年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

年功序列がやる気でない
外資系企業に強い転職エージェント5選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
無料登録はこちら
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
無料登録はこちら
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
無料登録はこちら
【第4位】ビズリーチ 管理職・グローバルに強い
無料登録はこちら
【第5位】ロバート・ウォルターズ 英語を活かした転職に強い
無料登録はこちら

※全て無料で会員登録できます

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

突然ですが「現在あなたが勤める会社では”年功序列”が採用されていますか?」

世間一般的に日本国内に存在する会社は、年功序列の会社成果主義の会社の大きく2つに分けることができます。

つまり、あなたが就職や転職をする際には、必ずどちらかの属性の会社を選んで、実際に働きはじめることになります。

残念ながら、現代において多くの日本の会社では未だに年功序列の文化が残ります。

そのため、若い方がいくら成果を上げても、年収や給料が上がりづらいのです。

逆を言うと、会社の在籍期間や年齢が高いというだけで、自動的に高い年収や給料を受け取っている方が一定数います。

これは正直日本のサラリーマンの生産性が上がらない大きな原因の一つです。

>>「日本の生産性は先進国で最下位」

あなたが絶対的に上司よりも成果を上げているのに、すぐに評価や給料が上がらない状況にそろそろ不満が募っていませんか?

実際に私自身も26歳の頃にいくら成果を上げても全く給料が上がらない、新卒で入社した日系企業の労働環境が嫌で、成果主義を採用する外資系に転職を決めました

そして結果として、現在は某外資系企業にて、新卒時代に勤めていた日系企業の3倍以上の年収を受け取れるようになりました。

今でも26歳の頃に「これからは外資系企業でキャリアを積み上げていこう」と決めたことは英断だったと振り返っています。

結局、あなたが年功序列の甘ぬるい労働環境から抜け出すには、成果主義で評価が平等な労働環境に向かうしかないのです。

日本国内の多くの外資系企業では、常時採用でなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第すぐにエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「年功序列だと永年にやる気が出ない理由と今すぐにできる対処法」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

また結局のところ、転職を成功させたいなら、タイミングが命です!

今本気で年収アップしたいキャリアアップしたいなら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

そもそも年功序列とは?

年功序列

まず年功序列とは、官公庁、企業において勤続年数、年齢に応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のことを指す日本型雇用の典型的なシステムのことです。

その他、個人の能力、実績に関わらず、勤続年数のみで評価する仕組み一般を年功序列と称することもあります。

ちなみに年功序列制度は、加齢とともに労働者の技術や能力が蓄積され、最終的には企業の成績に反映されるとする考え方に基づいています。(Wikipediaより引用)

つまり、若い年齢のうちは給料が安いが、年齢を重ねるうちに徐々に役職や給料が上がる仕組みのことを年功序列と言います。

GAKU
最近では日系企業でも若手社員の不満をなくし、やる気を維持するために、積極的に年功序列制度を廃止するケースがでてきています。

年功序列だと永遠にやる気が出ない理由【実はみんな知らない】

年功序列でやる気がでない

年功序列制度を採用する企業だと、多くの人(若者を中心に)のやる気が出ません

年功序列だと永遠にやる気がでない理由は、主に以下3つのことが考えられます。

年功序列だとやる気が出ない理由
・成果が評価に反映されない
・給料がなかなか上がらない
・上司が仕事をしない

成果が評価に反映されない

まず年功序列を採用する企業だと、まず会社の在籍期間が長い方、年齢が高い方から順番に高い評価を受ける傾向にあります。

なぜなら、年功序列の基本的な考え方は、在籍期間が長い方ほど長期間会社へ貢献しているという考え方だからです。

年功序列の文化が浸透している環境で働くと、あなたが上司よりも先輩よりも成果を出しているにも関わらず、いつまで経っても彼ら(彼女ら)を超えることはできません。

年齢が若いからといって成果が評価に反映されない状況にうんざりし、会社を去っていく方はやはり多くいらっしゃいます。

実際に成果が出ていなかったら話は別ですが、自分が一生懸命にやった成果が正当に評価されないことでやる気をなくします。

GAKU
私が新卒で入社した日系企業も年功序列を採用していたので、ずっと納得できずに働いていました。特にあなたの上司があなたよりも働いていないとうんざりしませんか?

給料がなかなか上がらない

次に年功序列の企業だと、特に若手社員は給料がなかなか上がりません。

年功序列を採用する企業で働くと、あなたが一生懸命会社のために成果を出しても、急激に給料が上がることはありません。

(人間は誰しも自分が出した成果の分だけ給料を受け取りたいと思うものです。)

その一方で何も特別な成果を上げていないのに、長く会社に在籍しているだけで自動的に給料が上がる方もいます。

あなたの上司や会社の周りの先輩がまさにそうではないでしょうか?

このギャップにうんざりして、若い人ほど仕事にやる気をなくしてしまいます。

GAKU
私も日系企業に勤めた経験があるので感じることですが、日本の年功序列文化は本当に若者の生産性を低くしています。まずは成果を上げた方や会社に貢献した方から高い給料を受け取っていくべきです。

上司が仕事をしない

最後に年功序列の企業だと、上司が仕事をしない傾向も強いです。

年功序列の企業は、長く在籍すればするほど自動的に役職が上がっていきます。

その地位を利用して、部下に自分の仕事をすべて渡したり、自分がサボることばかりを考えている上司は多く存在します。

別の言い方をすると、このような方々のことを窓際族とも呼びます。(窓際族とは企業において余剰の社員のことを表す表現です。またの名をWindows2000と呼びます。)

今でこそ終身雇用制度がある企業は少ないですが、残念ながら未だに終身雇用に近い考えを持っている年配者は多いです。

あなたが一生懸命に業務に取り組んでいる中、あなたの上司は一体何をしているのでしょうか?一度振り返ってみましょう。

GAKU
業務量が多いあなたの年収が低くて、業務量が少ない上司の年収が高すぎたら腹が立ちませんか?私ならこのような状況にうんざりして、早々に上司もバリバリ働いている外資系企業に転職をします。

日本国内の企業に年功序列制度が未だに残っている理由とは?

