エンワールドジャパンは英語ができないと利用できないの?【最新版】

エンワールドジャパン利用には英語力

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「エンワールドジャパンは英語ができないと利用できないって聞くけど本当なの?」

現在エンワールドジャパンへの登録を検討しているけど、“自分の英語力に自信がなく登録を迷っている方は多い”と思います。

結論から申し上げると、”エンワールドジャパンでは求職者が英語ができないと求人紹介してもらえる可能性は低くなります”。

つまり、現時点で自分の英語力にあまり自信がない方は、まずエンワールドジャパンには登録しない方がいいでしょう。

国内の多くの優良外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「エンワールドジャパンは英語ができないと利用できないの?」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

エンワールドジャパンはTOEIC700点以上の英語レベルがある28歳〜50歳の方がまず登録すべき転職エージェントです。
外資系企業に転職するなら?
エンワールド・ジャパン今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「エンワールドジャパン」に無料会員登録しましょう。

外資系転職に特化した転職エージェントのため、積極的に国内の優良外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロのコンサルタントに任せ、長期的なキャリア構築の実現まで支援してもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もエンワールドジャパンを活用してますが、まずコンサルタントは無理に転職先を勧めてくることはないので、じっくり転職先を吟味したい方に最適です。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

英語ができないとエンワールドジャパンを利用できない最大の理由【まず知っておきたい】

つらい

まず英語ができないとエンワールドジャパンを利用できない最大の理由は、“エンワールドジャパンが取り扱っている求人案件のほとんどがビジネスレベルの英語力を求められる求人ばかりだから”です。

エンワールドジャパンでは他の国内の一般的な転職エージェントと違い、主に登録者や求職者の英語力を最大限に活かせるグローバル求人に特化して転職支援をしています。

国内の外資系企業や日系グローバル企業の中で”普段から英語と日本語の両方を使う求人案件”を多く保有しています。

つまり、エンワールドジャパンの登録者には“それなりの英語力”が求められます。

もしあなたがエンワールドジャパンに登録できたとしても、エンワールドジャパンのコンサルタントに”あなたの英語力が低い”と判断されると、彼らはそれ以降あまり積極的に求人案件を紹介してくれません。

とはいえ、エンワールドジャパンでは求人案件によっては、“日常会話レベルの英語力”だったとしても登録者が求人紹介をしてもらうことはあるので、一概に高い英語力がマストとも言い切ることができません。

しかしながら、求職者の基本的な考え方としては、“エンワールドジャパンを利用するためには、必要最低限の英語力がある方がベター”と考える方がいいでしょう。

GAKU
現時点で自分の英語力に自信がない方は、オンライン英会話などの便利なサービスを活用し、現職に勤めつつ英語学習に励みましょう。文明の利器はまず活用すべきです。
おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

エンワールドジャパンの利用に必要な英語力の目安は?

まず結論から申し上げると、エンワールドジャパンを利用するために必要な英語力の目安は正式には公開されていません

しかし、私や私の周りの友人などで実際にエンワールドジャパンを利用した経験談によると、エンワールドジャパンを上手く利用するためには“最低でもTOEIC700点レベルの英語力が求められる”傾向があります。

なぜなら、TOEIC700点以上の英語レベルだと、日常的に英語で電話やメールでのやりとりができ、社内でのコミュニケーションもある程度とれる可能性が高いからです。

(*ちなみに2022年時点での日本人のTOEIC平均スコア(L&R)は531点です。)

とはいえ、あなたが転職する業界によっても求職者に求められる英語レベルは異なるので、”TOEIC700点以上の英語レベルがあれば必ずしもOKではない”です。

例えば英語での専門用語が多い金融業界や製造業界であれば、当然求職者には専門性が極めて高い英語レベルが求められます。

つまり、エンワールドジャパンを利用するためには、一つの目安として“TOEIC700点以上の英語レベルがあるといいが、当然それ以上の英語レベルが求められる場合もある”ということを心に刻んでおきましょう。

あなたが今後勤める業界や企業・ポジションによって、必要な英語力は異なります。

GAKU
参考までにこれまで外資系企業5社を渡り歩いてきた私のTOEICスコア(L&R)は845点です。私自身がすでに証明していますが、TOEIC800点以上あれば、順調に外資系企業でキャリアアップを実現できます。
エンワールドジャパンのリアルな評判・口コミについて気になる方は、こちらもご参考ください。エンワールドジャパンは大手転職エージェントなので、悪い評判や口コミも目立ちますが、個人的には重宝している転職エージェントの一つです。
エンワールドジャパンはやばい&しつこい

