中途採用なのに一年で退職はOK?短期退職のメリット・デメリットを解説!

中途採用なのに一年で退職はOK?短期退職のメリット・デメリットを解説!
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「中途採用なのに一年で退職してもいいの?」

「短期退職のメリット・デメリットについて知りたい」

と気になっている方向けの内容です。

転職活動で入念な準備をして、希望に合致する企業に就職できたはずなのに、いざ入社してみると想像と違う環境に愕然…

これまでにそんな経験はありませんか?

特に中途採用で転職した場合は、入社前に抱いていた期待とのギャップが大きく、早期退職を検討する人も少なくありません。

しかし、中途採用で一年以内に退職することはキャリアに悪影響を与えるのではないか、と不安に感じる方も多いでしょう。

はじめに今回の結論から申し上げると、本当に今勤めている会社が合わないなら、中途採用でも一年以内に退職し、もっと自分に合う企業に転職することは問題ありません

今回は、中途採用で一年以内に退職することのメリットとデメリットを徹底的に解説します。

短期退職を検討している方に向けて、後悔しないためのポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

短期退職で転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

中途採用なのに一年で退職はOK?

中途採用なのに一年で退職はOK?

今回の結論から申し上げると、本当に今勤めている会社が合わないなら、中途採用でも一年以内に退職し、もっと自分に合う企業に転職することは問題ありません

中途採用後、すぐに退職を考えるのはためらわれるものですが、実は一年での退職にはメリットもあります。

一方でデメリットも存在しますので、両面をしっかりと理解した上で、職を変えるタイミングを慎重に選ぶことが重要です。

キャリアの進路を左右する選択ですから、情報を整理し、慎重に検討していきましょう。

短期退職がもたらすキャリアへの影響

中途採用として入社して一年で退職することは、求職活動においてさまざまな影響を及ぼします。

まず、短期間での退職は次の転職時に「転職理由」を聞かれる機会が増える可能性があります。

また、職歴における不安定さを指摘されることもあるでしょう。

しかし、新しい環境でスキルや経験を積むことでキャリアアップに繋がることもあります。

そのため、退職理由を明確にし、どのようなスキルを得たかをアピールできるようにしておくことが大切です。

短期退職のメリット

一年での退職にはいくつかのメリットがあります。

たとえば、早期に自分に合わない環境から抜け出ることで、精神的ストレスを減らすことができます。

また別の会社で新たな機会を見つけることが可能になりますし、新しい職場でキャリアアップのチャンスが広がることもあります。

辞めるタイミングを早めることによって、長期にわたるキャリアの停滞を避けることもできるのです。

短期退職のデメリット

反対に、短期間での退職にはいくつかのデメリットも存在します。

一年という短い期間で会社を辞めることは、雇用者から見た場合にコミットメントの意識がないと捉えられるリスクがあります。

また転職市場における評価が低下することも考えられます。

新たな職を探す際に「なぜ短期間で退職したのか」という質問に対して妥当な回答を準備しておく必要があるでしょう。

それには、前向きな退職理由を示すことが大切です。

中途採用で一年以内の退職者はどのくらいいる?

中途採用で一年以内の退職者はどのくらいいる?

中途採用後、わずか一年で退職する人は意外に多いです。

新しい環境に対する適応の困難さや、期待とのギャップ、キャリアプランにおける見直しなど、様々な理由から短期退職を選ぶ人がいます。

企業側もこのような動きに対応する必要があり、採用戦略を再考するケースも見受けられます。

短期退職の背景にあるもの

中途採用者が早期に退職を決断する背後には、多様な要因が存在します。

例えば、職場の人間関係や企業文化への適応が難しい場合、仕事内容が自分のスキルやキャリアプランと合致していないことに気づくこともあります。

また、プライベートな事情や健康上の問題、さらにはより良い転職先が見つかったというケースもあります。

短期での退職がキャリアにどのような影響を与えるのか、メリットとデメリットを把握した上で慎重な判断が求められます。

短期退職がキャリアに与える影響

短期退職がキャリアに与える影響は、決して小さくありません。

メリットとしては、自己のキャリアプランに合わない環境から早期に脱出し、新たな道を模索できる機会がある点が挙げられます。

一方で、履歴書上の雇用履歴が不安定に見えることや、将来の採用担当者からの信頼を損なうリスクもあります。

特にグローバル企業においては、短期退職が企業側に与えるコストや組織への影響を深く考慮する傾向があるため、次のステップを踏む前に熟慮が必要です。

企業側の対応と今後の採用戦略

一年以内の退職者に対して企業はどのように対応しているのでしょうか?

短期退職が増えることで、採用コストの増大や業務の引き継ぎにおける効率の低下などの問題が生じます。

これに対して、企業は退職理由の分析を行い、採用プロセスの見直しや新入社員のフォローアップ体制の強化、社内環境の改善に努めることが求められます。

また短期退職者の経験を踏まえて、より適切な人材を見極めるための採用戦略を練ることも重要です。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

