外資系企業転職に必要なTOEICスコアは何点?基準はどうなっている?

外資系転職に必要なTOEICスコア

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「自分の英語力を活かして外資系企業に転職したいんだけど、TOEICスコアは一体どのくらい必要なんだろう?」

外資系企業での勤務歴が長い私の元には、最近よくこのような質問が届きます。

さきに単刀直入に今回の結論から申し上げると、“日本国内の外資系企業転職において必要なTOEICスコアはありません”

なぜなら、日本国内にオフィスを構える多くの外資系企業では、TOEICスコアよりも英語での対話力が重要視されるからです。

とはいえ、外資系企業に勤めるためには当然それなりの英語力が求められるので、その英語力の目安となるTOEICスコアレベルならお伝えすることができます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業転職に必要な英語力」について詳しくご紹介していきます。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

まずはじめに今回の結論から申し上げると、“外資系企業転職ではTOEICスコアは必要がないことが多いです”

なぜなら、TOEICスコアだけでは求職者の英語力を測ることはできないからです。

しかもTOEICはそもそも日本国内だけの英語試験です。実際の外資系企業転職においては、TOEICスコアよりも“求職者の英語の表現力や実践力”に焦点があてられます。

そのため、あなたがこれから外資系企業へ転職するからといって、わざわざTOEICを受験することも必要ありません。

ただあなたが自分の英語の実力を測るために、自主的にTOEICを受験することは問題なく、むしろ推奨されるべき行動です。

外資系企業転職の目安となるTOEICスコアは?

条件

前述の通り、外資系企業転職ではTOEICスコアではなく、“英語の実践力や表現力”が求められることをお伝えしました。

それでは実際にはどのくらいの英語レベルの方であれば、国内の外資系企業に転職することができるのでしょうか?

私が以前に国内の外資系転職に強い転職エージェントの担当者に聞いたお話ですと、TOEICスコアとしては最低750点以上の英語力(レベル)が求められるとのことでした。

一概にTOEICスコアだけで判別することはできませんが、TOEICでは英語スキルのバランスが測られるので、それに当てはめると最低750点以上は必要とのことでした。

そのため、あなたが現在TOEICで750点に近いスコアを保有しているなら、まず自信を持って国内の外資系企業への転職に挑戦して問題ないと考えています。

(※もちろん正式なTOEICスコアとして保有していなくても、TOEIC750点近くの英語レベルがある自負がある方も積極的に外資系企業にエントリーしていきましょう。)

やはり英語能力が高い方の方が外資系に転職してからの仕事の幅が広がります。

おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

外資系企業転職ではTOEICより”対話力”が重要!

管理職

外資系企業転職においては、TOEICよりも“英語での対話力が重要視されます”

例えば、

・同僚とコミュニケーションできるか
・顧客とコミュニケーションができるか

などです。

これは外資系企業に限らずのお話ですが、仕事において最も重要視されることは、職場でのコミュニケーション能力です。

企業内でコミュニケーションが取れていなければ、企業に属するメンバーが同じ方向を向いて走ることはできませんし、クライアントにも迷惑がかかってしまいます。

(ちなみに余談ですが、多くの日本人が会社を辞める原因の一つも、やはり職場での人間関係に関わる問題です。)

これから外資系企業転職を目指しているなら、職場や取引先と英語でコミュニケーションが取れるか、人間関係を構築できるかを意識して、転職活動を進めましょう。

外資系企業への転職に年齢は関係ある

外資系企業への転職に年齢は関係ある?転職に有利になる条件は何?

2021年5月4日

英語ができなくても、外資系転職はできる【知らないと損】

一言に外資系企業と聞くと、完璧な英語力が必要などとイメージされがちですが、実はあなたの英語力が完璧でなくても、外資系企業に転職することはできます。

今後外資系企業でキャリアアップしていきたいなら、常に英語力を磨いていく必要はありますが、転職時にはそこまで高い英語力は求められません(特に若いうちは)。

そのため、自分の英語力に自信はないけれども、“将来的に外資系企業に転職したい方”は、まずは外資系企業転職に強い転職エージェントに無料登録して、主体的に情報収集をはじめていきましょう。

(私自身も人生で初めて外資系企業に転職した際には目も当てられない低い英語レベルでしたが、今では世界で戦える高い英語力を身につけることができました。)

TOEICより先に外資系に強い転職エージェントに登録しよう

中途採用の条件

今回は、「外資系企業転職に必要な英語力」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、国内で外資系企業に転職するためには、“TOEICスコアは必要ありません”(※登録する転職エージェントによっては、TOEICスコアを聞かれることもある程度です)。

なぜなら、外資系企業においては、あなたのTOEICスコアよりも英語の実践力(現場での実践力)が求められるからです。

ただし私が以前に外資系に強い転職エージェント担当者に聞いたお話ですと、TOEICスコアとしては最低750点以上の英語力(レベル)が求められるとのことでした。

そのため、あなたが現在TOEICで750点に近いスコア(英語力)を保有しているなら、まず自信を持って国内の外資系企業への転職に挑戦して問題ないと考えています。

今後スムーズに外資系転職するなら、まずは“外資系転職に強い転職エージェントに無料登録すること”を推奨します。

特にJACリクルートメントは国内の外資系企業・日系グローバル企業の転職支援に強みを持っているので、「確実に年収アップしたい」「今後キャリアアップしたい」方には最適な転職エージェントです。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系転職に必要なTOEICスコア

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。