本サイトについて

本サイトの基本情報や管理人情報などについて説明いたします。

本サイト基本情報

本サイトでは、これまで外資系企業を渡り歩き、キャリアも年収も順調にアップし続けてきた管理人(38歳男性)が、外資系企業への転職方法や外資系企業転職で利用すべき転職エージェントを紹介しています。

特にこれから外資系企業に転職することで、「年収を上げたい」「もっと自分の力を試したい」など、常にキャリアの高みを目指している方に向けて発信しています。

将来的には日本国内に留まらず、世界に働くフィールドを広げたいと考えている方にもぜひ参考にしていただきたい内容です。

また私の友人には実際に外資系企業転職に成功した方がたくさんいらっしゃるので、彼ら(彼女ら)の知恵もお借りしながら、本サイトを運営させていただいております。

管理人情報

はじめまして、本サイトを運営している管理人の岳(がく)と申します。

この度は数あるサイトの中から、本サイトをお選びいただきありがとうございます。

本サイトでは、主にこれから外資系企業に転職をし、確実に年収を上げたい、キャリアアップをしたいと考えている方に向けて、参考になる情報を発信しています。

私自身は今から約15年前に新卒で日系企業に入社しましたが、その後は日本国内で外資系企業を5社渡り歩いてきました。

社会人としてスキルや能力が上がっていくにつれて、私自身は外資系企業への転職を繰り返すことで、年収もキャリアも順調にアップすることができました。

日本国内には私よりも年収が高い方は星の数ほどいますが、比較的に日本国内で順調に年収アップ・キャリアアップをすることができたと自負しております。

また外資系企業に転職をすることは、あなたの年収やキャリアを少しでもアップする一つの効果的なアプローチになります。

そんな私のこれまでの経験をより多くの方にお伝えをしながら、これから外資系企業転職を目指す方のお手伝いを少しでもさせていただければと考えております。

管理人岳のキャリアについて

1社目 東証一部上場のIT企業のコンサルタント 400万円

まず新卒で入社した日系会社です。新卒で入社した会社ということもあり、月収は1年に1万円しか上がりませんでした。

新卒で入社したこの会社で社会人の基礎・基本を学べたことは、今でも私の財産になっているので、とても感謝をしております。

「石の上にも三年」という諺を守り、この会社では3年間お世話になりました。

2社目 外資系通信会社の営業 600万円→680万円

新卒で入社した会社を退職した後、次に外資系通信会社に営業として転職をしました。この時がちょうど26歳になる歳でした。

もともとIT企業のコンサルタントとして働いていたこともあり、通信業界とは近く、すんなりと転職を決めることができました。

年収も前職と比較して約1.5倍も上がり、この時外資系企業は比較的給料が高い、上がりやすいということに気づきだしました。

在職期間の2年間のうちに、年収はおよそ80万円近くアップしました。

3社目 外資系製薬会社の営業 750万円→850万円

次に社会人になってから5年間のうちに磨いた営業スキルを最大限に活かして、全く違う業界に飛び込むことにしました。

それは、「外資系大手製薬会社」です。

転職先の製薬会社が世界的にもトップクラスに知名度が高い製薬会社で業績も年々増収増益だったため、ここで私の年収は一気にブーストしたことをよく覚えています。

まったく畑違いの業界に挑戦することに不安はありましたが、前職の通信会社で無形商材を取り扱っていたこともあり、目に見える製薬サービスを営業していくことは、私にとっては意外と簡単でした。

