エンワールドジャパンがしつこい・やばいは本当?【評判・口コミ大調査】

エンワールドジャパンはやばい&しつこい

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「エンワールドジャパンがしつこい・やばいって聞くけど、一体それは本当なの?」

現在外資系企業への転職を目指している方なら、今後エンワールドジャパンへの登録を検討している方が多いと思います。

さきに今回の結論から申し上げると、私が以前エンワールドジャパンを利用した時はしつこくなかったですし、特に担当者に対してやばいという感情も抱かず、むしろ私にとって”エンワールドジャパンは非常に利便性の高い転職エージェント”でした。

また私の周りの友人もこれまでにエンワールドジャパンを利用したことがありますが、現状彼らからエンワールドジャパンがしつこいと聞いたことはありません。

そのため、世間に出ているエンワールドジャパンが”しつこい”・”やばい”という評判は単なる噂でしかないと考えています。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐにエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「エンワールドジャパンはしつこい・やばい?エンワールドジャパンの評判・口コミ」について詳しくご紹介していきます。

エンワールドジャパンはTOEIC700点以上の英語レベルがある28歳〜50歳がまず登録すべき転職エージェントです。
外資系企業に転職するなら?
エンワールド・ジャパン今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「エンワールドジャパン」に無料会員登録しましょう。

外資系転職に特化した転職エージェントのため、積極的に国内の優良外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロのコンサルタントに任せ、長期的なキャリア構築の実現まで支援してもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もエンワールドジャパンを活用してますが、まずコンサルタントは無理に転職先を勧めてくることはないので、じっくり転職先を吟味したい方に最適です。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

エンワールドジャパンとは?

エンワールド・ジャパン

まずエンワールドジャパンとは、

・28歳〜50歳の男女
・TOEIC700点以上の英語レベル
・外資系勤務経験あり

の転職希望者を主にターゲットにした転職エージェントです。

日系グローバル企業や外資系企業での勤務経験があり、次の転職で中長期的なキャリアを構築したい方に高い定評があります。

エンワールドジャパンでは無理にしつこく次の転職先を紹介してくるようなことはないため、しっかりと次に転職する外資系企業を選定することができます。

エンワールドジャパンの会社概要

会社名 エンワールド・ジャパン株式会社
設立 1999年
代表者 鈴木孝二
住所 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 12階
資本金 6,514万円

 

エンワールドジャパンのサービス概要

エンワールドジャパン
求人内容 ミドル・ハイクラス向け
国内拠点数 3拠点(東京・名古屋・大阪)
対象年齢 28歳〜50歳
登録料 完全無料

 

対象年齢

エンワールドジャパンでは、主に28歳〜50歳向けに転職支援を行っています。

幅広い世代向けに手厚く転職支援を行なっているため、若手・中堅〜ベテラン層までまんべんなく登録することができます。

例えば私は人生で初めて外資系企業に転職するタイミング年収が大幅に上がるタイミングなどキャリアアップの節目の時期にエンワールドジャパンを利用しました。

エンワールドジャパンは年齢がいくつになって利用してもやはり安定感があります。

またエンワールドジャパンは外資系に特化した転職エージェントなので、今後確実に外資系に転職し、キャリア・年収アップしたい方に最適な転職エージェントです。

登録料

エンワールドジャパンは、登録料・利用料ともに完全無料になっています。

あなたが費用を払ってエンワールドジャパンで次の就職先を決めることはまずないので、安心して転職活動を進めましょう。

万が一エンワールドジャパンであなたの就職先が決まらなくても、もちろんあなたが支払うペナルティなどは一切ありません。

基本的に多くの転職エージェントでは登録料・利用料が無料のため、エンワールドジャパン以外の転職エージェントも併用する方が、エントリーする企業の幅が広がり、スムーズに転職活動を進められます。

エンワールドジャパンを含む多くの転職エージェントでは、転職希望者が紹介した企業に入社することで、報酬を受け取る“成果報酬型”のビジネスモデルです。そのため、一部の転職エージェントを除くほとんどの転職エージェントが求職者から利用料金をいただいていません。
エンワールドジャパンに断られる

エンワールドジャパンから断られる3つの原因と今すぐできる対処法

2022年1月30日

エンワールドジャパンがしつこい・やばいって本当?

