外資系5社転職で年収850万円UPを叶えた僕が選ぶ、”年収上げるなら登録しないと損”な外資系に強い転職エージェント5選

外資系企業に強い転職エージェント
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「転職エージェントって数えきれないほどあるけど、一体どの転職エージェントが外資系企業に転職するのに向いているの?」

現在外資系企業への転職を目指している方なら、正直”どの転職エージェントを利用すべきか”迷っているのではないでしょうか?

事実日本国内には星の数ほどの転職エージェントがあるため、あなたがついつい迷ってしまうのも深くうなずけます(私自身も人生で初めて転職活動をした際は、転職エージェント選びはとても迷いました)。

もし万が一誤って転職エージェントを選ぶと、あなたの転職目的とは大きくかけ離れた転職活動を行うことになります。

求職者によっては転職エージェント選びを誤っただけで、次の転職先での年収が数百万円単位で変わることもあります。

つまり、これから優良な外資系企業に勤めたいと強く考えているなら、まず“外資系企業に強い転職エージェントを活用すること”が最も近道になります(転職活動において転職エージェント選びは非常に重要です)。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業に強い転職エージェント5選」について詳しくご紹介していきます。

外資系企業に強い転職エージェント5選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
公式サイトはコチラ
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
公式サイトはコチラ
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
公式サイトはコチラ
【第4位】ビズリーチ 管理職・グローバルに強い
公式サイトはコチラ
【第5位】ロバート・ウォルターズ 英語を活かした転職に強い
公式サイトはコチラ

※全て無料で会員登録できます

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

結局のところ、転職を成功させたいなら、“タイミングが命”です!

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

本気で外資系を目指すなら、転職エージェントは複数登録しよう!

中途採用の条件

まずはじめにあなたが本気で外資系企業への転職を目指すなら、“転職エージェントは複数登録すること”を強く推奨します。

転職エージェントを複数登録する時の考え方としては、“最低でも2つ多くても3つの転職エージェントに登録”が理想的です。

なぜなら、転職エージェントは2つ〜3つを効果的に併用することで、それぞれの転職エージェントとの相性を確認することができ、あなたが出会う求人数を増やし、さらに求人案件同士を比較できるからです。

また転職エージェントを*4つ以上に増やすべきでない理由としては、多くの転職エージェントに登録すると、求職者自身が情報洪水(供給過多)に陥ってしまうからです。

多くの転職エージェントから同時に連絡をもらうと結構大変ですよね。。。私自身も過去に転職エージェントを多用しすぎたことにより、逆にスムーズに転職活動が進まなかった経験がありました。。

GAKU
私や私の周りの友人も転職活動の際は、最低2つ多くても3つの転職エージェントを併用しつつ、スムーズに次の転職先を決めています。私の経験則からも、“転職エージェントの併用は常に2〜3社がベストな状態”と考えています。現在のあなたに最適と感じる転職エージェントから優先的に登録していきましょう。

外資系企業に強い転職エージェント5選【知る人ぞ知る】

ここからはこれまで私が外資系企業を渡り歩きながら、実際に利用してきて、心の底から“外資系企業に強いと感じた転職エージェント5選”だけをご紹介していきます。

私の周りの外資系企業に勤める友人や知人もよく利用している転職エージェントなので、これから外資系企業への転職を目指す方は、まず登録しておきましょう。

外資系企業に強い転職エージェント5選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
公式サイトはコチラ
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
公式サイトはコチラ
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
公式サイトはコチラ
【第4位】ビズリーチ 管理職・グローバルに強い
公式サイトはコチラ
【第5位】ロバート・ウォルターズ 英語を活かした転職に強い
公式サイトはコチラ

※全て無料で会員登録できます

第1位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

まずは外資系企業転職・海外就職支援に強い「JACリクルートメント」です。

もともとイギリスのロンドンで創業した背景もあり、海外現地の外資系企業とのネットワークの結びつきが非常に強いです。

主にミドル・ハイクラス層向けの転職支援を得意としており、“外資系転職で確実に年収を上げたい”“今後確実にキャリアアップしたい”方に最適な転職エージェントです。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

第2位 エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

次に私がこれまでに国内の外資系企業2・3・6社目に転職する際に、実際に利用した「エンワールド・ジャパン」です。

特に“人生初の外資系企業へ転職をするタイミング”“転職を機に大幅に年収が上がる時期”に大変お世話になりました。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、非常に信頼している転職エージェントの一つです。

今後“初めて外資系転職をする”“外資系転職で大幅に年収を上げたい”と考えている方に、最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンの担当者はまず無理に転職先を勧めてくることはないので、じっくりと次の転職先を吟味したい方にも最適な転職エージェントです。

エンワールドジャパンはTOEIC700点以上の英語レベルの28歳〜50歳がまず登録すべき転職エージェントです。※英語力に自信がない方は登録すべきではないです。

第3位 アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

次に私が大手コンサルファームに転職する(人生初めてコンサル業界に転職)際に利用した「アクシスコンサルティング」です。

アクシスコンサルティングは国内外問わずコンサルファームからの信頼が厚い“コンサル業界に特化した転職エージェント”で、これからコンサル業界で年収アップ・キャリアアップを目指したい方がまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

