外資系企業に転職するメリット・デメリットまとめ【注意点も伝授】

外資系転職のメリット・デメリット

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「これから外資系企業に転職したいんだけど、そもそも外資系企業に転職するメリットとデメリットは一体何なのだろう?」

これから外資系企業で年収アップ・キャリアアップを検討している方なら、現在このような疑問を抱えているかもしれません。

人によって考え方は異なるので、どちらの方が良いとは言い切れませんが、私の場合はこれまで2社目以降は“外資系企業に勤めてきて良かった”と実感しています。

なぜなら、私の理想の働き方には、”外資系企業の方が合っているから”です。

何が言いたいかというと、あなたが今後外資系企業に勤めたいなら、まず”外資系企業に勤めるメリット・デメリットの両方”を知っておいて損することはないということ。

外資系企業に勤めるデメリットを知らない状態で外資系企業に足を踏み入れると、転職に失敗してしまう危険性もあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業に転職するメリット・デメリット」について詳しくご紹介します。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

私が考える外資系企業に転職するメリットは、主に以下5つのことがあります。

外資系企業転職のメリット
・給料が高い
・休暇を取得しやすい
・グローバル人材になれる
・キャリアアップしやすい
・語学力が高まる

1つずつみていきましょう。

給料が高い

まず外資系企業に転職する1つ目のメリットとして、“給料が高いこと”があります。

外資系企業の平均年収は、“日系企業の平均年収の1.5倍〜2倍”と言われています。

そのため、現在日系企業に勤めているなら、たった1回外資系企業に転職するだけで大幅な年収アップを実現できます。

(実際に私自身も新卒で入社した日系企業から2社目の外資系企業に転職した際には年収が約200万円もUPしました。)

それだけでなく、多くの外資系企業では成果主義が採用されているため、あなたが仕事でパフォーマンスを上げれば上げるほどに高収入を得られる構造になっています。

日系企業のように年功序列で年齢が高い方から高い給料を受け取ることはないので、若い方も積極果敢に業務に取り組めます。

年功序列がやる気でない

年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

2021年5月7日

休暇を取得しやすい

次に外資系企業に転職するメリットとして、“休暇を取得しやすいこと”があります。

外資系企業の魅力は、文化的に従業員が積極的に有給休暇を消化できることです。

多くの外資系企業では、従業員が1〜2週間の長期休暇を取得したり、家族を優先し休暇を取得することが日常的に行われます。

一方で多くの日系企業では、いまだに上司に気を遣って有給休暇を取得したり、色々と周りを気遣う面倒なことが多いです。

(私自身も新卒で入社した会社が日系企業だったのでよくわかりますが、本当に休み1つ取るだけなのに一苦労しますよね。。)

多くの外資系企業では成果を上げていれば休暇を取得しやすくなるので、自ずとワークライフバランスも取りやすくなります。

外資系は休暇が取りやすい

外資系企業は休暇がとりやすいはホント?【日系企業との違いは?】

2021年5月15日

グローバル人材になれる

次に外資系企業に転職するメリットは、“グローバル人材になれること”です。

すでにご存知の通り、多くの外資系企業では従業員の多様性が重視されています

(余談ですが、日本国内の労働力低下に伴い、最近では日系企業も多様性を重視する外国人の採用に力を入れてますね。)

むしろ従業員の多様性がない労働環境は、グローバルに事業を展開する外資系企業というには相応しくありません。

多くの外資系企業では様々な国や地域から従業員が集まり、日常的に互いを尊重し合いながら協力し業務を進めていきます。

多様性のある労働環境で働くと、自ずとあなたの国際的なビジネス感覚は身につき、今後も世界中でグローバルに活躍できる貴重な人材に成長することができます。

海外出張が多い仕事

【海外出張が多い仕事や業界を知りたい】求められる英語力も解説!

