飲み会行かない成功者は存在する?飲み会に行かないメリット・デメリットを徹底解説!

飲み会に行かない成功者は存在する?
GAKU
もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「飲み会に参加しないと、仕事に支障が出るのではないか?」

「飲み会に行かなかったら、会社のメンバーの目が気になる…」

と気になっている方向けの内容です。

「仕事もプライベートも充実させたい!」

そんな現代人の願いを叶えるためには、限られた時間を有効活用することが重要です。

しかし、日本のビジネスシーンでは、飲み会がコミュニケーションツールとして根強く残っています。

そんな不安から、本当は参加したくない飲み会にも無理に出席している人も多いのではないでしょうか?

はじめに今回の結論から申し上げると、世の中には飲み会に行かない成功者が存在します

この記事では、飲み会と成功の関係について様々な角度から考察していきます。

飲み会と仕事のバランスの取り方に迷ってる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

飲み会が少ないホワイト企業に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

飲み会に行かない成功者は存在する?

飲み会に行かない成功者

はじめに今回の結論から申し上げると、世の中には飲み会に行かない成功者が存在します

職場の飲み会は抜けがたい文化として根付いていますが、ビジネスパーソンの間では、飲み会に対するスタンスは多様化しており、飲み会に行かない選択をしている成功者も少なくありません。

飲み会を避ける理由とは?

飲み会を避けたいというビジネスパーソンは少なくありません。その理由として、プライベートな時間の重視や、健康への配慮、費用対効果の問題などが挙げられます。

外資系企業に勤務する人たちの中には、特に個人の時間や成果に重きを置く傾向があり、このような見方は浸透していると言えるでしょう。

飲み会に行かないことで得られる時間を、自己啓発や趣味、ファミリータイムに充てたいと考えている人も多くいます。

飲み会が苦手な理由というのは人それぞれです。アルコールが体質に合わない、あるいは飲酒が好きではないというシンプルな理由から、懇親の目的とされる飲み会に疑問を抱く人もいます。

また、コミュニケーションの一環としての飲み会の場でも、強制的または義務感から参加することにストレスを感じることもあるでしょう。

効率的なワークライフバランスを目指す中で、特に外資系やグローバル企業に興味を持つ方々にとって、飲み会に参加することで生じるメリットとデメリットを理解し、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

この記事では、飲み会を控えることで得られるメリットと、その一方で考慮すべきデメリットについて、具体的な例を交えながら解説していきます。

飲み会に行かないメリット

飲み会に行かないメリット

飲み会に参加することは、ビジネスの場ではコミュニケーションの場として一般的ですが、必ずしもすべての人にとってプラスになるわけではありません。

それでは、飲み会に行かないメリットについてみていきましょう。

時間を有効に活用できる

飲み会に行かないことで最も明白なメリットは、時間を有効に活用できる点です。外資系企業やグローバルビジネスを目指す人々は、常に時間に追われることが多いものです。

飲み会を省くことで、その時間を自己研鑽や趣味、家族との時間など、自分にとってより価値のある活動に充てることができます。

特に専門性が求められる分野においては、情報を常にアップデートし続ける必要があります。

飲み会で費やす時間の代わりに専門書を読む、オンライン講座を受ける、といった時間の使い方が長期的なキャリアの成功にとって不可欠かもしれません。

健康面・精神面での利点

飲み会への参加を控えることで、健康面での利点も無視できません。

飲酒によるカロリー摂取の抑制や、翌日の二日酔いによるパフォーマンス低下を防ぐことができます。

飲み会の場では、時にはプライベートな話題が出ることもあり、それがストレスになることも少なくありません。また、飲みニケーションによる義務感や、上下関係に基づいたやりとりが苦痛と感じる人もいます。

ストレスになる飲み会に時間を費やす代わりに、リラクゼーション・心身のバランスを整える時間として活用することで、精神的なストレスの軽減も大いに期待できます。

結果として、体調管理やストレス軽減の観点からも、飲み会を控えることはプラスに働くことが多いのではないでしょうか。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

