こんな人は外資系企業への転職はやめとけ【5項目でチェック】

外資系企業やめとけ

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系に転職してもいいのだろうか?」

これまで日本国内の外資系企業5社の転職で順調にキャリアを形成してきた私の元には最近このような質問がよく届きます。

さきに結論から申し上げると、この世の中には“外資系企業への転職が最適ではない方”がやはり一定数いらっしゃいます。

良いとか悪いとかの問題ではなく、“あなたに合うか合わないか”の問題なのです。

事実として、私の周りでも外資系企業転職に失敗する方は一定数いらっしゃいます。

そのため、もし現在のあなたが外資系企業への転職を迷っているなら、本記事で紹介する5項目をチェックし、外資系企業に転職すべきかを判断するようにしましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「こんな人は外資系企業への転職はやめとけ」について詳しくご紹介しています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

外資系企業への転職で失敗しやすい3つのケース

失敗

まず外資系企業への転職で失敗しやすい典型的なケースは以下の通りです。

外資系企業転職で失敗しやすいケース
・日本事業からの撤退
・評価制度が違う
・企業文化が異なる

日本事業からの撤退

まずこれは完全に外部要因ではありますが、“外資系企業の日本市場からの撤退”です。

多くの外資系企業にとって、海外マーケットのシェア拡大は大きなリスクであり、同時に大きなリターンも期待ができます。

そのため、いつなんどき日本国内に存在する外資系企業が日本事業から撤退をするのかは、正直誰も予想をすることができません。

そういった意味で言うと、日本市場でもある程度知名度が高いグローバル企業などへの転職は比較的安泰な選択肢かもしれません。

GAKU
私の友人にもせっかく外資系企業に転職できたのに、すぐにその外資系企業が日本のマーケットから撤退してクビになった仲間がいます。

評価制度が違う

次に“評価制度の違い”があげられます。

日系企業出身者が外資系企業に転職した後に、よくありがちな光景として、必要以上に残業をすることがあります。

多くの日系企業では「上司よりも先に退社できない。」「長時間働く人が評価が高い」など、未だに謎のルールがあります。

これは間違いなく日本ならではの“年功序列制度による弊害”でしかありません。

一方で多くの外資系企業では仕事でのパフォーマンスが評価や給料に直結します。

そもそも日系企業と外資系企業では評価制度自体が大きく異なるため、長年日系企業に勤めた方はそのギャップに苦しみます。

GAKU
私は新卒で入社した日系企業で無能なのに高給をもらう上司の姿をみて、その後のキャリアを外資系企業にシフトすることにしました。
年功序列がやる気でない

年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

2021年5月7日

企業文化が異なる

最後に“企業文化の違い”があげられます。

外資系企業で超優良企業になるほど、すでに企業文化が全従業員に浸透しています。

企業文化が浸透しているということは、スピーディに仕事が進むことも多いです。

一方で多くの日系企業では昔から在籍する社員が偉いような異様な雰囲気もあるので、そもそもの企業文化が大きく異なります。

GAKU
外資系企業ならではの企業文化になかなか馴染めない方もいます。

【失敗する前に】こんな人は外資系企業への転職はやめとけ!

