エンワールドジャパンで外資系企業転職した39歳女性の物語

エンワールド・ジャパン
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

今回はエンワールドジャパンを利用して外資系企業に転職をしたまりえさん(39歳女性)に「エンワールドジャパンで外資系企業転職をした体験談をお伺いしました。

まりえさんは大学卒業後は日系大手製造メーカーに営業として勤めていましたが、その後一度転職をした後に、40歳を目前にしてエンワールドジャパンを活用し外資系企業に転職を果たしました。

これからエンワールドジャパンに登録して、外資系企業への転職を検討されている方は、ぜひご覧ください。

まりえさん、よろしくお願いいたします。

>>エンワールド・ジャパンに無料登録する

エンワールドジャパンを利用したきっかけと紹介してもらった求人案件について

私が2回目の転職を決めるとき、既に2社を経験し、三社目の転職をするときにエンワールドにお世話になりました。エンワールドは非常に外資系企業に強いイメージでした。

きっかけは転職サイトで仕事を検索していて問い合わせをしたところ、エンワールドが取り扱っている案件であったというものです。最初に合う日程を調整し、エンワールドにお伺いをさせていただき面談をいたしました。

エンワールドは非常に大きな組織のようで、各業界によって担当部門に分かれており、私は私が希望する業界のマネジャーの近藤さんと面談を行いました。近藤さんはとても業界の情報にお詳しく、多くの情報を頂きました。また、私がサイト上で応募した案件の詳細説明はもとより、他の類似企業も2-3社ご紹介いただきました。

新しい案件をご紹介いただくときに、その企業のバックグラウンドやなぜ私に合っているのか等非常に納得のいくご説明を頂きました。その時応募した企業は同じ業界で、私のバックグラウンドにもよくあっている案件でした。

書類選考に進むにあたり、非常に丁寧に履歴書、職務経歴書の添削をしていただきました。また、それらの書類のフォーマットも頂戴しました。この時英語の職務経歴書を作成するお手伝いもしていただきました。

近藤さんは非常に流暢な英語をお話なさる方で(もちろん日本人です。)非常に心強かったです。連絡もまめにいただけました。         

エンワールドジャパンで転職するまでにかかった時間

私が受けた会社は、同じ業界でしたが今まで取り扱ったことにない製品の会社でした。そこのセールスとして応募をするにあたりかなり強いバックアップをしていただきました。

面接対策では、なぜ今までとは異なるジャンルの製品へ転職するのか、経験がないことをどうカバーできるのか等具体的なアドバイスを頂きました。既に第二新卒の年齢は過ぎており、今までどのような実績があるのか等面接までにきちんと整理をしておくことも指導されました。

今考えれば当たり前かもしれませんが。やはり、外資系とひとくくりにするのは難しいかもしれませんが、給与体系も各企業で異なります。その辺の説明もきちんとして頂けた記憶がございます。一次面接はエリアマネージャー、二次面接はマーケティングマネジャーでした。面接は2回で終了。その後1週間以内にオファーレターを頂戴いたしました。

オファーレターを頂戴する前にある程度条件はうかがっておりましたし、レターを頂いた時には、交渉後の条件に同意をするかしないかという判断のみです。エージェントからは、これは選択肢の一つで、自分のキャリアを考えて決めてほしいといわれた記憶がございます。

決して絶対入社すべきだとか、これ以上いい条件はないだとか、そういう言葉はありませんでした。あくまでも選択しの一つ。その上で相談に乗っていただくというスタンスを貫いていらっしゃいましたね。書類選考からオファーレターを頂戴するまでの期間は約1.5か月だったと思います。

実際に会社に伺って面接を受けるタイミングでその会社の雰囲気や実際面接官となる方が上司となることが多いですから、その方のパーソナリティーが自分とマッチするか否かもこの時点でだいたい分かってきます。私は初めての転職ではなかったので、その辺はじっくりと吟味することができたと思います。

受かる面接はその時の会話のキャッチボールがスムーズにできている時や、会話が弾むとき、そして相手が自分の興味をもってくれていると実感できるときには大体早い段階で次のステップに進めることがわかります。さらに外資系でアジアパシフィックの承認が必要な場合、最終面接後に1~2週間時間が必要な場合もあります。日本国内だけでは採用を決めることができない場合ですね。

受かったことを前提にする質問もしずらいときは、エージェントに聞いてもらうのが一番です。私の場合は2回の面接もスムーズに終わり、平均的な期間で内定を頂くことができたと思います。今回のオファーで年収は約250万円アップしました。     

エンワールドジャパンでエントリーした求人案件は?内定したのはどこ?

