マクドナルドのバイトがきついなら、次は正社員を目指そう!

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「マクドナルドのバイトがきつい。。」

現在マクドナルドでアルバイトとして働いている方なら、もしかするとこのような感情を抱いているかもしれません。

マクドナルドは世界各地に展開している人気ファーストフード店ということもあり、やはり飲食業界の中では忙しい仕事ではあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「マクドナルドのバイトがきついなら、次は正社員を目指すべき理由」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからマクドナルド(正社員)への転職を目指すなら、まずは外資系飲食業界の転職支援に強い「doda」に登録しましょう。

>>dodaで無料会員登録する

マクドナルドのバイトがきつい5つの理由

まずはじめにマクドナルドのバイトがきつい理由として、主に以下5つのことが考えられます。

マクドナルドのバイトがきつい理由
・とても忙しい
・覚えることが多い
・時給が低い
・ベテランが優遇される
・人間関係が難しい

1つずつ紹介していきます。

とても忙しい

まずマクドナルドのバイトがきつい理由として、業務量が多く、とても忙しいことがあります。

ご存知の通り、現在マクドナルドは日本全国の至る所に店舗を構えています。

価格がリーズナブルで美味しいという理由から、様々な年代に愛されている超人気ハンバーガーチェーンです。

そのため、マクドナルドの中で働く方々は基本的に忙しく、特にお昼や夜の時間帯はお客さんで混み合う時間帯が非常に多いです。

そのため、マクドナルドでアルバイトをしている一定数の方は、「アルバイトなのに、ずっと忙しい。」と感じることも多いようです。

覚えることが多い

次にマクドナルドのバイトがきつい理由として、覚えることが多いことがあります。

マクドナルドのアルバイトでは、以下のように覚えるべき業務がたくさんあります。

マクドナルドで覚えるべきこと
・接客での言葉遣い
・レジの操作方法
・ドリンクの作り方
・バーガーの作り方
・具材の分量と順番
・機材の使い方
・マクドナルドの専門用語

