海外赴任に選ばれる人はどんな人材?【自らチャンスを掴むコツも伝授】

海外赴任に選ばれる人
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「いつか海外で働きたいけど、海外赴任に選ばれる人は一体どんな人なんだろう?」

“将来海外で働きたい”と考えている方なら、現在こんな疑問を抱えているでしょう。

今後多くの日本企業がグローバルに戦っていかないといけない状況の中で、海外赴任で経験を積むことは重要なことです。

なぜなら、これからの長いキャリアの中で、海外赴任という責任あるポジションで働くことは、能力の高い限られた人材しか経験できない貴重な機会だからです。

私の周りの友人にも海外赴任をしている方は複数名いますが、やはり彼ら(彼女ら)には少なからず共通点があると感じています。

また彼ら(彼女ら)は、“主体的に海外赴任の切符を掴み取っている印象も強い”です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「海外赴任に選ばれる人の3つの特徴と効率よく海外赴任のチャンスを掴むためのコツ」について詳しくご紹介していきます。

海外赴任を目指すなら?
JACリクルートメント今後最短距離で海外赴任を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

“個人で海外赴任のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに海外赴任を決めたいなら、「JACリクルートメント」はまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

海外赴任に選ばれる人の3つの特徴【たった3つだけ】

外資系企業の営業マン

そもそも海外赴任のポストには“どのような人材”が選ばれるのでしょうか?

正直ベースで申し上げると、海外赴任をするためには、絶対的に“これ”といった基準はありません。

しかし海外赴任に選ばれている私の友人をみていると、海外赴任に選ばれる人には“以下3つの特徴”があると考えています。

海外赴任に選ばれる人の特徴
・英語でコミュニケーションできる
・適応能力が高い
・やりきる力がある

1つずつ紹介していきます。

英語でコミュニケーションできる

まず海外赴任に選ばれる人の特徴の1つ目として、“英語(語学)でうまくコミュニケーションできること”があげられます。

グローバルな環境で業務を遂行していくためには、周囲と協力するための高いコミュニケーション能力が求められます。

たとえあなたに完璧な英語力がなくても積極的に英語でコミュニケーションできる能力を示すことで、会社からも”海外勤務することに抵抗がない人材”と評価されます。

以前に海外留学や海外勤務をした経験がある方は、まず海外赴任のポジションを掴み取るために、社内で積極的に英語を使えることをアピールしていきましょう。

GAKU
いくら仕事ができる方でも、英語でのコミュニケーション能力が低ければ海外赴任のハードルは高いです。今後本気で海外赴任を目指すなら、まずは日頃からコツコツと英語力を高めておきましょう。

適応能力が高い

次に海外赴任に選ばれる人の特徴の2つ目として、“適応能力が高いこと”があります。

海外赴任はその名の通り、日本以外の異国の地で勤務をすることなので、常に”現地での適応能力の高さ”が求められます。

海外現地でも異なる言語や文化を受け入れ、上手に適応できる力が求められます。

海外現地のスタッフと連携して、会社が期待する以上の成果をあげられる人材は、常に会社から海外赴任のオファーがきます。

GAKU
私が親しくしている友人の一人も常に海外で目に見える結果を出しているので、常に海外赴任(立ち上げ)メンバーに選ばれています。海外現地でやっていけるだけの適応能力の高さはやはり必要です。

やりきる力がある

海外赴任に選ばれる人の特徴の3つ目として、“やりきる力があること”があります。

現在あなたが勤めている会社には、どんなネガティブな状況や立場に置かれていても、何が何でも設定した目標は大幅に達成するスーパーマンみたいな方はいませんか?

