JAL社員の給料は高すぎる?年収が高い理由と平均年収について解説!

JAL社員の給料は高すぎる
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「JAL社員の給料は高すぎる?」

「JALの平均年収について知りたい」

と気になっている方向けの内容です。

日本で最も歴史の長い航空会社である「JAL(日本航空株式会社)」

国内の航空業界では超人気企業の一つで、平均年収も高いイメージがありますが、一体その実態はどうなっているのでしょうか。

まずはじめに結論から申し上げると、航空業界において、JAL社員の給料は高いです。

本記事では、「JAL社員の給料は高すぎる?年収が高い理由と平均年収」について詳しくご紹介します。

JALに転職するなら?
JALへの転職を目指すなら、ミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

>>JACリクルートメントのリアルな評判をみる

高すぎるとまではいかないですが、、競合会社と比較して、JALの平均年収は以下の通りです。

企業名 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
JAL 710万円 40.4歳 16.1年
ANA 550万円 44.1歳 6.1年
スターフライヤー 505万円 36.5歳 5.4年

もちろん職種やポジションによっても受け取る年収は異なりますが、上記からもわかる通り、JALの平均年収は高いことは間違いありません

とはいえ、JALの年収は緩やかに上がっていくので、一気に年収が上がるというよりは、経験を積み重ねながら徐々に年収が上がっていきます。

GAKU
特に責任者業務を始める入社6年目くらいから年収が上がっていきます。

JALの年収が高い最大の理由

GAKU
JALの年収が高い最大の理由は、賞与(ボーナス)の存在が大きいです。

JALの賞与は2017年から年3回に変更され、賞与1回につき基本給の2-2.5ヶ月分が支給されます。

またパイロットやCAであれば、乗務手当と宿泊手当が支給されるため、諸手当の存在も大きいです。

このようにJALでは賞与や諸手当が平均年収を高く押し上げています。

またJALはエコノミー〜ファーストクラスまで一通りのキャビン業務を経験した後に、責任者業務が始まるため、順を追いながら年相応に年収アップしていく特徴もあります。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

JAL職種別平均年収を公開!

JALの職種別の平均年収は、以下の通り。

職種 平均年収 平均年齢 平均勤続年数
一般社員 650万円 42.4歳 15.3年
パイロット 1,950万円 44.5歳 19.2年
CA 530万円 36.1歳 9.5年

上記からもわかる通り、JALの平均年収は職種によって大きく異なります。

JALの給料体系は基本給+諸手当、そのほか年3回の賞与で構成されています。

そのほかの魅力的な福利厚生として、社員用の割引航空券があります。

GAKU
利用できる対象者は社員自身と両親、配偶者と制限はありますが、国内線・国際線ともに9割以上の割引を適用することができます。

ちなみにJALからの転職は困らない?にも書いていますが、JAL出身者はグローバルに活躍できる優秀な人材が多いので、その後も順調に年収アップ・キャリアアップできる方が多いです。

JALへ最も効率よく転職するための方法

これからJALへの転職を効率よく進めたいなら、まずはグローバル企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを強く推奨します。

JAL公式HPの中途採用ページから直接エントリーする方法もありますが、航空業界やグローバル企業での職歴が浅い方にはおすすめできません

なぜなら、JALでは航空業界特有の選考手法があり、あなたは十分に選考対策ができないまま、転職活動に臨む形になってしまうからです。

GAKU
数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もJALへの転職に近い転職エージェントです。
JALに転職するなら?

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、主にミドル・ハイクラス層のグローバル企業の転職支援に強いです。

JACリクルートメントでは、各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚くサポートをしてくれるので、初めてのグローバル企業への転職も安心して進めることができます

JALにおいても複数のポジションの掲載があるので、はじめに登録しておいて間違いない転職エージェントです。

現在のあなたが最短距離でJALに転職したいなら、まず「JACリクルートメント」に会員登録をしておきましょう。

GAKU
JALに転職できなくても、国内のグローバル優良求人に出会えることは間違いありません。

実際に私の知人も、最近JACリクルートメント経由でJALに転職を決めています。

転職活動は、あなたの能力の高さ以上に効率の良さが重要になります。

\60秒で簡単登録/

【まとめ】結論、JALの給料は高い!

今回は、「JAL社員の給料は高すぎる?年収が高い理由と平均年収」について詳しくご紹介してきました。

GAKU
改めて今回の結論を申し上げると、航空業界において、JAL社員の給料は高いです。

JALでは常に様々なポジションで求人を募集中なので、あなたの希望する職種とJALが募集する人材がマッチすれば、JALへ転職できます

人気企業であるJALへの転職ハードルはやや高いですが、あなたがグローバル企業への転職に少しでも興味があるなら、転職支援のプロである転職エージェントを活用しつつ、積極的にJALの求人情報を収集しましょう。

JALへの転職を実現したいなら、まずグローバル企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談することから始めましょう。

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「実際のJALの働き方の話を聞いてみたい」
「JAL以外のキャリアの選択肢を知りたい」
「JALの選考対策について教えてほしい」
「JALに転職した方が評価されたポイントを知りたい」
「初めてグローバル企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に1つでも該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

JALに転職するなら?
JALへの転職を目指すなら、ミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

 

JALからの転職先は、航空業界、旅行業界、外資系、コンサルファーム、IT業界が多いです。

JALの平均年収は、約710万円です。

CA(キャビンアテンダント)の採用数が多い大学TOP3は、関西外国語大学、青山学院大学、関西学院大学です。