【世界を飛び回る仕事がしたい】一体どういった仕事があるの?

世界を飛び回る仕事をしたい

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「世界を飛び回る仕事には、いったいどういったものがあるんだろう?」

様々な国を回りながら、現地の文化、人に触れながら、グローバルに働くことに憧れを抱く方は多いでしょう。

それでは、いったいどういった仕事に就けば、世界を飛び回ることができるのでしょうか。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「世界を飛び回る仕事」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

世界を飛び回りたいなら?
JACリクルートメント今後世界を飛び回る仕事を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

世界を飛び回る仕事をGETしたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

世界を飛び回る仕事9選【知っておきたい】

彼氏が海外赴任

まず世界を飛び回る仕事9つをご紹介していきます。

世界を飛び回る仕事
・CA
・パイロット

・バイヤー
・総合商社
・インフラ

・メーカー
・エンジニア

・国際営業
・青年海外協力隊

1つずつ見ていきましょう。

CA

まず世界を飛び回る仕事といえば、必ずと言っていいほど代表格として出てくるCA。

国際線の客室乗務員になれれば、確実に世界を飛び回る仕事を実現することができます。

しかし、国際線の客室乗務員はTOEIC800点以上の英語力、航空会社によっては身長制限などの条件もあるので、事前に諸条件を把握した上で目指すべきです。

余談ですが、最近はLCC(格安航空会社)の台頭により、ややCAになるハードルが下がってきています。

パイロット

次に世界を飛び回る仕事といえば、CAとセットとして出てくるパイロット。

パイロットはなるまでの過程が長く、費用も数千万円単位でかかるため、本当に若いうちから目指さないといけない職業です。

少なくともゼロベースから機長になるまで約10年近くの時間を要するので、正直簡単になれる職業ではありません。

バイヤー

次に世界を飛び回る仕事といえば、バイヤーです。

食品、家具、ブランド物など、まだ日本で販売されていない海外の代物を買い付けるお仕事です。

市場動向、消費者心理の分析などマーケティング能力も必要なので、誰もが簡単に行える仕事ではありません。

もちろん英語力の他に、高い交渉力も必要になります。

総合商社

次に世界を飛び回る仕事といえば、総合商社です。

日本でも知名度が抜群の5大商社に勤めることができれば、世界を飛び回る機会は山ほどあります。

私の友人にも商社マンは多いのですが、数年単位で駐在する国が変わったり、常に世界中を忙しなく移動しています。

国際的なビジネスを遂行する知識とノウハウは必要ですが、努力次第では転職することができます。

インフラ

次に世界を飛び回る仕事といえば、インフラ系のお仕事です。

インフラや建築に関わるお仕事は、特に発展途上国などで需要が高いです。

日本の最先端の高い建築技術に頼る国は多いので、今後もずっとなくならないお仕事です。

理系出身の方であれば、インフラのお仕事はまず最適と考えています。

メーカー

次に世界を飛び回る仕事といえば、国際的なメーカーです。

すでに海外進出しているメーカーは、海外出張や海外赴任の機会がかなり多いです。

もちろん海外赴任するからには社内でもそれなりの英語力が求められますが、勤める会社の海外拠点が多ければ多いほど海外で働けるチャンスは大きくなります。

エンジニア

次に世界を飛び回る仕事といえば、エンジニアです。

システムエンジニアやプログラマーなどのエンジニアも世界を飛び回る仕事に就きやすいです。

特に海外向けにサービスを提供している会社であれば、英語力以上にスキルが求められるため、たとえ英語力がなくても世界を飛び回ることは可能です。

手に職をつけることは大切なことです。

国際営業

次に世界を飛び回る仕事といえば、国際営業です。

日本から海外向けにサービスを提供している会社の場合、国際営業という仕事が必要になります。

海外という異国の地でどんどん販路を広げていく開拓力と高いコミュニケーション能力が求められる仕事です。

場合によっては高い英語力を求められないこともありますが、英語力はあるに越したことはありません。

青年海外協力隊

最後に世界を飛び回る仕事といえば、青年海外協力隊です。

仕事というかボランティアに該当しますが、派遣期間2年間の青年海外協力隊です。

海外現地での生活費、居住費は最低限支給されますが、決して収入は安定しているとは言えません。

若いうちに国際的な経験を積みたい方には、最適な働き方と言えます。

世界を飛び回る仕事をするために必要なスキル

あなたがこれから世界を飛び回る仕事をするために必要なスキルは、語学力と専門知識の2つです。

もちろん語学力と合わせて必要なスキルとしてコミュニケーション能力があったり、単に語学力が高いだけでもいけません。

また専門知識に関しては、エンジニアのようにたとえ語学力が低くても、技術者として世界を飛び回れる可能性はあるので、必ずしもどちらのスキルも必要というわけではありません。

とはいえ、語学力と専門知識の2つさえ持っていれば、その後スムーズに世界を飛び回れる仕事をGETすることができるので、今の会社に勤めながらどちらのスキルを伸ばすことはまずやっておきたいです。

世界を飛び回る仕事をGETしよう!

今回は、「世界を飛び回る仕事」について詳しくご紹介してきました。

世界を飛び回る仕事
・CA
・パイロット

・バイヤー
・総合商社
・インフラ

・メーカー
・エンジニア

・国際営業
・青年海外協力隊

なんとなく世界を飛び回る仕事についてイメージすることはできましたか?

これからの日本経済はますます世界で活躍するグローバル人材が必要になっていきます。

そんな時代だからこそ、他の人とは異なるグローバルな働き方は、あなたを市場価値の高い人材にしてくれます。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特にJACリクルートメントは国内の外資系企業・日系グローバル企業の転職支援に強みを持っているので、「海外で働きたい」「今後キャリアアップしたい」方には最適な転職エージェントです。

国内の多くの外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

世界を飛び回りたいなら?
JACリクルートメント今後世界を飛び回る仕事を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

世界を飛び回る仕事をGETしたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

世界を飛び回る仕事をしたい

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。