外資系企業転職に学歴は必要?学歴よりも大切なものとは?

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「これから外資系企業に転職したいけど、自分の学歴に自信がない。」

何かにつけて学歴が重視されることの多い日本社会では、転職活動を一つするにもこのような悩みを抱えてしまうかもしれません。

さきに結論から申し上げると、外資系企業転職では一部の企業では学歴を重視することがありますが、ほとんどのケースで学歴は必要とされません。

その代わりに豊富な職歴や経験などが重要視されることがほとんどです。

実際に私自身も東京都内の中堅私立大学出身で、特に高い学歴を持っているわけではありません。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業転職に学歴は必要?学歴よりも大切なもの」についてどこよりも詳しくご紹介します。

これから外資系企業転職を目指すなら、まずは外資系企業転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

一般的に転職活動で学歴が重視されることの多いこの世の中では、外資系企業転職においても同じような傾向にあると考えられがちです。

さきに結論から申し上げると、確かに外資系企業でも高学歴の方が採用されやすいのは事実としてありますが、必ずしもそれが全てではありません。

具体的に外資系企業において高い学歴が活きる場面としては、新卒や第二新卒などの比較的若い年齢である時であると言えます。

ただし、例外として金融業界やコンサルティング業界では、応募者の選考基準の一つとして、実際に学歴が重視されたり、学力試験のようなものもあります。

とはいえ、一般的に多くの外資系企業では即戦力人材を求めているので、学歴に自信がないからと言って特段消極的になる必要はありません。

むしろあなたがこれまでに培ってきた経験やスキルを最大限に活かして、積極的に外資系企業転職に挑戦すべきです。

多くの外資系企業は学歴よりも職歴をみる!

前述の通り、多くの外資系企業では学歴よりも職歴のある即戦力人材を探しています。

なぜなら、多くの外資系企業では“成果主義の考え方”が浸透しているからです。

いくら高い学歴を持っていても、仕事でパフォーマンスが出せなければ、必ず減給・降格に繋がります。

あなたが外資系企業で高いパフォーマンスを発揮するためには、その参考材料として“前職でどのような実績や成果を上げてきたか”が重要視されます。

そのため、基本的に外資系企業の選考では、あなたがこれまでに培ってきた経験やスキルを活用して、自社にどのくらい貢献してくれるかという視点でみられています。

確かに一部の企業では学歴が重視されることもありますが、多くの企業では職歴を重視することが多いです。

これらの資格があれば、より外資系企業転職は有利に

多くの外資系企業では学歴よりも職歴やスキルを重要視しています。

そのため、あなたが業界に特化した資格や特別なスキルを保有していれば、より外資系企業転職は有利になります。

これから外資系企業に転職したいと考えている方にとって、有利に働く資格やスキルは以下の通りです。

外資系企業転職に有利な資格・スキル
・PMP
・米国公認会計士
・BATIC
・プロフェッショナルエンジニア
・国際秘書検定(CBS)
・TOEIC

どの資格やスキルも国際基準で認められたものになりますので、スムーズに外資系企業転職できるだけでなく、外資系企業転職を機に大幅なキャリアアップ・年収アップを狙うことができます。

これらの資格やスキルがなくても外資系企業に転職することはできますが、+aで保有していることでより外資系企業転職に有利に働くでしょう。

特にTOEICなどの英語スキルはどこの外資系企業でも最低限求められるスキルなので、英語力に自信がない方は外資系企業転職前からビジネスで通用する英語力を身につけておきましょう。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

【実践済】外資系企業転職を成功させるためのコツ

高学歴じゃなくても、外資系企業転職に成功するためのコツは、主に以下2つがあります。

・英語でのコミュニケーション能力
・圧倒的な成果主義思考

1つずつ解説します。

実際に高学歴ではない私もこのスキル・思考法を身につけることで、新卒で入社した日系企業から外資系企業に転職することができました。

英語でのコミュニケーション能力

まず当たり前のことですが、外資系企業へ転職すると、英語を使う場面が増えます。

社内メールや海外チームとのWeb会議、上司との日頃のコミュニケーションなど。

そのため、たとえあなたが高学歴でなくても、業務の中でスムーズに英語でコミュニケーションを取る能力があれば、外資系企業に採用される可能性は高まります。

具体的に外資系企業転職に必要な英語レベルは公表されておりませんが、私が過去に外資系企業転職特化の転職エージェントに聞いた情報では、TOEIC750点以上レベルの英語力が求められます。

圧倒的な成果主義思考

次にあなたが高学歴でなくても、圧倒的な成果主義思考であれば、外資系企業に採用される可能性は高まります。

なぜなら、多くの外資系企業では成果主義の考え方を採用しているからです。

特に前職でめざましい成果を上げた実績や自分なら圧倒的な成果を出すことができると強くアピールすることで採用可能性が高まります。

普段から定めた目標に対して、大幅に上回るくらいの成果を出す方には外資系企業は向いています。

外資系企業転職後は学歴よりも成果!

今回は、「外資系企業転職に学歴は必要?学歴よりも大切なもの」について詳しくご紹介してきました。

確かに一部の外資系企業においては応募者の学歴を重視することもありますが、ほとんどの外資系企業においては学歴よりも職歴を重視します。

なぜなら、多くの外資系企業では“成果主義の考え方”が浸透しているからです。

学歴がある方よりも職歴があって企業にいち早く貢献してくれる即戦力人材を求めています。

そのため、あなたに学歴がないからといって、外資系企業転職に対して消極的になる必要はありません。

むしろあなたがこれまでのキャリアで培ってきた経験やスキルを最大限に活用して、圧倒的な成果主義の世界に飛び込み、前のめりに年収アップ・キャリアアップを目指しましょう。

あなたが今後スムーズに外資系企業へ転職したいなら、まずは外資系企業転職に強い転職エージェントに無料登録することを推奨します。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」はあなたのこれまでの職歴を重視して質の高い外資系求人案件を紹介してくれます。

これから成果主義の外資系企業で仕事をしたいと考えている方は、まず登録すべき転職エージェントの一つです。


\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。