外資系企業への転職に学歴は必要なの?学歴よりも大切なものを伝授!

外資系企業への転職に学歴が必要

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「これから外資系企業に転職したいけど、自分の学歴に自信がない。。こんな自分でも外資系に転職できるのだろうか?」

何かにつけて学歴が重視されることの多い日本社会では、転職活動を一つするにもこのような悩みを抱えてしまいがちです。

さきに今回の結論から申し上げると、外資系企業への転職では一部の企業では学歴を重視することがありますが、ほとんどのケースで学歴は必要と(重要視)されません。

実際には学歴の代わりに“豊富な職歴や経験などが重要視されることがほとんど”です。

現在外資系に勤める私自身も学歴は東京都内の中堅私立大学出身で、特に高い学歴を持っているわけではありません。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業への転職に学歴は必要?学歴よりも大切なもの」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

一般的に転職活動で学歴が重視されることの多い世の中では、外資系企業転職においても同じ傾向にあると考えられがちです。

結論から申し上げると、確かに外資系企業でも事実として高学歴の方が採用されやすいですが、必ずしも企業は高学歴だから人材を採用しているわけではありません。

特に30代以降の転職では、確実に求職者の学歴よりも”職歴が重要視”されます。

(外資系企業において高い学歴が活きる場面としては、新卒や第二新卒などの比較的若い年齢である時が多いです。)

ただし、例外として外資系の金融業界やコンサルティング業界では、応募者の選考基準の一つとして、高い学歴が重視されたり、学力試験のようなものもあります。

とはいえ、多くの外資系企業ではすぐに企業に貢献してくれる即戦力人材を求めているので、あなたが学歴に自信がないからと言って消極的になる必要はありません。

むしろあなたがこれまでのキャリアで培ってきた経験やスキルを最大限に活かして、積極的に外資系企業転職に挑戦すべきです。

GAKU
逆に学歴がないからこそ、高収入を目指すために外資系転職することが効果的なアプローチです。

低学歴でも高収入を得られる仕事はある?【外資系営業職】

2021年7月25日

多くの外資系企業では学歴よりも職歴をチェックしている!

女性

前述の通り、多くの外資系企業では学歴よりも職歴のある即戦力人材を探しています。

なぜなら、多くの外資系企業では“成果主義の考え方”が浸透しているからです。

いくら高い学歴を持っていても、実際に仕事でパフォーマンスが出せなければ、必ず減給・降格などの低い評価に繋がります。

結局のところ、あなたが外資系企業で高いパフォーマンスを発揮するためにも、その参考材料として“前職でどのような実績や成果を上げてきたか”が重要視されるのです。

そのため、基本的に外資系企業の選考では、あなたがこれまでに培ってきた経験やスキルを活用して、自社にどのくらい貢献してくれるかという視点でみられています。

確かに一部の企業では未だに求職者の学歴が重視されることもありますが、多くの企業では職歴を重視することが多いです。

これらの資格があれば、より外資系企業への転職は有利になる!

多くの外資系企業では、“学歴よりも職歴やスキルを重要視”しています。

そのため、あなたが業界に特化した特別な資格や特別なスキルを保有していれば、より外資系企業への転職は有利になります。

今後外資系企業に転職したい方に有利に働く資格やスキルは以下の通りです。

外資系企業転職に有利な資格・スキル
・PMP
・米国公認会計士
・BATIC
・プロフェッショナルエンジニア
・国際秘書検定(CBS)
・TOEIC

どの資格やスキルも国際基準で認められているので、スムーズに外資系に転職できるだけでなく、外資系転職を機に大幅なキャリアアップ・年収アップを狙えます。

もちろんこれらの資格やスキルがなくても問題なく外資系企業に転職することはできますが、+aで保有することでより外資系企業への転職に有利に働くでしょう。

特にTOEICなどの英語スキルはどの外資系企業でも求められるスキルなので、英語力に自信がない方は外資系転職前からビジネスで通用する英語力を身につけましょう。

おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

【実践済】外資系企業への転職を成功させるためのコツ

条件

あなたがたとえ高学歴じゃなくても、外資系企業への転職に成功するためのコツは、主に以下2つのことがあります。

外資系転職を成功させるコツ
・英語でのコミュニケーション能力
・圧倒的な成果主義思考

1つずつ解説します。

高学歴ではない私もこのスキル・思考法を身につけることで、新卒で入社した日系企業から外資系企業に転職できました。

英語でのコミュニケーション能力

まず当たり前のことですが、外資系企業へ転職すると英語を使う場面が増えます。

社内メールや海外チームとのWeb会議、上司との日頃のコミュニケーションなど。

そのため、たとえあなたが高学歴でなくても、業務の中でスムーズに英語でコミュニケーションを取れる能力があれば、外資系企業に採用される可能性は高まります。

外資系企業への転職に必要な英語レベルは公表されておりませんが、私が過去に外資系企業の転職支援に特化している転職エージェントに聞いた情報では、TOEIC750点以上レベルの英語力が求められます。

英語ができると人生が変わる

英語ができると、本当に人生が変わる?【現役外資系営業マンが語る】

2021年10月15日

圧倒的な成果主義思考

次にあなたが高学歴でなくても、圧倒的な成果主義思考さえあれば、外資系企業に採用される可能性は高まります。

なぜなら、多くの外資系企業では成果主義の考え方を採用しているからです。

前職でめざましい成果を上げた実績や自分は成果を出すことができると強くアピールすることで採用可能性が高まります。

普段から事前に定めた目標に対して大幅に上回る成果を出せる方にとっては、外資系企業の働き方は向いています。

外資系企業の営業がきつい

外資系企業の営業はきつい?主な3つの原因と今すぐにできる対処法

2021年5月16日

外資系企業への転職後は学歴よりも成果が重要になる!

外資系企業の営業マン

今回は、「外資系企業転職に学歴は必要?学歴よりも大切なもの」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

確かに一部の外資系企業においては応募者の学歴の高さを重視することもありますが、現代においては”ほとんどの外資系企業が学歴よりも職歴を重視しています”。

なぜなら、多くの外資系企業では“成果主義の考え方”が浸透しているからです。

学歴がある方より職歴もち、企業にすぐに貢献してくれる即戦力人材を求めています。

特に30代以降の転職では、確実に求職者の学歴よりも”職歴が重要視”されます。

そのため、あなたに高い学歴がないからといって、外資系企業への転職に対して消極的になる必要は全くありません。

むしろあなたがこれまで培ってきた経験やスキルを最大限に活用して、圧倒的な成果主義の世界に飛び込み、前のめりに年収アップ・キャリアアップを目指しましょう。

今後スムーズに外資系企業へ転職したいなら、まずは“外資系に強い転職エージェントに無料登録すること”を強く推奨します。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」はあなたのこれまでの職歴を重視して質の高い外資系求人案件を紹介してくれます。

早い段階で外資系に強い転職エージェントを味方につけることで、あなた自身がより外資系企業でのキャリアや働き方について鮮明にイメージすることができます。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系企業への転職に学歴が必要

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。