人事の平均年収はいくら?日系・外資系の違いなども紹介

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「一般的に人事の平均年収はどのくらいなんだろう?」

一言に人事と言うと、新卒採用や人事採用などの採用業務を行なっているイメージが強いですが、実は社内研修・評価・労務など業務内容は多岐にわたります。

そのため、今後も人事としてキャリアアップしていくためには、まず一般的な人事の平均年収と人事としてキャリア形成をしていく方法について知っておくことが非常に重要です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「人事の平均年収はいくら?日系・外資系の違い」についてご紹介していきます。

今後あなたが人事としてミドル・ハイクラスのポジションを狙っているなら、まずミドル・ハイクラス転職に強い「JACリクルートメント」に登録すべきです。

>>JACリクルートメントに登録する

まずは人事の年代別の平均年収をみていきましょう。

あなたが現在受け取っている年収と比較して、相場よりも高いのか低いのかを判断できると思います。

人事の年代別平均年収
・20代後半〜30代前半 350〜450万円
・30代後半 450〜550万円
・40代前半 550〜700万円
・40代後半 700〜900万円

もちろん役職やポジションによっても年収は大きく異なりますが、一般的な年代別の人事の平均年収は上記の通りです。

日本全体の平均年収と比較すると、人事の平均年収はやや高めですが、年収1,000万円以上を目指そうとするとなかなかハードルは高かったりします。

人事の年収は高いのか?

人事という職種は、いわゆる管理部門の職業に該当します。

人事の平均年収は約450万円が相場ですが、管理部門の他の職種はどうなのでしょうか?

管理部門の平均年収
・総務 約380万円
・経理 約440万円
・法務 約510万円
・経営企画 約530万円
・財務・会計 約540万円

上記からもわかる通り、管理部門の他の職種と比較すると、人事の平均年収は決して高い数字とは言えません。

ただし、人事という職種の業務範囲は広いことから、日本全体で見ると人事の平均年収はやや高い方に分類されます。

人事職でも年収1,000万円は目指せる

ここまで人事の平均年収について説明してきましたが、あなたがこれから人事職で本気でキャリアアップしたいと考えているなら、年収1,000万円を目指すこともできます。

もちろん人事職で年収1,000万円を狙うのはかなりハードルが高いですが、大手転職エージェントの求人案件をみていると、人事部長クラスで年収1,000万円超えの求人案件を多くみられました。

人事で年収1,000万円を目指すためには、人事として豊富な経験や高いスキルが求められます。

例えば、従業員500名以上の会社で人事を5年経験したことがあるや新しく人事制度を作った経験があるなどの経験が必要です。

またスキル的には、語学能力の他に「社会保険労務士」「衛生管理者」などの国家資格を持っておくと、あなたの人事職での市場価値は高まります。

人事という仕事は業務範囲が非常に広いので、様々な業務経験を積んできた方ほど年収も高くなる傾向にあります。

そのため、現在人事として働いている方は、普段から様々な業務に積極的に挑戦する姿勢が重要な考え方になります。

人事職として年収アップする効果的な方法

人事職として年収アップする最も効果的な方法は、「外資系企業に転職すること」です。

前述の通り、あなたが人事職として年収をアップしたいなら、様々な業務経験を積んでおくことが重要です。

しかし、そうはいっても簡単には年収が上がらないと悩む方は多いはずです。

そんな方は、人事職として年収を上げるために外資系企業に転職しましょう。

外資系企業の人事職の場合、通常の人事業務+aで語学力が求められるので、日系企業の年収と比較して、年収が約100万円〜300万円高くなります。

世界各国から集まる従業員の文化や慣習を知った上で十分にマネージメントする必要があるので、年収が高くなるのも頷けます。

ただし、あなたが外資系企業の人事職として成果を上げることができなければ、降格や減給の可能性もありますので、強い意志を持って外資系企業に飛び込んだ方が良いです。

特に年齢が若いうちは企業規模が大きい外資系企業に勤めることで経験できる業務の幅は広がっていきますので、20代や30代などの働き盛りの世代は積極的に外資系企業に挑戦すべきです。

人事の平均年収を下回っているなら、転職もあり!

今回は、「人事の平均年収はいくら?日系・外資系の違い」について詳しくご紹介してきました。

あなたが現在人事として働いている会社で受け取っている年収が人事の平均年収を下回っているなら、転職することは有効なアプローチになります。

特に大手企業や外資系企業に転職をすると、あなたが求められるスキルは高くなり、業務内容も幅が広くなるため、その分年収が大幅に上がる可能性が高いです。

もちろん転職後にあなたがどのくらい成果を残せるかが非常に大事なポイントにはなりますが、大手企業や外資系企業はあなたが経験を積めるチャンスや専門性を高めるチャンスがたくさん転がっています。

今後人事職としてキャリア形成や年収アップを目指していきたいなら、まずは外資系企業への転職を検討してみましょう。

あわせて人事という仕事は業務範囲が広ければ広いほど、年収が高くなる傾向にあります。

現在勤めている会社でできるだけ多くの業務を担当し、経験を積み重ねていきながら、転職エージェントに登録して大幅に年収アップできる機会を探っていきましょう。


\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。