外資系やめとけ

正直ベースで申し上げると、以下いずれかの項目に一つでも該当する人は、外資系企業への転職はやめておいた方がいいです。

外資系企業へ転職すべきでない人
・変化したくない人
・多様性が受け入れられない人
・英語を使いたくない人
・リスクを取れない人
・主体的に動けない人

1つずつみていきましょう。

変化したくない人

まず現状維持することに満足していて、“今後もあまり変化したくない人”にはまず外資系企業への転職はおすすめできません。

外資系企業では日系企業よりも日々スピーディに意思決定がなされていきます。

そのような状況の中で、柔軟性高く働けないという方に外資系は向いていません。

そういった意味では多くの外資系企業は多くの日系企業よりも従業員が失敗することに多少寛容であるかもしれません。

GAKU
常に変化し続けたい人には外資系企業への転職を強く推奨します。

多様性が受け入れられない人

次に“多様性が受け入れられない人”も外資系企業への転職は向いていません。

多くの方がすでにご存知の通り、外資系企業の多くはは様々なバックグラウンドを抱える多種多様な人種が混在しています。

あなたが他の外国人の文化などの多様性を受け入れることができない場合、まず外資系企業転職はやめておいた方がいいでしょう。

GAKU
日本国内の外資系企業には日本人の従業員が多く在籍していますが、それ以外にも外国籍の従業員が多く在籍していることも多いです。

英語を使いたくない人

次に外資系企業で働くためには、“最低でも英語は必須のスキル”になります。

職場で積極的に英語を使ってコミュニケーションを取っていかなければ、あなたは置いてけぼりにされてしまうだけです。

特に外国人が多く在籍する会社や上司や同僚が外国人の場合は、まずコミュニケーションツールとして英語力は必要になります。

様々な場面で英語力は必要になるので、仕事で英語を使いたくない人は論外です。

外資系転職に必要なTOEICスコア

外資系企業転職に必要なTOEICスコアは何点?基準はどうなっている?

2021年5月4日

リスクを取れない人

次に“リスクを取れない人”も外資系企業への転職に挑戦すべきではないです。

外資系企業ではただ言われたことだけをやる受動的な人間は評価されづらいです。

多くの外資系企業ではあなたがパフォーマンスを発揮することが直接的に給与にも反映されていくので、積極的にリスクを取って仕事を進めていく必要があります。

GAKU
多くの外資系企業では、“失敗してもよいから思い切ってやろう”とする方が高く評価されます。

主体的に動けない人

最後に“主体的に動けない人”も外資系企業への転職には向いていません。

例えばあなたが外資系企業に勤めていて会議で全く発言をしなかったとします。

日系企業では許されるかもしれませんが、外資系企業では主体性がない人間と判断され、次の会議から招待されなくなります。

自分から積極的に発言ができない方や行動ができない方は、まず外資系企業には向いてはいないと言えるでしょう。

GAKU
私が人生で初めて外資系企業に転職し、会議に出席した時はその意見の活発さに圧倒されました。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

【必見】外資系企業への転職で最も注意すべきこととは?

注意点

これから外資系企業に転職するにあたり最も注意すべきことは、“成果をあげないと昇給・昇格がしづらいこと”です。

つまり、外資系企業への転職に最も向いている人間は、”すぐに成果を上げることができる即戦力人材”ということになります。

日系企業と違って外資系企業は、あなたが与えられたポジションで成果をあげればあげるほどに昇給・昇格の可能性が高まります。

一方であなたが成果をあげることができないと、日系企業と違って昇給・昇格がしづらく、そこで停滞してしまうことになります。

これからあなたが実力主義の世界で生き残っていける自信があるなら、積極的に外資系企業への転職を検討しましょう。

GAKU
精神論にはなりますが、あなたが外資系企業転職に失敗しない自信があるなら、今後外資系企業でもうまくやっていけるはずです。
外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

【まとめ】無理をしてまで外資系企業に転職する必要はない

外資系はモテる

今回は、「こんな人は外資系企業への転職はやめとけ!」についてご紹介しました。

外資系企業へ転職すべきでない人
・変化したくない人
・多様性が受け入れられない人
・英語を使いたくない人
・リスクを取れない人
・主体的に動けない人

今回ご紹介した上記5つの項目の中に一つでも当てはまるものがあれば、あなたは外資系企業転職に向いているとは言えません。

一つ言えることは、あなたが無理をして外資系に転職をする必要は一切ないということ。(あなたが外資系企業に向いていないのにわざわざ失敗しにいく必要はありません。)

外資系企業で働くということは、実力主義の世界に身を置くということなので、それなりの覚悟を持って転職活動を進めましょう。

JACリクルートメントが持つ転職ノウハウや企業とのネットワークを最大限に活用することで、あなたは理想とする次の転職先企業を必ず見つけることができます。

特にJACリクルートメントは国内の外資系企業の転職支援に強みを持っているので、「確実に年収アップしたい」「今後キャリアアップしたい」方には最適な転職エージェントです。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系企業やめとけ

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。