特に普段から物事を覚えることが苦手な方にとっては、マクドナルドのアルバイトでは覚えるべきことが多すぎて大変かもしれません。

また季節によってのメニューが異なりますので、ある程度マクドナルドのアルバイトに慣れてきたとしても、やはり覚えるのがしんどいと感じる場面はあります。

時給が低い

次にマクドナルドのバイトがきつい理由として、時給が低いことがあります。

前述の通り、マクドナルドのアルバイトは他の飲食チェーン店と比較して、業務量が多くとても忙しいことが多いです。

確かに他の飲食チェーンと比較すると、多少時給が高いこともありますが、「そもそも業務量に対し、時給が見合っていない。」という声も多いです。

また時給の上がり方もあまりよくないので、たとえあなたが昇格したとしても平アルバイトと時給が100円しか違わないようなこともあります。

ベテランが優遇される

次にマクドナルドのバイトがきつい理由として、ベテランが優遇されることがあります。

これはマクドナルドに限った話ではありませんが、やはりマクドナルドでもアルバイト歴が長いだけで組織の中では偉いような空気感があります。

例えばシフト調整などを一つ取っても、アルバイト歴が長い人から順番に優遇されているようなことも多いそうです。

もちろんそれぞれの店舗にもよりますが、平等に評価されづらい状況というのは精神的にきついです。

人間関係が難しい

最後にマクドナルドのバイトがきつい理由として、人間関係が難しいことがあります。

例えば、先輩クルーから陰口を叩かれたり、先輩クルーが何も教えてくれなかったり、アルバイトといえど新たな人間関係を構築するのはとても難しいです。

特にマクドナルドのアルバイトは昔からいるクルーは長い傾向にありますが、新しく入るクルーは長続きしない傾向にあります。

マクドナルドでバイトをする3つのメリット

マクドナルドでバイトをするメリットは、主に以下3つあります。

マクドナルドでバイトをするメリット
・時間の融通が利く
・社割が使える
・飲食業界でキャリアを積める

1つずつ紹介していきます。

時間の融通が利く

まずマクドナルドでアルバイトをするメリットとして、時間の融通が利くことがあげられます。

マクドナルドのバイトは全店舗においてシフト制を採用しており、あなたが働きたい曜日や日時を細かく希望することができます。

他の飲食店の場合は曜日や時間帯を固定されてしまうことが多いですが、マクドナルドではまずアルバイトに入る曜日や時間帯を固定するという概念がありません。

マクドナルドでは1時間単位でアルバイトに入ることもできるので、アルバイトの掛け持ちやプライベートとの両立がしやすい環境になっています。

社割が使える

次にマクドナルドでアルバイトをするメリットとして、社割が使えることがあげられます。

マクドナルドのアルバイトには、マクドナルドの全メニューを定価の30%OFFで購入することができる「エンプロイーミール」という食事補助制度があります。

自分が勤務しているマクドナルド店舗で勤務日の休憩時間か勤務後に従業員本人しか利用することができませんが、家族や友人へのお土産としても購入できるので非常に嬉しい制度です。

普段からマクドナルドのメニューを好んで食べる方にとってはたまらない制度だと思います。

飲食業界でキャリアを積める

最後にマクドナルドでアルバイトをするメリットとして、飲食業界でキャリアを積めることがあります。

前述の通り、飲食業界の中ではマクドナルドのアルバイトは業務量が多く、忙しいことで知名度が高いです。

たとえアルバイトだとしても、あなたがそのような厳しい環境で経験を積むことができれば、今後あなたが飲食業界で勤める機会があるならその経験が間違いなくプラスに働きます。

マクドナルドでアルバイトをすることはきついだけでなく、実は良いことも多いです。

マクドナルドのバイトがきついなら、次は正社員を目指すべき!

あなたがすでにマクドナルドでアルバイトとして働いていて、そろそろバイトがきついと感じたなら、マクドナルドの正社員を目指してもいいと思います。

あなたがせっかくマクドナルドの現場で培った経験やスキルがあるわけですから、その大切な人的資本を活用しない手はありません。

特に今後のキャリアについて決まっていない方は、マクドナルドの正社員を目指した方が今後キャリアアップしやすいはずです。

マクドナルドのアルバイトでの日常の業務にそろそろ飽きてきて、「次のアルバイト先を探そう」「次の転職先を探そう」としている方はマクドナルドの正社員も選択肢に入れてみましょう。

マクドナルド(正社員)転職を目指すなら、まず登録すべき転職エージェント

あなたがマクドナルド(正社員)への転職に一歩でも近づきたいと考えているなら、まず登録すべき転職エージェントが「doda」です。

dodaは総合型の転職エージェントですが、外資系飲食業界の転職支援にも強いので、人生で初めて正社員になるために飲食業界で転職する方はまず登録しておきたい転職エージェントです。

またdodaが取り扱っている求人案件の80%以上が非公開の求人のため、マクドナルドをはじめとする飲食業界の魅力的な外資系企業への転職を狙うことができます。

実際に私がとても親しくしている友人の一人もdoda経由でマクドナルド(正社員)に転職することができています。

もしあなたがマクドナルドへ転職できなかったとしても、世界的に知名度が高い飲食業界の外資系企業求人に出会えることは間違いないでしょう。

dodaは完全無料で利用することができるため、まずは情報収集のために登録をしておきましょう。

【まとめ】マクドナルドのバイトがきついなら、正社員を目指そう!

今回は、「マクドナルドのバイトがきついなら、次は正社員を目指すべき理由」について詳しくご紹介してきました。

現在マクドナルドにアルバイトとして勤めている方は、以下のような理由でマクドナルドのバイトがきついと感じているかもしれません。

マクドナルドのバイトがきつい理由
・とても忙しい
・覚えることが多い
・時給が低い
・ベテランが優遇される
・人間関係が難しい

このような悩みを解決するためには、あなたがこれまでにマクドナルドでのアルバイトで培った経験やスキルを活かして、マクドナルドの正社員を目指すしかありません。

マクドナルドの正社員になることで、あなたの収入は間違いなく安定しますし、今まで以上にマクドナルドで楽しく働けるようになること間違いありません。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。