【リクルートを辞めたい方必見】転職活動で後悔しないためのコツを伝授

リクルートを辞めたい
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

「リクルートを辞めたい。。」

人材派遣業を軸に住宅・結婚・旅行・飲食・美容など、手広く事業を展開する「リクルートホールディングス」

現在リクルートに勤めている方なら、そろそろリクルートを辞めたい(卒業したい)と考えていることでしょう。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、「リクルートを辞めたい方向けにスムーズに次の転職先を見つけるコツ」について詳しくご紹介します。

リクルートから転職するなら?
JACリクルートメントリクルートからのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強く、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることは不可能です。

実績のあるプロの転職エージェントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用していますが、常に社内のコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感があります。

リクルートに勤めながら転職先を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

リクルートを辞めたい方は正直多い?【事実ベース】

キャリアカーバーとビズリーチの違い

まずはじめにリクルートを辞めたいと考えている方は非常に多くいらっしゃいます。

リクルートに入社や転職をしてくる方々は誰もが知る大企業で安定してそうとイメージを持つ方が非常に多いですが、実は日本を代表する大企業であるがゆえに窮屈さを感じる方が多かったりもします。

またリクルートは営業色が強い会社なので、実はそのゴリゴリの体育会系の社風が合わなくて辞めていく方も多いです。

このようにリクルート入社前と入社後のギャップが大きく感じる方は、リクルートを辞めたいと感じるようになります。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

リクルートを辞めたら、後悔する?

つらい

現在リクルートを辞めたいと考えている方なら、「リクルートを辞めたら後悔するのか?」について気になる方も多いでしょう。

まず私の友人の元リクルート社員にはリクルートを辞めて後悔した方がおらず、むしろみんなリクルートから転職してよかったと強く感じています。

なぜなら、たとえリクルートを辞めても、その後は高い確率でより良い条件で他の会社に転職することができるからです。

少なくとも私の友人の元リクルート社員は、確実にリクルート時代より年収が上がっていますし、素晴らしい待遇やポジションでの転職に成功しています。

またリクルートからの転職先は困らない?にも詳しく書いていますが、リクルートには優秀な人材が揃っているので、その後のキャリアでまず困ることはありません。 

【必見】リクルート社員が転職に強い3つの理由

3つ

リクルート社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことがあります。

私の周りにも元リクルート社員が数名おり、実際に彼らの話を聞き、リクルート社員が転職に強い理由がわかってきました。

現在リクルートに勤めている方であれば、共感できる部分が多いと思います。

リクルート社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・英語力がある

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

まずリクルート社員が転職に強い理由は、企業のブランド力の高さです。

現在リクルートホールディングスは「リクナビ」「SUUMO」「じゃらん」「スタディサプリ」など多岐にわたる事業を展開しており、国内に知らない人はいないくらい企業としての高いブランド力があります。

またリクルートは日本を代表する人材サービス企業なので、人材業界の中でも優秀な人材が集まるイメージが強いです。

そのようなブランドが確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
リクルートの転職難易度はやや高いので、やはり転職市場でも重宝されやすいです。

管理職を経験できる

次にリクルート社員が転職に強い理由は、管理職を経験できることです。

リクルートは従業員の平均年齢が30代前半ということもあり、年齢が若いうちに責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースも少なくありません。

新卒でリクルートに入社した社員が20代後半から管理職に就くケースも多いです。

リクルートでは能力があれば若い年齢で管理職を経験する可能性があるため、今すぐに即戦力人材を獲得したい企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

GAKU
リクルートと同じように若いうちから管理職を経験できる企業として、楽天サイバーエージェントなどがあげられます。

英語力がある

最後にリクルート社員が転職に強い理由として、英語力があることがあります。

すでにご存知の通り、元々都内の大学新聞専門の小さな広告代理店から始まったリクルートは、今では日本を代表するグローバル企業へと華麗なる変貌を遂げました。

現時点でリクルートに入社してくる方は英語力が高いことが多く、普段からグローバルな働き方ができる方が多いです。

そのため、リクルート後のキャリアとして、海外勤務してみたり、国内の優良外資系企業へ転職をされる方は多いです。

実際に私の周りの元リクルート社員も国内の外資系に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップする傾向が強いです。