私自身も当時人生初のコンサル業界への転職でとても不安でしたが、アクシスコンサルティングが提供する“コンサル業界に特化した入念な選考対策”“手厚いサポート”のおかげで、当時は無事に外資系大手コンサル会社に転職することができました。

まずはアクシスコンサルティングに無料登録をして、経験豊富なキャリアコンサルタントに相談しつつ、今後のあなたのキャリアの方向性を考えていきましょう。

年収が高いコンサル業界の優良求人は求職者から人気もあるので、コンサル業界の転職支援に特化したアクシスコンサルティングを活用することは、それだけでライバル達と大きく差をつけることができます。

第4位 ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に私の友人の多くも外資系企業転職時によく利用する「ビズリーチ」です。

人材業界の中では比較的新興企業にはなりますが、数年前からTVCMにもよく出ており知名度も高く、30代〜50代で外資系企業に転職したい方に最も人気があります。

実際に私もビズリーチに登録し利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介していただいたことが印象的でした。

またあなたが希望通りに転職活動を進めるためにも、プラチナスカウトを受け取れる可能性があり、内定率が高くなる「ビズリーチ」に無料会員登録しましょう。

ビズリーチは月額課金制の転職エージェントなので、利用をためらう方もいるかもしれませんが、その分質の高い求人が揃っており本気で転職したい方には最適です。

GAKU
ビズリーチは無料会員でも十分サービスを利用できるのですが、“有料会員の方がより利便性高くサービスを利用できる”ことから、あえてこの順位(第4位)にしました。

第5位 ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

最後に私が外資系システム開発会社に部長職として転職をした際に実際に利用した「ロバート・ウォルターズ」です。

ロバート・ウォルターズは主に英語を使う求人に特化しているため、外資系転職後に英語力を最大限に活かした仕事をしたい方がまず登録すべき転職エージェントです。

ロバート・ウォルターズで取り扱う求人のポジションによっては、英語力よりもスキルや豊富な職歴を重視することもあるので、あなたが少しでも英語ができるなら登録してみる価値は高いです。

自分の英語力に自信がある方は、今すぐロバートウォルターズに登録し、年収アップ・キャリアアップを実現しましょう。

私自身過去に外資系に転職する際に何度かロバートウォルターズにお世話になりましたが、“英語で仕事ができて、年収アップできる求人案件は多い”と感じています。

ロバート・ウォルターズはグローバル特化の優良求人を保有しているので、今のうちに登録しておかないと、英語力を活かせる優良企業の求人を逃すことになります。

転職経験が少ないなら、より転職エージェントを使うべき!

内定率は上がる?

現在のあなたが転職経験が少ないなら、”より転職エージェントを使うべき”です。

ご存知の通り、転職エージェントは無料で転職支援をしてくれることはもちろん、あなたの希望に基づき最適な求人の紹介をしてくれたり、あなた自身がより効率よく転職するためのノウハウを教えてくれます。

特に人生で初めての転職を経験する方は右も左もわからない状態だと思うので、“転職支援のプロである転職エージェントに頼ること”が非常に重要な考え方になります。

あなたがこれから転職活動を行う上で、途中で転職活動に挫折しないためにも、効率よく転職を成功させるためにも、まず”転職エージェントの利用は必須”です。

GAKU
あなたが転職エージェントを活用することで、転職を機に大きく飛躍できることは間違いありません。あなたの希望通りに年収アップ・キャリアアップを果たしたいなら、転職エージェントの力を借りましょう。

外資系を目指す方が転職エージェントを上手に使うコツ

あなたがこれから外資系転職を成功させたいなら、“転職エージェントを上手に使うこと”が非常に重要な考え方になります。

ここでは今後外資系への転職を目指す方が“転職エージェントを上手に使うコツ3つ”について詳しくご紹介していきます。

転職エージェントを上手に使うコツ
・求人内容を吟味する
・自分の軸を保つ
・年収交渉を行う

1つずつ紹介していきます。

求人内容を吟味する

まず大前提としてあなたが複数の転職エージェントに登録をしても、実際に各転職エージェントから求人を紹介してもらうタイミングにはバラツキがあります。

そのため、あなたがこれから複数の転職エージェントに登録するなら、まずは全ての転職エージェントからしっかりと求人を紹介してもらうまで待ちましょう。

その上であなた自身が希望に沿った転職先かどうかをしっかりと吟味していきます。

あまりに急いで求人にエントリーすると、あとで他の転職エージェントから優良な求人を紹介されることも考えられるので、全ての転職エージェントからの求人が揃った状態で各求人内容を吟味する癖をつけましょう。

