突然外資系企業をクビになったら、その後どうすればいい?【即行動◎】

外資系クビその後

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「もし今後外資系企業をクビになってしまったら、一体どうすればいいんだろう?」

現在外資系企業に勤めていて”そろそろクビになりそう”と怯えている方は、現在このような不安を抱えているかもしれません。

実際に外資系企業は成果主義を採用しているだけでなく、日本事業からの撤退などの可能性もあるため、“ある日突然クビになることは誰にだって起こりうる話”です。

今回の結論から申し上げると、あなたが突然外資系企業をクビになったら、また”別の外資系企業で働き始めれば大丈夫”です。

なぜなら、あなたがこれまで外資系企業で勤めてきた職歴やスキルを評価し、“あなたをぜひ採用したい”と考える外資系企業は数多く存在するからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「突然外資系企業をクビになったら、その後はどうすればいい?」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

GAKU
私自身も過去に一度自ら外資系企業をドロップアウトして、その後外資系企業に就職した経験があるので、ご安心して読み進めてください。
外資系をクビになったら?
JACリクルートメントあなたがもし外資系企業をクビになりそうなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系への転職を決めたいなら、「JACリクルートメント」はまず登録すべき転職エージェントです。

外資系でクビになる人の3つの特徴【はじめに知りたい】

外資系でクビ

私はこれまで外資系企業5社を渡り歩いてきましたが、外資系企業でクビになる人には大きく“3つの特徴”があると考えています。

外資系でクビになる人の特徴
・成果を出せない人
・コミュニケーションが取れない人
・高給取りの人

1つずつ詳しく紹介していきます。

成果を出せない人

まず多くの外資系企業では成果主義が採用されているため、“自分が与えられた役割の中で成果を上げることができない人”はクビや解雇の対象になりやすいです。

なぜなら、多くの外資系企業では日系企業と違って、年齢や性別に関係なく”常にパフォーマンスを発揮する人材”が最も高く評価される文化になっているからです。

最近では一部の日系企業でも成果主義の考え方が浸透してきていますが、やはり外資系企業ほどのレベルには達していません。

GAKU
周囲が成果を上げているのに自分だけが成果を上げられずに、自ら主体的に外資系企業を去っていく方も多くいらっしゃいます。恥ずかしい話ですが、過去の私も期待された成果を上げることができずに自ら外資系企業を去った経験があります。

コミュニケーションが取れない人

次に同僚や上司などの“周囲とコミュニケーションが取れない人”も、真っ先にクビや解雇の対象になりやすいです。

さきほど外資系企業は成果主義で常にパフォーマンスを上げることが重要であるとお伝えしましたが、あなたが外資系企業で常にパフォーマンスを上げるためには“周囲との関係性”が非常に重要になります。

外資系企業では個人プレーが重要視されるイメージが強いかもしれませんが、実はチームプレーの方が重要視されるのです。

厳しい意見ですが、様々な国や地域から集まっている仲間と連携できない方には、正直外資系企業勤務は向いてはいません。

GAKU
大手外資系企業であればあるほど、チームプレーが重要になります。外国籍の従業員が多い外資系企業では当然社内でコミュニケーションが取れる英語力が求められます。
英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

高給取りの人

最後に外資系企業では、意外と“高給取りの人”もクビや解雇になりやすいです。

純粋に「なんで?」と感じる方も多いでしょうが、素晴らしい職歴や高いスキルが認められ高い給料で雇ったにも関わらず、その方が一切成果を発揮できなければ雇った企業としても何の意味もありません。

また成果主義の考え方に戻りますが、多くの外資系企業では与えられた役割の中で結果を出せない人はクビや解雇になります。

特に高い人件費を払って雇っている人であればあるほど、まったく役に立たなかった時に真っ先にクビにされやすいです。

会社にとって費用ばかりかかる人材は、正直お荷物になってしまいますからね。。

GAKU
外資系企業の管理職以上は受け取る報酬額も大きいですが、その分請け負う責任も大きくなります。
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

外資系でクビにならないためにできる対策【今すぐにできる】

外資系企業の営業マン

これから外資系でクビにならないためには、“基本的に外資系でクビになる人の逆の行動を行えば大丈夫です”

特にこれから外資系企業で順調に年収アップ・キャリアアップを実現していきたい方には読んでいただきたい内容です。

外資系でクビにならないための対策
・常に成果を出す
・積極的にコミュニケーションを取る

1つずつ紹介していきます。

常に成果を出す

あなたが成果を出していれば、まず外資系企業をクビになることはありません。

あなたが外資系で成果を出し続けると、あなたの評価や給料は青天井に上がります。

あなたの年収が上がるだけではなく、”国際的なビジネスパーソンとして成長することもできる”ので、まずは”外資系企業で成果を出すこと”を第一に考えましょう。

会社も常に会社に売上や利益をもたらしてくれる人材は失いたくないですからね。

GAKU
私はもともと日系企業で働いていたのですが、今は外資系企業の実力主義の考え方が非常に好きです。自分が発揮したパフォーマンスに応じて給料を受け取れることは、非常に合理的なことだと考えています。
年功序列がやる気でない

