突然外資系企業をクビになったら、その後はどうすればいい?

外資系クビその後
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「もし外資系企業をクビになってしまったら、一体どうすればいいの?」

現在外資系企業に勤めていてそろそろクビになりそうと怯えている方は、現在このような不安を抱えているかもしれません。

実際に外資系企業は成果主義を採用しているだけでなく、日本事業からの撤退などの可能性もあるため、ある日突然クビになる可能性は誰にだって起こりうる話です。

今回の結論から申し上げると、あなたが突然外資系企業をクビになったら、また別の外資系企業で働き始めれば大丈夫です。

あなたがこれまで外資系企業で勤めてきた職歴やスキルを認めて、喜んであなたを採用してくれる企業は必ずあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「突然外資系企業をクビになったら、その後はどうすればいい?」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

一度外資系企業をクビになっても、また外資系企業で働きたい場合は、まず国内の外資系企業の転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

私はこれまで外資系企業5社を渡り歩いてきましたが、外資系企業でクビになる人には“3つの特徴”があると考えています。

外資系でクビになる人の特徴
・成果を出せない人
・コミュニケーションが取れない人
・高給取りの人

1つずつ紹介していきます。

成果を出せない人

まず多くの外資系企業では成果主義が採用されているため、“与えられた役割の中で成果を上げることができない人”はクビや解雇の対象になりやすいです。

なぜなら、多くの外資系企業では日系企業と違って、年齢や性別に関係なく常にパフォーマンスを発揮する人材が最も評価される構造になっているからです。

最近では一部の日系企業でも成果主義の考え方が浸透してきていますが、やはり外資系企業ほどのレベルには達していません。

GAKU
周囲が成果を上げているのに自分だけが成果を上げられずに、自ら主体的に外資系企業を去っていく方も多くいらっしゃいます。

コミュニケーションが取れない人

次に同僚や上司などの“周囲とコミュニケーションが取れない人”も、真っ先にクビや解雇の対象になりやすいです。

さきほど外資系企業は成果主義で常にパフォーマンスを上げることが重要ということをお伝えしましたが、あなたが外資系企業で常にパフォーマンスを上げるためには周囲との関係性が非常に重要になります。

