外資系企業で働くとモテる本当の理由!【実は誰も知らない】

外資系はなぜモテる?
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「外資系企業に勤めると、モテるって聞いたけど本当なの?」

さきに今回の結論から申し上げると、外資系企業に勤めるとなぜかモテます。

実際に私も外資系企業に勤めてすでに13年目に突入しましたが、既婚者である今でもなぜか女性ウケがいいです。(私の周りで外資系企業に勤める友人も然りです。)

なぜ外資系企業に勤める人間はここまでモテてしまうのでしょうか?

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業で働くとモテる本当の理由」についてどこよりも詳しくご紹介します。

今後社会人として女性にモテたいなら、まず外資系の転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

私は外資系企業に勤めてすでに13年目になりますが、これまで外資系企業に勤めてきて、実際に肌で感じた外資系企業勤務がモテる理由は以下の通りです。

外資系企業で働くとモテる理由
・高収入のイメージがある
・語学堪能なイメージがある
・エリートなイメージがある

1つずつみていきましょう。

高収入のイメージがある

まず外資系企業で働くとモテる1つ目の理由は、高収入のイメージがあるからです。

実際に「外資系企業は高収入が多いのか?」と聞かれると、答えは“YES”になります。日系企業と外資系企業の平均年収には、約1.5〜2倍の差があると言われています。

これはそもそも日本に進出してくる外資系企業が資本力があることと優秀な社員は高い年収で引き抜く文化があるからです。

もしあなたが女性だったら、年収が低いよりも高い男性とお付き合いしたいですよね。

GAKU
私自身もこれまで外資系転職を繰り返して順調に上げ続けることができているので、外資系企業の年収が高いイメージは合っています。

語学堪能なイメージがある

次に外資系企業で働くとモテる2つ目の理由は、外資系企業勤務者は語学堪能なイメージがあるからです。

外資系企業の社員は様々な国や地域の外国人で構成されるため、コミュニケーション能力として“最低限の英語力”が求められます。

そのため、外資系企業に勤めている方は、必然的に語学堪能であることが多いです。

日本語しか使えないサラリーマンよりも英語をはじめとする外国語を使えるサラリーマンの方が魅力的なので、当然女性にもモテる可能性が高まります。

エリートなイメージがある

外資系企業で働くとモテる3つ目の理由は、エリートなイメージがあるからです。

外資系企業に勤める方が高収入・語学堪能であるという特徴と聞くと、かなりのハイスペックでエリートなイメージを抱きませんか?

外資系企業に勤める方がエリートであるかというと、それは完全な事実とは言えません。

確かに私の周りの同僚や上司を見渡してみても、比較的エリート街道まっしぐらな方もいらっしゃいます。しかしながら、実際は高学歴・高収入でないと、外資系企業に転職できないわけでもありません。

とはいえ、世間のイメージはかき消せないので、たとえエリートでなくても外資系企業に勤めることでモテる方はラッキーです。

GAKU
実際には外資系企業に勤める方はエリートもな方よりも職歴が豊富な方が多いです。

男性が外資系企業で働く3つのメリット

外資系で働くメリット

これからモテたいと考えている男性が外資系企業に勤めるメリットは、主に以下の3つのことがあげられます。

男性が外資系企業に勤めるメリット
・給料が高い
・成果主義になれる
・周囲が優秀

給料が高い

まず外資系企業に転職すると、周囲の同世代と比較して基本的に“給料が高い”です。

外資系企業に勤めながら、あなたが仕事に熱中することができれば、比較的早いペースで貯金ができるようになります。

一般的な日系企業の給料よりも圧倒的に高い給料を受け取れる可能性が高いです。

成果主義になれる

次に外資系企業に転職すると、“成果主義思考”が身につけることができます。

多くの外資系企業では、仕事でのパフォーマンスがそのまま評価や給料に反映されます。仕事でパフォーマンスを発揮できなければ給料は下がりますし、仕事でパフォーマンスを発揮すれば給料は上がります。

日系企業と違って年功序列文化がないので、自ずと成果主義の考え方が身につきます。

あなたが外資系企業で成果を上げれば上げるほど、給料は青天井に上がっていきます。

周囲が優秀

最後に外資系企業に転職すると、“優秀な人材”に囲まれて働くことができます。

基本的に外資系企業に勤めている方は、仕事ができる優秀な人材が多いです。

なぜなら、外資系企業に勤める多くの方が成果を上げなければ、その会社で勤め続けることができなくなるからです。

また中途採用で外資系企業に入社することがほとんどなので、優秀な経験豊富な方々と仕事ができる可能性が高いです。その分、あなたも優秀な人材になりやすくなります。

【必見】私も外資系企業勤務でモテた経験あり!

外資系でモテる

ここでお恥ずかしい私の体験談なのですが、私自身も新卒で入社した日系企業から2社目の外資系企業に転職して以降、すごく女性からモテるようになりました。

ちなみに私自身は特段イケメンではなく、ただただ普通顔の一般的な日本人男性です。

具体的には合コンで外資系企業に勤めていることを言うと、私の友人が勤める日本国内の名の知れた数々の人気企業を抑え、なぜだか私だけが女性から一目置かれたり、女性側からアプローチを受けることが増えました。

そしてその後女性に詳しく話を聞くと、私に対して「外資系企業は高年収のイメージがある。」「英語話せるなんてすごい!」などの好印象を抱いたとのことでした。

確かに周りの同年代と比較すると、比較的年収は高いのは事実ですが、それ以外の部分では正直大差がありません。

それなのになぜか外資系企業に勤めているだけで、女性からのウケが良くなるんです。

余談ですが、私の現在の妻は外資系企業に勤めてちょうど2年目の時に知人の紹介(合コン?)で出会った人です。

モテる外資系企業に勤めたいなら、まず登録したい転職エージェント

JACリクルートメント

あなたがこれから外資系企業に勤めてこれまで以上に女性にモテたいと考えているなら、まずは外資系企業の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

これまで合コンや飲み会などでウケが良くなかったのに、あなたが外資系企業に勤めた途端にモテ期が来るかもしれません。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は外資系に勤めたい方に最適な転職エージェントです。

特にJACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス向けの魅力的な求人案件を多く取り扱っているので、外資系企業にただ勤めるだけでなく、外資系転職を機に年収アップ・キャリアアップを狙うことができます。

まずはJACリクルートメントに無料登録をして、あなたの希望に沿った外資系企業の求人案件を紹介してもらいましょう。

あなたが最短距離で外資系企業に勤めたいなら、外資系企業の転職に強い転職エージェントを利用するのが結局近道になります。

【まとめ】外資系企業勤務はなぜかモテる!

外資系はモテる

今回は、「外資系企業で働くとモテる本当の理由」について詳しくご紹介してきました。

外資系企業で働くとモテる理由
・高収入のイメージがある
・語学堪能なイメージがある
・エリートなイメージがある

外資系企業で働くとモテる理由は、世間一般的に上記イメージが連想されるからです。

確かに外資系企業で働くと、通常よりも高収入を得られたり、語学堪能な方が在籍していることが多いですが、正直エリートが集まっているかどうかはわかりません。

私は外資系企業に勤めて今年で13年目に突入しますが、女性からモテやすいことは事実であると身を以て感じてきたひとりです。

もしあなたが女性にモテたいがために外資系企業に勤めたいと考えているなら、今すぐ外資系企業に強い転職エージェントに登録して、早速情報収集から始めましょう。

そして最終的には仕事も恋愛も充実する日々を過ごすことを目指していきましょう。

外資系はなぜモテる?

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。