日本

日本国内の多くの企業に年功序列制度が未だに残っているのには、過去の終身雇用制度に最大の原因があると考えています。

ご存知の通り、日本という国は一昔前までは終身雇用制度が当たり前の時代でした。

終身雇用制度とは、一度企業に入社してしまえば、企業は従業員を定年まで雇い安定した生活を保障することを指します。

なぜ一昔前まで日本は終身雇用が当たり前だったかと言うと、戦後の日本は急速に経済成長することができたからです。

日本経済が好調な頃は、日本では急激に人口が増え、年々給料は上がり、1つの企業に勤め上げる考え方がより一般的でした。

しかし、すでに多くの方がご存知の通り、現在の日本において直近30年間はサラリーマンの平均年収は上がっておらず、正直日本経済は低迷する状況が続いています。

日本経済の調子が良かった時代に導入された終身雇用制度の慣習が未だに年功序列という形で残ってしまっているのです。

終身雇用という時代遅れの考え方が未だに日本社会には浸透しており、なかなか年功序列文化から抜け出せないのです。

GAKU
若輩者がこんなことを言うと、年上の人たちに怒られてしまいますが、未だに年功序列にしがみついて企業勤めをしている方は本当に時代遅れな働き方をしています。もしあなたが働く企業選びを間違ってしまったと感じているなら、今すぐにでも転職することを強く推奨します。

【必見】年功序列を重要視する企業から今すぐに抜け出す対処法

あなたが年功序列の企業から抜け出す対処法は、たった一つしかありません。

それは、あなた自身が自ら成果主義を採用する企業に転職をすることです。

あなたがこのまま何年も何十年も年功序列を重要視する企業にいて働き続けても、正直あなたにとっては何のメリットもありません。(むしろあなた自身のビジネスパーソンとしての成長が鈍化するだけです。)

例えあなたがその会社にい続けてそれなりの立場になっても、あなたと同じような感情を持つ優秀な若い人はどんどん辞めていきますし、正直企業として存続し続けられるかも危うい状況になります。

(逆にあなたが今勤めている企業で絶対に出世したいと考えている場合は、そのまま在籍し続けてもいいかもしれません。)

しかし、あなたが今の年功序列を大切にする企業で仕事を続けることができないなら、さっさと年功序列の企業から抜け出して、成果主義の企業に転職しましょう。

私が現在勤務している外資系企業では、やはり成果主義を採用しています。

多くの外資系企業では日系企業と違い、仕事でのパフォーマンスがそのまま評価や給料に直結する成果主義を採用しています。

あなたが成果主義の企業で働くことで、あなたはビジネスマンとしてひと回りもふた回りも成長することができますし、何よりあなたが頑張れば頑張るほどそれが高い給料という名の対価として必ず返ってきます。

年功序列企業にいること自体がリスクになる日は近いので、早い段階で成果主義企業に転職することを強く推奨します。

GAKU
成果主義を採用する環境で働いた方が個人としても成長できるスピードが早いです。日々上司に不満の気持ちを募らせるよりも、まずは自分が動いて状況を好転させましょう。

【まとめ】年功序列企業で”あなたのやる気が出ないこと”はごく当たり前のこと!

今回は、「年功序列だと永年にやる気が出ない理由と今すぐにできる対処法」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

あなたが年功序列を良しとする企業に勤めていると、主に以下3つの理由から永遠に仕事にやる気を出すことができません。

これはあなたが悪いわけではなく、年功序列を採用する企業が悪いのです。

(しかし、回り回って結果的に年功序列を重要視する企業で働くことを選択した自分自身が悪いと考えることもできます。)

年功序列だとやる気が出ない理由
・成果が評価に反映されない
・給料がなかなか上がらない
・上司が仕事をしない

未だに年功序列を良しとする企業なら、正直その企業の将来は明るくありません。

当たり前のことですが、資本主義経済で最も合理的な正義は成果や結果を出した方から適正な評価や高い給料を得ることです。

もし今あなたが年功序列を採用する企業に勤めているなら、これから成果主義を採用する企業にすぐに転職すべきです。

(※もちろん年功序列が好きな方は、年功序列が浸透する企業に勤めるべきです。)

これから確実に成果主義の企業に転職したいなら、成果主義の考え方を採用する外資系企業への転職が最も適しています。

あなたが今後スムーズに外資系企業へ転職したいなら、まず外資系に強い転職エージェントに登録することを推奨します。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」ははじめて外資系企業に転職をする登録者に定評があります。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

また結局のところ、転職を成功させたいなら、タイミングが命です!

今本気で年収アップしたいキャリアアップしたいなら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

私や私の友人・知人は、転職活動の際に複数の転職エージェントに登録して各社を比較することが多いです。

各転職エージェントの求人案件を比較することで、より良い魅力的な求人に出会う確率を高めることができるからです。

本当は自分に最適な求人があったのに、転職エージェントを1つしか利用していなかったばかりに、あなたに最適な求人を見過ごしてしまうことが最ももったいないことです。

実際に転職が完了した時点で、あとから本当はもっと良い条件で転職することができたのに。。と後悔する方も多いです。

転職エージェントは必ず2-3社同時に登録して、あなたの転職を成功に近づけましょう。

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

\60秒で簡単登録/

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

年功序列がやる気でない

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。