激務

エンワールドジャパンが“しつこい”“やばい”というネガティブな声を聞きますが、実際には事実とは大きく異なります。

むしろ、私の中でエンワールドジャパンの対応はとても丁寧な印象しかありません。

私が以前にエンワールドジャパン経由で受けた会社は、前職と同じ業界でしたが今まで取り扱いがない製品の会社でした。セールスとして応募するにあたり、かなりバックアップしていただきました。

面接対策では、なぜ“今までとは異なるジャンルの製品へ転職するのか”“経験がないことをどうカバーするのか”などの質疑応答に関する具体的なアドバイスを頂きました。

既にその時第二新卒の年齢は過ぎており、今までどのような実績があるのか等を面接までに整理することも指導されました。

やはり、外資系とひとくくりにするのは難しいかもしれませんが、給与体系も各企業ともに異なります。その辺の説明もきちんとして頂けた記憶があります。

一次面接はエリアマネージャー、二次面接はマーケティングマネジャーでした。面接は2回で終了。その後1週間以内にオファーレターを頂戴いたしました。

オファーレターを頂戴する前にある程度条件は伺ってましたし、レターを頂いた時には交渉後の条件に同意をするかしないかという判断のみが必要でした。

エージェントからは、これは選択肢の一つで、自分のキャリアを考えて決めてほしいと言われました。決して絶対に入社すべきだとか、これ以上いい条件はないだとか、そういう言葉はありませんでした。

その上で相談に乗っていただくというスタンスを貫いていらっしゃいました。書類選考からオファーレターを頂戴するまでの期間は約1.5ヶ月だったと思います。

実際に会社に伺って面接を受けるタイミングでその会社の雰囲気や実際面接官となる方が上司となることが多いですから、その方のパーソナリティーが自分とマッチするか否かもこの時点で分かってきます。

私は初めての転職ではなかったのでじっくりと吟味することができました。受かる面接はその時の会話のキャッチボールがスムーズにできている時や、会話が弾むとき、そして相手が自分の興味を持っていると実感できるときには大体早い段階で次のステップに進めることがわかります。

さらに外資系でアジア統括部で承認が必要な場合、最終面接後に1~2週間時間が必要な場合もあります。日本国内だけでは採用を決めることができない場合ですね。

受かったことを前提にする質問がしづらいときは、エージェントに聞いてもらうのが一番です。私は2回の面接もスムーズに終わり、平均的な期間で内定を頂けました。

この時のオファーで年収は約250万アップすることができました。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

エンワールドジャパンがやばいはないけど、ひどいはあった

女性

エンワールドジャパンのGoogleでの口コミの中にやばいという表現はありませんでしたが、なぜか“ひどい”という表現をされている方が2名いらっしゃいました。

エンワールドジャパンの口コミ エンワールドジャパンはひどい エンワールドジャパンはひどい

(Google Map口コミより引用)