年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

2021年5月7日

積極的にコミュニケーションを取る

次にあなたが周囲と積極的にコミュニケーションを取れば、まずあなたが外資系企業をクビになることはありません。

普段から上司や同僚と十分なコミュニケーションを取っていれば、まずあなたの周囲が気持ちよく業務を遂行できますし、あなた自身も業務が遂行しやすくなります。

そしてあなたが普段から周囲と積極的にコミュニケーションを取った結果として、自ずとあなたの職場での成果(パフォーマンス)は常に上がりやすい状態になります。

現時点で積極的に英語を使ってコミュニケーションを取れない方は、今のうちからコツコツ英語力を磨いておきましょう。

外資系企業勤務において、やはり“最低限の英語力”はいずれ必要になります。

GAKU
現代の日本経済において、英語が使えるグローバルな人材は、やはりどの企業においても即戦力人材になります。(もちろん職歴や専門性の高さも同じくらい重要なことです。)
おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

外資系を一度クビになっても、また外資系で働けるの?【正直ベースでお伝えします】

あなたが外資系をクビになったとしても、また外資系で働くことはできます。

なぜなら、外資系企業は日系企業と比べて簡単にクビにする傾向があり、企業によってもやはり合う合わないがあるからです。

そのため、あなたが一度外資系企業をクビになったくらいで、あなた自身がそこまで深く落ち込む必要性はありません。

例えばあなたが外資系企業をクビになった理由として、「上司が合わなかった。」「成果を上げることができなかった。」「突然に日本事業を撤退することになった」など様々な原因が考えられます。

こんな深刻な状況に直面したら、むしろ”外資系ではクビになりやすいこと(*自然の摂理)”を受け入れ、普段から”今の自分が他に転職できる企業はないか?”を探しておくことが有効なアプローチになります。

あなたが外資系企業をクビになったとしても、これまでの外資系企業での豊富な経験や培ったスキルを活かして、また働くことはできるのでぜひ安心してください。

GAKU
私はこれまで外資系企業をクビになった経験はないものの、思うように成果が出せずに自ら退職した苦い経験はあります。そのため、外資系企業をクビになりそうと感じる方の気持ちは痛いほど理解できます。
外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日
外資系は試用期間でもクビ

すぐにクビになる?外資系企業の試用期間には注意が必要【転職前必見】

2021年5月5日

【必見】また外資系で働きたいなら、まずはじめに登録すべき転職エージェント

JACリクルートメント

あなたが外資系をクビになったとしても、再び外資系に勤めたいと考えているなら、まずは国内の“外資系企業への転職支援に強い転職エージェント”に登録しましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」はミドル・ハイクラス層の外資系企業転職支援に強く、外資系の転職支援実績も豊富にあります。

JACリクルートメントの各業界に精通した優秀なコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるので、まず安心してスムーズに転職活動を進めることができます。

JACリクルートメントでは年収800万円以上の求人を多く取り扱っており、転職を機に「年収アップしたい。」「キャリアアップしたい。」と考えている方に最適です。

書類添削から年収交渉まで全て無料でサポートしてくれるので、本気で外資系企業に転職したいなら利用しないと損です。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

GAKU
私の周りで外資系に勤める友人のほとんどが転職活動時にJACリクルートメントを活用しています。国内の外資系企業で年収アップ・キャリアアップするほとんどの方はJACリクルートメントを愛用しています。

一度外資系をクビになっても、その後の未来は明るい!

外資働くドットコム

今回は、「突然外資系企業をクビになったら、その後はどうすればいい?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

成果主義を採用する外資系企業では、突然クビになることはない話でもありません。

あなたがその会社で成果を上げ続けることができなかったらクビや解雇は十分にありえますし、外資系企業が突然日本事業を撤退するようなことも十分ありえます。

あなたがコントロールできないところで物事は常に変化するので、あなたがいつ外資系企業をクビになっても問題ないように、常に心の準備だけはしておきましょう。

そして直近で”外資系をクビになりそう”と感じたら、すぐに転職エージェントに登録し、次に最適な転職先を始めましょう。

これから外資系企業への転職を実現したいなら、まずは外資系企業の転職支援に強い「JACリクルートメント」のコンサルタントに相談することからはじめましょう。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で国内の優良な外資系求人案件を紹介してくれます。

(JACリクルートメントは外資系企業の転職支援に強いことはもちろん、日系グローバル企業の転職支援にも強いです。)

一度外資系企業をクビになってしまっても、あなたのその後の未来は明るいので、自信を持って突き進んでいきましょう。

外資系をクビになったら?
JACリクルートメントあなたがもし外資系企業をクビになりそうなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系への転職を決めたいなら、「JACリクルートメント」はまず登録すべき転職エージェントです。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系クビその後

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。