大手IT企業に就職するには学歴フィルターを突破する必要がある?

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「日本国内の大手IT企業に就職するためには高学歴の方が有利なの?」

現在就職活動をされている方であれば、このような疑問を抱えているかもしれません。

さきに今回の結論から申し上げると、日本国内の一部の大手IT企業においては、やはり採用する学生の出身大学に偏りが見られます。

とはいえ、それらの企業が高学歴の学生ばかりを採用しているというわけではなく、同時に幅広い学歴やスキルを持つ学生も採用しているため、たとえ低学歴でも大手IT企業に就職できるチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「大手IT企業に就職するには学歴フィルターを突破する必要がある?」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがより効率よく国内の大手IT企業へ就職したいなら、まずはベネッセが運営する逆求人サイト「dodaキャンパス」に無料登録しましょう。日本国内の大手企業から優良企業まで魅力的な企業がdodaキャンパスに登録しているため、あなたは効率よく就職活動を進めることができます。

>>dodaキャンパスで優良企業と出会う

まず今回の結論から申し上げると、大手IT企業には多少なりとも学歴フィルターは存在しています。

なぜなら、インターネットの検索窓で「企業名+学歴もしくは採用大学」と検索すると、大手転職エージェントや大手転職サイトにより、その企業での主な採用実績校が掲載されており、日本国内でも知名度が高く世間一般的に高学歴と呼ばれる大学名ばかりが並んでいるからです。

>>楽天グループの採用実績校をcheck(リクナビ)

そのため、あなたが大手IT企業に入社するためには、少なからず高学歴であることが有利に働くことは間違いないでしょう。

しかしながら、実際の採用活動は企業側の考え方や方向性にもそれぞれ違いがあるので、一概に高学歴の学生ばかりを採用しているとは言い切れません。

とはいえ、高学歴の学生の方が“業務効率が良い”“物事を論理的に考えられる”などの要素が強いため、優秀な人材を獲得したい企業はまず確率論的に学歴が高い学生を獲得することに注力するでしょう。

GAKU
日本国内でも学生に人気がある大手IT企業は採用する人員を絞り込むための手段として、学歴フィルターをかけることはあります。

大手IT企業に就職するにはどのくらいの学歴が必要?

それでは大手IT企業に確実に就職するためには一体どのくらいの学歴が必要なのでしょうか?

大手転職エージェントの調査によると、あなたが大手IT企業に入社するためには以下の大学群レベルが必要です。

大手IT企業に就職しやすい学歴
・国公立大学
・早慶上理
・MARCH
・関関同立

やはり日本の大手IT企業の採用実績を見ると、日本国内でも学歴が高い大学が名を連ねています。

とはいえ、中には日本国内の様々なレベルの大学の採用実績がある大手IT企業もあるので、高学歴が日本のIT大手企業に就職しやすい現状はあくまで傾向として認識しておきましょう。

実際に社会に出てみると、学歴ではなく職歴が重要視されることも多いので、あまりにも就活生が学歴に頼り過ぎるのもよくないです。

ビズリーチキャンパス

ビズリーチキャンパスに高学歴は必須?【登録できる大学一覧】

2021年5月11日

大手IT企業に就職するのに役立つ資格2つ

あなたが自分の学歴に自信がないけどどうしても大手IT企業に就職したいと考えているなら、他の志望者との差別化を図るためにも、まずは以下2つの資格を取得することを推奨します。

大手IT企業就職に役立つ資格
・TOEIC(L&R)
・プログラミング

1つずつみていきましょう。

TOEIC(L&R)

まずは大手IT企業に就職するために、“TOEICで高得点を取得すること”を推奨します。

就活生に人気がある大手IT企業では志望者の能力を判断するための一つの方法として、TOEICスコアを採用している企業が多いです(TOEICフィルターとも呼びます)。

例えば日系大手IT企業の楽天グループでは新卒からTOEIC800点以上のスコアが求められますし、他の大手IT企業でもTOEICスコアを採用の一つの指標にしていることが多いです。

あなたがTOEICでハイスコアを取得するまでの過程が高く評価されるので、まずはあなたがTOEICでハイスコアを目指すことで損をすることはありません。

GAKU
あなたが今後転職活動を進めていく上でも高いTOEICスコアを保有していることは有利に働きます。

20代でTOEIC800点以上あると、転職時に有利に働く?

2021年10月9日

プログラミング

次に大手IT企業に就職するために、“プログラミングスキルを取得すること”を推奨します。

日本国内の大手IT企業が常に獲得したい人材は、手に職があるプログラマーです。

プログラミングは手に職がある仕事なので、今後まず食いっぱぐれることはまずありません。

今後も成長が予想されるIT業界ではまずスキルが高いプログラマーが重宝されるので、あなたが今のうちにプログラミングスキルを身につけておいてまず損をすることはありません。

GAKU
日本国内にある大手プログラミングスクールでは、約3ヶ月〜半年の期間でプログラミングスキルを取得することができます。

>>テックキャンプで無料体験する

【必見】大手IT企業に効率よく就職する方法

現在のあなたがこれから効率よく大手IT企業に就職したいと考えているなら、ベネッセが運営する逆求人サイト「dodaキャンパス」を活用することを強く推奨します。

dodaキャンパスとは、就活生がプロフィールを入力することで、企業の採用担当者から早期インターンや特別な採用オファーが届く、逆求人&オファー型就活支援サービスのことです。

教育事業に強いベネッセが運営する就活支援サービスのため、企業や学生に非常に定評があり、これまでに66万8,000人の学生と6,800社を超える企業が登録をしています。

ベネッセを通じて届く特別な採用オファーは大手企業や優良企業からのものも多く、あなたが大手IT企業から特別なオファーを受け取る可能性もあります。

またベネッセが主催する無料のキャリアイベントや書類添削サポートなどのサポートも充実しているため、就活の進め方がわからない学生にもありがたいサービス内容となっています。

このような便利な就活支援サービスを上手に活用しながら、国内の大手IT企業への就職を実現させましょう。

GAKU
dodaキャンパスは完全無料で利用できるので、あなたが就活生ならまず登録すべきサービスです。

【まとめ】大手IT企業就職に学歴フィルターは若干ある!

今回は、「大手IT企業に就職するには学歴フィルターを突破する必要がある?」について詳しく紹介していきました。

改めて結論を申し上げると、あなたが大手IT企業に就職するためには、ある程度学歴フィルターを突破する必要があります。

なぜなら、就活生から人気がある大手IT企業では、志望者を絞り込むための一つの方法として、学歴フィルターを設けているからです。

しかしながら、日本国内のすべての大手IT企業が学歴フィルターを設けているわけではなく、志望者に特別なスキルや経験がある場合は積極的な採用も行なっています。

特に以下2つのスキルは他の志望者との差別化を図るためにも、自分の学歴に自信がない方はまず取得しておいて損をすることはないでしょう。

大手IT企業就職に役立つ資格
・TOEIC(L&R)
・プログラミング

またあなたが今後効率よく大手IT企業に就職するための方法として、大手IT企業が登録している逆求人サイトの「dodaキャンパス」を活用することも有効なアプローチになります。

あなたがdodaキャンパスに登録しておくことで、大手IT企業の採用担当者から直接オファーが届く可能性があるので、現在のあなたが就活生ならまず登録しておきたいサービスです。


\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。