外資系企業では個人プレーが重要視されるイメージが強いかもしれませんが、実はチームプレーの方が重要視されるのです。

厳しい意見ですが、様々な国や地域から集まっている仲間と連携できない方には、正直外資系企業勤務は向いてはいません。

GAKU
大手外資系企業であればあるほど、チームプレーが重要になります。

高給取りの人

最後に外資系企業では、意外と“高給取りの人”もクビや解雇になりやすいです。

純粋に「なんで?」と感じる方も多いと思いますが、素晴らしい職歴や高いスキルが認められ高い給料で雇ったにも関わらず、成果が発揮できなければ意味がありません。

また成果主義の考え方に戻りますが、多くの外資系企業では与えられた役割の中で結果を出せない人はクビや解雇になります。

特に高い人件費を払って雇っている人であればあるほど、まったく役に立たなかった時に真っ先にクビにされやすいです。

会社にとって費用ばかりがかかる人材は、正直お荷物になってしまいますからね。

GAKU
外資系企業の管理職以上は受け取る報酬額も大きいですが、その分請け負う責任も大きくなります。

外資系でクビにならないための対策

外資系企業の営業マン

あなたがこれから外資系でクビにならないためには、基本的に外資系でクビになる人の逆の行動を行えば大丈夫です。

特にこれから外資系キャリアで年収アップ・キャリアアップしていきたい方には読んでいただきたいです。

外資系でクビにならないための対策
・常に成果を出す
・積極的にコミュニケーションを取る

1つずつ紹介していきます。

常に成果を出す

あなたが成果さえ出していれば、まず外資系企業をクビになることはありません。

あなたが外資系で成果を出し続けると、あなたの評価や給料は青天井に上がります。

あなたの年収が上がるだけではなく、国際的なビジネスパーソンとして成長することもできるので、まずは外資系企業で成果を出すことを第一に考えましょう。

会社も常に会社に売上や利益をもたらしてくれる人材は失いたくないですからね。

GAKU
私はもともと日系企業で働いていたのですが、今は外資系企業の実力主義の考え方は非常に好きです。

積極的にコミュニケーションを取る

次にあなたが周囲と積極的にコミュニケーションを取れば、まず外資系企業をクビになることはありません。

普段から上司や同僚と十分なコミュニケーションを取っていれば、あなたの周囲が気持ちよく業務を遂行できますし、あなた自身も業務が遂行しやすくなります。

そして結果として、あなたの成果は上がりやすい状態になります。

現時点で積極的に英語を使ってコミュニケーションを取れない方は、今のうちから英語力を磨いておきましょう。

外資系企業勤務において、やはり“最低限の英語力”はいずれ必要になります。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

外資系でクビになっても、また外資系で働ける?

あなたが外資系でクビになったとしても、また外資系で働くことはできます。

なぜなら、外資系企業は日系企業と比べて簡単にクビにする傾向があり、企業によってはやはり合う合わないがあるからです。

そのため、あなたが外資系企業を一度クビになったくらいで、そこまで深く落ち込んでしまう必要性はありません。

例えばあなたが外資系企業をクビになった理由として、「上司が合わなかった。」「成果を上げることができなかった。」「突然に日本事業を撤退することになった」など様々なことが考えられます。

こんな状況に直面したら、むしろ外資系ではクビになりやすいことを受け入れ、普段から他に転職できる企業はないか?探しておくことが有効なアプローチです。

あなたが外資系企業をクビになったとしても、これまでの外資系企業での経験や培ったスキルを活かして、また働くことはできるのでぜひ安心してください。

GAKU
私はこれまで外資系をクビになった経験はないものの、成果が出せずに自ら退職した経験はあります。
外資系企業は激務

外資系企業は激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

また外資系で働きたいなら、まず登録すべき転職エージェント

JACリクルートメント

あなたが外資系をクビになったとしても、再び外資系に勤めたいと考えているなら、まずは“外資系企業への転職支援に強い転職エージェント”に登録しましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」はミドル・ハイクラス層の外資系企業転職支援に強く、外資系の転職支援実績も豊富にあります。

各業界に精通した優秀なコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるので、まず求職者は安心してスムーズに転職活動を進めることができます。

JACリクルートメントでは年収800万円以上の求人を多く取り扱っており、転職を機に「年収アップしたい。」「キャリアアップしたい。」と考えている方に最適です。

書類添削から年収交渉まで全て無料でサポートしてくれるので、本気で外資系企業に転職したいなら利用しないと損です。

GAKU
私の周りで外資系に勤める友人のほとんどが転職活動時にJACリクルートメントを活用しています。

一度外資系をクビになっても、その後の未来は明るい!

外資働くドットコム

今回は、「突然外資系企業をクビになったら、その後はどうすればいい?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

成果主義を採用する外資系企業では、突然クビになることはない話でもありません。

あなたがその会社で成果を上げ続けることができなかったらクビや解雇は十分にありえますし、外資系企業が突然日本事業を撤退するようなこともありえます。

あなたがコントロールできないところで物事は常に変化するので、いつ外資系企業をクビになっても問題ないように、常に心の準備だけはしておきましょう。

そして直近で外資系をクビになりそうと感じたら、すぐに転職エージェントに登録し、次に最適な職場探しを始めましょう。

これから外資系企業への転職を実現したいなら、まずは外資系企業の転職支援に強い「JACリクルートメント」のコンサルタントに相談することからはじめましょう。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な外資系求人案件を紹介してくれるはずです。

一度外資系企業をクビになってしまっても、あなたのその後の未来は明るいので、自信を持って突き進んでいきましょう。

外資系クビその後

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。