外資系企業に転職するのに学歴はまったく関係ないってホント?

外資系転職に学歴は関係ない

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系企業に転職したいけど、自分の低い学歴でも大丈夫なのだろうか?」

外資系企業に転職すると言うと、“転職のハードルが高そう”とか“学歴フィルターがありそう”とネガティブな声をよく聞きます。

今回の結論から申し上げると、外資系企業への転職に学歴はほぼ関係ありません。

その証拠に私自身は都内の中堅大学出身ですし、私の周りで外資系企業に転職をした仲間も全員が高学歴ではありません。

国内の多くの優良外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業転職に学歴はまったく関係ない?」について詳しくご紹介します。

JACリクルートメントは学歴より職歴重視で外資系の優良求人を紹介してくれるので、学歴を気にされる方が、まず登録すべき転職エージェントです。
外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

高学歴じゃないと、外資系企業に転職できないってホント?

キャリアカーバーとビズリーチの違い

まず今回の結論から申し上げると、多くの外資系企業の採用基準として、“学歴はほぼほぼ関係ありません”

なぜなら、多くの外資系企業では実際に現場ですぐに活躍してくれる即戦力人材を積極的に採用しているからです。

また実際に外資系企業入社後もあなたのパフォーマンスがそのまま評価や給料に直結するので、“あなた自身が即戦力人材かどうか”が最も重要な採用基準となります。

あなたに学歴がなくても、職歴があれば、外資系企業に転職することはできます。

外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

外資系転職において、学歴フィルターが存在することもある

つらい

さきほど多くの外資系企業において、採用基準に学歴は関係ないということをお伝えしましたが、一部の企業では学歴フィルターが存在することもあります。

例えばグローバル投資銀行は、東京大学・京都大学・一橋大学・早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・国際基督教大学など採用者を定めている場合があります。

また外資系コンサル企業は、有名私大レベル以上に採用者を絞ることが多いです。

そのため、外資系転職において、学歴がまったく関係ないと言い切れません。

しかしながら、これは外資系企業の転職に限った話でなく、大手日系企業の転職においても全く同じことが言えます。

外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

高学歴じゃなくても、外資系企業転職に成功するためのコツ

高学歴じゃなくても、外資系転職に成功するためのコツは、以下2つがあります。

外資系転職に成功するコツ
・英語でのコミュニケーション能力
・圧倒的な成果主義思考

1つずつ詳しく解説します。

英語でのコミュニケーション能力

当たり前のことですが、外資系企業へ転職すると、英語を使う場面が増えます

社内メールや海外チームとのWeb会議、上司との日頃のコミュニケーションなど。

そのため、たとえあなたが高学歴でなくても、業務の中でスムーズに英語でコミュニケーションを取れる能力があれば、外資系企業に採用される可能性は高まります。

外資系転職に必要な英語レベルは公表されていませんが、私が過去に外資系特化の転職エージェントに聞いた情報では、TOEIC750点以上の英語力が求められます。

英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

圧倒的な成果主義思考

次にあなたが高学歴でなくても、圧倒的な成果主義思考であれば、外資系企業に採用される可能性は高まります。

なぜなら、多くの外資系企業では、成果主義の考え方を採用しているからです。

特に前職でめざましい成果を上げた実績があったり、自分なら圧倒的な成果を出すことができると強くアピールすることで、外資系企業からの採用可能性は高まります。

普段から定めた目標に対し大幅に上回る成果を出す方に外資系は向いています。

【必見】自分の低い学歴が気になる方がまず登録すべき外資系に強い転職エージェントはコレ!

外資系企業の営業マン

自分の低い学歴が気になる方がまず登録すべき外資系に強い転職エージェントとして、「JACリクルートメント」があります。

JACリクルートメントは特に外資系転職支援に強い転職エージェントで、利用者のこれまでの経歴や今後のキャリアを十分にヒアリングした上で、あなたに最適な外資系企業の求人案件を紹介してくれます。

私や私の友人も過去にJACリクルートメントを利用したことがありますが、利用者の学歴よりもこれまでの職歴を重視し、淡々と面談を進めていくイメージが強いです。

実際にJACリクルートメントの担当者も外資系転職では、“学歴よりも職歴が重要視される”と何度も強く仰っていました。

またJACリクルートメントの求人案件の約6割が非公開求人案件なので、多くの人がアクセスできない超優良求人案件を紹介してもらえる可能性もかなり高いです。

学歴が気になる方は、まずはJACリクルートメントに無料登録しておきましょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントがやばいは本当?【評判・口コミを徹底調査】

2022年2月3日

【まとめ】外資系企業転職に学歴はほぼ関係ない!

今回は、「外資系企業転職に学歴はまったく関係ない?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、あなたに学歴がなくても、外資系企業への転職は実現可能です。(※正直ベースで申し上げると、投資銀行やコンサルなど一部の業界では学歴フィルターがあります。)

なぜなら、国内の多くの外資系企業では、学歴よりも職歴やあなたの能力を重要視して採用活動をしているからです。

実際に私自身は都内の中堅大学出身ですが、これまでに外資系5社を渡り歩き、順調に年収・キャリアアップできています。

もし現在のあなたが学歴を理由に外資系企業転職を躊躇しているのであれば、非常にもったいないことをしています。

ただただ躊躇するのではなく、まずは外資系企業に転職するチャンスはないか、情報収集することからはじめましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特にJACリクルートメントはあなたのこれまでの職歴を重視して、質の高い外資系優良求人案件を紹介してくれます。

国内の多くの優良外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系転職に学歴は関係ない