飲み会に行かないデメリット

飲み会に行かないデメリット

飲み会への参加を控えることで、一見すると自分の時間が確保でき、効率的な生活が送れるように思えますが、実際にはいくつかのデメリットが存在します。

特に、ビジネスの世界では、非公式な場でのコミュニケーションがキャリア形成において重要な役割を果たすことがあります。

ここでは、飲み会に行かないことで生じる可能性のあるデメリットを2つ解説します。

ネットワーキング機会の損失

飲み会は、同僚や業界の人々とのネットワーキングを行う絶好の機会です。非公式な環境での会話は、仕事上の難しい話題を軽くし、より深い人間関係を築く基盤を作ります。

飲み会に参加しないことで、同僚や上司との信頼関係を築くチャンスを逃すだけでなく、情報交換の場を失うことになります。また、業界内での見聞を広げる機会も減ります。

情報交換の場としての役割が大きいため、有益な情報が飲み会の席で共有されることも少なくありません。

特に外資系やグローバル企業においては、多様なバックグラウンドを持つ人々とのコミュニケーションが求められますが、そうした場での交流は新たなビジネスチャンスへとつながることもあります。

プロジェクトの話し合いや、上司とのコミュニケーションのチャンスを逸することもあり得るため、飲み会への参加を控えるのは慎重な検討も必要です。

企業文化の適応と理解の機会損失

企業には、その組織特有の文化や風習があります。飲み会は、そのような企業文化を理解し、共有する場となることが多いです。

グローバルな視野を持つ企業では、多様な人材が協力し合って成果を上げることが期待されるため、企業文化を共有する経験が有無が大事になります。

飲み会に参加しないことで、あなたはチームの一員としての一体感を感じにくくなり、組織内での孤立化を招くリスクがあります。

社員同士の結びつきを強化するためにも、飲み会などの社内イベントに参加することは、企業文化への適応や理解のためには非常に重要です。

飲み会とのバランスを取る

飲み会とのバランスを取る

飲み会への参加は計画的に行うことで、そのメリットを享受しつつ、デメリットを最小限に留めることが可能です。

全ての飲み会に参加する必要はなく、特に重要なイベントや、重要なメンバーが集まる時に絞って参加を検討しましょう。

また、飲酒量をコントロールすることで、健康や翌日のパフォーマンスへの影響を抑えることができます。自分のキャリアプランや目標に照らして、飲み会の参加を自己管理することが、バランスを取る上での鍵となります。

飲み会を断る際のマナーとコミュニケーション

飲み会に行かない場合のマナーとコミュニケーション

飲み会を断る際には、マナーやコミュニケーションが重要になります。

誘ってくれた相手の感情を害さないように、理由を誠実に伝えることが大切です。

たとえば、「既に計画されたプライベートな予定がある」「体調管理のために控えている」などの理由を伝えることで、周囲への配慮を示すことができます。

「今回は参加できませんが、次の機会にはぜひ」というように、前向きな姿勢を示すことで、人間関係を保ちつつ自分のスタンスを守ることが可能です。

飲み会に参加しない代わりに、日中にコーヒーを飲むなどの形でコミュニケーションをとる提案も有効です。また、他の社交的なイベントの企画に積極的に関わることで、飲み会以外での貢献をアピールするのもよいでしょう。

この記事では飲み会への参加を控えることのメリット・デメリットについて述べてきました。

飲み会に行きたくないと思うのは、決して珍しいことではありません。

成功者の中にも、飲み会を避ける人はたくさんいます。

飲み会は社交的な場であり、ビジネスの機会や人間関係の構築に役立つことがあります。

しかし、飲み会が苦手な人も多く、ストレスを感じることもあります。

そんな場合、自分に合わない環境に無理に身を置く必要はありません。

もし現在の環境が飲み会主体で、それがストレスに感じられるのであれば、思い切って環境を変えるのも一つの手です。

飲み会への参加は計画的に行うことで、そのメリットを享受しつつ、デメリットを最小限に留めることが可能です。

自分のスケジュールや体調に合わせて適切に選ぶことが重要です。

飲み会が少ないホワイト企業に転職したいなら、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

飲み会が少ないホワイト企業に転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

飲み会に行かないメリットとしては、主に以下2つのことがあります。

①時間を有効に活用できる
②健康面・精神面での利点

飲み会に行かないデメリットとしては、主に以下2つのことがあります。

①ネットワーキング機会の損失
②企業文化の適応と理解の機会損失

会社の飲み会が少ないホワイト企業に転職するためには、転職支援のプロであり、ミドル・ハイクラス層に強いJACリクルートメントのコンサルタントに無料相談することを推奨します。

現在のあなたにとって、最適な企業への転職+年収アップを実現してくれます。

私自身これまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。


\ミドル・ハイクラス転職なら?/

JACリクルートメント

これから確実に年収アップ・キャリアアップを実現したいなら、まずはじめに「JACリクルートメント」に会員登録を行い、あなたに合う一流企業を紹介してもらいましょう。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現しています!

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐ退会できるので、まずは気軽にキャリア相談からしてみてください。