外資系企業への転職で給料交渉はできる?【成功する3つのコツも伝授】

外資系企業転職で給料交渉はできる

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系への転職を機に大幅な給料アップを狙いたいけど、一体実現可能なの?」

これから外資系企業への転職を考えている方なら、主に給料面や待遇面を基準に外資系企業転職を選んでいるかもしれません。

確かに多くの外資系企業では成果主義を採用しており、結果を出すほどに急速な昇給や昇格を期待することができます。

そして現代においては1つの会社に居続けること自体がリスクになっているので、転職を機に“効率よく年収アップを実現したい”と考える方が急激に増えてきています。

さきに今回の結論から申し上げると、“外資系企業への転職で給料交渉はできます”。

しかし、上手に給料交渉をしないと、絶対に給料交渉には失敗してしまいます。

現在のあなたが今後外資系転職時に給料交渉する機会があるなら、まず外資系企業の給料交渉のタイミング給料交渉を成功させるコツについて知っておくべきです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業への転職で給料交渉はできる?」について詳しくご紹介していきます。

給料交渉するなら?
JACリクルートメント今後給料交渉に成功する転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

外資系企業への転職で給料交渉はできる?【事実ベース】

さきに今回の結論から申し上げると、“外資系企業への転職で給料交渉はできます”

なぜなら、転職活動を行う中で、求職者が希望する給料額と企業が提示する給料額が一致しない場面も出てくるからです。

実際に私自身や私の周りの友人にも、外資系企業への転職を機に積極的に給料交渉を行う方は多数いらっしゃいます。

当然企業側もどうせ採用するならより優秀な人材を獲得したいと考えているため、求職者の職歴やスキルを確認しながら、求職者の給料交渉を聞き入れてくれます。

そのため、あなたが転職時に希望する給料額と転職エージェントが紹介する求人の給料額が一致しない場合は、まず”給料交渉する余地がないか”を検討しましょう。

あなたの市場価値は、実際に転職するあなた自身とあなたを採用する企業が決めることなので、お互いが理解できる形で“最適な給料額”を決めていきましょう。

GAKU
あなたが実際に受け取る給料額に納得できない形で転職してしまうと、最終的に転職先での仕事のモチベーションが下がってしまいます。
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

外資系企業転職時の給料はどうやって決まる?【2つの基準】

あなたが外資系企業に転職する際の給料額は、以下2つの基準によって決まります。

・企業内の給料テーブル
・求職者の前職の給料や職歴

1つずつみていきましょう。

企業内の給料テーブル

まずはじめに外資系企業に転職する際の給料額は、人材を採用する企業にある“給料テーブルを元に決められます”

給料テーブルとは年齢・職務・役職に応じ設定される基準給料額のことです(*業界や企業ごとに給料テーブル内容は異なります)。

企業ごとに“求職者をどのポジションに置くか”“そのポジションに相応しい給料額はいくらか”が決められます。

GAKU
あなたが今勤めている企業においても、新卒・中途採用者は給料テーブルを元に給料額が決まっています。

求職者の前職の給料や職歴

次に外資系企業に転職時の給料額は、“前職の給料”や職歴を元に決まります”

あなたが前職で受け取っていた給料額はもちろん、前職でどのような実績を残してきたかを参考に給料額が決まっていきます。

その上で人材を採用する企業で「求職者がどのくらい貢献してくれるか?」という期待値が加味されていきます。

GAKU
外資系は成果主義思考が浸透しているので、すぐに結果を出してくれる即戦力人材を好みます。前職で素晴らしいパフォーマンスを発揮している人材は、外資系企業での働き方が合うことも多いです。
外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

外資系企業の給料交渉の最適なタイミングはいつ?

カレンダー

あなたが外資系企業の給料交渉するには、”タイミング”が非常に重要です

もしあなたが給料交渉するタイミングを誤ってしまうと、給料交渉どころか企業に内定できない可能性が高まります。

私個人的に外資系企業の最適な給料交渉のタイミングとして、“企業に内定した直後のタイミング”を強く推奨します。

なぜなら、あなたが内定さえしていればあなたの転職先への入社はほぼ確定しているので、企業側も求職者の意向を受け入れざる得ない状況になっているからです。

どの企業においても内定が決まったら、その後にオファー面談があります。(*オファー面談とは、転職後の業務内容や入社日の調整などを行う面談のことです。)

このオファー面談までに給料交渉を行えば、採用する企業側も内部(社内)で調整がしやすいので、なるべく企業から内定が出た直後に給料交渉を行うようにしましょう。

企業があなたを本当に獲得したい人材と考えているなら、多少予算オーバーしてもあなたの給料交渉を加味してくれます。

GAKU
オファー面談中やオファー面談後に給料交渉をすると、時にあなたの心証を損ねることにも繋がるので、なるべくオファー面談前に給料交渉を済ませておきましょう。
オファー面談で年収交渉