2021年6月7日

キャリアアップしやすい

次に外資系企業に転職するメリットは、“キャリアアップしやすいこと”です。

外資系企業で就労経験を積むと、常にグローバルな視点で業務を進めることができ、そのグローバルな経験を活かして、その後はキャリアアップしやすくなります。

実際に私もこれまで1社目は日系企業、2社目以降は外資系企業で就労経験を積んできたので、いまだにその後のキャリア展開がしやすい状態にあることを感じます。

特に外資系企業に勤めている方は、他社からヘッドハンティングされることも多いので、日系企業よりも年収アップ・キャリアアップできる機会は多いです。

TOEIC900点すごい

TOEIC900点のすごさを徹底解説!【キャリア無双できる3つの理由】

2021年9月10日

語学力が高まる

最後に外資系企業に転職するメリットとして、“語学力が高まること”があります。

外資系企業に勤めるということは、企業によっては”それなりに高いビジネスレベルの英語力が要求されること”を意味します。

普段から英語を使って仕事を進めていると、自然と語学力が高まり、”世界中のどこでも働ける無双状態”になります。

人は必要に迫られた時にしか能力が向上しない生き物なので、英語しか使えない環境に飛び込んで業務を遂行するのは、語学力を高めるために有効なアプローチです。

(私自身も人生で初めて外資系企業に転職した際には目も当てられない低い英語レベルでしたが、今では世界で戦える高い英語力を身につけることができました。)

おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

外資系に転職する3つのデメリット

つらい

ここまで外資系に転職するメリットを紹介しましたが、外資系に転職するデメリットにはどういうことがあるでしょうか?

私が考える外資系企業に転職するデメリットは、主に以下3つのことがあります。

外資系企業転職のデメリット
・教育する文化がない
・完全な成果主義
・事業撤退リスクがある

1つずつ紹介していきます。

教育する文化がない

まず外資系企業に転職する1つ目のデメリットとして、日系企業のように“従業員を教育する文化がないこと”があります。

多くの外資系企業では、外資系企業に転職する方をすぐに成果を発揮してくれる「即戦力人材」として常にみています。

そのため、そもそも外資系企業では日系企業のように手厚い研修が行われたり、先輩社員がOJTをしないことも多いです。

自分の力で会社で活躍する方法を見つけないといけないので、主体性を持って業務に取り組むことが重要な考え方になります。

GAKU
これまで日系企業でキャリアを積んできた方にとっては、外資系企業の社員教育に関して少し物足りなさを感じるかもしれません。

完全な成果主義

次に外資系企業に転職するデメリットとして、“完全な成果主義”があります。

外資系企業ではあなたが仕事で成果を上げれば高い給料や高い評価に直結しますが、逆にあなたが成果を上げられなければ減給・降格することが当たり前です。

多くの日系企業ではいまだに年功序列で会社の在籍期間の長さが会社への貢献度の高さと考えられがちですが、多くの外資系企業では”現在進行形で結果を出した方”が最も会社へ貢献したと高く評価されます。

