外資系企業で働くとモテる本当の理由!【実は誰も知らない】

外資系はなぜモテる?

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「”外資系企業に勤めるとモテる”って聞いたことがあるけど、一体全体本当なの?」

さきに今回の結論から申し上げると、”外資系企業に勤めるとなぜかモテます”。

実際に私も外資系企業に勤めてすでに13年目に突入しましたが、既婚者である今でもなぜか”女性ウケ”がいいです。(*私の周りで外資系企業に勤める友人も然りです。)

なぜ”外資系企業に勤める人間”というだけでここまでモテてしまうのでしょうか?

日本国内の多くの優良外資系企業では、常時採用でなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第すぐにエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業で働くとモテる本当の理由」についてどこよりも詳しくご紹介します。

今後社会人として女性にモテたいなら、まず外資系の転職支援に強い「JACリクルートメント」に会員登録しましょう。たった一回の転職を行うだけで、あなたのモテ度は格段に高まるかもしれません。
外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

外資系企業で働くとモテる3つの理由【実は誰も知らない】

エリートな写真

私は国内の外資系企業に勤めてすでに13年目になりますが、これまで外資系企業に勤めてきて、“実際に肌で感じた外資系企業勤務がモテる理由”は以下の通りです。

外資系企業で働くとモテる理由
・高収入のイメージがある
・語学堪能なイメージがある
・エリートなイメージがある

1つずつみていきましょう。

高収入のイメージがある

まず外資系企業で働くとモテる1つ目の理由は、高収入のイメージがあるからです。

実際に「外資系企業は高収入が多いのか?」と聞かれると、答えは“YES”になります。日系企業と外資系企業の平均年収には、約1.5〜2倍の差があると言われています。

これはそもそも日本に進出してくる外資系企業は資本力があることと優秀な社員は高い年収で引き抜く文化があるからです。

もしあなたが女性の立場だったら、おそらく年収が低い男性よりも“年収が高い男性とお付き合いをしたい”と考えますよね。

GAKU
私自身もこれまで外資系転職を繰り返して順調に上げ続けることができているので、外資系企業の年収が高いイメージは合っています。
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

語学堪能なイメージがある

次に外資系企業で働くとモテる2つ目の理由は、外資系企業勤務者は語学堪能(バイリンガル)なイメージがあるからです。

外資系企業の社員は様々な国や地域の外国人で構成されるため、コミュニケーション能力として“最低限の英語力”が求められます。

そのため、日本国内で外資系企業に勤めている方は、必然的に且つ非常に高い確率で語学堪能であることが多いです。

日本語しか使えないサラリーマンよりも英語をはじめとする外国語を操ることができるサラリーマンの方が魅力的なので、当然女性にもモテる可能性が格段に高まります。

英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

エリートなイメージがある

外資系企業で働くとモテる3つ目の理由は、エリートなイメージがあるからです。

外資系企業に勤める方が高収入・語学堪能であるという特徴と聞くと、かなりハイスペックでエリートなイメージを抱きませんか?

外資系企業に勤める方がエリートであるかというと、それは完全な事実とは言えません。

確かに私の周りの同僚や上司を見渡してみても、エリート街道まっしぐらな方もいらっしゃいます。しかしながら、実際は高学歴・高収入でないと、外資系企業に転職できないわけでもありません(これが事実です)。

とはいえ、世間のイメージはかき消せないので、たとえエリートでなくても外資系企業に勤めることでモテる方はラッキーです。

GAKU
実際には外資系企業に勤める方はエリートな方よりもこれまでに職歴が豊富な方が多いです。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

