Webマーケティング職の年収は低い?【年収1,000万円狙う方法も公開】

Webマーケティング職の年収は低い

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「Webマーケティング職の年収は低いって聞いたことあるけど、一体本当なのかな?」

年々のインターネットの広告市場が規模拡大している影響もあり、最近はWebマーケティング職に注目が集まっています。

さきに今回の結論から申し上げると、世間一般的に“Webマーケティング職の年収が低いという事実は一切ありません”

確かにWebマーケティング業界のWebマーケティング職の平均年収は高くはありませんが、それはあなたが”企業のサラリーマンとして働く場合のみ”を想定しています。

むしろWebマーケティング職は、個人の努力によっては年収1,000万円以上を十分に狙える魅力的な職業と考えています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「Webマーケティング職の年収と効率よく年収アップする方法」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからWebマーケティング職での転職を目指すなら、まずは“Webマーケティング職の求人が多い転職エージェント”に無料会員登録をしましょう。
Webマーケティング職の求人が多い転職エージェント
doda
リクルートエージェント
ビズリーチ

Webマーケティング職の平均年収はどのくらい?【事実】

まず日本国内におけるWebマーケティング職の平均年収は476万円です(大手転職エージェントdoda調べ)。

日本国内の会社員の平均年収が436万円と言われているので、日本全体の会社員の平均年収と比較すると、“Webマーケティング職はやや高い年収の職種”となります。

ご参考までにWebマーケティング職の年代別の平均年収は以下の通りになります。

年代 平均年収
20代 374万円
30代 468万円
40代 554万円

(doda平均年収ランキングより引用)

とはいえ、上記年代別の平均年収データをみても、正直Webマーケティング職の年収が高いイメージは持ちづらいと思います。

なぜなら、上記データでは、Webマーケティング職が年齢を重ねるにつれ順調に年収が上がるイメージが膨らまないからです。

実はWebマーケティング職は職位として高いと判断する企業に転職すれば年収は高くなり、逆にWebマーケティング職は職位として低いと判断する企業に転職すれば年収は低くなるという側面もあります。

つまり、あなたがWebマーケティング職として転職するなら、まずは“企業内でWebマーケティング職の職位を高く位置付ける企業に就労すること”を強く推奨します。

GAKU
ちなみに世界と比べても日本はまだまだWebマーケティングの職位が低く位置付けられている国の一つです。高度のスキルが必要なWebマーケティング職が世間の共通認識として広がっていないです。

Webマーケティング職で求められるスキルは?

グーグル

ではあなたが今後Webマーケティング職で企業に転職するために、実際に求められるスキルには何があるのでしょうか?

これからWebマーケティング職で転職したいと考えているなら、まずは以下が“鉄板で抑えておきたいスキル”になります。

WEBマーケティング職に必要なスキル
・SEOの概念理解・知識
・アクセス解析・ログ解析
・SNSマーケティング運用
・リスティング広告運用
・ダイナミック広告運用
・動画広告運用
・デジタルマーケティングの知識
・DMP・DSPの理解
・アフィリエイト広告運用
・Office系ツール全般

上記のスキルは企業のWebマーケティング職に就くのであれば、まず身につけておきたい基本的なスキルになります。

横文字ばかりで何が何だかわからない方もいらっしゃるかもですが、ちゃんと1つずつ調べていくと理解できるスキルです。

特にこれからWebマーケティング職未経験の立場で転職をする方であれば、転職活動前に上記スキルは覚えておきましょう。

GAKU
Webマーケティングの仕事はインターネット上で集客を行い、商品やサービスを購入してもらう仕組みを作る仕事です。インターネットが普及する現代では、今後どの企業においても重要な職種になるので、未経験からでもWebマーケティング職は挑戦する価値は高いと考えています。

Webマーケティング職で年収1,000万円狙う方法【必見】

これからWebマーケティング職で年収1,000万円以上を狙いたいなら、まずは“Webマーケティング職を高い職位に位置付ける企業に転職すること”を強く推奨します。

あなたがWebマーケティングのスキルや実績に自信があるなら、企業内で商品やサービスが売れる仕組みを作ることはそこまでハードルが高くないと思います。

企業によっては高いブランド力がある割にマーケティング領域が弱くて、思ったように自社商品やサービスが売れずに、無駄な広告を打ちまくっている(TVCMやデジタル広告など)傾向もあります。

そのような資金(体)力はあるけれどもマーケティング領域が弱い企業であれば、確実に高い年収を払ってでも優秀なWebマーケターを獲得したいと考えています。

あなたが資金力のある企業でWebマーケティング領域で目に見える成果を出すことができれば、いずれあなたは企業にとって手放したくない人材へとなるでしょう。

GAKU
自社のマーケティング力が弱いと認識している大企業は、良い待遇や条件でマーケティング職の求人を出していることが多いです。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

【おまけ】Webマーケティング職は副業でも稼げる!