私が受験したこの案件はネット上に上がっている情報ではなく、エージェントとの面談時にご案内頂いた案件です。ですので、やはり一度はエージェントとじっくり話し合ってみるというのも有効だと感じました。また、お会いして直ぐにマッチする案件を案内していただけない場合もあります。

これはそのエージェントが情報を持っていないということではなくてタイミングだと感じています。ちょうどいいタイミングでマッチする案件があればすぐにご紹介いただけるのかもしれませんが、たまたま案件がない場合は少し時間かけて一緒に探していただくというのも大切です。

その時には自分の将来像や希望勤務地、給与条件等はきちんと伝えておくべきです。よできるヘッドハンターであればあるほど、条件だけで案件を勧めてくることはないでしょう。

採用先の状況や企業カラーも熟知した上でご案内頂ける案件は内定率も高くなると思います。逆に、むやみやたらに機械的に条件があっているだけで案件を強引に勧めてくるエージェントもあるので要注意です。実際私も他のエージェントでそのような経験がありました。

しまいには企業名を列記したシートを見せられて、興味のある企業はありませんか?と聞かれたり。また、担当者が企業のことをよくわかっているというのは、会話をしているとわかってきます。さらに、エージェントの実績も確認しておくといいかもしれません。

この会社から採用された実績があるのか否か。もし、紹介した候補者の多くが内定しているような場合、採用担当者からも信頼の厚い会社だということになりますので、他のエージェントよりも内定率が上がる可能性もあります。

私が内定を頂戴した会社は競合他社ではなかったですが、同じ業界の会社でした。転職する時に必ず迷いが生まれてくるのではないかと思いますが、同業か異業種か。転職するにあたって同業の方が内定率が高いのは事実だと思います。

ただ、これは年齢にもよりますが。私は既に数社経験をしており、既に40歳手前ということもあり、異業種については正直厳し選択となったと思います。そのあたりもエージェントの担当者と相談をしました。まったく経験のないエリアに転職するのであれば、やはり35歳手前までなのでしょうか。

これは私の実体験を元に感じたものですが。今回は同業界でしたが、まだあつかったことのない製品のセールスとして内定を頂戴しましたが、これも十分にキャリアチェンジができたと感じております。また、40歳手前で新しいことにチャレンジするということは、私自身が思っていたよりも非常に厳しいものでした。

楽観的な考え方をするほうなので、なんとかなるだろうと思っていましたが、非常に苦戦した時期もありました。やはりベテラン扱いで入社するので、社内での評価も厳しいものでした。なんとかなるというよりもなんとかするという気持ちで毎日取り組んでいました。

知らないこともたくさんあるし、教わったことがなかなか定着しなかったりと日々悩みもありましたが、その中で実績を上げていく方法を編み出していく事が必須です。外資系の厳しさはやはり自己努力しかないということです。

会社が何かを与えてくれると思っているとおいて行かれてしまいます。あの資料がないからできないのではなく、自分で資料を作成し使用するぐらいの気持ちがないといけないと思います。教育やトレーニングが充実している会社はほぼなかったです。

でもそれは不満ではなく、そういうものだという認識をもって自ら改善し努力するしかないと言うのが外資系だと感じています。ないものだらけです。してくれるという意識が強い方には外資系は向かないかもしれませんね。

こうしたい、こうした方がいいのではということを自ら実践しトライアンドエラーを繰り返し実績に結び付けることができる方が生き残っている感があります。   

これからエンワールドジャパンを利用して外資系企業転職したい方へメッセージ

エンワールド・ジャパン

一見外資系は給与が高くてきらびやかと見えるようですが、その裏には自己責任や自己努力といった見えない部分が多くあります。セールス職は会社に朝出社する必要もありませんし、必ず戻らないといけないという決まりもありません。

その反面、売り上げに関しての責任は大きなものになります。国内企業と外資系ではそれぞれいい面と悪い面があることをよく理解しご自身に合った会社を選ぶべきだと思います。いいところはとことんよく見えてくるものです。ただ、その裏にはやはり悪い面や厳しい面があることも確かです。

さらに長いキャリアを考えた時に終身雇用の感がない企業もあるので要注意です。定年退職まで何名の方が在籍していたのか。。。すべての外資系企業がこの通りではないですが、定年を迎えるまで在籍されていた方が数名というのはざらですので要チェックです。

エンワールド・ジャパン

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。