可処分所得を増やすために今すぐやるべきたった3つのこと【超簡単】

可処分所得を増やす
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「可処分所得はどうすれば増えるの?」

日本はすでに超高齢社会に突入し、年々日本国民の税金や社会保障費は増え続け、逆に可処分所得は減少しています。

そんな厳しい状況の中でも、実は可処分所得を増やすことはできます。

一番手っ取り早いのは、”今よりも年収が高い仕事に就く(転職する)こと”です。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「今後可処分所得を増やすために今すぐやるべきたった3つのこと」について詳しくご紹介していきます。

年収アップの転職なら?
JACリクルートメント今後優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが強く、積極的に国内有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

現代は可処分所得が増えづらい時代【事実ベース】

情報漏洩

事実ベースで申し上げると、“現代は可処分所得が増えづらい時代”です。

なぜなら、すでにご存知の通り、今後増え続けていく高齢者の社会保障費を維持するために、”現役世代の年金や社会保険の負担額が増え続けているから”です。

実際に令和3年に財務省が公式に発表した租税負担率と社会保障負担率を合計した国民負担率は44.3%と予想されています。

>>財務省が発表した令和3年度の国民負担率

ちなみに昭和45年は24.3%、平成元年は37.9%の国民負担率なので、年々国民負担率は右肩上がりの状態が続いています。

今後も確実に国民の税金の負担率と負担額は増え続け、逆に国民の可処分所得が減り続けていくことは間違いありません。

まず現在の日本という国が経済的にやばい状況に陥っていることを理解しましょう。

昔と今で可処分所得はどのくらい違うの?

昔と今では、あなたが会社から受け取れる可処分所得は大きく異なります。

例えば、平成元年の年収400万円と令和3年の年収400万円の場合で比較しましょう。

平成元年 37.9% 251.6万円

令和3年 44.3% 222.8万円

同じ給与額面400万円(年収400万円)だとしても、生きる時代が違うだけで、28万8千円も受け取れる額が異なります。

約30年のうちに国民負担率がじわじわ増加するにつれて、実際に受け取れる可処分所得もかなり小さくなっています。

転職しないリスク

現代は”転職しないことがリスクになる”3つの理由【転職マスター直伝】

2021年9月11日

可処分所得を増やすためにやるべきたった3つのこと

3つ

今すぐに可処分所得を増やしたいなら、まずやるべきことが以下3つになります。

可処分所得を増やすためにやるべきたった3つのこと
・共働きする
・副業を始める
・転職をする

共働きする

年々国民負担率が増え、可処分所得が小さくなる時代では、まず共働きをしてダブルインカムの状態を作りましょう。

あなたのパートナーがまだ働ける・動けるうちは、共働きをして、将来の貯蓄を増やしておくようにしましょう。

ダブルインカムになれば、資産運用に回す種銭も増えるので、働きながらお金にも働いてもらうことができます。

夫婦で同時期に転職

夫婦が同時期に転職を成功させるコツを伝授【共働きの方必見】

2021年9月13日

副業を始める

本業の他に収入の柱を増やしましょう。

あなたがサラリーマンなら、平日の仕事終わりや休日の時間を上手に活用し、副業をして新たな収入源を得ることができます。

最近はあなたの得意やスキルを活かして、ネット上で副収入を得るココナラのようなクラウドソーシングに人気があります。

>>ココナラの公式HPはこちら

転職をする

最後に、可処分所得を増やす一番手取り早い方法は、転職をすることです。

ただ転職するのでなく、年収が上がりやすいIT業界や外資系企業を狙いましょう。

特に外資系企業に転職をすると、今までよりも残業が減って年収が増えることも多いので、スキマ時間を使って可処分所得を増やすことを心掛けましょう。

数ある転職エージェントの中でも、特にJACリクルートメントは、外資系を目指すミドル・ハイクラス向けに転職支援を行なっているので、かなり高い確率で年収アップを実現することができます。
JACリクルートメントで年収アップ

JACリクルートメントでの転職で本当に年収アップできる?【体験談】

2021年6月17日

可処分所得が増えたら、どうすればいい?【みんな知らない】

プルデンシャルの給料

可処分所得が増えた時にやるべきことは、支出を増やすことではありません。

せっかく可処分所得が増えたのに、無駄な消費を繰り返しても意味がありません。

可処分所得が増えたら、やるべきこと
・事業を始める
・資産運用を始める

あなたが働けるうちは、できる限り可処分所得で増えたお金は、積極的にあなたの新しい収入の柱を増やす事業を始めたり、資産運用を始めることに充てましょう。

お金のなる木を育てていって、老後にお金の心配をしなくていい状態にしましょう。

今すぐに可処分所得を増やそう!

今回は、「今後可処分所得を増やすために今すぐやるべきたった3つのこと」について詳しくご紹介してきました。

今後可処分所得を増やすためにやるべきたった3つのこと
・共働きする
・副業を始める
・転職をする

すでに超高齢社会に突入している日本において、年々上がり続ける国民負担率は、個人がコントロールできない問題です。

今はただ何もできないと嘆くのではなく、今あなたが可処分所得を増やすためにできることは山ほどあります。

私の場合、まずは外資系へ転職し年収を増やし、残業が減った時間を活用し副業を始めることからスタートしました。

今変化が激しい時代に生きていることを理解しつつ、それに怯えて何もしないのではなく、今できること今コントロールできることから着手していきましょう。

あなたが年々収入を増やし続け、支出を減らし続ければ、自ずとあなたの可処分所得は増え続けるようになります。

可処分所得を増やしたいなら、まずは確実に年収アップの転職を実現しましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後国内の優良企業で働きたいと考えている方にとても定評があります。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援しており、かなりの高い確率で積極的に国内優良企業の求人を紹介してくれます。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

年収アップの転職なら?
JACリクルートメント今後優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが強く、積極的に国内有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

可処分所得を増やす

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。