人事の平均年収は低い?効率よく年収アップするための方法

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「人事の平均年収は低いの?」

企業の経営資源の中で最も重要とされる“ヒト”の管理を行う人事職。

一般的に人事は採用業務を行うイメージがありますが、そのほかにも教育・研修・評価・労務など多岐にわたる業務を行なっています。

さきに結論を申し上げると、人事の平均年収は低いです。なぜなら、営業は企業に利益を持ってくる役割がありますが、人事は直接的に企業に利益を持ってこないからです。

つまり、職種の役割的にも年収がアップしづらい傾向にあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「人事の平均年収は低い?効率よく年収アップするための方法」についてご紹介していきます。

今後あなたが人事として年収アップを狙っているなら、まずはミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録すべきです。

>>JACリクルートメントに登録する

その証拠に日本全国の人事職に就いている年代別平均年収は以下の通りです。

人事の年代別平均年収
・20代後半 350〜400万円
・30代前半 400〜450万円

・30代後半 450〜550万円
・40代前半 550〜700万円
・40代後半 700〜900万円

もちろん役職やポジションによっても年収は大きく異なりますが、一般的な年代別の人事の平均年収は上記の通りです。

日本全体の平均年収と比較すると、人事の平均年収はやや高めですが、人事職で年収1,000万円以上を目指そうとするとなかなかハードルは高かったりします。

管理部門の他の職種と比較すると?

人事という職種は、いわゆる管理部門の職業に該当します。

人事の平均年収は約450万円が相場ですが、管理部門の他の職種はどうなのでしょうか?

管理部門の平均年収
・総務 約380万円
・経理 約440万円
・法務 約510万円
・経営企画 約530万円
・財務・会計 約540万円

上記からもわかる通り、管理部門の他の職種と比較すると、人事の平均年収は決して高い数字とは言えません。

人事よりも平均年収が高い職種としては、法務・経営企画・財務・会計があげられます。

しかしながら、人事という職種の業務範囲は広いことから、日本全体の平均年収で見ると人事の平均年収はやや高い方に分類されます。

GAKU
人事という職種は日本全国の平均年収ではやや高い方ですが、人事を含む管理職の中では低い方に分類されます。

人事の年収が低いなら、他の職種に転身もあり

あなたが現在人事として受け取っている年収が低いなら、他の職種に転身するのもありです。

前述の通り、人事という職種は年齢や経験を重ね管理職に就くようになると、順調に年収が上がっていきます。

しかし、一般的に人事職の年収が上がるスピードは遅く、あなたが様々な経験を積まないことには効率よくキャリアアップすることもできません。

そのため、今人事職として受け取っている年収が低いと感じるなら、人事よりも平均年収が高い営業職やエンジニア職を目指してもいいかもしれません。

特にあなたの年齢が若ければ若いほど、新たに他の職種に挑戦できる機会は増えるので、思い切って別の職種に挑戦するのも一つの効果的な手段となります。

GAKU
実際に私の大学時代の友人も社会人5年目までは人事職でキャリアを積んでいましたが、転職を機に営業職に転身し現在もバリバリと働いています。

人事で効率よく年収アップするための方法

人事職として効率よく年収アップする最も効果的な方法は、「外資系企業に転職すること」です。

前述の通り、あなたが人事職として年収をアップしたいなら、様々な業務経験を積んでおくことが重要になります。

しかし、そうはいっても簡単には年収が上がらないと悩む方は多いはずです。

そんな方は、人事職として効率よく年収を上げるために外資系企業に転職しましょう。

外資系企業の人事職の場合、通常の人事業務+aで語学力が求められるので、日系企業の年収と比較して、年収が約100万円〜300万円高くなります。

世界各国から集まる従業員の文化や慣習を知った上で十分にマネージメントする必要があるので、確かに年収が高くなるのも頷けます。

ただし、あなたが外資系企業の人事職として成果を上げることができなければ、降格や減給の可能性もありますので、強い意志を持って外資系企業に飛び込んだ方が良いです。

特に年齢が若いうちは企業規模が大きい外資系企業に勤めることで経験できる業務の幅は広がっていきますので、20代や30代などの働き盛りの世代は積極的に外資系企業に挑戦すべきです。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めての外資系企業転職も安心して進めることができます。

多数の人事職ポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

日系企業で人事職として昇給・昇格の機会を待つよりも、外資系企業に転職する方が圧倒的に早く年収アップできます。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由で外資系企業に人事職として転職を決めています。

人事職で外資系企業転職を目指す際の注意点

人事職で外資系企業転職を目指す際の注意点としては、「英語でのコミュニケーション能力」があげられます。

外資系企業で人事職として勤務するとなると、当然同僚や求職者と英語でコミュニケーションを取れる能力が必要になります。

特に人事という仕事は、採用や社内研修、評価など多岐にわたる業務を行う必要があるため、高い英語力を保有していることが有利に働く場面が多いです。

もし現時点で英語力に自信がないけど、将来は人事職として外資系企業に転職したい方は、現職に勤めながらコツコツと英語力を高めておきましょう。

ビジネスレベルの英語力を身につけた状態で外資系企業に転職できると、転職後の業務もスムーズに遂行できるはずです。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

人事として年収アップできる転職先を探そう!

今回は、「人事の平均年収は低い?効率よく年収アップするための方法」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、人事の平均年収は低いです。また人事は職種的にも他の職種に比べて、効率よく年収アップしづらい傾向にあります。

もし現在のあなたが今後も人事という職種でキャリアアップ・年収アップしたいと考えているなら、まずは外資系企業に転職することを推奨します。

外資系企業の人事職の場合、通常の人事業務+aで語学力が求められるので、日系企業の年収と比較して、年収が約100万円〜300万円高くなります。

これから人事職として外資系企業へ転職したいなら、まずは外資系企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談することからはじめましょう。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な求人案件を紹介してくれます。

特にこれまで人事職として経験が豊富な方なら、外資系企業への転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップを期待することができます。


\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。