【社費留学のメリット・デメリット5つ】エリート(出世)街道を突き進む方法!

エリート人材は社費留学
📄こんな方におすすめ
  • これから社費留学に挑戦したい方
  • 給料を受け取りながら、海外留学したい方
  • 将来的に社内で出世や独立をしたい方
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「社費留学の切符をつかみたい!!」

「社費留学のメリット・デメリットについて知りたい」

と気になっている方向けの内容です。

現在社費留学を目指している方であれば、おそらくこのように感じているかもしれません。

社費留学とは、企業に属しながら、企業のお金(経費)を使って、海外の大学や大学院に留学する制度のことです。

もちろん企業に留学の費用をすべて負担してもらっているので、今後の業務に必要なスキルや経験を得ることが目的です。

はじめに社費留学する最短ルートをお伝えすると、グローバルに事業展開している資本力のある企業に転職することです。

本記事では、「社費留学のメリット・デメリット、社費留学する方法」について詳しくご紹介します。

グローバル企業に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

社費留学の3つのメリット

彼氏が海外赴任

まず社費留学のメリット3つをお伝えします。

社費留学のメリット
・費用は会社負担
・エリートコース確定
・人脈が広がる

1つずつ解説していきます。

費用は会社負担

GAKU
まず社費留学のメリットとして、留学費用は全て会社が負担します。

社費留学は会社が留学費用を負担してくれることはもちろん、留学中の期間は所属する会社から給料を受け取ることができます。

会社に籍を置いた状態で学位を取得することができるので、忙しいビジネスパーソンにはありがたい制度です。

経済的な不安材料を一切抱えずに学業に専念できることが社費留学のメリットの一つです。

エリートコース確定

GAKU
次に社費留学のメリットとして、エリートコースが確定します。

あなたが社費留学で学位を取得し、無事に日本に帰国することができれば、社内でエリートコースが確定したも同然です。

そもそも社費留学に選ばれる人材は少なく狭き門なので、その後の会社での業務や待遇は良くなるばかりです。

社費留学の経験をキャリアに活かすこともできますし、自分の事業に活かすこともできます。

余談ですが、、楽天グループの会長兼社長の三木谷さんは、前職である現みずほ銀行の社費留学後に楽天を創業されています。

人脈が広がる

GAKU
最後に社費留学のメリットとして、人脈が広がることがあります。

社費留学に集まる学生は、優秀なグローバル人材ばかりです。

優秀なグローバル人材と寝食を共にしながら、新たな人間関係を形成することができます。

この時に形成された人脈を活用して、その後ビジネスを展開できる可能性もあります。

社費留学の2つのデメリット

彼氏が海外赴任するデメリット

次に社費留学のデメリット2つをお伝えします。

社費留学のデメリット
・国を選べない
・会社から期待される

1つずつ解説していきます。

国を選べない

GAKU
まず社費留学のデメリットとして、国を選べないことがあります。

社費留学は会社での特別な留学制度なので、会社が留学先の国や学校を全て決めます。

あなた自身が行きたい国や滞在先を選べないので、その点はデメリットとして挙げられます。

とはいえ、それ以上に今後の業務に必要なスキルや社外での人脈などを得られるので、国を選べないことは大したことではありません。

会社から期待される

GAKU
次に社費留学のデメリットとして、会社から期待されることがあります。

先に述べたように社費留学は、エリートサラリーマンだけがGETできる限られた切符です。

会社で留学費用を負担しながら、派遣されている優秀な社員なので、その分会社からの期待やプレッシャーは大きいです。

私費留学とは異なり、会社の期待を背負っているというのが社費留学の特徴です。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

