PwCは勝ち組?エリート?社員の平均年収や転職難易度も解説!

PwCは勝ち組?エリート?社員の平均年収や転職難易度も解説!

本記事は、

「PwCは勝ち組・エリート?」

「PwCの社員の平均年収や転職難易度について詳しく知りたい」

と気になっている方向けの内容です。

就職や転職活動において、「勝ち組」企業への就職は多くの人の目標です。

その中でも、世界最大級のネットワークを持つ監査法人およびコンサルティングファームであるPwCは、多くの方から高い評価を受けています。

この記事では、PwCが勝ち組であると言われる理由や、同社の社員の平均年収や転職難易度について詳しくご紹介します。

PwCに転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

確実に年収アップを実現するためには、企業の最新の採用条件・表には出ていない募集情報をすぐ教えてくれるJACリクルートメントに登録することが重要です。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

PwCは勝ち組?エリート?

PwCは勝ち組?エリート?

結論から申し上げると、PwC社員は勝ち組です。

PwCコンサルタントは、高い給与と安定した雇用、キャリアアップの機会、社会貢献度の高い仕事など、多くの魅力があります。

まさに、「勝ち組」や「エリート」と言われています。

PwC社員が勝ち組やエリートと言われる3つの理由

PwC社員が勝ち組やエリートと言われる3つの理由

PwC社員が勝ち組やエリートと言われる理由は、主に3つあります。

PwC社員が勝ち組やエリートと言われる3つの理由

  1. 業界トップクラスの報酬
  2. 世界で活躍できるチャンス
  3. 常に学び、成長できる環境

業界トップクラスの報酬

PwCの社員が勝ち組やエリートと称される最大の理由の一つは、業界トップクラスの報酬です。

コンサルタント職の平均年収は約1,200万円で、役職や経験に応じて大きく変動します。

新入社員でも年収700万円を超え、勤続年数が増えるごとに昇給していきます。

優秀なパフォーマンスを発揮すれば、年収1,500万円を超えることも珍しくありません。

さらに、賞与は年間3ヶ月分以上支給される場合があり、業績好調時には大幅な増額も期待できます。

充実した福利厚生(住宅手当、家族手当、育児休暇制度など)も整っており、安定した雇用環境が提供されていることも魅力の一つです。

世界的なネットワークを持つ大企業ならではの安心感が、社員にとって大きな魅力となっています。

世界で活躍できるチャンス

PwCのもう一つの魅力は、世界で活躍できるチャンスが豊富にあることです。

PwCは世界150カ国以上に拠点を持ち、海外とのネットワークを活かして国際的なキャリアを築くことが可能です。

希望者は海外拠点への転勤が可能で、国際的な経験を積むことができます。

世界規模の企業の案件を担当することで、国際的に視野が広がり、多様な人材との交流を通じて自身のスキルを磨くことができます。

このように、グローバルな環境で働く機会が豊富に提供されるため、PwCの社員は常に高いレベルでの成長を期待できるのです。

常に学び、成長できる環境

PwCは社員が常に学び、成長できる環境を提供しています。

高度なコンサルティングスキル(問題解決能力、分析力、コミュニケーション能力など)を習得することができます。

研修プログラムが充実しており、業界に関する幅広い知識を習得するための機会が豊富です。

また、業界認定の資格取得を支援する制度も整っており、社員は専門家としてのスキルを磨くことができます。

社内外で開催される研修プログラムを通じて、常に最新の知識やスキルをアップデートし続けることが可能です。

そのため、PwCの社員は自己成長を実感しながらキャリアを築くことができます。

☑︎大手企業に強い転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

PwC社員の平均年収は?

PwC社員の平均年収は?

PwCの平均年収は約956万円ですが、役職、経験、スキル・経験、業績、勤務地などの要素によって大きく変動します。

職種別の平均年収は以下の通りです。

職種

平均年収

年収範囲

コンサルタント

955万円

470万〜2500万円

アソシエイト

783万円

450万〜1030万円

マネージャー

1203万円

900万〜1460万円

※出典:Openwork

PwCコンサルティングの給与水準は、コンサルティング業界の中でもトップクラスと言われています。

高いスキルと経験を活かして、高収入を得たい人にとって、魅力的な職場と言えるでしょう。

PwCの転職難易度は高い?

PwCの転職難易度は高い?

PwCの転職難易度は高いと言われています。

PwCの転職難易度が高いと言われる3つの理由

  1. 人気企業であること
  2. 採用人数が少ないこと
  3. 高いスキルと経験が求められること

1. 人気企業であること

PwCコンサルティングは、世界四大監査法人の一つであり、その知名度とブランド力から非常に人気があります。

コンサルティング業界でもトップクラスの規模と実績を誇り、多くの優秀な人材が集まっています。

年々採用倍率が上昇しており、2023年には約10倍と狭き門となっています。

この高い人気は、多くの転職希望者がPwCでのキャリアを目指す一因です。

例えば、2023年の採用倍率は約10倍であり、これはPwCがいかに人気企業であるかを示しています。

多くの応募者が集まる中での競争は非常に激しく、採用の難易度を高めています。

2. 採用人数が少ないこと

PwCコンサルティングは、毎年限られた人数しか採用していません。

特に経験豊富なコンサルタントや特定の専門スキルを持つ人材の採用枠はさらに少なくなっています。

2023年には、コンサルタント職の採用数は約30名程度であり、非常に限られた人数です。

希望する職種や勤務地によっては、さらに難易度が高くなる可能性があります。

限られた採用枠に対して多くの応募者が集まるため、競争が激しくなり、転職の難易度が上がります

このような背景から、PwCコンサルティングへの転職は非常に狭き門とされています。

3. 高いスキルと経験が求められること

PwCコンサルティングでは、コンサルタントとして高いスキルと経験が求められます。

具体的には、問題解決能力、分析力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、チームワーク能力などが必要です。

また、業界知識や専門知識も重視されます。

応募者はこれらのスキルや経験を持っていることをアピールする必要があります。

例えば、PwCでは問題解決能力や分析力に優れた人材を積極的に採用しており、これらのスキルを証明する実績が求められます。

専門知識に加え、実際のプロジェクトでの経験や成果を示すことが重要です。

これにより、PwCコンサルティングでの転職は非常に難易度が高いとされているのです。

【まとめ】PwC社員は勝ち組!

【まとめ】PwC社員は勝ち組!

今回は、PwC社員について徹底的にご紹介しました。

PwCコンサルタントは、高い給与と安定した雇用、キャリアアップの機会と専門性の高さ、社会貢献度が高いことで知られています。

多くの魅力を持つことから、「勝ち組」や「エリート」と言われています。

PwCへの転職を目指すなら、転職エージェントの活用を強くおすすめします。

PwCは人気企業であり、採用人数が少なく、高いスキルと経験が求められるため、転職の難易度が非常に高いです。

転職エージェントは、最新の求人情報を提供し、応募書類の作成や面接対策をサポートしてくれます。

特にPwCのような競争率の高い企業では、エージェントのサポートが大いに役立ちます。

企業の求める人物像や採用動向について詳しいエージェントのアドバイスを受けることで、効果的に自分をアピールできます。

また、応募後のフォローアップも行ってくれるため、スムーズに転職活動を進めることができます。

エージェントの力を借りて、PwCでのキャリアを実現しましょう。

これからPwCへのキャリアアップを実現したい方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身これまで転職する際にJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

PwCに転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

また確実に年収アップを実現するには、企業の最新の採用条件をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が不可欠。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/