オファー面談で年収交渉はできる?最適なタイミングと最大の注意点

2021年10月11日

外資系で給料交渉を成功させる3つのコツ【知らないと損】

3つ

私自身これまで外資系企業を5社渡り歩いてきましたが、正直に申し上げると、これまでに外資系転職で給料交渉に成功した経験もあれば失敗した経験もあります

そんな経験を踏まえ、“外資系で給料交渉を成功させる3つのコツ”をご紹介します。

外資系転職での給料交渉のコツ
・事前に給料水準を調べる
・給料交渉の根拠を示す
・給料交渉を長引かせない

1つずつ紹介していきます。

事前に給料水準を調べる

まず外資系での給料交渉にあたり、“企業の給料水準を調べること”は重要です。

あなたが給料交渉をする企業が複数のポジションで人材を募集している場合には、その企業が募集している全てのポジションでの給料水準に目を通しておきましょう。

(これから給料交渉する企業が属する業界の給料相場を知っておくことも重要です。)

企業が設定している給料の最低額と最高額を事前に把握しておけば、あなたが交渉したい給料額を調整することもできます。

企業の中途採用の予算とあなたの希望給料額が近ければ近いほど、給料交渉に成功する可能性は高くなるので、まずできる限りの情報収集はしておきましょう。

GAKU
個人的には転職支援のプロである転職エージェントに協力してもらい、企業の“平均的な給料額の調査を進めること”を強く推奨します。

給料交渉の根拠を示す

次にあなたが何の根拠も示さない状態で給料交渉をしても、企業が中身のない給料交渉に応じてくれることはありません。

そのため、まずはあなたなりに採用する企業があなたの希望する給料額を心から納得できる明確な根拠を示しましょう。

例えば、「前職ではこれだけの成果を上げていたので、転職したらこれだけの成果を上げることはできます。」などです。

あなたが熱意を持って、そして明確な根拠を持って給料交渉をすれば、最終的に企業側が折れる可能性も高くなります。

GAKU
これは外資系企業への転職だけでなく、日系企業への転職にも同じことが言えます。

給料交渉を長引かせない

最後に外資系で給料交渉にあたり、“給料交渉を長引かせないこと”も重要です。

これは”どうしても外資系転職を機に大幅に年収を上げたい方”がやってしまいがちなミスですが、あなたが給料交渉を長引かせれば長引かせるほど、企業からのあなたの心証はどんどん悪くなってしまいます。

あなたが企業側に一度給料交渉したら、あとは引いて待ってみることも重要です。

あまりにもしつこく給料交渉をしてしまうと、逆に内定を出した企業側があなたから離れてしまう可能性もあります。

GAKU
私自身過去に内定を頂いた企業にしつこく給料交渉しすぎたことで、内定拒否になった辛い過去があります。そうならないためにも、給料交渉はあっさり進めていきましょう。

外資系の給料交渉に強い転職エージェント【実はみんな知らない】

外資系企業の営業マン

今回は、「外資系企業への転職で給料交渉はできる?」についてご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、多くの外資系企業では給料交渉することができます。

なぜなら、転職活動を行う中で、求職者が希望する給料額と企業が提示する給料額が一致しない場面は出てくるからです。

実際に私自身や私の周りの友人を含め、外資系企業への転職を機に積極的に給料交渉をしている方は多数いらっしゃいます。

外資系転職での給料交渉のコツ
・事前に給料水準を調べる
・給料交渉の根拠を示す
・給料交渉を長引かせない

また外資系転職では給料交渉の成功確率をアップさせるコツもあるので、給料交渉の際には必ず忘れないようにしましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開の魅力的な独占求人が多く、“今後外資系転職で年収を上げたい方”に定評があります。

またJACリクルートメントはこれまで数多くの給料交渉も成功してきた豊富な実績があります。

私自身や私の友人の多くも実際これまでにJACリクルートメントで紹介してもらった優良求人に転職することで、実際に大幅に年収アップを果たすことができました。

今後転職を機に確実に年収アップを目指したい方は、まずはJACリクルートメントに登録し、積極的に情報収集を始めましょう。

あなたが今行動を起こさなければ、いずれ転職すること自体に面倒くささを感じ、最終的に”今の会社に留まればいいや”と(現状維持することに)なってしまいます。

あなたがこれから実際に転職エージェントに登録をすることで、あなたの中には絶対に大きな気持ちの変化が起こります。

転職支援のプロである転職エージェントにしっかりと頼りながら、あなたの理想の転職先を必ず見つけ出しましょう。

あなたが”これから転職活動をするかしないかで今まさに迷っているこの瞬間”も、あなたのライバル達は続々と国内の優良外資系求人にエントリーしていっています。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

給料交渉するなら?
JACリクルートメント今後給料交渉に成功する転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後あなたがグローバルな働き方を実現したいなら、まずJACリクルートメントと同じくミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系企業転職で給料交渉はできる

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。