多くの方がすでにご存知の通り、海外赴任には相当な高い人件費が発生します。そのため、海外赴任は実は会社にとっても大きいリスクを抱えているのです。

つまり、海外赴任では常にそれなりの結果が求められるので、どのような状況下でも常に最大限のパフォーマンスを発揮するやりきる能力がある方が選ばれやすいです。

GAKU
普段の日本国内での仕事でも常に最大限のパフォーマンスを発揮していることが重要な要素になります。

海外赴任をする5つのメリット

あなたが海外に赴任するメリットとして、主に以下5つのことが考えられます。

海外赴任のメリット
・語学力の向上
・海外現地での人脈形成
・異文化理解
・年収・待遇アップ
・今後のキャリアアップ

1つずつみていきましょう。

語学力の向上

まず海外赴任の1つ目のメリットとして、“語学力の向上”があげられます。

海外赴任の切符を勝ち取った時点でその方がある程度英語力や語学力があることはまず間違いない事実ですが、海外現地で実際に勤務することで、さらに英語力・語学力に磨きをかけることできます。

実際に海外現地社員とのコミュニケーションや海外現地企業との交渉の場などで、より実務に直結するビジネス英語を身につけることができるでしょう。

気がつけば、あなたは世界中で働けるビジネスパーソンになっているかもしれません。

GAKU
会社から給料を受け取りつつ、語学力UPできるのはコスパ◎です。グローバルなビジネスマンとして更なる成長が期待できます。

海外現地での人脈形成

次に海外赴任のメリットとして、“海外現地での人脈形成”があります。

経験者ならすでにご存知のことかと思いますが、海外現地で働くと国内では出会うことができない人々と交流する機会があります。

たとえば現地の商工会が主催している交流会などに積極的に参加することで、グローバルな人脈形成をすることができます。

早い段階で海外現地で人脈を形成しておくと、今後の仕事もスムーズに進めることができるので、あなたが積極的に海外で人脈形成をしない手はありません。

海外現地であなただけのネットワークを形成しておくと、ビジネスだけでなくプライベートも充実させることができます。

GAKU
海外現地生活を楽しむためには、海外現地でしか作れないネットワークを持つことは非常に重要です。

異文化理解

次に海外赴任のメリットとして、“異文化理解できること”が考えられます。

日本国内で普通に生活や仕事をしていると、どうしても日本のスタンダードな考え方の中で暮らすことが多いでしょう。

一方で海外で暮らしたり仕事をしたりすると、海外現地の文化や新しい働き方を知れたり、これまでに自分の中になかった新しい価値観を取り入れることができます。

日々異文化理解の経験をすることで、あなたの人間としての幅がさらに広がっていくことは間違いありません。

GAKU
海外赴任先の国に魅力を感じ、将来の移住先候補になるケースもあります。将来的に海外に住みたいと考えている方にとって、海外赴任は大きなチャンスになります。

年収・待遇アップ

次に海外赴任のメリットとして、“年収・待遇アップできること”が考えられます。

海外に赴任する海外駐在員は、日本国内給料の他に、海外赴任手当・危険手当・その他手当などの手厚い給料が支給されます。

そのため、海外で働いているだけで、勝手に年収が上がる構造になっています。

また海外勤務を経験した後は、日本国内での待遇もアップすることが多いです。

「海外駐在員の貯金事情」について気になる方は、こちらもあわせてご覧ください。

海外駐在員の貯金額

海外駐在員の貯金はどのくらい貯まるの?【友人の貯金額を大公開】

2021年5月30日

今後のキャリアアップ

最後に海外赴任のメリットとして、“今後のキャリアアップ”が考えられます。

少しいやらしい話ですが、海外赴任を経験した方は日本に帰国すれば社内で”出世コース”、転職すれば”グローバル人材”として高い評価を受けることが多いです。

そのため、あなたが“海外赴任を経験した後のキャリアは明るい”といえます。

海外で勤務した経験を活かして社内で大活躍することもできますし、様々な企業へ良い条件で転職できる可能性も高まります。

GAKU
実際に海外赴任を経験した直後に年収アップ・キャリアアップを狙い転職する方はいらっしゃいます。

海外赴任に高い英語力は必要?