3社目では営業課長に昇格することができ、プライベートでは結婚・子育てもあり、充実した時間を過ごすことができました。

4社目 外資系コンサル会社の営業 1,000万→1,100万円

次に外資系コンサル会社に営業部の部長職として転職をしました。

この時もプライベートは充実しつつ、気づけば年齢は33歳になっていました。

外資系コンサル会社の営業職では、過去のキャリアのポジションとしては最高位の部長職を任されることになりました。

年齢的にもさらにキャリアアップをしたいと考えていた時期だったので、この会社で大幅にキャリアアップをすることができて本当によかったと振り返ってます。

5社目 外資系システム開発会社の営業 900万円

次に日本で会社勤めをされている方なら一度は使ったことがあるであろうCRMツールの開発会社の営業職に転職しました。

タイトルとしては、まずは課長職からスタートをし、ゆくゆくは部長職に昇格するという条件で入社することにしました。

この時は正直お金に目が眩んでおり、成果報酬型という給与形態に魅力を感じて、誤った転職の仕方をしてしまいました。

高給ではありましたが激務だったため、人生で初めてのドロップアウト。人生で初めて挫折を味わった期間でもありました。

プライベートな時間を確保することができないばかりか、目に見える形での実績が上げられずに退職することになりました。

6社目 外資系ソフトウェア開発会社の営業 1,250万円→昇給中

前職を退職してから人生で初めて約3ヶ月ほどキャリアの休憩時間を取り、満を持して外資系ソフトウェア開発会社に営業部の部長職として迎え入れてもらえました。

こちらの会社には実は2社目と3社目の転職時にお世話になった転職エージェントからの紹介で転職をすることができました。

この時には改めて転職エージェントの存在が大きく感じましたし、本当に今でも担当者の方には感謝をしております。

現職ではしっかりとプライベートの時間も確保できて(ほぼ定時退社してます。)、ビジネスでも組織として十分目に見える成果が出るようになってきました。

最近では自分のキャリアに自信を取り戻しつつあり、まだまだ38歳の若輩者ではありますが、今後は独立も視野に入れつつ仕事に邁進をしているところです。

このように一度は挫折した経験はありましたが、積極果敢に外資系企業に飛び込んでいったからこそ、現在では順風満帆な日々を過ごせるようになったと考えています。

管理人がこれまで外資系企業を渡り歩きながら利用してきた転職エージェント

ここからはこれまでに私が外資系企業を渡り歩きながら、実際に利用してきた転職エージェント5つをご紹介していきます。

私自身が実際に利用して良かったと感じた外資系企業転職支援に強い転職エージェントですので、これから外資系企業に転職する際の参考にしていただけると嬉しいです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

まずは私がコンサル業界に転職する際に利用した「アクシスコンサルティング」です。

アクシスコンサルティングは主にコンサルファームからの信頼が厚い転職エージェントで、これからコンサル業界を目指したい方がまず登録すべき転職エージェントです。

私自身は初めてのコンサル業界への転職で不安でしたが、アクシスコンサルティングが保有するコンサル業界に特化した選考対策や手厚いサポートのおかげで無事に外資系大手コンサル会社に転職することができました。

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

私が2社目・3社目・6社目に転職する際に利用した「エンワールド・ジャパン」です。

エンワールド・ジャパンでは、人生初の外資系企業転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になりました。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、非常に信頼している転職エージェントの一つです。

今後初めて外資系企業転職をする、外資系企業転職で大幅に年収を上げたいと考えている方には最適な転職エージェントです。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

次に外資系企業転職・海外就職支援に強い「JACリクルートメント」です。

もともとはイギリスのロンドンで創業した背景もあり、海外現地の外資系企業とのネットワークの結びがとても強いです。

またJACリクルートメントでは、主にミドル・ハイクラス向けの転職支援を得意としているため、外資系企業転職で確実に年収を上げたい・キャリアアップをしたい方に最適な転職エージェントです。

外資系企業に強い転職エージェントの中でも、圧倒的な求人案件数を誇ります。

ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に私の友人の多くも外資系企業転職時によく利用している「ビズリーチ」です。

人材業界の中では比較的新興企業になりますが、最近はTVCMにもよく出ており知名度も高く、30代〜50代で外資系企業に転職したい方に最も人気があります。

実際に私もビズリーチに登録し利用をしたことがありますが、複数の優良企業案件を紹介していただいたことが印象的でした。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

私が外資系システム開発会社に転職した際に利用した「ロバート・ウォルターズ」です。

ロバート・ウォルターズでは、主に英語を使う求人に特化しているため、外資系企業に転職した後に英語力を最大限に活かしたい方がまず登録すべき転職エージェントです。

ロバート・ウォルターズで取り扱う求人案件のポジションによっては英語力よりもスキルを重視することもあるので、少しでも英語ができるなら登録する価値はあるはずです。

これから外資系企業に転職する方へ

私自身、新卒で入社した日系企業である程度満足はしていたのですが、ある日「このままダラダラと同じ会社で勤め続けて本当に自分は年収・キャリアアップできるのか?」と思うタイミングがありました。

そう考え出してからは即行動。今行動をしないと、あとから必ず後悔すると考えて、まずは積極的に情報収集を行いました。

社会人になって待ちの姿勢では、昇給や昇格の機会を掴むことはありません。

あなたの今の行動一つで将来のあなたの年収やあなたのキャリアは決まっていきます。

まずは自ら積極的に情報収集をすることからはじめて、あなたの理想とする状態を自らの手でしっかり叶えていきましょう。

外資系企業やめとけ

こんな人は外資系企業への転職はやめとけ【5項目でチェック】

2021年5月3日