自分に最適な求人があったのに、転職エージェントを1つしか利用していなかったばかりに、あなたに最適な求人を見過ごしてしまうことが最ももったいないことです。

実際に転職が完了した時点で、あとから“本当はもっと良い条件で転職することができたのに。。”と後悔する方も多いです。

転職エージェントは必ず2-3社同時に登録して、あなたの転職を成功に近づけましょう。

今後グローバルな働き方を実現するなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」を併用しましょう。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

\60秒で簡単登録/

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

TOEIC900点すごい

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。