女性

Webマーケティングの仕事の魅力として、副業としても稼ぎやすいことがあります。

特に会社員の副業として人気があるブログやメディア運営は、会社で学んだWebマーケティングのスキルやノウハウをアウトプットする場としても非常に有効です。

会社員のマーケティング職の給料は低いけれども、業務で培ったWebマーケティングスキルを活用し大きく稼ぎたい場合には、まずは“副業としてブログやWebメディア運営をすること”を強く推奨します。

(世の中には本業のWebマーケティング職よりも副業のブログやメディア運営の方で大きく稼いでいる方は一定数います。)

企業内のWebマーケティング職として年収1,000万円を狙うより”本業のWebマーケティング職と副業を組み合わせて年収1,000万円狙う方がハードルは低い”です。

またあなたがWebマーケターとしてすでに豊富な実績があるなら、わざわざ副業をせずにWebマーケティング職として独立することで、会社での拘束時間は短くなり、さらに収入を大きくすることもできます。

GAKU
最近では企業でWebマーケティング職で勤務する方でも、実は“本業よりも副業の方が収入が多い”なんてこともザラに起こっています。

Webマーケティング職に強い転職エージェント3選

中途採用の条件

これからWebマーケティング職で転職するなら、まず“Webマーケティング職の求人が多い転職エージェントを活用しましょう”

日本国内の転職エージェントの中でも、特に以下の3社は最もWebマーケティング職の求人を取り扱っています。

Webマーケティング職の求人が多い転職エージェント
doda
リクルートエージェント
ビズリーチ

あなたが今後Webマーケターとして様々なキャリアの選択肢を模索したいなら、まずは上記より“複数の転職エージェントに登録すること”を強く推奨します。

複数の転職エージェントに登録することで、あなたの次の転職先の選択肢を増やすことができますし、各転職エージェントごとに求人案件を比較することもできます。

次の転職先の選択肢が多いに越したことはないので、まずは複数の転職エージェントに登録し、あなたに最適な業界や企業を選べる状況を作る努力をしましょう。

あなたが”これから転職活動をするかで今まさに迷っているこの瞬間”も、ライバル達は続々と国内の優良なWebマーケティング職の求人にエントリーしていっています。

GAKU
一般的に転職に成功している方は、複数の転職エージェントを併用していることが多いです。転職エージェントを併用する際は、多すぎず少なすぎずを心掛けましょう。

【まとめ】Webマーケティング職の年収は決して低くない!

今回は、「Webマーケティング職の年収と効率よく年収アップする方法」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、世間一般的に“Webマーケティング職の年収が低いという事実は一切ありません”

国内の会社員の平均年収が436万円と言われているので、むしろ日本全体の会社員の平均年収と比較すると、“Webマーケティング職はやや高い年収の職種”です。

これからWebマーケティング職で年収1,000万円以上を狙いたいなら、まずは“Webマーケティング職を高い職位に位置付ける企業に転職すること”を推奨します。

またWebマーケティングのスキルを活かし副業や独立すると、年収1,000万円以上受け取れる可能性を高めることができます。

Webマーケティングという仕事は年収を大幅にアップできる可能性を秘めているので、もしあなたが迷っているならすぐにでも転職活動を開始することを推奨します。

今後Webマーケティング職はますます人気が高まっていくことは間違いないので、今のうちに国内の優良企業のWebマーケティング職として就労をして、ライバル達と大きく差をつけておきましょう。

Webマーケティング職として、本業でも副業でもバリバリ稼いでいきましょう!

GAKU
最近は国内の大企業でもCMO(Chief Marketing Officer)という企業内の最高マーケティング責任者という名誉ある役職が生まれています。
Webマーケティング職の求人が多い転職エージェント
doda
リクルートエージェント
ビズリーチ

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

Webマーケティング職の年収は低い

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。