【みずほ銀行を辞めたい方必見】スムーズに次の転職先を見つけるコツを伝授!

みずほ銀行を辞めたい
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

「そろそろみずほ銀行を辞めたい。。」
「みずほ銀行からの転職先を知りたい」

日本大手の都市銀行の「みずほフィナンシャルグループ(みずほ)」

現在みずほ銀行に勤めている方であれば、そろそろみずほ銀行を辞めたい(卒業したい)と考えている方は一定数いらっしゃるでしょう。

本記事では、「みずほ銀行を辞めたい方向けにスムーズに次の転職先を見つけるコツ」について詳しくご紹介します。

みずほ銀行から転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

<JACリクルートメント利用者満足度>

4.7
Rated 4.7 out of 5
5つ星中4.7つ星です!(3人の利用者データ)
かなり高い67%
高い33%
普通0%
低い0%
かなり低い0%

 

満足度120%です。

Rated 5.0 out of 5
2023年6月20日

これまでの経験を活かせる会社を3社ご紹介いただき、私のことを高く評価いただいた会社に転職することを決めました。

鈴木 (48歳 男性)

ベンチャー企業から日系グローバル企業に転職しました!

Rated 4.0 out of 5
2022年8月15日

他の転職エージェントと比較して、相対的に良かったです。

コンサルタントの質に個人差はあると思いますが、丁寧にヒアリングしていただき、安心して転職活動を進められました。

Yumi (29歳 女性)

外資系メーカーに転職できました

Rated 5.0 out of 5
2021年2月1日

初めての転職で何から手をつけていいか分からない状態でしたが、担当者さんにご支援いただき、年収UPを実現できました。

ますだ (33歳 男性)

みずほ銀行を辞めたい方は正直多い?

残業

まずみずほ銀行を辞めたいと考えている方は非常に多くいらっしゃいます。

GAKU
みずほ銀行に入社や転職をしてくる方々は誰もが知る大企業で安定してそうというイメージを持つ方が非常に多いですが、実は大企業であるがゆえに社内で窮屈さを感じる方が多いです。

またみずほ銀行は大手都市銀行で自社の商品知識は深められますが、他の会社ではその豊富な知識を活かすことができない場合もあります。

このようにみずほ銀行入社前と入社後のギャップが大きく感じる方は、徐々に「みずほ銀行を辞めたい」と強く感じるようになります。

実際にみずほ銀行入社後に後悔してしまう方も一定数いらっしゃいます。

みずほ銀行を辞めたら、後悔する?

彼氏が海外赴任するデメリット

現在みずほ銀行を辞めたい方なら、「みずほ銀行を辞めたら後悔するのか?」について気になる方も多いでしょう。

まず私の友人の元みずほ銀行社員には、実際にみずほ銀行を辞めて後悔した方がおらず、むしろみんなみずほ銀行から転職してよかったと感じています。

なぜなら、たとえみずほ銀行を辞めても、その後高い確率でより良い条件で他社に転職することができるからです。

みずほ銀行のブランド力を活かしつつ、スムーズに最適な転職先を見つけている方が多いです。

少なくとも私の友人の元みずほ銀行社員は、みずほ銀行時代より年収が上がっていますし、素晴らしい待遇やポジションで転職に成功しています。

GAKU
みずほ銀行に勤めながら、まずは転職エージェントに登録し、最適な転職先を見つけましょう。

ちなみにみずほからの転職先は困らない?にも詳しく書きましたが、みずほ銀行から転職する方は金融業界や保険業界など、その後も順調に年収アップ・キャリアアップを実現できます。 