上記のようなクレームっぽい内容で「エンワールドジャパンの担当者の対応はひどい」とコメントされています。

しかし、このようなネガティブなコメントは大抵“自分の転職活動が思い通りにならなかったこと”を転職エージェントに八つ当たりをしている時のケースが多いです。

なぜなら、計156件の口コミのうち星1つの低評価をしているのは全体の約1割にも満たず、逆に”多くの高評価が牽引して全体の星評価は4になっているから”です。

またこのようなネガティブな口コミに対してもコメントのリプで真摯な対応をしているエンワールドジャパンには脱帽です。

エンワールドジャパンはわざわざひどいと低い評価をする登録者に向き合って、今後のサポートの質向上を約束しています。

>>エンワールド・ジャパンの公式HPへ

エンワールドジャパンの評判・口コミ【知っておきたい】

条件

今回はインターネットでの調査を中心にエンワールドジャパンの評判・口コミについて詳しくご紹介していきます。

エンワールドジャパンの良い評判・口コミ

・ハイクラス求人数が多い
・サポートが手厚い
・英語が使える求人が多い

まずエンワールドジャパンの評判・口コミからわかったことは、圧倒的なハイクラス求人の数です。

年収800万円以上のハイクラス求人を常時10,000件以上保有しているのは、人材業界の中でもトップクラスの数です。

私自身、過去にこのような大規模なハイクラス求人を抱える転職エージェントには出会ったことがありません。

エンワールドジャパンは応募者の中長期的なキャリア構築のサポートを第一目的としているため、まず無理に合わない転職先を薦めてくるようなことはありません。

またエンワールドジャパンでは国際的な視点を持つ人材を紹介する役割があるため、実際に登録者に聞くと、“英語が使える求人案件が多い”という声が多かったです。

エンワールドジャパン利用には英語力

エンワールドジャパンは英語ができないと利用できないの?【最新版】

2022年2月1日

エンワールドジャパンの悪い評判・口コミ

・高い英語力が求められる
・新卒や第二新卒が利用できない

まずエンワールドジャパンを利用するには、高い英語力が求められます。

エンワールドジャパンが取り扱う求人案件にグローバルな業務内容が多いからです。

実際英語レベルが満たないという理由で、求人紹介してもらえないこともあります。

次に社会人としての経験が少ない新卒や第二新卒が利用できないケースも多いです。

エンワールドジャパンでは主にミドル・ハイクラスの求人案件を取り扱っています。そのため、新卒や第二新卒が登録しようとしても、断られるケースがあります。

エンワールドジャパンは第二新卒も利用できる

エンワールドジャパンは第二新卒でも利用できる?【リアルな評判は?】

2022年2月1日

エンワールドジャパンの3つの特徴

3つ

エンワールドジャパンの特徴としては、主に以下3つがあります。

エンワールドジャパンの特徴
・外資系企業転職に特化
・ミドル・ハイクラス向け
・英語は使えて当たり前

外資系企業転職に特化

エンワールドジャパンは1999年に世界と日本のグローバル人材を繋ぐ企業として都内の小さなホテルの一室で創業しました。

この明確なコンセプトは今も継続しており、グローバル人材マーケットで最も尊敬されるリクルーティングパートナーになることを最大の目的とした組織です。

そのため、日本国内においても外資系企業の転職支援に強いことで非常に知名度が高い転職エージェントの一つです。

実際に私もエンワールドジャパンが外資系に強い転職エージェントと知っていたからこそ、実際に登録し利用しました。

次の転職先で絶対に“英語スキルを使った仕事をしたい方”は、まずエンワールドジャパンに登録して間違いありません。

エンワールドジャパンで転職

エンワールドジャパンで外資系企業転職を果たした39歳女性の物語

2021年5月1日

ミドル・ハイクラス向け

エンワールドジャパンはミドル・ハイクラス向けの求人を多く取り扱っています。

年収800万円以上の求人案件を10,000件以上取り扱っているため、まず質の高い人材が登録している印象が強いです。

日本全国を見渡しても、年収800万円以上のハイクラス求人案件を常時10,000件以上取り扱っている転職エージェントは“エンワールドジャパンのみ”です。

またエンワールドジャパンに掲載している企業の中には、世界的にも知名度が高いP&GやAmazon、ボスコンなどのTOPグローバル企業が名を連ねています。

外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

英語は使えて当たり前

前述の通り、エンワールドジャパンは外資系転職支援に強い転職エージェントです。

そのため、エンワールドジャパンが取り扱う求人案件は、TOEIC700点以上の英語スキルがある方向けのものが多いです。

実際にエンワールドジャパンの登録者も英語を使える仕事を探している人が多いです。

今後グローバルな人材になりたいと考えている方なら、まず登録したい転職エージェントが「エンワールドジャパン」です。

英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

エンワールドジャパンはこんな方に最適【知らないと損】

エンワールドジャパンは以下いずれか一つでも該当する方が、まずはじめに登録すべき転職エージェントです。

エンワールドジャパンが最適な方
・今より年収を上げたい方
・英語を使って仕事をしたい方
・外資系企業に勤めたい方

特に「現職の年収に満足していない。」「もっとグローバルな職場でキャリアアップしたい。」など考えている方がまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

【まとめ】エンワールドジャパンがしつこい・やばいは嘘

海外赴任に失敗

今回は、「エンワールドジャパンはしつこい・やばい?エンワールドジャパンの評判・口コミ」についてご紹介してきました。

これからエンワールドジャパンを利用する方がよくする質問として「エンワールドジャパンはしつこいの?やばいの?」がありますが、私が知る限り彼らはまったくしつこくありませんし、やばくもありません。

それらの評判や口コミは噂でしかないので、あまり気にしなくてよいでしょう。

むしろエンワールドジャパンは外資系専門の転職エージェントで、これから年収をあげたいミドル・ハイクラス向けの求人案件を多数取り扱っており、これまで外資系企業でキャリアを作ってきた私からすれば、”心強い味方のような存在”です。

またエンワールドジャパンはもともとは1999年に世界と日本のグローバル人材を繋ぐ企業として創業した経緯もあり、日本国内のどの転職エージェントよりも外資系企業転職に対するコミット力が違います。

これから英語を使って仕事をしたいと考えている28歳〜50歳まで全ての方が、まず登録すべき転職エージェントの一つです。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにエンワールドジャパンにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
エンワールド・ジャパン今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「エンワールドジャパン」に無料会員登録しましょう。

外資系転職に特化した転職エージェントのため、積極的に国内の優良外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロのコンサルタントに任せ、長期的なキャリア構築の実現まで支援してもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もエンワールドジャパンを活用してますが、まずコンサルタントは無理に転職先を勧めてくることはないので、じっくり転職先を吟味したい方に最適です。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

エンワールドジャパンと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずエンワールドジャパンと同じくミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの写真

今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、エンワールドジャパンと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「エンワールドジャパン」と合わせて使いたい転職エージェントです。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

エンワールドジャパンはやばい&しつこい

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。