GAKU
ちなみにあなたが今後リクルートでキャリアアップしていくためには、遅かれ早かれ英語力が必要になるタイミングがあります。

元リクルート社員の主な転職先や業界

転職元、転職先

元リクルート社員から聞いたリクルート社員の転職先や業界は以下の通りです。

リクルートからの転職先

リクルートからの転職先
・楽天
・ヤフー
・ソフトバンク
・Google

まずリクルートから転職する方は、楽天やヤフーなどの大手IT企業で管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

また通信大手のソフトバンクやジャイアントIT企業のGoogleなどのへのキャリアアップを狙う方も一定数いらっしゃいます。

リクルートから進む業界

リクルートから進む業界
・IT業界
・外資コンサルファーム
・人材業界

またリクルートから進む業界は、IT業界、外資コンサルファームが多いです。

リクルートはこれまで人材サービスを軸に事業展開してきましたが、最近では教育事業や住宅事業にも注力しており、様々なキャリアの選択肢があります。

特にリクルートには英語を使える人材が一定数いるので、その後思い切って国内の外資系企業に転職する方も多いです。

GAKU
やはりリクルートから転職しやすい企業や業界には傾向があります。業界未経験でベンチャー企業に転職する方も一定数いらっしゃいます。

【まとめ】リクルートを辞めたいなら、まずはじめに登録したい転職エージェント

今後スムーズにリクルートから転職したいと考えているなら、まずは国内の優良企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを強く推奨します。

なぜなら、国内の優良企業は応募者が非常に多く、十分な選考対策ができないと、すぐに選考落ちしてしまうからです。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最も国内の優良企業やや有名グローバル企業の転職支援に強い転職エージェントです。

リクルートで職務経験がある方なら、今後どの企業でも活躍できるので、まず自信を持って転職活動を始めましょう。

現在リクルートに勤めるあなたが今後「リクルートを辞めたい」「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」と考えているなら、まず国内の優良企業へ転職することを強く推奨します。

リクルートからの転職先は星の数ほどあるので、今後のキャリアについてじっくりと考えながら転職活動を進めましょう。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いと感じています。

リクルートから転職するなら?
JACリクルートメントリクルートからのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強く、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることは不可能です。

実績のあるプロの転職エージェントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用していますが、常に社内のコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感があります。

リクルートに勤めながら転職先を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しないと、今の自分の能力やスキルに見合う企業を紹介してもらえる可能性はかなり低くなります

なぜなら、あなたが本当は出会えるはずだった優良企業の母数が減ってしまうからです。

例えば、JACリクルートメントには求人がないけど、他の優良転職エージェントには求人があるということもあります。

GAKU
優良企業の求人を逃さないためにも、転職エージェントは少なくとも2-3社以上に登録することを強く推奨します。

転職エージェントは、

・完全無料で利用できる
・いつでも担当者は変更可能
・すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

JACリクルートメントと併用したい転職エージェント

中途採用の条件

私や私の友人・知人は、転職活動の際に複数の転職エージェントに登録して各社を比較することが多いです。

各転職エージェントの求人案件を比較することで、より良い魅力的な求人に出会う確率を高めることができるからです。

本当は自分に最適な求人があったのに、転職エージェントを1つしか利用していなかったばかりに、あなたに最適な求人を見過ごしてしまうことが最ももったいないことです。

GAKU
実際に転職が完了した時点で、あとから本当はもっと良い条件で転職することができたのに。。と後悔する方も多いです。

転職エージェントは必ず2-3社同時に登録して、あなたの転職を成功に近づけましょう。

今後グローバルな働き方を実現したいなら、ミドル・ハイクラス層の転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

今すぐ優良企業を探す (無料登録)

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後人生で初めてグローバル企業に転職する入社後も活躍できるまでサポートしてほしい方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、実際にお話を聞きましたが、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます。

今後グローバル企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

GAKU
これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になりました。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

次に今後転職を機に管理職を目指したいIT業界やメーカーでキャリアアップしたい方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

GAKU
実際に私も何度もビズリーチを利用したことがありますが、常にスピード感をもって、複数の優良IT企業や優良メーカー案件を紹介してもらえたことが強く印象に残っています。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

\60秒で簡単登録/

人気記事→年収上げるなら登録しないと損する外資系に強い転職エージェント5選 | 現役外資系管理職が徹底解説