Webマーケティング職の年収は低い?【年収1,000万円狙う方法】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「Webマーケティング職の年収が低いって本当?」

年々のインターネット広告市場規模拡大の影響もあり、最近はWebマーケティング職に人気が集まっています。

さきに今回の結論から申し上げると、Webマーケティング職の年収が低いということはありません。

むしろWebマーケティング職は個人の努力によっては年収1,000万円以上を狙うこともできます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「Webマーケティング職の年収と効率よく年収アップする方法」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからWebマーケティング職での転職を目指すなら、まずはWebマーケティング職の求人が多い転職エージェントに登録しましょう。
Webマーケ求人が多い転職エージェント
doda
リクルートエージェント
ビズリーチ

Webマーケティング職の平均年収はどのくらい?

まずWebマーケティング職の平均年収は476万円です(doda調べ)。

日本国内の会社員の平均年収が436万円と言われているので、日本の平均年収と比較すると、Webマーケティング職はやや高い年収の職種となります。

参考までにWebマーケティング職の年代別の平均年収は以下の通りになります。

年代 平均年収
20代 374万円
30代 468万円
40代 554万円

(doda平均年収ランキングより引用)

とはいえ、上記の年代別年収データだけをみても、正直Webマーケティング職の年収は高いというイメージは持ちづらい方は多いはずです。

実はWebマーケティング職は職位として高いと判断する企業に転職すれば年収は高くなり、逆にWebマーケティング職は職位として低いと判断する企業に転職すれば年収は低くなります。

つまり、あなたがWebマーケティング職として転職するなら、企業内でWebマーケティング職の職位を高く位置付ける企業に就労することを強く推奨します。

GAKU
ちなみに日本はまだまだWebマーケティングの職位が低く位置付けられている国の一つです。

Webマーケティング職で求められるスキルは?

ではあなたがWebマーケティング職で企業に転職するために、実際に求められるスキルには何があるのでしょうか?

あなたがこれからWebマーケティング職で転職したいと考えているなら、まずは以下が抑えておきたいスキルになります。

WEBマーケ職のスキル
・SEOの概念理解・知識
・アクセス解析・ログ解析
・SNSマーケティング運用
・リスティング広告運用
・ダイナミック広告運用
・動画広告運用
・デジタルマーケティングの知識
・DMP・DSPの理解
・アフィリエイト広告運用
・Office系ツール全般

上記のスキルは企業のWebマーケティング職に就くのであれば、まず身につけておきたい基本的なスキルになります。

横文字ばかりで何が何だかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんと1つずつ調べていくと理解できるスキルになります。

特にこれからWebマーケティング職未経験で転職する方であれば、転職活動を始める前に上記のスキルはまず覚えるようにしましょう。

GAKU
Webマーケティングの仕事はインターネット上で集客を行い、商品やサービスを購入してもらう仕組みを作る仕事です。インターネットが普及する現代においては、今後どの企業においても重要な職種になるので、未経験からでもWebマーケティング職は挑戦する価値は高いと考えています。

Webマーケティング職で年収1,000万円狙う方法

あなたがこれからWebマーケティング職で年収1,000万円以上を狙いたいのであれば、まずはWebマーケティング職を高い職位に位置付ける企業に転職することを推奨します。

あなたがWebマーケティングのスキルや実績に自信があるなら、企業内で商品やサービスが売れる仕組みを作ることはそこまでハードルが高くないはずです。

企業によってはブランド力がある割にマーケティング領域が弱くて、思ったように自社商品やサービスが売れずに、無駄な広告を打ちまくっている(TVCMやデジタル広告など)傾向があります。

そのような資金力はあるけれどもマーケティング領域が弱い企業であれば、高い年収を払ってでも優秀なWebマーケターを獲得したいと考えるはずです。

あなたが資金力のある企業でWebマーケティング領域で目に見える成果を出すことができれば、いずれあなたは企業にとって手放したくない人材へとなるはずです。

GAKU
マーケティング力が弱いと認識している大企業は、良い待遇や条件で求人を出していることが多いです。

【おまけ】Webマーケティング職は副業でも稼げる!

Webマーケティングの仕事の魅力として、副業としても稼ぎやすいことがあります。

特に会社員の副業として人気があるブログやWebメディア運営は、会社で学んだWebマーケティングのスキルやノウハウをアウトプットする場としても非常に有効です。

会社員のマーケティング職の給料は低いけれども、Webマーケティングスキルを活用し大きく稼ぎたい場合には、まずは副業としてブログやWebメディア運営をすることを推奨します。

またあなたがWebマーケターとして実績があるなら、わざわざ副業をしなくてもWebマーケティング職として独立することで、会社での拘束時間は短くなり、収入を大きくすることもできます。

GAKU
企業でWebマーケティング職で勤務する方の中には、実は本業よりも副業の方が収入が多いなんてこともザラに起こっています。

Webマーケティング職に強い転職エージェント3選

あなたがこれからWebマーケティング職として転職を考えているなら、まずはWebマーケティング職の求人が多い転職エージェントを活用しましょう。

日本国内の転職エージェントの中でも、特に以下3社は最もWebマーケティング職の求人を取り扱っています。

Webマーケ求人が多い転職エージェント
doda
リクルートエージェント
ビズリーチ

それぞれの転職エージェントで特徴はありますが、あなたが今後Webマーケターとして様々なキャリアの選択肢を模索したいなら、まずは複数の転職エージェントに登録することを推奨します。

複数の転職エージェントに登録することで、あなたの次の転職先の選択肢を増やすことができますし、各転職エージェントの求人案件を比較することもできます。

次の転職先の選択肢は多いに越したことはないので、まずは複数の転職エージェントに登録し、あなたに最適な業界や企業を選べる状況を作りましょう。

GAKU
一般的に転職に成功している方は、複数の転職エージェントを併用していることが多いです。

【まとめ】Webマーケティング職の年収は低くない!

今回は、「Webマーケティング職の年収と効率よく年収アップする方法」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、Webマーケティング職の年収が低いということはありません。

むしろWebマーケティング職は個人の努力によっては年収1,000万円以上を狙うこともできます。

あなたがこれからWebマーケティング職で年収1,000万円以上を狙いたいのであれば、まずはWebマーケティング職を高い職位に位置付ける企業に転職することを推奨します。

Webマーケ求人が多い転職エージェント
doda
リクルートエージェント
ビズリーチ

またWebマーケティングのスキルを活かして副業や独立をすると、さらに年収1,000万円以上を受け取れる可能性を高めることができます。

Webマーケティングという仕事には年収を大幅にアップできる高い可能性を秘めているので、もしあなたが迷っているならすぐにでも転職活動を開始することを推奨します。

Webマーケティング職として、本業でも副業でもバリバリ稼いでいきましょう。

GAKU
最近では日本国内の大企業でもCMO(Chief Marketing Officer)という企業内の最高マーケティング責任者という名誉ある役職が生まれています。

\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。