【日本で働きたい外国人必見】まず登録すべき転職エージェント3選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外国人として日本で働くためにはどうすればいいんだろう?」

日本に強い興味を持って海外から来た外国人留学生や在留資格を保有する方の中には、今後も日本に働きながら住みたいと考えている方は多くいらっしゃるはず。

正直ベースで申し上げると、外国人が日本で働くことは決して簡単なことではありません。

なぜなら、日本国内の多くの企業では業務に必要な言語として、高い日本語スキルが求められる場合が多いからです。

しかしながら、あなたが外国人だからといって決して日本で働けないわけではありません。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「日本で働きたい外国人がまず登録すべき転職エージェント3選」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

これからあなたが外国人として日本国内で働きたいなら、まずは日本国内の外資系転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。
日本で働くための在留資格
・永住者
・日本人の配偶者等
・永住者の配偶者等
・定住者

この4種類の在留資格を持っている外国人の方は、日本国内での活動に制限が設けられていないので、職種・業種に関係なく、好きな仕事に取り組むことができます。

また一定の範囲内の職種・業種に限定して働くことができる在留資格として以下のようなものがあります。

一定範囲内の在留資格
・教授
・芸術
・宗教
・報道
・高度専門職
・経営・管理
・法律・会計業務
・医療
・研究
・教育
・企業内転勤
・技能
・興行

上記に在留資格を持っている外国人の方は、該当する職業に限り日本で働くことができます。

GAKU
上記の在留資格以外にも「技能実習ビザ」「特定活動ビザ」を持っている外国人は、問題なく日本で働くことができます。

日本で働きたい外国人がまず登録すべき転職エージェント3選

日本で働きたい外国人が仕事を探す方法は色々とありますが、私個人的には“外国人は日本国内の外資系企業や日系グローバル企業に転職することが最もハードルが低い”と感じています。

なぜなら、未だに日本語だけで業務をすることが多い日系企業では外国人は差別化ができず、一方で外国人は英語や中国語などの外国語スキルを活かせる企業の方が求められるからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に以下の3社は外資系企業転職に強い転職エージェントです。

1つずつ紹介していきます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている外国人の方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、日本での初めての転職も安心して進めることができます。

外国人向けにも多数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人の多くもJACリクルートメント経由でグローバル日系企業や外資系企業に転職を決めています。

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、求職者の英語力を活かした転職支援に強みを持っています。

ロバート・ウォルターズでは主に英語を使う求人に特化しているため、主に普段の業務では英語だけを使いたい外国人の方がまず登録すべき転職エージェントです。

ロバート・ウォルターズで取り扱う求人案件のポジションによっては英語力よりもスキルを重視することもあるので、少しでも英語ができるなら登録する価値はあるはずです。

マイケルペイジ

マイケルペイジ

マイケルペイジもロバート・ウォルターズと同様に、とにかく英語を使って仕事をしたいと考えている方です。

マイケルペイジは1976年にイギリスで創業した老舗転職エージェントなので、世界的にも知名度が高く信頼性の高いグローバルな転職エージェントです。

またマイケルペイジで取り扱う求人の中には、普通にしてたら見つけることができないニッチな求人案件もあったりします。

日本国内で確実に外資系企業に勤めたいと考えている外国人の方には、最適な転職エージェントと言えるでしょう。

日本で働きたい外国人がまず注意すべきこと

これから日本で働きたい外国人がまず注意すべきこととして、“不法就労にならないこと”があげられます。

不法就労とは、就労の許可がない状態で就職したり、限定された範囲外の職種・業種に就くことを指します。

もしあなたが不法就労をしていることが判明すると、あなたを雇用した雇用主また被雇用者であるあなた自身が法的にきつい罰則を受けることになります。

そのようなトラブルを避けるためにも、まずは転職エージェントなどに相談しつつ、在留資格の変更や必要書類の準備など必要な手続きを進めましょう。

GAKU
外国人として日本国内で働くためには、やはり必要な手続きを事前に済ませておく必要があります。

転職エージェントから連絡がなければ、ハローワーク利用も有効!

あなたが外資系企業に強い転職エージェトに登録したけどまったく連絡がない場合には、並行してハローワークを利用することも推奨します。

ハローワークとは公共職業安定所のことで、就労可能な在留資格を持っている外国人向けに就職や転職支援を行なっています。

特にハローワーク内にある「外国人雇用サービスセンター」では、外国人向けの求人情報が掲載されているので、比較的スムーズに次の転職先を見つけることができます。

できるかぎり早く日本国内で仕事を見つけたい外国人の方は、転職エージェントとハローワークの二刀流で転職活動を進めることを推奨します。

GAKU
外国人雇用サービスセンターには英語を話せるスタッフもいるので、まったく日本語を話せない外国人も安心して利用することができます。

【まとめ】今後日本では外国人の雇用安定が求められる!

今回は、「日本で働きたい外国人がまず登録すべき転職エージェント3選」について詳しくご紹介してきました。

私個人的には“外国人は日本国内の外資系企業や日系グローバル企業に転職することが最もハードルが低い”と感じています。

なぜなら、未だに日本語だけで業務をすることが多い日系企業では外国人は差別化ができず、一方で外国人は英語や中国語などの外国語スキルを活かせる企業の方が求められるからです。

また現在の日本は超高齢社会の時代に突入しており、今後より一層の外国人の雇用安定が求められるようになります。

まだまだ外国人を柔軟に雇用できる日系企業は少ないものの、いずれ積極的に外国人を雇用しなければならないタイミングはやってくるので、今のうちからあなたが日本国内で働いておくことは今後大きなアドバンテージになるでしょう。

まずは日本国内の外資系企業に転職して、順風満帆な日本ライフを楽しみましょう。


\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。