GAKU
特に現職に勤めながら転職活動をしている方は時間に限りがあると思うので、限られた時間内で効率よく転職活動を進めていきましょう。

自分の軸を保つ

次に転職エージェントを上手に使うためには、“あなた自身の転職活動の軸をしっかりと保つこと”も非常に重要です。

転職エージェントは良くも悪くも求職者が転職エージェントの紹介する企業に転職さえすれば、求職者の転職先の年収額に準じた成果報酬を受け取ることができます。

つまり、あなたがより早く次の転職先に決まれば、転職エージェントは短いスパンで売り上げを立てることができます。

何が言いたいかというと、あなたが転職エージェントに言われるがままに受動的に転職活動を進めてしまうと、”あなたが納得しない形で次の転職先に勤めることになる可能性が高い”ということです。

あなたが転職を成功に導くためにも、あなた自身の転職活動の軸を保ちましょう。

GAKU
転職活動の軸は、“年収アップ
“未経験業界への挑戦”“管理職以上のポジションでの採用”など人によって様々あります。あなた自身の転職活動の軸をブラさないことが転職活動を成功させるコツです。

年収交渉を行う

次に転職エージェントを上手に使うために、積極的に年収交渉を行いましょう

これから外資系企業への転職を目指す方は、かなりの高い確率で転職を機に同時に年収アップも目指していると思います。

なぜなら、私自身が26歳の頃にさらなる年収アップを目指して外資系企業に転職しましたし、今でも年収アップを最低条件として転職を繰り返しているからです。

そのため、あなたが転職エージェントに紹介してもらった求人案件の中で、自分の能力やスキルに見合わない年収額が提示された場合は、まず積極的に転職エージェントを経由して年収交渉を行いましょう。

あなたが即戦力人材なら、かなりの高い確率で年収交渉にも成功するでしょう。

GAKU
ちなみに今回ご紹介した転職エージェントの中では、最も「JACリクルートメント」が年収交渉に強いです。あなたが転職する度に年収交渉を行う癖をつけると、あなた自身の自己肯定感を高めることができるだけでなく、転職する度に確実に年収アップを実現することができます。

転職エージェントを利用する際の最大の注意点

注意点

あなたがこれから転職エージェントを利用する際の注意点として、転職エージェントの“担当者と合わないこと”があります。

過去に転職活動をしたことがある方であれば共感できると思いますが、転職エージェントの担当者も求職者も人間なので、やはり人によって合う合わないがあります。

特に無理やり紹介する求人にエントリーさせようとしてくる担当者や求職者に失礼な態度をとる担当者であれば、誰しもがまず合わないと感じることでしょう。

あなたがもし転職エージェントの担当者が合わないと感じたら、すぐに転職エージェントの公式HPの問い合わせフォームなどから”担当者変更の依頼”をしましょう。

いまだに多くの方が知らないことですが、世間一般的に転職支援サービスは求職者のリクエストがあれば、いつでも簡単に担当者を変更することができます。

あなた自身が満足のいく転職活動を行うためにも、転職エージェントの担当者は変更できること”を覚えていきましょう。

GAKU
転職エージェントの担当者の中には、自分自身の売上や成績のために求人の押し売りをしてくる方が少なからずいます。そういった方々にあなたの転職活動を邪魔されないためにも、転職エージェントの正しい使い方は覚えておきましょう。

転職エージェントを上手に活用し、今よりも大きく羽ばたこう!

今回は、「外資系企業に強い転職エージェント5選」についてご紹介してきました。

これまで国内の外資系企業を渡り歩いてきた私が外資系企業に強い転職エージェントをご紹介してきましたが、これから転職活動を行うイメージは掴めたでしょうか?

あなたが外資系企業に強い転職エージェントを活用して、正しく転職活動を進めていけば、必ず”最短距離で外資系企業に転職をすることができます”。

今後外資系企業に転職したい方は、まずは現職に勤めつつ今回ご紹介した外資系に強い転職エージェントに登録しましょう。

あなたが今行動を起こさなければ、いずれ転職すること自体に面倒くささを感じ、最終的に”今の会社に留まればいいや”と(現状維持することに)なってしまいます。

今後あなたが口だけの人間にならないためにも、そして今まで以上に年収アップ・キャリアアップを実現するためにも、まずは外資系企業に強い転職エージェントに複数登録をしておきましょう。

あなたがこれから実際に転職エージェントに登録をすることで、あなたの中には絶対に大きな気持ちの変化が起こります。

転職支援のプロである転職エージェントにしっかりと頼りながら、あなたの理想の転職先を必ず見つけ出しましょう。

あなたが”これから転職活動をするかしないかで今まさに迷っているこの瞬間”も、あなたのライバル達は続々と国内の優良外資系求人にエントリーしていっています。

外資系企業に強い転職エージェント5選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
公式サイトはコチラ
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
公式サイトはコチラ
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
公式サイトはコチラ
【第4位】ビズリーチ 管理職・グローバルに強い
公式サイトはコチラ
【第5位】ロバート・ウォルターズ 英語を活かした転職に強い
公式サイトはコチラ

※全て無料で会員登録できます

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

結局のところ、転職を成功させたいなら、“タイミングが命”です!

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

外資系企業に強い転職エージェント

\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。