リクルートからの転職先はどこが多い?【元リクルート社員に聞いてみた】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「そろそろリクルートを卒業して、次の転職先を見つけたいけど、どうすればいいの?」

人材派遣業を軸に住宅・結婚・旅行・飲食・美容など手広く事業を展開する「リクルートホールディングス」

現在リクルートに勤めている方なら、そろそろリクルートを卒業して次のキャリアアップを目指したいと考えているかもしれません。

結論から申し上げると、あなたがすでにリクルートである程度職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはないでしょう。

ではリクルート出身者はどのような業界・企業に転職をするのでしょうか?

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「リクルートからの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがリクルートからのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

まず結論から申し上げると、あなたがリクルートからの転職先に困ることはありません。

リクルートから転職される方は様々な業界や企業で活躍しているため、むしろ今後のキャリアの選択肢は大きくなっていきます。

実際に私の周りをみても、リクルートから順調に年収アップ・キャリアアップしていますし、リクルートは様々な事業を展開しているため、次の転職先も様々な領域で選び放題であることが多いです。

そのためあなたが若いうちにリクルートで職務経験を積んでいれば、次の転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性が高いと言えるでしょう。

また実際にリクルートに新卒で入社した方も就労3年以内など早いタイミングでスムーズに次の転職先が決まることが多いので、リクルートは今後のキャリアアップの通過点として学生に人気がある企業の一つです。

またリクルートは人材サービス業界の中でも平均年収が高く、次のステップとしてミドル・ハイクラスのポジションを狙うこともできます。

GAKU
リクルート出身者には現在起業家として成功している方も多数います。

リクルート社員が転職に強い3つの理由

リクルート社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことが考えられます。

私の周りにも元リクルート社員が数名いるので、実際に彼ら(彼女ら)の話を聞き、リクルート社員が転職に強い理由がわかってきました。

現在リクルートに勤めている方であれば、共感できる部分が多いのではないかと思います。

リクルート社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・成長意欲が高い

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

まずリクルート社員が転職に強い理由として、“企業のブランド力の高さ”があげられます。

現在リクルートホールディングスは「リクナビ」「SUUMO」「じゃらん」「スタディサプリ」など多岐にわたる事業を展開しており、日本国内に知らない人はいないくらいに企業としての高いブランド力があります。

またリクルートは日本を代表する人材サービス企業なので、人材業界の中でも優秀な人材が集まっているイメージが強いです。

そのようなブランドが確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
リクルートの転職難易度はやや高いので、やはり転職市場でも重宝されやすいです。

管理職を経験できる

次にリクルート社員が転職に強い理由として、“管理職を経験できること”があげられます。

リクルートの従業員の平均年齢は35.1歳と非常に若いため、年齢が若くても責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースは少なくありません。

実際に新卒でリクルートに入社した社員が20代後半から管理職に就くケースも多いです。

リクルートでは若い年齢で管理職を経験している可能性が高いため、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

GAKU
リクルートと同じように若いうちから管理職を経験できるメガベンチャー企業として、“サイバーエージェント”“楽天”などがあげられます。

成長意欲が高い

最後にリクルート社員が転職に強い理由として、“成長意欲が高いこと”があげられます。

多くの方がすでにご存知の通り、リクルートでは退職することを卒業と呼んでおり、さらなるキャリア発展をするために転職や独立という選択をします。

リクルートは成長意欲が高い優秀な社員が多く集まっていることから、常に成長できる労働環境が整っています。

そのため、リクルートの後のキャリアとして、突然海外勤務に挑戦してみたり、日本国内の外資系企業へ転職をされる方も非常に多いです。

実際に私の周りの元リクルート社員も日本国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップしたりしています。

GAKU
リクルート卒業後のキャリアは様々な選択肢があるので、まず困ることはないでしょう。

元リクルート社員の主な転職先や業界

元リクルート社員の転職先や業界については、以下の通りです。

リクルートからの転職先

リクルートからの転職先
・楽天
・ヤフー
・ソフトバンク

上記からもわかる通り、リクルートから転職する方は、楽天やヤフーなどの大手IT企業で管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

リクルートから進む業界

リクルートから進む業界
・IT業界
・外資コンサルファーム
・人材業界

またリクルートから進む業界は、IT業界や外資コンサルファーム、人材業界も多いです。

リクルートは人材サービスを軸に事業を展開してきましたが、最近では教育事業や住宅事業にも力を入れており、様々なキャリアの選択肢があります。

特にリクルートには高学歴出身者が多いので、国内の外資系企業に転職することもあります。

GAKU
やはりリクルートから転職しやすい企業や業界には傾向があります。

リクルートから他社に転職する最適なタイミング

リクルートから他社に転職する最適なタイミングは人それぞれですが、元リクルート社員の友人の話をまとめると、リクルートでは最低3年の就労経験を積んで転職することを推奨します。

なぜなら、リクルートで3年も業務を遂行していれば、何かしらのパフォーマンスを発揮しており、転職市場においても重宝される人材になっているはずだからです。

リクルートホールディングスは現在人材サービス業を軸に多岐にわたる事業を展開しているので、業務をしながら学べることも大きいはず。

すでにリクルートホールディングスで3年以上勤めている方であれば、そろそろ転職を考え始めてもいい時期かもしれません。

GAKU
リクルートホールディングスの新卒社員も入社から3年〜5年が経過して転職することが多いです。

日本人の残業が多い3つの理由と今すぐにできる対処法

2021年5月3日

リクルート社員がまず登録すべき転職エージェント

現在リクルートに勤めるあなたが今後「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」と考えているなら、まず日本国内の外資系企業への転職を推奨します。

リクルートで十分に成果主義思考を身につけているので、外資系企業でも確実に活躍することができますし、給料もキャリアも青天井に伸ばしていけるはずです。

(正直ベースで申し上げると、リクルートよりも外資系企業の方が給料の伸びは早いです。)

またリクルート社員は優秀な人材が多いので、これまで以上にグローバルな働き方も実現ができるでしょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後外資系企業で働きたいと考えている方にとても定評があります。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な外資系の求人案件を紹介してくれます。

(もちろんJACリクルートメントは、日本国内の優良日系企業の求人案件も多く保有しています。)

まずはJACリクルートメントに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

GAKU
私の周りの元リクルート社員もリクルートからの転職時にはJACリクルートメントを利用する方が多い印象があります。

【まとめ】リクルートからの転職先は困らない!

今回は、「リクルートからの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、あなたがすでにリクルートである程度職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません。

なぜなら、日本国内でもリクルートの知名度は高く、他の企業からみても即戦力人材が多く集まっているイメージが強いからです。

リクルートホールディングスで職務経験がある方なら、絶対にどの企業でも活躍できるはずなので、自信を持って転職活動を開始しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もリクルート社員が転職時に利用している転職エージェントの一つです。

まずはJACリクルートメントに無料登録して、あなたの希望に沿った国内優良企業の求人案件を紹介してもらいましょう。

リクルートに入社できる方はグローバルなビジネス感覚を持つ優秀な方が多いので、特に今後外資系企業では順調に年収アップ・キャリアアップしていけるはずです。

リクルートからの転職先は星の数ほどあるので、今後のキャリアについてじっくりと考えながら転職活動を進めていきましょう。