キャリアカーバーとビズリーチの違い

ここまで海外赴任に選ばれる人材の3つの特徴と海外赴任をする5つのメリットについて説明してきましたが、将来的に海外赴任したい方が最も気になることは、“海外赴任に必要な英語力”だと思います。

結論から申し上げると、海外赴任に必要な英語力は企業によって異なります。

あなたが今後海外赴任するために、世間一般的に“これだけのレベルの英語力が必要”という明確な基準は存在しません。

とはいえ、海外現地で業務を遂行するためには、最低限の英語力が求めれます。

ご参考までに英語能力試験のTOEICを運営するIIBCによると、企業が海外部門に期待するTOEICスコアは“570〜810点”です。

IIBCのTOEIC資料

(IIBC公式HPより引用)

そのため、これからTOEICなどの英語試験を受けて、自分の英語能力を測りたいという方は、まずTOEICスコア“570〜810点”を目標値にするのがベストだと考えています。

そしてあなたの英語力を会社に示すためのアプローチの一つとして、まずは“TOEICを受験されること”を強く推奨します。

現在の英語レベルに応じて効率よく英語を学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

【必見】自らの手で海外赴任のチャンスを掴み取るコツ

あなたが海外赴任のチャンスを最短距離で掴み取るためには、まずは「海外赴任できる求人案件を多く抱える転職エージェントに登録すること」を強く推奨します。

海外赴任の機会が多い企業・業界・職種を狙い、実際に海外赴任のチャンスがあるポジションにエントリーし転職しましょう。

なぜなら、企業によってはそもそも海外赴任する機会がなかったり、海外赴任するまでに時間がかかることも多いからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、まずはじめに登録すべき転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントはもともとイギリスのロンドンで創業したこともあり、日系グローバル企業や海外現地の外資系企業と非常に強いネットワークを持っています。

今後海外に事業展開したい有力な日系企業も多く求人を掲載しており、あなたがJACリクルートメント経由で転職することで海外で活躍できる可能性も高いです。

各業界・職種に精通した計400名の優秀なコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるので、彼らのノウハウやネットワークを活用しない手はありません。

実際に私の友人もJACリクルートメントに質の高い求人を紹介してもらい、現在は海外各地で海外駐在員として活躍中です。

あなたが主体的に海外赴任が多い求人にエントリーすることで、自らの手で海外赴任のチャンスを大きくすることができます。

【まとめ】海外赴任に選ばれる人材になろう!

海外赴任

今回は、「海外赴任に選ばれる人の3つの特徴と効率よく海外赴任のチャンスを掴むためのコツ」についてご紹介してきました。

これからあなたが海外赴任を目指したいなら、まずは会社内で“海外赴任に選ばれる人材になること”を目指しましょう。

海外赴任に選ばれる人の特徴
・英語でコミュニケーションできる
・適応能力が高い
・やりきる力がある

私の周りには海外赴任中の友人がいますが、彼ら(彼女ら)の共通点は上記の通り。

しかしながら、企業によってはそもそも海外赴任できる機会が少なかったり、海外赴任のポジションを得るために相当な時間がかかることが多いのも事実です。

そういった場合は、主体的に海外赴任する求人を多く保有する転職エージェントに登録して、すぐにでも転職しましょう。

あなたが戦略的に海外赴任のチャンスを掴み取りに行くことで、あなたにとって“海外赴任することが単なる憧れではなく現実になること”はまず間違いありません。

国内に数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は海外赴任者向けの求人案件を多く取り扱っています。

企業によってはすぐに海外で働けるポジションを用意していることも多いので、うまく転職先企業で海外赴任のポジションを勝ち取ることができれば、あなたが1日も早く海外赴任できる可能性は高まります。

結局のところ、あなた自身が“海外赴任しやすい業界や企業に勤めること”が最短で海外赴任を実現する近道になります。

JACリクルートメントはミドル・ハイクラス層向けの転職支援に注力しているため、あなたが転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性も高いです。

まずは海外赴任できる企業の情報収集をするために、JACリクルートメントのコンサルタントに無料相談をしてみましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

海外赴任を目指すなら?
JACリクルートメント今後最短距離で海外赴任を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

“個人で海外赴任のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに海外赴任を決めたいなら、「JACリクルートメント」はまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

海外赴任に選ばれる人

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。