外資系企業でなるべく残業をしない方が良い3つの理由【脱社畜】

外資系で残業しない

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「これから外資系企業に転職したら、できるだけ無駄な残業をしたくない。」

これまで日系企業に勤めてきて、このように考えている方は少なくないはずです。

なぜなら、無駄な残業が多いことは日系企業の特徴ですし、ただただあなたの貴重な時間を切り売りしているだけだからです。

そのため、外資系企業への転職を機に、無駄な残業はスパッとやめるべきです。

国内の多くの外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由」について詳しくご紹介します。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

サラリーマンが残業すべきでない最大の理由【そもそも論】

残業

まず一般的な観点で“サラリーマンが残業すべきでない理由”から述べていきます。

まずサラリーマンが知っておきたいこととして、サラリーマンのあなたが遅くまで残業することで、最も得をするのは”あなたが働いている会社”でしかありません。

ほとんどの会社は利益が出せなければ、まず会社として事業が成り立ちません。

つまり、あなたという人的資本を最大限に活用して、“常に会社に入ってくる利益を最大化することだけ”を考えています。

そんな利益を重視する会社にとって、あなたが積極的に残業をすることは喜ばしいことであり、あなたが会社のために働けば働くほど会社の利益が潤っていきます。

一方で実際にあなたの手元に残るのは疲労感やストレス、そして年に1度のちょっとした昇給や年に2度のボーナスのみ。

これではあなたが一体何のために働いているのか最終的にわからなくなり、終始出口の見えない長いトンネルを走っている状況にさえ陥ってしまいます。

まずは一般的な考え方として、“サラリーマンはできるだけ残業すべきでない”ということを心に刻んでおきましょう。

GAKU
“周りが残業しているから仕方なく残業をしている”、”上司が帰るまでは残業しないといけない”と考えるのはもってのほかです。優秀なサラリーマンは、自分の仕事や役割を終えたらすぐに家に帰ります。

外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由【超合理的】

外資働くドットコム

多くの外資系企業では、“決められた就業時間内に仕事を終わらせ、残業がないように定時で帰る考え方”が浸透しています。

(ほとんどの外資系企業では、就業時間内に個々に最大限のパフォーマンスを発揮する考え方が一般的です。)

そのため、これから外資系企業転職を目指しているなら、転職後は合わせて一切残業をしないように心掛けるべきです。

外資系企業でなるべく残業をしない方が良い理由は、以下の通りです。

外資系で残業すべきでない理由
・成果主義
・年功序列がない
・生産性が上がる

1つずつ詳しくみていきましょう。

成果主義

多くの外資系企業では、そもそも日系企業と評価の仕方がまったく異なります。

多くの日系企業では残業や休日出勤などの会社へのコミット量がある種昇給や昇格の対象になることがありますが、多くの外資系企業ではあなたの仕事でのパフォーマンスのみが昇給や昇格の対象になります。

そのため、あなた自身が“限られた就業時間の中でどれだけ効率よく成果を上げることができるか”がポイントになります。

無駄な残業をせずに業務時間内で最大限のパフォーマンスを発揮できる方は、積極的に外資系転職を狙いにいきましょう。

外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

年功序列がない

多くの外資系企業では、日系企業のように年功序列の文化がありません。

上司の顔色をみながら無駄な残業をしたり、残業して自分よりもはるかに年収が高い上司の仕事を手伝うこともありません。

上司が偉いような雰囲気も一切なく、まず全ての従業員が平等に扱われます。

日本の若者はこの年功序列制度が嫌で会社を辞めるケースも少なくありません。

(私も新卒で入社した日系企業の上司の態度や振る舞いが嫌で、思い切って外資系企業に転職することを決意しました。)

年功序列がやる気でない

年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

2021年5月7日

生産性が上がる

外資系で働くと、生産性が上がります。

なぜなら、多くの外資系企業では”日々限られた就業時間の中で最も効率よく働く文化が根強く浸透しているから”です。

逆に外資系企業で残業ばかりして成果が出ていないと、周りからは“仕事ができない人”というレッテルを貼られます。

周りから仕事ができない人というレッテルを貼られないためにも、日々生産性高く業務を遂行していくことが重要になります。

(多くの日系企業では未だに残業していると上司から頑張っているや偉いなどの評価を得られますが、誤解を恐れずに言うと、そんな上司はアホだと考えています。)