【エリートだけ?】社費留学できる方の特徴

条件

ここで社費留学できる方の特徴についてお伝えしていきます。

社費留学できる方の特徴
・キャリアプランが明確
・そもそもの能力が高い
・上昇志向がある

1つずつ解説していきます。

キャリアプランが明確

まず社費留学できる方の特徴として、キャリアプランが明確ということがあります。

自身のキャリアプランが明確な方は、社費留学を自らのキャリアのステップの一つとして活用しています。

GAKU
自分自身が描く理想の状態から逆算して、今何が必要かを考える力が強いので、その目的を果たすために日々努力することができます。

そもそもの能力が高い

次に社費留学できる方の特徴として、そもそもの能力が高いということがあります。

ビジネスマンとしてスキルがある方、能力が高い方は、グローバルな働き方ができます。

私自身の話でとても恐縮ですが、私もこれまで国内の外資系企業で順当にビジネスマンとして力をつけてきたので、今現在は引く手数多の状態を作ることができています。

GAKU
ビジネスマンとしてそもそもの能力が高い方は、社費留学の切符を掴み取ることができます。

上昇志向がある

最後に社費留学できる方の特徴として、上昇志向があるということがあります。

社費留学を自己成長の機会と考えている方は、自分を異なるステージに上げていきます。

そして、自己成長と企業成長の両輪を常に考える方ができる優秀なビジネスマンが多いです。

GAKU
社費留学の経験を糧に成長を続けていく、上昇志向のある優秀なビジネスマンは、今後の将来も安泰です。

海外赴任に選ばれる人の3つの特徴にも書いてますが、海外赴任や社費留学に挑戦する人材は超優秀なビジネスマンが多いです。

社費留学できる企業一覧【まず知っておきたい】

日本

社費留学できる企業についてまとめてみたので、今後ご参考いただけると嬉しいです。

社費留学できる企業
日立製作所、サントリー、パナソニック、東芝、トヨタ、三菱電機、キャノン、NEC、大塚製薬、資生堂、NTTデータ、NTT東日本、NTT西日本、博報堂、電通、野村総合研究所、ボスコン、住友商事、伊藤忠商事、双日、三菱商事、三井物産、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャル、大和証券、野村證券、etc

基本的には日本を代表する日系グローバル企業が社費留学制度が充実しています。

今後世界で日系企業が生き残っていくためには、グローバルに活躍できる優秀な人材は必要となるので、積極的に社費留学を通じてグローバル人材の育成に力を入れています。

GAKU
これから社費留学を目指す方は、日系グローバル企業が狙い目なので、頭の片隅にでも置いておきましょう。

【まとめ】エリート社員は社費留学を活用しよう!

今回は、「社費留学のメリット・デメリット」について詳しくご紹介してきました。

社費留学のメリット
・費用は会社負担
・エリートコース確定
・人脈が広がる
社費留学のデメリット
・国を選べない
・会社から期待される

社費留学は選ばれた優秀なエリート人材だけが獲得できる貴重な切符です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは外資系企業・日系グローバル企業の転職支援に強みを持っており、「社費留学を目指したい」「確実に年収アップしたい」方には最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントが持つ転職ノウハウや企業とのネットワークを最大限に活用することで、あなたは理想とする転職先企業を必ず見つけることができます。

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「これから年収UPする方法を聞いてみたい」
「現在の自分のキャリアの選択肢を知りたい」
「社費留学できる企業について教えてほしい」
「グローバル企業に転職した方が評価されたポイントを知りたい」
「初めてグローバル企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に1つでも該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職時にJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

グローバル企業に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 海外転職・海外転職活動へ

結論から申し上げると、社費留学できる人材はエリートです。

社費留学で学位を取得し、無事に日本に帰国することができれば、社内でエリートコースが確定したも同然です。

そもそも社費留学に選ばれる人材は少なく狭き門なので、その後の会社での業務や待遇は良くなるばかりです。

社費留学の経験をキャリアに活かすこともできますし、自分の事業に活かすこともできます。

ちなみに楽天グループの創業者であり、会長兼社長の三木谷さんは、前職である現みずほ銀行の社費留学後に楽天を創業されています。

社費留学のデメリットは、主に以下2つのことがあります。

・国を選べない
・会社から期待される

社費留学は選ばれた人材だけの特権ですので、当然上記のようなデメリットは生じます。

しかし、その分会社のお金で海外での留学を経験できるので、そこまで大きなリスクはありません。

はい、社費留学は会社から給料を受け取りながらの海外留学です。

会社が従業員の能力開発の一環として業務命令で行う留学は、100%業務に該当しますので、海外留学にかかるすべての費用は会社が負担しなければならないルールになっています。


\ミドル・ハイクラス転職なら?/

JACリクルートメント

これから確実に年収アップ・キャリアアップを実現したいなら、まずはじめに「JACリクルートメント」に会員登録を行い、あなたに合う一流企業を紹介してもらいましょう。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現しています!

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐ退会できるので、まずは気軽にキャリア相談からしてみてください。