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

【必見】みずほ銀行社員が転職に強い3つの理由

3つ

みずほ社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことがあります。

GAKU
私の周りにも元みずほ社員が数名いるので、実際に彼らの話を聞き、みずほ社員が転職に強い理由がわかりました。

現在みずほに勤めている方であれば、共感できる部分が多いと思います。

みずほ社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・営業力が高い

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

GAKU
まずみずほ社員が転職に強い理由として、企業のブランド力の高さがあります。

現在みずほはグローバルに事業を展開しており、国内に知らない人はいないくらいに企業として高いブランド力があります。

またみずほは日本を代表する大手都市銀行なので、金融業界の中でも優秀な人材が集まるイメージが強いです。

そのような高いブランド力が確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
みずほの転職難易度はとても高いので、転職市場でも重宝されます。

管理職を経験できる

GAKU
次にみずほ社員が転職に強い理由として、管理職を経験できることがあります。

みずほの従業員の平均年齢は40代前半と若くはないですが、年齢が若くても責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースは少なくありません。

実際に新卒でみずほに入社した社員が30代前半から管理職に就くケースも多いです。

みずほでは若い年齢で管理職を経験する可能性が高いため、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

GAKU
みずほと同じように若いうちから管理職を経験できる企業(同業他社)としては、野村證券東京海上日動などがあります。

営業力が高い

GAKU
最後にみずほ社員が転職に強い理由として、営業力の高さがあります。

多くの方がすでにご存知の通り、これまで大手都市銀行としての地位を高めてきたみずほは、今では日本を代表するグローバル企業へと華麗なる変貌を遂げました。

みずほでは普段から営業に関わる業務が多く、営業力が高い方が多いです。

みずほのキャリアとして、様々な業界へ営業職として転職される方は非常に多いです。

ちなみに私の周りの元みずほ社員は国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップしていく傾向が強いです。

GAKU
みずほの海外部門では英語を使う機会が多いので、所属する部署によって高い英語力が求められます。

みずほ銀行社員の主な転職先や業界

転職元、転職先
GAKU
元みずほ社員から聞いたみずほ社員の主な転職先や業界は以下の通り。

みずほからの転職先

みずほからの転職先
・プルデンシャル生命
・日本M&Aセンター
・楽天グループ
・三菱商事
・デロイトトーマツ
・アクセンチュア
GAKU
みずほから転職する方は、プルデンシャル生命や日本M&Aセンターなど金融業界で管理職ポジションとして転職しやすいです。

またデロイトトーマツやアクセンチュアなどの外資系コンサルへのキャリアアップを狙う方も一定数いらっしゃいます。

みずほから進む業界

みずほから進む業界
・金融業界
・保険業界
・人材業界
・外資系企業

またみずほから進む業界は、金融業界や保険業界が多いです。

みずほはこれまで大手都市銀行として事業をグローバルに展開してきましたが、最近では幅広い事業にも力を入れています。

またみずほには英語を使えるグローバル人材が多く、その後思い切って優良外資系企業に転職する方も多いです。

GAKU
みずほから転職しやすい企業や業界には傾向があり、転職エージェントと二人三脚で転職活動をすることで、より効率良く年収UPの転職を実現できます。

ちなみにみずほを退職する理由として、その後思い切って起業をするという方も多いです。

【まとめ】みずほ銀行を辞めたいなら、まず登録しておきたい転職エージェント

今後スムーズにみずほ銀行から転職したいなら、まずは優良企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを強く推奨します。

なぜなら、優良企業は応募者が非常に多く、十分な選考対策ができないと、すぐに選考で落ちてしまうから

数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は、優良企業やグローバル企業の転職支援に強い転職エージェントです。

今後転職を機に確実に年収アップを目指したい方は、まずはJACリクルートメントに登録し、積極的に情報収集を始めましょう。

あなたがみずほ銀行で職務経験がある方なら、今後どの企業でも活躍できるので、まず自信を持って転職活動を始めましょう

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「これから年収UPする方法を聞いてみたい」
「みずほ銀行卒業後のキャリアの選択肢を知りたい」
「上場企業の選考対策について教えてほしい」
「グローバル企業に転職した方が評価されたポイントを知りたい」
「初めて外資系企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に1つでも該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

優良企業に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/