男性が外資系企業で働く3つのメリット【ただモテるだけじゃない】

外資系で働くメリット

これから“女性にモテたい”と考えている男性が外資系企業に勤めるメリットは、“主に以下3つのこと”があげられます。

外資系勤務はただ女性にモテるだけではなく、様々な特典(笑)がついてくるので、これから外資系転職に挑戦する方は必見です。

男性が外資系企業に勤めるメリット
・給料が高い
・成果主義になれる
・周囲が優秀

給料が高い

まず外資系企業に転職すると、周囲の同世代と比較し、基本的に“給料が高い”です。

外資系企業に勤めながら、あなたが仕事に熱中することができれば、早いペースで貯金や投資ができるようになります。

一般的な日系企業の給料よりも圧倒的に高い給料を受け取れる可能性が高いです。

外資系企業転職で給料交渉はできる

外資系企業への転職で給料交渉はできる?【成功する3つのコツも伝授】

2021年7月11日

成果主義になれる

次に外資系企業に転職すると、“成果主義思考”を身につけることができます。

多くの外資系企業では、仕事でのパフォーマンスがそのまま評価や給料に反映されます。

仕事でパフォーマンスを発揮できなければ給料は下がりますし、逆に仕事でパフォーマンスを発揮すれば給料は上がります。

日系企業と違って年功序列文化がないので、自ずと成果主義の考え方が身につきます。

あなたが外資系企業で成果を上げれば上げるほど、給料は青天井に上がっていきます。

外資系企業の営業がきつい

外資系企業の営業はきつい?主な3つの原因と今すぐにできる対処法

2021年5月16日

周囲が優秀

最後に外資系企業に転職すると、“優秀な人材”に囲まれて働くことができます。

基本的に外資系企業に勤めている方は、仕事ができる優秀な人材が多いです。

なぜなら、外資系企業に勤める多くの方が成果を上げなければ、”その会社で長く勤め続けることができなくなるから”です。

また中途採用で外資系企業に入社することがほとんどなので、優秀な経験豊富な方々と仕事ができる可能性が高いです。その分、あなたも優秀な人材になりやすくなります。

【経験談】私も外資系企業勤務でモテた経験あり!

外資系でモテる

ここでお恥ずかしい私の体験談なのですが、私自身も新卒で入社した日系企業から2社目の外資系企業に転職して以降、すごく女性からモテるようになりました(特に独身時)。

ちなみに私自身は特段イケメンではなく、ただただ普通顔の一般的な日本人男性です。

具体的には合コンで外資系企業に勤めていることを言うと、私の友人が勤める日本国内の名の知れた数々の人気企業を抑え、なぜか私だけが女性から一目置かれたり、女性側からアプローチを受けることが増えました。

そして、その後女性に詳しく話を聞くと、私に対して「外資系企業は高年収のイメージがある。」「英語話せるなんてすごい!」などの好印象を抱いたとのことでした。

確かに周りの同年代と比較すると、当時の私の年収が高かったのは事実ですが、それ以外の部分では正直大差がありませんでした。

それなのになぜか外資系企業に勤めているだけで女性からのウケが良くなるんです

余談ですが、私の現在の妻は外資系企業に勤めてちょうど2年目の時に知人の紹介(合コン?)で出会った人です(笑)。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系企業に勤めてモテたいなら、まず登録したい転職エージェント【必見】

JACリクルートメント

これから外資系企業に勤めてこれまで以上に女性にモテたいと考えているなら、まずは“国内の外資系企業の転職支援に強い転職エージェントに登録”しましょう。

これまで合コンや飲み会などでウケが良くなかったのに、突然あなたが外資系企業に勤めた途端にモテ期が来るかもしれません。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は外資系に勤めたい方に最適な転職エージェントです。

特にJACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス向けの魅力的な求人案件を多く取り扱っているので、外資系企業にただ勤めるだけでなく、外資系転職を機に”年収アップ・キャリアアップ”を狙うことができます。

まずはJACリクルートメントに無料登録をして、あなたの希望に沿った外資系企業の求人案件を紹介してもらいましょう。

あなたが最短距離で外資系企業に勤めたいなら、外資系企業の転職に強い転職エージェントを利用することが結局近道になります。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

【まとめ】外資系企業勤務はなぜかモテる!

外資系はモテる

今回は、「外資系企業で働くとモテる本当の理由」について詳しくご紹介してきました。

外資系企業で働くとモテる理由
・高収入のイメージがある
・語学堪能なイメージがある
・エリートなイメージがある

外資系企業で働くとモテる理由は、世間一般的に上記イメージが連想されるからです。

確かに外資系企業で働くと、日系企業よりも高収入を得られたり、語学堪能な方が在籍していることが多いですが、”正直エリートが集まっているかどうかはわかりません”。

(そういった意味では、あなたがたとえエリートでなくても外資系企業に勤務しているだけでモテるとお得な気分になります。)

私は外資系企業に勤めて今年で13年目に突入しますが、女性からモテやすいことは事実であると身を以て感じてきたひとりです。

もしあなたが女性にモテるために外資系企業に勤めたいと考えているなら、今すぐ外資系企業に強い転職エージェントに登録して、早速求人情報の収集から始めましょう。

そして最終的には仕事も恋愛も充実する日々を過ごすことを目指していきましょう。

あなたが今行動を起こさなければ、いずれ転職すること自体に面倒くささを感じ、最終的に”今の会社に留まればいいや”と(現状維持することに)なってしまいます。

あなたがこれから実際に転職エージェントに登録をすることで、あなたの中には絶対に”大きな気持ちの変化”が起こります。

転職支援のプロである転職エージェントにしっかりと頼りながら、あなたの理想の次の転職先を必ず見つけ出しましょう。

日本国内の多くの優良外資系企業では、常時採用でなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第すぐにエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現するなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」を併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系はなぜモテる?

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。