外資系がゆるいって本当?【結論、会社によるが基本はゆるめ◎】

外資系はゆるい

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「”外資系企業がゆるい”って聞いたことがあるけど、一体全体それは本当なの?」

世間一般的に外資系企業はバリバリ働くイメージが強いですが、最近では多方面から“意外と外資系企業はゆるいんじゃないか?”という説が浮上してきています。

結論から申し上げると、”外資系企業は労働環境的にゆるいことが多い”です。

私なりに外資系企業がゆるいという言葉を上手く言い換えると、“外資系企業はとても働きやすい環境”となります。

特に私の場合はこれまで都内の外資系企業を渡り歩きながら、うまく年収アップ・キャリアアップを実現できたので、そのように強く感じているのかもしれません。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業がゆるいと言われる3つの理由」について詳しくご紹介します。

特にこれから外資系企業への転職を目指す方にとっては、外資系企業で働くイメージを膨らますことができるかもしれません。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

外資系がゆるいと言われる3つの理由【まず知っておきたい】

3つ

世間一般的に外資系企業がゆるいと言われるのには、“主に3つの理由”があります。

外資系がゆるいと言われる理由
・仕事内容が明確
・無駄な残業がない
・休暇を取りやすい

1つずつ詳しく紹介していきます。

仕事内容が明確

まず外資系企業がゆるいと言われる1つ目の理由として、一人ひとりに割り振られる“仕事内容が明確であること”が考えられます。

あなたが外資系企業で働く際には必ず一人ひとりに“Job Description”というものがあり、あなたの業務での責任範囲やゴールなどが明確に記載されています。

外資系企業では多くの日系企業の総合職のように様々な業務を横断的に行うことなく、自分にあらかじめ決められた業務だけを行えばいいので非常にシンプルです。

また外資系では自分自身の業務さえしっかりとこなせば適正に評価される仕組みになっているので、ゆるいというよりは非常に働きやすい労働環境が整っています。

GAKU
私自身も新卒で入社した日系会社で明らかに自分の責任範囲ではない仕事を振られた時に「これは違う、、」と思って、外資系企業への転職を決めた経緯があります。

無駄な残業がない

次に外資系企業がゆるいと言われる2つ目の理由として、日系企業のように“無駄な残業がないこと”が考えられます。

前述の通り、多くの外資系企業では一人ひとりの業務内容が明確なため、そもそも無駄な残業をする方が少ないです。

上司や周囲の同僚の目を気にして残業することはまずありませんし、自分の仕事を終えた方から続々と退社していきます。

自分の業務での責任範囲が明確になっているため、自然と無駄な残業がなくなる仕組みになっているのだと考えています。

フレックスやテレワークなどの制度を積極的に取り入れている企業も多く、より働きやすい労働環境が整っています。

GAKU
未だに多くの日系企業では上司が帰るまで残業する文化が残っていると思いますが、そのような働き方は正直に申し上げると時代遅れです。外資系企業のように仕事が終わった方から帰れば良いのです。

休暇を取りやすい

最後に外資系企業がゆるいと言われる3つ目の理由として、日系企業よりも“休暇を取りやすいこと”が考えられます。

私自身は26歳の頃に人生で初めて外資系企業に転職して驚いたことですが、本当に外資系企業は休暇を取りやすいです。

特に外国人社員などは1週間や1ヶ月の長期休暇を取得することも多く、会社全体で休みを取りやすい風土ができています。

周りにも外資系企業はバリバリ働いているのに、どうしてそんなに柔軟に休みを取れるの?と聞かれることも多いです。

GAKU
未だに多くの日系企業では上司に休みを申請すること自体がしづらい雰囲気がありますが、外資系企業では一切そんなことはありません。私自身は26歳の頃に初めて外資系企業に転職しましたが、それ以降自分の好きなタイミングで休暇を取得できています。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

中にはゆるくない外資系もある!【業界・業種にもよる】

注意点

ここまで世間一般的に外資系企業がゆるいと言われる3つの理由をご紹介してきましたが、業界によって全然ゆるくない外資系企業が存在するのもまた事実です。

同じ外資系企業という括りでも、”コンサルファームや金融業界などはまったくゆるくないことで知名度が高い”です。

例えば、外資系コンサルファームはプロジェクト単位で働き方が決まるため、1つのプロジェクトが完了するまでは終電近くまで残業が続くことがざらに起こります。

同じ外資系企業でもまったくゆるくない業界や業種はその分給料水準が高い傾向が強いため、結局のところ“トレードオフ”(残業が多い業界・業種ほど給料がとにかく高い)の考え方が重要になります。

GAKU
ここでは“全ての外資系企業がゆるいというわけではないということ”を覚えておきましょう。

【事実】外資系は自由度が高め

ここで1つ間違いのない事実を言わせてください。“外資系企業は自由度が高い”です。

外資系企業の自由度が高い事例を挙げるときりがないですが、例えば遅刻に寛容だったり、休憩時間が長すぎたり、みんな周りを気にしていない、などがあります。

あなたがやるべき業務さえ遂行していればあとは自由に働けばいいというのが外資系企業の特徴なので、自由度の高い働き方をしたい方には最適な労働環境です。

とはいえ、外資系企業ではその分成果主義思考は求められるので、自由度が高い分結果を出すことは非常に重要になります。

GAKU
私もこれまで外資系企業で実力(パフォーマンス)を発揮できずに自ら退職する方をたくさん見てきました。
外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

外資系企業に効率よく転職するには?【最短距離がベスト】

今回は、「外資系企業がゆるいと言われる3つの理由」についてご紹介してきました。

外資系がゆるいと言われる理由
・仕事内容が明確
・無駄な残業がない
・休暇を取りやすい

改めて結論を申し上げると、外資系企業は労働環境的にゆるいことが多いです。

しかし、自由度が高い働き方ができる分、当然結果や責任は求められます。

これから外資系企業に転職したいなら、まずはじめに登録すべき転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最も外資系企業への転職に近い転職エージェントです。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント

現在年収600万円以上で「キャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」方に最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントでは各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚くサポートしてくれるので、初めての外資系企業への転職も安心して進めることができます。

現在のあなたが最短距離で外資系企業に転職したいなら、まずは「JACリクルートメント」に登録をしておきましょう。

万が一外資系企業に転職できなくても、まず国内の優良な日系グローバル企業に出会えることは間違いありません。

私や私の友人の多くも実際これまでにJACリクルートメントで紹介してもらった優良求人に転職することで、大幅に年収アップを果たすことができました。

今後転職を機に確実に年収アップを目指したい方は、まずはJACリクルートメントに登録し、積極的に情報収集を始めましょう。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

GAKU
実際に私の友人の多くもJACリクルートメント経由で外資系企業に転職を決めています。転職活動はあなたの能力の高さ以上に“効率の良さ”がより重要になります。
外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系はゆるい

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。