エンワールドジャパンがしつこい・やばいは本当?【評判・口コミ大調査】

2021年5月1日

【注意】エンワールドジャパンで英語力を測られるタイミング

中途採用の条件

エンワールドジャパンであなたの英語力(語学力)を測られるタイミングは、主に“コンサルタントとの初回面談時”です。

エンワールドジャパンに在籍するコンサルタントの多くはバイリンガル(二言語を自由に使いこなす人)のため、初回面談時から英語で質問を投げてくることも多いです。

初回面談時に英語力をアピールすることができれば、エンワールドジャパンから積極的に求人案件を紹介してもらえますし、逆にいまいちだとエンワールドジャパンからあまり求人案件を紹介してもらえません。

GAKU
コンサルタントとの初回の電話のやりとりから英語ではじまるパターンも意外と多いと聞きます。

そのため、現時点で自分の英語力にあまり自信を持っていない方は、ある程度のベースとなる英語スキルがつくまでは、エンワールドジャパンに登録すべきではありません。

個人的な考え&感触としては、エンワールドジャパンを利用するためには、“最低でも日常英会話を使いこなせるレベルまでは到達”しておかなければなりません。

GAKU
逆に現時点で自分の英語力に自信がある方は、積極的にエンワールドジャパンを活用しましょう。
エンワールドジャパンに断られる

エンワールドジャパンから断られる3つの原因と今すぐできる対処法

2022年1月30日

あなたが自分の英語力に自信があるなら、今すぐエンワールドジャパンに登録しよう!

今回は、「エンワールドジャパンは英語ができないと利用できないの?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、あなたに英語力がないとエンワールドジャパンでの転職はやはり“ハードルが高い”です。

なぜなら、エンワールドジャパンで取り扱う求人案件の多くが”求職者の英語力を活かすグローバル求人だから”です。

現在の自分の英語力に自信がある方はエンワールドジャパンを上手に活用しながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

エンワールドジャパンでは主にミドル・ハイクラス向けの求人案件を取り扱っているため、転職を機に年収アップ・キャリアアップを十分に目指すことができます。

特に今後英語力を活かして仕事をしたいと考える方にとって、エンワールドジャパンはまず登録すべき転職エージェントです。

※ちなみにエンワールドジャパンで紹介してもらえるのは、エンワールドジャパンがオフィスを構える東京or大阪or名古屋(首都圏)の求人が多いです。地方在住の方は求人を紹介してもらえる機会が少ないので、その点は事前に留意しておきましょう。

国内の多くの優良外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにエンワールドジャパンにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
エンワールド・ジャパン今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「エンワールドジャパン」に無料会員登録しましょう。

外資系転職に特化した転職エージェントのため、積極的に国内の優良外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロのコンサルタントに任せ、長期的なキャリア構築の実現まで支援してもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もエンワールドジャパンを活用してますが、まずコンサルタントは無理に転職先を勧めてくることはないので、じっくり転職先を吟味したい方に最適です。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

【必見】英語ができないなら、エンワールドジャパン以外の転職エージェントも登録すべき

中途採用の条件

自分の英語力に自信が持てないけど、どうしても外資系企業に転職したいなら、“エンワールドジャパン以外で外資系転職支援に強い転職エージェントに登録すべき”です。

外資系に強い転職エージェントに複数登録しておけば、単純に幅広い求人案件をチェックできますし、実際に紹介してもらう案件同士を比較することもできます。

特にエンワールドジャパンでは登録者の英語力を厳しくチェックする傾向が強いので、他の転職エージェントにも同時登録しておくことで、まず”あなたの転職活動に精神的な余裕が生まれる”と考えています。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
JACリクルートメント
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

もともとイギリスのロンドンで創業した背景もあり、海外現地の外資系企業とのネットワークの結びつきが非常に強いです。

主にミドル・ハイクラス層向けの転職支援を得意としており、“外資系転職で確実に年収を上げたい”“今後確実にキャリアアップしたい”方に最適な転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、エンワールドジャパンと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者の情報を随時共有しており、私にとって「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、エンワールドジャパンと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「エンワールドジャパン」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

万が一転職エージェントの担当者が合わない時にも、他の転職エージェントと付き合えばいいので、精神的にも楽に転職活動を進められます。(リスクヘッジは◎)

転職エージェントの登録はたった5分で完了するので、スムーズに年収が高い求人にエントリーしたい方は、まず複数の転職エージェントを併用するようにしましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

エンワールドジャパン利用には英語力

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。