シスコシステムズの転職難易度は高い?最も効率よく転職するには?

シスコ転職難易度
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「シスコシステムズの転職難易度は高い?」

“世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社”であるシスコシステムズ。

シスコシステムズ日本法人は1992年に設立され、現在日本全国7箇所に拠点を構え、法人向けルーター・無線LAN・イーサネットスイッチなど幅広くサービスを提供中です。

さきに結論から申し上げると、シスコシステムズの転職難易度は“かなり高い”です。

シスコシステムズの平均年収は約942万円と業界の中でも高水準なので、日本国内の多くの転職者にも人気があります。

そのため、最近ではシスコシステムズの応募者のレベルも高くなってきています。

しかしながら、現在シスコシステムズでは営業をはじめシステムズエンジニア・カスタマーサポートエンジニアなど、様々な職種で即戦力人材を採用しているため、常にあなたが転職できるチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「シスコシステムズの転職難易度と最も効率よく転職するための方法」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからシスコシステムズへの転職を目指すなら、まずはミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントでシスコ求人を探す

シスコシステムズの転職難易度は高い?

外資系企業の営業マン

まず結論から申し上げると、シスコシステムズの転職難易度は“かなり高い”です。

なぜなら、シスコシステムズは中途採用での募集枠が多いですが、世界的にも知名度が高いコンピューター機器ネットワーク開発会社のため、日本国内の転職者にとっても非常に人気がある外資系企業だからです。

特にあなたが企業勤めをしている方なら、これまでに一度くらいはシスコシステムズの関連機器を使った経験はあることでしょう。

またシスコシステムズはアメリカ・カリフォルニアに本拠地を構える老舗超巨大テック企業のため、日本国内であっても求職者には高い英語力が求められる傾向があります。

シスコシステムズに応募する求職者のレベルは高く、“かなり競争率は高い”です。

またシスコシステムズの平均年収は約942万円と業界の中でも高水準なので、今後外資系企業で順調に年収アップ・キャリアアップしたい方にも最適な労働環境と言えます。

とはいえ、シスコシステムズでは常に多種多様な人材を積極的に採用しているため、あなたに最適な求人案件(ポジション)があれば、まず挑戦する価値は高いと考えています。

GAKU
シスコシステムズの選考では、主に“これまでの職歴や保有するスキルを活かしてどうシスコシステムズに貢献できるのか”を聞かれます。

シスコシステムズへ転職する方の転職元、転職先は?

転職元、転職先

シスコシステムズへ転職する方の転職元や転職先については、以下の通りです。

シスコシステムズ転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。

シスコシステムズへ転職する方の転職元

シスコシステムズへ転職する方の転職元
・大手通信企業
・大手電機メーカー
・大手IT企業

まずこれまでにNTTドコモやKDDIなどの通信業界で働いた経験がある方は、シスコシステムズに転職しやすい傾向にあります。

また富士通やNECなどの大手電機メーカーや楽天やサイバーエージェントなどの大手IT企業出身者も、シスコシステムズとしては大歓迎の人材になります。

シスコシステムズ側も同じ業界の出身者の方がやはり採用するハードルは下がります。

シスコシステムズからの転職先

シスコシステムズからの転職先
・Sler
・外資系コンサルファーム
・日系コンサルファーム

上記からもわかる通り、シスコシステムズから転職する方は、Sler、外資系コンサルファームや日系コンサルファームで管理職のポジションとして転職しやすいです。

シスコシステムズでしっかりとキャリアを積んで、シスコシステムズ卒業後は様々な業界で大きく飛躍される方が多いです。

GAKU
シスコシステムズに転職しやすい業界やシスコシステムズから転職しやすい企業には傾向があります。

シスコシステムズに中途入社するための条件は?

シスコシステムズへ転職する方には、大きく以下5つの条件が求められます。

あなたが全ての条件に該当していれば、シスコシステムズに転職できる可能性は高いので、まずはチェックしてみましょう。

シスコシステムズ中途入社の条件
・成果主義思考の方
・シスコ製品に詳しい方
・コミュニケーション能力が高い方
・英語スキルがある方
・外資系で働きたい方

あなたが上記の条件すべてに該当していれば、あなたが“シスコシステムズで即戦力人材になれる可能性は高い”です。

特にシスコシステムズをはじめとする多くの外資系企業では成果主義思考や英語スキルがある方が採用されやすいので、自信がある方は積極的にエントリーすべきです。

またこれまでシスコシステムズとは畑違いの業界で勤務していても、シスコの商品知識がある方なら、まずシスコシステムズの営業職で即戦力人材になれるでしょう。

GAKU
シスコシステムズでは営業を中心に様々なポジションで人材を募集しているので、上記に1つでも該当するものがあれば、あなたがエントリーしてみる価値は高いです。

シスコシステムズに効率よく転職する方法

これからあなたがシスコシステムズに効率よく転職したいと考えているなら、まずは“外資系企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろんシスコシステムズ公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、正直外資系企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

(これまで外資系企業での職歴が長い方は、直接シスコシステムズの公式HPからエントリーしても問題ありません。)

なぜなら、シスコシステムズでは外資系企業特有の選考手法があるため、あなたは十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は最もシスコシステムズへの転職に近い転職エージェントです。

シスコシステムズに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方にとって、まず最適な転職エージェントです。

各業界に精通したコンサルタントが手厚くサポートしてくれるので、初めての外資系転職も安心して進めることができます。

シスコシステムズにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録しておいて間違いない転職エージェントです。

あなたがシスコシステムズに転職できてなくても、JACリクルートメントならシスコシステムズと同水準の給料がもらえる優良な外資系企業に転職できる可能性が高いです。

今後外資系企業で順調に年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずはJACリクルートメントに登録しておきましょう。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由でシスコシステムズに転職を決めています。

【まとめ】シスコシステムズの転職難易度はかなり高い!

今回は、「シスコシステムズの転職難易度と最も効率よく転職する方法」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、シスコシステムズの転職難易度は“かなり高い”です。

様々な業界で経験を積み重ねてきた優秀な人材がシスコシステムズに転職してきます。

シスコシステムズ中途入社の条件
・成果主義思考の方
・シスコ製品に詳しい方
・コミュニケーション能力が高い方
・英語スキルがある方
・外資系で働きたい方

しかし、シスコシステムズでは営業をはじめ常に様々なポジションで求人を募集中なので、あなたが希望する職種とシスコシステムズが募集する人材がマッチすれば、シスコシステムズへ転職できる可能性は高いです。

“シスコシステムズへの転職は難しいから”と簡単に諦めるのではなく、あなたが少しでも興味があるなら転職支援のプロである転職エージェントを活用しながら、まずはシスコシステムズの求人情報を収集しましょう。

これからシスコシステムズへの転職を実現したいなら、まずはシスコシステムズを含む国内の外資系企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談しましょう。

JACリクルートメントは特にミドル・ハイクラス層に特化し転職支援しているので、高い確率でシスコシステムズをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

転職難易度が高い企業ほど転職エージェントの存在が大きくなるので、確実に希望する外資系企業に転職したい方はまず「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

シスコ転職難易度

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。