【定年はある?】外資系企業は何歳まで働ける?長く働けない?リストラはないの?

外資系は何歳まで働ける
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「外資系企業は何歳まで働けるの?」

「外資系企業は定年まで働くことできるの?」

「外資系企業で長く働くコツについて知りたい!」

と気になっている方向けの内容です。

はじめに今回の結論から申し上げると、日本国内の外資系企業の定年(退職年齢)は60歳もしくは65歳と定められています。

なぜなら、日本国内で事業を行うすべての外資系企業には日本の法律に準拠した定年制度が適用されるからです。

つまり、あなたが日本国内の外資系企業で働き続ける限り、他の日本国内の日系企業と同じ条件で、60歳もしくは65歳まで働き続けることができるということ。

しかし、大前提として日系企業に勤めるサラリーマンのように外資系企業に勤めるサラリーマンは定年まで働くことをキャリアのゴールと考えていない方が多いです。

本記事では、「外資系企業は何歳まで働ける?定年までにリストラされることはない?」について詳しくご紹介します。

外資系企業に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

外資系企業は何歳まで働ける?長くは働けない?

おじいさん

まず今回の結論から申し上げると、日本国内のほとんどの外資系企業では60歳もしくは65歳まで働くことができます

なぜなら、日本国内で事業を行うすべての外資系企業は、原則(前提)として日本の法律に準拠する必要があるからです。

つまり、あなたが日本国内の外資系企業で働き続ける限り、他の日本国内の日系企業と同じ条件で、60歳もしくは65歳まで働き続けることができるということ。

もちろん定年を60歳と定める外資系企業であっても、本人が希望すれば65歳までは再雇用として働くことができます。

外資系企業と一言に聞くと、会社内の高齢者から優先的に解雇になりやすいイメージが強いですが、実際のところは他の日系企業と同じ条件の元で定年まで働くことができます。

GAKU
これから「国内の外資系企業でキャリアアップしていきたい」方は、定年まで外資系企業に勤められるので、安心して転職活動を進めましょう。

外資系企業で定年まで働く方はいるの?【正直ベース】

外資働くドットコム

それでは、実際には外資系企業では定年まで働く方はいるのでしょうか?

結論から申し上げると、外資系企業で定年まで働く方は一定数いますが、同じ企業に何十年も勤め続けて定年を迎える方はとても少ないです。

GAKU
なぜなら、国内の多くの外資系企業では日系企業のように退職金制度がある企業が少なく、基本的に外資系企業での転職を繰り返すことでキャリアアップすることが一般的だから

つまり、現在の私がそうであるように、自分自身のこれまでの経験や高い専門性を最大限活用し、極限まで高い年収を得られる会社で最終的に落ち着く方が多いです。

とはいえ、最近では日本国内の外資系企業でも日本にローカライズさせる形で退職金制度を整える企業も一定数出てきており、一概に外資系企業だから退職金がないとは言い切れません。

私の周りの先輩方を見ても、外資系企業で定年の年齢まで働く方は一定数いますが、同じ外資系企業でずっと勤め上げる方は少ないです。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

外資系企業は定年までにリストラもあるってホント?

断られる

現在外資系企業で働ける年齢について気になる方は、同時に外資系企業における定年までのリストラ有無についても気になるでしょう。

特に40〜50代の社会人として実力と経験を兼ね備えた年齢層の方は、実際に企業から求められるレベルも高くなるので、今後の外資系企業での働き方について知っておくべきです。

結論から申し上げると、成果主義思考を採用する外資系企業では、定年の年齢を迎えるまでの間に突然リストラされる可能性はあります。

GAKU
しかし、あなたが目に見える成果を出し続けていれば、まず会社からリストラを言い渡されることはありません。

逆にあなた自身が思うような成果やパフォーマンスを上げることができず、徐々に受け取れる給料が下がり、あなた自身が外資系企業を立ち去るパターンの方が多いです。

(かくいう私も過去に一度だけ外資系企業でドロップアウトした苦い経験があります。)

そのため、もし現在のあなたが成果主義思考の外資系企業で働くこと自体しんどいと考えているならば、今の時点で外資系企業への転職はまずやめておきましょう

外資系企業では良くも悪くも目に見える成果を出した方が偉いので、多くの日系企業のような年功序列的な働き方はNGです。

そういった観点では、日系企業的な年功序列型の働き方に嫌気がさしている方は外資系企業に転職しましょう。

外資系企業で定年まで活躍し続けるためには何が必要?