GAKU
“常に生産性高く働ける人材”は、転職市場でも高く評価されやすいです。私の周りでも他社からヘッドハンティングされる人材は、やはり日頃から無駄な残業が少なく、常に生産性高く働いています。
長時間働きたくない

【長時間働きたくない】日々残業に苦しむ多くの日本人に向けて

2021年8月4日

外資系企業の残業なしで浮いた時間で副業に取り組む

JACリクルートメントに断られない

せっかくあなたが外資系企業に転職して日々残業する時間を減らすことができたら、残業なしで浮いた時間を“積極的に自己投資に回しましょう”。

具体的には、平日の仕事終わりの時間や休日の時間を上手に活用しながら、“真剣に副業に取り組むこと”を強く推奨します。

現代はインターネット環境さえあれば、誰もが副業に取り組むことができる魅力的な時代です(条件はみんな一緒です)。

例えばあなたの語学力を活かしてインターネット上で日本語教師になることもできますし、クラウドソーシングなどを活用して翻訳の仕事を請け負うこともできます。

あなたの専門力を活かしてコンサルティング業を営むこともできるかもしれません。

せっかく外資系企業に転職をして年収がアップしているなら、さらに副業に取り組んで、可処分所得を最大化しましょう。

あなたが若いうちに収入の柱を増やしておくことは、将来のリスクヘッジ(種まき)にも繋がります。収入を会社だけに頼らず、自ら収入源を確保していきましょう。

(日系企業で上司にペコペコして疲弊しながら残業するよりも、外資系企業でバリバリ働きながら、スキマ時間で副業する方が圧倒的に成長することができます。)

GAKU
外資系企業で高収入を得て満足するのではなく、さらに自らの人的資本を最大化できる副業に取り組みましょう。実際に私も外資系に勤めながら副業をしていますし、周りの外資系に勤める友人にも副業に取り組む方はやはり多いです。

外資系で残業しないと、人生が豊かになる【本当の話】

海外赴任に失敗

外資系企業で残業をしないことで、確実にあなたの人生は豊かになります。

多くの日系企業では未だに残業をすることが偉いという考え方が蔓延しています。

多くの方が勘違いしている大きな間違いで、厳密には残業することが偉いのではなく、残業し成果を出すことが偉いのです。

その究極系体が“できるだけ残業をせずに最大限の成果を出すこと”です。

あなたが残業を一切せずに、決められた就業時間内に成果を出すことができれば、あなたの生産性はとても上がります。

(あなただけでなく、あなたを雇っている会社も最小限のコストで最大限の成果を上げることができます。WIN-WINです。)

そして終業後は副業に取り組みさらに可処分所得を大きくしたり、プライベートの時間を充実させることであなたの人生は確実に豊かにすることができます。

これから外資系企業への転職を目指している方は、まずは一切の残業をせずに限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することを意識していきましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

【まとめ】外資系で残業するかしないかはあなた次第

今回は、「外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由」についてご紹介しました。

外資系で残業すべきでない理由
・成果主義
・年功序列がない
・生産性が上がる

あなたがせっかくこれから外資系企業に転職をするなら、私は“できるかぎり残業をしないこと”を強く推奨します。

なぜなら、多くの外資系企業では決められた就業時間内で最大限のパフォーマンスを発揮する考え方が浸透しているからです。

このような合理的な労働環境の中で働くことで、あなたのビジネスマンとしての生産力はますます上がりますし、何より一流のビジネスマンに近づくことができます。

もちろん外資系企業でも業界や業種によって残業する方はいますが、私個人的な考えとして残業しないことを推奨します。

これから外資系企業への転職を目指している方は、まずは一切残業をせずに限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することを意識していきましょう。

あなたが今後スムーズに外資系企業へ転職したいなら、まず“外資系に強い転職エージェントに登録すること”を推奨します。

JACリクルートメントが持つ”転職ノウハウ”や”企業とのネットワーク”を最大限に活用することで、あなたは理想とする転職先企業を必ず見つけることができます。

特にJACリクルートメントは国内の外資系企業・日系グローバル企業の転職支援に強みを持っているので、「確実に年収アップしたい」「今後キャリアアップしたい」方には最適な転職エージェントです。

国内の多くの外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系で残業しない

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。