外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由【脱社畜】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「外資系企業に転職したら、できるだけ残業したくない。」

これまで日系企業に勤めていてこのように考えている方は少なくないはずです。

なぜなら、無駄な残業が多いことは日系企業の特徴ですし、ただただあなたの貴重な時間を切り売りしているだけだからです。

そのため、外資系企業への転職を機に無駄な残業はスパッとやめるべきです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由」について詳しくご紹介していきます。

ランスタッドは初めての外資系企業転職に親身にサポートをしてくれるので、働き盛りの20代・30代がまず登録すべき転職エージェントです。

>>今すぐランスタッドに無料登録する

サラリーマンが残業すべきでない最大の理由

まず一般的にサラリーマンが残業すべきでない理由から述べていきます。

まず基本的にサラリーマンのあなたが遅くまで残業をすることで、最も得をしているのは会社でしかありません。

ほとんどの会社は利益が出せなければ、会社として成り立ちません。

そのため、あなたという人的資本を最大限に活用して、常に利益を最大化することを考えています。

そんな会社にとって、あなたが残業をすることは喜ばしいことであり、あなたが会社のために働けば働くほどに会社の利益が潤っていきます。

しかしながら、あなたの手元に残るのは疲労感やストレス、年に1度のちょっとした昇給のみ。

これではあなたが何のために働いているのかがわからなくなり、出口の見えない長いトンネルをただただ歩いている状況に陥ってしまいます。

まずは一般的な考え方として、サラリーマンはできるだけ残業すべきでないということを覚えておきましょう。

外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由

多くの外資系企業では、決められた就業時間内に仕事を終わらせ、残業がないように定時で帰る考え方が浸透しています。

そのため、あなたがこれから外資系企業転職を目指しているなら、転職後に合わせて一切残業をしないように心掛けるべきです。

外資系企業で残業をしない方が良い理由は、以下の通りです。

外資系で残業すべきでない理由
・成果主義
・年功序列がない
・生産性が上がる

成果主義

多くの外資系企業では、日系企業と評価の仕方が異なります。

多くの日系企業では残業や休日出勤などの会社へのコミットが昇給や昇格の対象になることがありますが、多くの外資系企業ではあなたの仕事でのパフォーマンスのみが昇給や昇格の対象になります。

そのため、限られた就業時間の中でどれだけ効率よく成果を上げるかがポイントになります。

年功序列がない

多くの外資系企業では、日系企業のように年功序列の文化がありません。

上司の顔色をみながら無駄な残業をしたり、残業して自分よりもはるかに年収が高い上司の仕事を手伝うこともありません。

上司が偉いような雰囲気も一切ないので、全ての従業員が平等に扱われます。

日本の若者はこの年功序列制度がいやで会社を辞めるケースも少なくありません。

生産性が上がる

外資系企業で働くと、生産性が上がっていきます。

なぜなら、多くの外資系企業では日々限られた就業時間の中で最も効率よく働く文化が浸透しているからです。

逆に外資系企業で残業ばかりして成果が出ていないと、周りからは仕事ができない人というレッテルが貼られてします。

外資系企業の残業なしで浮いた時間で副業に取り組む

せっかく外資系企業に転職をして残業する機会が減ったなら、残業なしで浮いた時間を自己投資に回しましょう。

具体的には、平日の仕事終わりの時間や休日の時間を上手に活用して、副業に取り組むことを推奨します。

現代はインターネット環境さえあれば、誰もが副業に取り組める時代です。

あなたの語学力を活かしてインターネット上で日本語教師になることもできますし、クラウドソーシングなどを活用して翻訳の仕事を請け負うこともできます。

あなたの専門力を活かしてコンサルティング業を営むこともできるかもしれません。

せっかく外資系企業に転職をして年収がアップしているなら、そのまま可処分所得を最大化する努力をしましょう。

外資系で残業しないと、人生が豊かになる

あなたが外資系企業で残業をしないと、確実に人生が豊かになります。

多くの日系企業では未だに残業をすることが偉いという考え方が蔓延しています。

これは大きな間違いで残業をすることが偉いのではなく、残業をして成果を出すことが偉いのです。

その究極系が残業をせずに成果を出すことです。

残業をせずに決められた就業時間内に成果を出すことができれば、あなたの生産性はとても上がります。

そして、仕事が終わってから副業に取り組み可処分所得を大きくしたり、プライベートの時間を充実させることであなたの人生が豊かになります。

これから外資系企業転職を目指している方は、まずは残業をせずに限られた時間の中でパフォーマンスを発揮することを意識していきましょう。

【まとめ】外資系で残業するかしないかはあなた次第

今回は、「外資系企業で残業をしない方が良い3つの理由」について詳しくご紹介してきました。

外資系で残業すべきでない理由
・成果主義
・年功序列がない
・生産性が上がる

せっかくこれから外資系企業に転職するなら、できるかぎり残業をしないことを推奨します。

なぜなら、多くの外資系企業では決められた就業時間内で最大限のパフォーマンスを発揮する考え方が浸透しているからです。

このような環境の中で働くことで、あなたの生産力はますます上がりますし、何より一流のビジネスマンに近づいていくことができます。

外資系企業でも残業をする方は一定数いますが、私個人的にはできるかぎり残業しないことを推奨します。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特にランスタッドははじめて外資系企業に転職をする登録者に定評があります。

これから外資系企業で仕事をしたいと考えている20代・30代の方が、まず登録すべき転職エージェントの一つです。


\今後英語力を磨くなら?/

おすすめオンライン英会話

あなたが今後英語力を磨きたいなら、まずは現職に勤めつつ、スキマ時間でオンライン英語学習に取り組みましょう。

コツコツと英語学習を継続することができれば、あなたは日本国内にとどまらず世界中で働くことができます。