外資系企業への転職を不安に感じなくていい3つの理由【初心者向け】

外資系転職の不安

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系企業への転職を考えているけど、ちゃんと働いていけるかが不安だ。」

私が人生で初めて外資系に転職した際、全く同じような悩みを抱えていました。

「自分の英語力で本当に通用するのだろうか。」「目に見える成果を出せなくてクビにならないだろうか。」などなど。

しかし、今当時のことを振り返ってみると、“あの時思い切って外資系企業転職に挑戦してよかった”と感じています。

結局のところ、実際に外資系企業に転職する前までは、自分の中で“過度に不安を感じていただけ”なのかもしれません。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業への転職を不安に感じなくていい3つの理由」についてご紹介します。

初めて外資系に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

そもそも外資系企業とは?

外資働くドットコム

経済産業省によると、“日本国内における外資系企業の定義”は以下の通りです。

外資系企業の定義
・外国投資家が株式または持分の3分の1超を所有している企業
・外国投資家が株式または持分の3分の1超を所有している持株会社が出資する企業であって、外国人投資家の直接出資比率及び間接出資比率の合計が3分の1超となる企業
・上記1、2いずれの場合も、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

企業の資本の3分の1以上が外国人や外国法人である場合、外資系企業に該当します。

例えば日本国内でも知名度が高い外資系企業には、以下のような企業があります。

日本国内の代表的な外資系企業
・ゴールドマン・サックス
・アマゾン・ジャパン
・日本IBM
・日本オラクル
・チューリッヒ保険
・P&G

・アップル・ジャパン

今や私たち生活に欠かせない存在のアマゾンはアメリカ発の外資系企業ですし、ガジェット好きは誰もが持っているアップルも同じくアメリカ発の外資系企業です。

本社機能が日本国外にある企業はほとんどが外資系企業で、基本的に外資系企業の日本オフィスは支社(支店)扱いになります。

意外と外資系企業の定義を知らないまま、「外資系企業に転職したい」という方もいらっしゃるので、外資系企業の定義をしっかりとおさえておきましょう。

まずは外国の資本比率が高い企業もしくは日本国外にある企業は、概ね外資系企業になるということを覚えておきましょう。

GAKU
世間一般的に外資系企業は普段から外国語が飛び交うイメージが強いかもしれませんが、企業によっては日本オフィスの従業員はほとんどが日本人ということも多いです。
外資系はなぜモテる?

外資系企業で働くとモテる本当の理由!【実は誰も知らない】

2021年6月8日

外資系企業転職を不安に感じなくていい3つの理由【事実ベース】

海外赴任に失敗

あなたが外資系企業転職を不安に感じなくていいのには、3つの理由があります。

外資系企業転職を不安に感じなくていい3つの理由【経験者が語る】
・クビになりづらい
・英語力は完璧でなくてもいい
・残業は多くない

クビになりづらい

まず外資系企業と聞くと、世間一般的に日系企業よりもクビになりやすいイメージが強いですが、実際には日本国内の外資系企業で働く場合はクビになりづらいです。

なぜなら、日本の法律が労働者を守る基本ルールになっているからです。

あなたが転職先の外資系企業でとんでもないことをやらかさない限りは、会社も簡単にはあなたをクビにできないので、安心して外資系企業に転職して大丈夫です。

とはいえ、あなたの仕事でのパフォーマンスが低すぎると、当たり前のことですが減給や降格の可能性も自ずと高まります。

しっかりと会社に目に見える形で貢献することを意識して働くようにしましょう。

外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

英語力は完璧でなくてもいい

次に外資系企業と聞くと、完璧な英語力が求められるイメージが先行します。

しかし、実際には外資系では役職によっては高い英語力が求められますが、英語ができない方も一定数いらっしゃいます。

外資系企業に転職してくる方は英語を使って仕事をしたい方が多いので、基本的には仕事で英語を使えることが前提(使えた方が圧倒的に有利)にはなりますが、常に完璧な英語力が求められるかというと必ずしもそういうわけでもありません(経験済み)。

むしろ今後自分の英語力を圧倒的に高めたい向上心が高い方にとって、外資系での働き方は充実感を得られると思います。

私自身も人生で初めて26歳で外資系企業に転職した時はそこまで英語力は高くなかった(今も修行中)ですが、これまで外資系企業に勤めながら自己研鑽もしながら効率よく英語力を高めることができました。

GAKU
現時点で自分の英語力に自信がない方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。英語力のレベル別に最適なオンライン英会話サービスを紹介しています。
おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

残業は多くない

業界や業種によっても異なりますが、外資系企業の残業はそこまで多くありません。

実際に私が新卒で入社した会社は年功序列文化が根強く残っていた日系企業でしたが、その後転職した外資系企業5社の方が圧倒的に残業することが少なかったです。

外資系企業では変に上司や同僚の目を気にして残業をしなくてはいけないような非合理的な働き方は一切ありません。

外資系企業では、基本的にやることをやって、しっかりと成果をあげれば、残業しなくてもOKという会社が多いです。

長時間働きたくない

【長時間働きたくない】日々残業に苦しむ多くの日本人に向けて

2021年8月4日

外資系企業転職への不安を期待に変えるコツ【超効果的】

あなたが外資系企業転職への不安を期待に変えるコツは、超シンプルで“あなたの考え方(マインドセット)を変えるだけ”です。

現在のあなたは外資系企業に対しネガティブな印象を抱えていますが、それらをすべてポジティブな印象に変えましょう。

例えばあなたは外資系企業に転職することで以下のようなメリットを享受できます。

外資系転職のメリット
・グローバルな人材になれる
・年収が高くなる
・ビジネス英語を使えるようになる
・平等に評価される
・外国人の同僚ができる

これから外資系企業に転職するだけで、世界中で活躍することができるグローバルな人材になれて、前職よりも大幅に年収をアップすることができます。

また普段の仕事で当たり前のようにビジネス英語を使えるようになり、あなた自身の普段の仕事のパフォーマンスに応じて平等に評価が受けられます(成果主義)。

さらに日本国内にいながら、外国人の同僚や上司もできるので、他の国の文化や慣習を知る機会を増やすこともできます。

あなたが外資系企業に転職することで、どんなメリットを享受することができるのかを考えることで、外資系企業転職への不安な気持ちを期待に変えることができます。

GAKU
外資系企業に勤める不安な考えをすべてポジティブな考えに変換することで、実際にあなたが外資系企業に転職した後もバリバリ仕事を楽しみながら活躍することができます。

まずは外資系の転職支援に強い転職エージェントに登録しよう!

今回は、「外資系企業への転職を不安に感じなくていい3つの理由」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

外資系企業転職を不安に感じなくていい3つの理由【経験者が語る】
・クビになりづらい
・英語力は完璧でなくてもいい
・残業は多くない

一言に外資系企業と聞くと、ハードルが高いイメージが先行しますが、実はそこまで心配することでもありません。

むしろ、あなたが現在抱えている外資系企業転職への不安を期待に変えるだけで、あなたは確実にそしてスムーズに外資系企業転職を実現できるようになります。

特にこれから人生で初めて外資系に転職する方は不安な気持ちの方が大きいかもしれません。しかし、その不安な気持ちは転職支援のプロである転職エージェントに相談をしつつ徐々にかき消しましょう。

早い段階で外資系に強い転職エージェントを味方につけることで、あなた自身がより外資系企業でのキャリアや働き方について鮮明にイメージすることができます。

日本国内に数ある外資系転職支援に強い転職エージェントの中でも、まず登録すべきが「JACリクルートメント」です。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

初めて外資系に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系転職の不安

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。