中途採用で一年以内に退職するメリット3つ

中途採用で一年以内に退職するメリット3つ

中途採用後、一年以内の退職は一般的にはあまり好ましくないイメージがありますが、実はメリットも存在します。

特にキャリアを重視する方や新たな挑戦を求める方にとって、早期退職がもたらす恩恵は大きいかもしれません。

ここでは、そんな早期退職がもたらすメリットについて、詳しくご紹介していきます。

キャリアの早期見直しによる時間的ロスの軽減

中途採用での職場が合わないと感じた場合、一年以内の退職はキャリアの早期見直しとなりえます。

間違った道で時間を浪費することなく、自分に合った環境や職種を再探索するチャンスと捉えることができます。

特に自己のスキルセットやキャリアプランに合致しない職場での時間を最小限に留めることは非常に重要です。

また自分に合わないと早期に気づき、転職を行うことで、未来のキャリアビジョンをより明確に描くきっかけになり得ます。

ただし、短期間での職歴は次の転職先を探す際に不利になる可能性もあるため、退職を決意する際にはその後の計画をしっかりと練ることが大切です。

新しいスキルや経験の獲得

中途採用後すぐの職場で得られる経験やスキルも、早期退職にはメリットがあります。

短い期間だとしても、新しい環境での作業やチームでのコミュニケーション、異なる業界知識の吸収は、個人のスキルセットを豊富にします。

特に政治・経済、テクノロジー、金融といった分野に関心を持つ男性にとって、多様な視点やアプローチを身につけることは重要です。

その経験は次の職場で活かすことができ、より広い視野でのキャリアアップに繋がることでしょう。

ただし、新しいスキルを獲得したという点を面接などで適切にアピールする必要があります。

そのためには、どのように自己成長できたのかを具体的に伝えられるように準備することが大事です。

柔軟なキャリア設計の実現

最後に、一年未満での転職は、柔軟なキャリア設計を可能にするメリットを持っています。

社会や業界の変化が激しい昨今では、長期に渡って同じ職に就くことが難しくなる傾向にあるため、自分自身のキャリアもその変化に合わせて柔軟に変えていくことが成功の鍵を握ります。

もちろん、退職の決断には慎重を期すべきですが、それが将来に向けた有意義な一歩となることは十分にあり得るのです。

ただし、頻繁に職を変えることはプロフェッショナルさに疑問を抱かせる場合もあるため、将来にわたって利益をもたらす転職であることを明確にする必要があります。

中途採用で一年以内に退職するデメリット2つ

中途採用で一年以内に退職するデメリット2つ

中途採用後、一年以内に退職することにはいくつかのデメリットがあります。

キャリアの積み重ねとブランディングに影響を与えることが懸念されますし、次の転職活動においても不利な条件が生じることがあります。

以下では、念頭に置くべき2つの主要なデメリットを解説いたします。

キャリア形成における不利益

中途採用で入社後一年未満での退職は、キャリア形成において大きなデメリットになることがあります。

新しい職場での短期間の経験は、履歴書上での説得力を欠くことが多く、次の転職先の求人企業に対して、一貫性や専門性を示すのが難しくなります。

また、一定の期間働いた実績がないと、その間の業務内容や成果について詳細に語ることができないため、面接時にも自身のスキルや経験をアピールするのが難しい状況になるでしょう。

さらに、短期間の退職が繰り返されると、将来的にキャリアの断片化が生じ、長期的な目標に向かっての職務経験の積み重ねが困難になる可能性もあります。

このように一年未満での退職は、自分のキャリアを貫く上で望ましくない影響を与えかねません。

将来の転職活動への影響

さらに中途採用されて一年以内に退職することは、将来の転職活動にもマイナスの影響を及ぼす可能性が高いです。

短期間での退職は、転職市場において求職者の責任感や忍耐力に疑問符を投げかけることになりがちです。

一年以内の退職が複数回あると安定性や長期的な貢献を期待する企業には敬遠されるリスクが高まります。

次の職場を探す際、採用担当者は短期間で退職した理由について深く掘り下げたいと考えるものですが、その理由が納得のいくものでない場合、採用の可能性は大幅に下がります。

【まとめ】中途採用でも合わなければ一年で退職して問題ない!

【まとめ】中途採用でも合わなければ一年で退職して問題ない!

改めて今回の結論を申し上げると、中途採用でも本当に今勤めている会社や担当している業務が合わなければ、一年以内で退職という意思決定をして問題ありません

中途採用後、一年で会社を辞めることは、一見ネガティブに映るかもしれませんが、実はさまざまな観点から判断する必要があります。

自身のキャリアと幸福を第一に考えた場合、短期間での退職が最善の選択肢になることもあります。

どうしても避けられない退職のケースでは、次の転職活動で、退職理由を誠実かつポジティブに伝えることが大切です。

具体的な経験や学び、そして将来の目標について説明することで、短期退職というハンデを克服することも不可能ではありません。

現在中途採用で一年で退職を検討している方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

短期退職で転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

結論から申し上げると、中途入社した会社を一年で辞めることは良くないことではありません。

本当に今勤めている会社が合わないなら、中途採用でも一年以内に退職することは問題がない行為です。

むしろ合わない企業に勤め続けることで、キャリアアップの機会損失をする可能性は高いです。

もっと自分に合う企業があると信じて、今の会社に勤めながら転職活動を開始しましょう。

中途採用で一年で退職する場合の注意点としては、一年以内で退職する会社のことを悪く言わないことです。

心の中ではその会社が合わなくて退職すると思っていても、表向きにはポジティブな理由で会社を退職する旨を伝えましょう。

そうすることで、スムーズに転職活動を進めることができますし、転職先の企業でも好印象を与えることができます。

短期退職での転職で失敗しないためには、転職支援のプロであり、ミドル・ハイクラス層に強いJACリクルートメントのコンサルタントに無料相談することを推奨します。

現在のあなたにとって、最適な企業への転職+年収アップを実現してくれます。

私自身これまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。


\ミドル・ハイクラス転職なら?/

JACリクルートメント

これから確実に年収アップ・キャリアアップを実現したいなら、まずはじめに「JACリクルートメント」に会員登録を行い、あなたに合う一流企業を紹介してもらいましょう。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現しています!

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐ退会できるので、まずは気軽にキャリア相談からしてみてください。