周りもしっかりと成果を出していることが多いので、あなたが成果を出せなければ常に社内で肩身が狭い状況が続きます。

事業撤退リスクがある

最後に外資系企業に転職するデメリットとして、“事業撤退リスク”が考えられます。

外資系企業の全ての決定権は、当然海外に構える本部(本社)オフィスにあります。

彼らにとって日本は海外で事業展開する”1つの国”という位置付けなので、”日本というマーケットで事業を継続するかしないか”は彼らが全て決めることになります。

日本国内に拠点を構える全ての外資系企業に共通することですが、日本での事業がうまくいかなければ、当然日本事業から撤退するリスクは高くなっていきます。

外資系が撤退するリスク

外資系企業が撤退するリスクとその対処法【転職前に知っておきたい】

2022年1月1日

【必見】 外資系企業転職に最適な方

外資系企業の営業マン

ここまで外資系企業に転職するメリット・デメリットについてご紹介してきました。

まとめると、外資系企業転職は、「成果主義の世界で着々とキャリアアップしたい」と考えている方に最適な選択肢です。

前述の通り、外資系企業はあなたの仕事でのパフォーマンスがそのまま給料や評価に直結するので、多くの日系企業のように年功序列だけの甘い世界ではありません。

あなたが与えられた役割の中で成果を上げることができなければ、当然”心身ともにつらい日々”を送ることになります。

そのため、そのような厳しい世界でも着実にキャリアアップしたい方には、外資系企業転職は最適な選択肢になります。

もしあなたが外資系企業で成果を上げることができれば、順調にキャリアアップ・年収アップできるので、実力をつけつつ上に上り詰めたい方には最適な環境です。

外資系企業やめとけ

こんな人は外資系企業への転職はやめとけ【5項目でチェック】

2021年5月3日

外資系に転職する際の最大の注意点【知らないと損】

注意点

あなたが今後外資系企業に転職する際の最大の注意点として、「あなたの現職の年収を下げないこと」があげられます。

外資系企業の平均年収は、日系企業の平均年収の1.5倍〜2倍と言われています。

つまり、あなたが日系企業から外資系企業に転職することで、あなたの年収が上がることは確率論的にほぼ間違いないです。

実際に私の友人で外資系企業に転職したメンバーはほぼ全員、外資系企業転職を機に年収アップを実現できています。

しかし、あなた自身が市場価値を低く評価してしまうと、転職エージェントに紹介されるがままに、受動的に年収の低い求人案件にエントリーする可能性があります。

そのようなネガティブな状況を避けるためにも、外資系企業に転職する際には、常に“確実に今よりも年収を上げること”を意識しながら転職活動を進めていきましょう。

あなたの市場価値を低く見積もらないことが非常に重要な考え方になります。

GAKU
日本国内に数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは外資系の年収交渉に強い転職エージェントです。私自身もよくお世話になっている転職エージェントですが、求職者のこれまでの職歴やスキルを総合的に判断して、最適な給料額を企業側に交渉してくれます。
JACリクルートメントで年収アップ

JACリクルートメントでの転職で本当に年収アップできる?【体験談】

2021年6月17日

これから外資系を目指す方に最適な転職エージェント

今回は、「外資系企業に転職するメリット・デメリット」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

外資系企業転職にはもちろんデメリットはありますが、それを上回るくらいに多くのメリットを享受することができます。

外資系企業転職のメリット
・給料が高い
・休暇を取得しやすい
・グローバル人材になれる
・キャリアアップしやすい
・語学力が高まる
外資系企業転職のデメリット
・教育する文化がない
・完全な成果主義
・事業撤退リスクがある

実際に私自身も有難いことにこれまで外資系企業のメリットばかりを享受して、キャリアアップし続けることができました。

特にこれから“大幅に年収アップ・キャリアアップしたい”上昇志向のある方には外資系企業は最適な労働環境です。

あなたがこれから外資系企業に転職したいなら、まずは“外資系転職支援に強い転職エージェント”に登録しましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は今後国内の外資系で働きたい方に定評があります。

あなたが今行動を起こさなければ、いずれ転職すること自体に面倒くささを感じ、最終的に”今の会社に留まればいいや”と(現状維持することに)なってしまいます。

あなたがこれから実際に転職エージェントに登録をすることで、あなたの中には絶対に大きな気持ちの変化が起こります。

転職支援のプロである転職エージェントにしっかりと頼りながら、あなたの理想の転職先を必ず見つけ出しましょう。

あなたが”これから転職活動をするかしないかで今まさに迷っているこの瞬間”も、あなたのライバル達は続々と国内の優良外資系求人にエントリーしていっています。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今本気で“年収アップしたい”“キャリアアップしたい”なら、まずJACリクルートメントの優秀なコンサルタントに無料相談してみてはいかがでしょうか。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系転職のメリット・デメリット

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。