外資系企業は何歳まで働ける?定年までにリストラはないってホント?

外資系は何歳まで働ける

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系企業は何歳まで働けるの?」

現在外資系企業への転職を検討中の方は、“外資系はいくつまで働けるの?””外資系は定年を迎えるまでにリストラはないの?”と不安に感じていることでしょう。

さきに今回の結論から申し上げると、“日本国内の外資系企業の定年(退職年齢)は60歳もしくは65歳”と定められています。

なぜなら、日本国内で事業を行うすべての外資系企業には日本の法律に準拠した定年制度が適用されるからです。

しかし、大前提として日系企業に勤めるサラリーマンのように外資系企業に勤めるサラリーマンは定年まで働くことをキャリアのゴールと考えていない方が多いです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業は何歳まで働ける?定年までにリストラされることはない?」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

今後外資系企業に転職したいなら、まずは国内の外資系転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。転職エージェトを活用することで、よりスムーズに次の転職先を決めることができます。
外資系に強い転職エージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド・ジャパン

外資系企業は何歳まで働ける?

おじいさん

まず今回の結論から申し上げると、“日本国内のほとんどの外資系企業では60歳もしくは65歳まで働くことができます”

なぜなら、日本国内で事業を行うすべての外資系企業は、原則(前提)として”日本の法律に準拠する必要があるから”です。

つまり、あなたが日本国内の外資系企業で働き続ける限り、他の日本国内の日系企業と同じ条件で60歳もしくは65歳まで働き続けることができるということです。

もちろん定年を60歳と定める外資系企業であっても、本人が希望すれば65歳までは再雇用として働くことができます。

なんとなく外資系企業と一言に聞くと、会社内の高齢者から優先的に解雇になりやすいイメージが強いですが、実際のところは他の日系企業と同じような条件の元で定年まで働き続けることができます。

GAKU
これから国内の外資系企業でキャリアアップしていきたいと考えている方は、まず定年まで外資系企業に勤めることはできるので、安心して転職活動を進めていきましょう。

外資系企業で定年まで働く方はいるの?【正直ベース】

外資働くドットコム

それでは実際には外資系企業では定年まで働く方はいるのでしょうか?

結論から申し上げると、”外資系企業で定年まで働く方は一定数いらっしゃいます”が、同じ外資系企業に何十年も勤め続けて定年を迎える方はとても少ないです。

なぜなら、国内の多くの外資系企業では日系企業のように退職金制度がある企業が少なく、“基本的に外資系企業での転職を繰り返すことで年収アップ・キャリアアップすることが一般的な考え方だから”です。

つまり、現在の私がそうであるように自分自身のこれまでの経験や高い専門性を最大限活用し、極限まで高い年収を得られる会社で最終的に落ち着く方が多いです。

とはいえ、最近では日本国内の外資系企業でも日本にローカライズさせる形で退職金制度を整える企業も一定数出てきており、一概に外資系企業だから退職金がないとは言い切れない状況も生まれています。

ただ現在の私のように外資系企業を転々としつつ年収アップ・キャリアアップする方が圧倒的に多いので、一つの外資系企業で定年まで勤め上げる方は少ないです。

GAKU
私の周りの先輩を見渡しても、外資系企業で定年の年齢まで働く方はいますが、同じ外資系企業でずっと勤め上げる方は少ないです。

外資系企業は定年までにリストラもあるってホント?

断られる

現在外資系企業で働ける年齢について気になっている方は、同時に“外資系企業における定年までのリストラ有無”についても少なからず不安を感じていることでしょう。

特に40〜50代とすでに社会人として実力と経験を兼ね備えた年齢層の方であれば、実際に人材を採用する企業から求められるレベルも高くなるので、“今後の外資系企業での働き方”について気になるでしょう。

さきに結論から申し上げると、成果主義思考を採用する多くの外資系企業では、あなたが定年の年齢を迎えるまでの間に突然リストラされる可能性はあります。

しかしながら、あなたが目に見える成果を出し続けていれば、企業の事業拡大に大きく貢献をしていれば、まず会社からリストラを言い渡されることはありません。

逆にあなた自身が思うような成果やパフォーマンスを上げることができず自ずと評価が下がり受け取れる給料が下がり、あなた自身が自発的に外資系企業を立ち去っていくパターンの方が圧倒的に多いです。

(私自身これまで国内の外資系5社を渡り歩いてきたからわかることですが、外資系企業では自分自身が十分に結果を出せずに去っていく方が多くいらっしゃいます。かくいう私も過去に外資系企業でドロップアウトした苦い経験があります。)

そのため、もし現在のあなたが“成果主義思考の外資系企業で働くこと自体しんどい”と考えているならば、今の時点で外資系企業への転職はまずやめておきましょう

GAKU
外資系企業では良くも悪くも目に見える成果を出した方が偉いので、多くの日系企業のような年功序列的な働き方はNGです。そういった意味では日系企業的な年功序列型の働き方に嫌気がさしている方は、まず外資系企業に転職すべきです。
年功序列がやる気でない

年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

2021年5月7日
外資系企業の管理職に就きたい

最も効率よく外資系企業転職で管理職になるためには?【最短ルート】

2021年6月14日

外資系企業で定年まで活躍し続けるためには何が必要?

条件

外資系企業で定年まで活躍し続けるためには、“専門性の高さ”が必要です。

未だに多くの日系企業では総合職として人材を採用し、様々な分野・部門を経験していきながら昇進や昇給をしていくことが一般的な考え方になっています。。

一方で多くの外資系企業では専門職として人材を採用することが多く、一つの分野で専門性を高めていきながら昇進や昇給していくことが一般的な考え方です。

そのため、あなたが今後外資系企業で定年まで年収アップ・キャリアアップし続けたいなら、まずは“自分の強みや専門性の高さを磨き続けることが重要”になります。

私自身がそうであったように、あなたが誰にも負けない強みや専門性の高さを磨き続けることで、高い年収のまま外資系企業を転々とすることができ、定年まで外資系企業に勤め続けることができます。

GAKU
ちなみに私自身はこれまでの法人営業のスペシャリストとしての強みを活かし、ここまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップを実現することができています。
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

【まとめ】外資系企業は何歳まででも働ける!【強みを持て】

外資系企業の営業マン

今回は、「外資系企業は何歳まで働ける?定年までにリストラはないの?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、“日本国内の外資系企業では60歳or65歳まで働けます”。つまり、“定年まで働けます!”

そのため、現在20〜30代の方で外資系企業への転職を検討中の方は、あまり”外資系企業の定年を意識せず”にまずは積極果敢に外資系企業への転職に挑戦しましょう。

そして現在40〜50代の方で外資系企業への転職を検討中の方は、“自分の強みや専門性の高さを武器に”そして少しだけ慎重に外資系企業への転職を検討しましょう。

(※外資系企業では退職金制度がないことも多いので、事前に理解すべきです。)

特に日本国内の多くの外資系企業では成果主義の考え方が浸透しているので、あなたが成果主義の世界で戦いたいなら、まず外資系企業への転職を実現しましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」「ビズリーチ」「エンワールド・ジャパン」は国内の優良外資系企業の転職支援に強いです。

まずは外資系企業に強い転職エージェントを複数併用しながら、最適な国内の外資系企業の求人にエントリーしましょう。

外資系に強い転職エージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド・ジャパン

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系は何歳まで働ける

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。