条件

外資系企業で定年まで活躍し続けるためには、専門性の高さが必要です。

未だに多くの日系企業では総合職として人材を採用し、様々な分野・部門を経験していきながら昇進や昇給をしていくことが一般的な考え方になっています。。

一方で多くの外資系企業では、専門職として人材を採用することが多く、一つの分野で専門性を高めていきながら昇進や昇給していくことが一般的な考え方です。

そのため、あなたが今後グローバル企業で定年まで年収アップ・キャリアアップし続けたいなら、まずは自分の強みや専門性の高さを磨き続けることが重要になります。

あなたが誰にも負けない強みや専門性の高さを磨き続けることで、高い年収のまま外資系企業を転々とすることができ、定年まで外資系企業に勤め続けることができます。

GAKU
ちなみに私自身はこれまでの法人営業のスペシャリストとしての強みを活かし、ここまで外資系企業5社でキャリアアップを実現できています。

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由にも詳しく書いていますが、外資系企業の管理職の年収は日系企業の管理職の年収よりかなり高くおすすめなポジションです。

【まとめ】外資系企業は何歳まででも働ける!【強みを持とう】

外資系企業の営業マン

今回は、「外資系企業は何歳まで働ける?定年までにリストラはないの?」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、日本国内の外資系企業では60歳or65歳まで働けます

つまり、定年までは働けます!

そのため、現在外資系企業への転職を検討中の方は、あまり外資系企業の定年を意識せずに、外資系企業への転職に挑戦しましょう。

※一つ外資系企業のデメリットをお伝えすると、、多くの外資系企業には退職金制度がないことです。

このデメリットを受け入れた上で外資系企業への転職を検討しましょう。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは外資系に強い転職エージェントです。

これから転職を機に確実に年収アップを目指したい方は、まずはJACリクルートメントに登録し、積極的に情報収集を始めましょう。

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「これから年収UPする方法を聞いてみたい」
「現在の自分のキャリアの選択肢を知りたい」
「外資系企業の選考対策について教えてほしい」
「グローバル企業に転職した方が評価されたポイントを知りたい」
「初めて外資系企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に1つでも該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職時にJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

外資系企業に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

はい、日本国内の外資系企業では定年まで働くことができます。

日本国内で事業を行うすべての外資系企業には、日本の法律に準拠した定年制度が適用されるため、他の日本国内の日系企業と同じ条件で、60歳もしくは65歳まで働き続けることができます。

はい、外資系企業への転職で年齢や性別は重視されません。

なぜなら、多くの外資系企業では、ポジションに応じた経験やスキルが市場価値として評価されるからです。

また外資系企業では成果主義を採用しているため、日系企業と比べると年齢はそこまで重視されません。

私自身は外資系企業へ転職する際にJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

結論から申し上げると、年齢が高くても、外資系企業に転職できます。

なぜなら、外資系企業への転職で年齢や性別は重視されないからです。

多くの外資系企業では成果主義を採用しており、求職者のキャリアやスキルを重視して採用されることが多いです。

私自身は外資系企業へ転職する際にJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。


\ミドル・ハイクラス転職なら?/

JACリクルートメント

これから確実に年収アップ・キャリアアップを実現したいなら、まずはじめに「JACリクルートメント」に会員登録を行い、あなたに合う一流企業を紹介してもらいましょう。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現しています!

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐ退会できるので、まずは気軽にキャリア相談からしてみてください。