アップルの就職難易度は高い?採用条件や効率よく転職するコツ

Appleの就職難易度は高い

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「アップルジャパン(Apple Japan)への転職難易度はぶっちゃけ高いの?」

“iPhoneやMacを代表とする革命的で素晴らしいスマホやコンピュータ製品”を続々と世の中に送り出す“アップルジャパン”

アメリカのカリスマ創業者であるスティーブ・ジョブズが立ち上げたグローバル企業ということもあり、国内でもアップルへの転職希望者は非常に多く人気があります。

さきに結論から申し上げると、“アップルジャパンへの転職難易度は高い”です。

しかしながら、アップルジャパンでは未経験でも応募可能な職種もあるため、あなたがアップルで働くことに興味があるなら、挑戦する価値は高いと考えています。

アップルを含む外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録して、ポジションに空きが出次第、すぐにエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アップルの転職難易度と効率よく転職するコツ」についてご紹介します。

アップルに転職するなら?
JACリクルートメント今後アップルへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが強いため、アップルをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

アップルの就職難易度は高い?

アップル

まず“アップルの転職難易度は高い”です。

アップルは充実した福利厚生やワークライフバランスが整った労働環境はもちろんのこと、世界的に知名度が高いグローバルカンパニーのため、日本国内の転職者にとって非常に人気がある企業の一つです。

またアップルの販売職では基本的に即戦力人材を求めているので、ほとんどのポジションで5年以上の販売職経験、もしくはそれに劣らない知見やスキルが求められます。

もちろんアップルの製品が好きであることはとても重要な要素ですが、アップルの枠を超えてコンピューター関連製品に明るい方が採用されやすい傾向があります。

とはいえ、アップルでは転職エージェントを通じて、常に未経験でも応募可能な職種を募集しているので、誰にだってアップルに転職できるチャンスはあります。

GAKU
アップルで正社員の勤務経験があれば、その後IT業界や外資系でキャリアアップしやすいです。
GAFAの転職難易度

GAFAの転職難易度は超高い?【転職を有利に進める方法まで伝授】

2021年10月3日

アップルへ転職する方の転職元、転職先は?

転職元、転職先

アップルへ転職する方の主な転職元や転職先については、以下の通りです。

なんとなくアップル転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。

アップルへ転職する方の転職元

アップルへ転職する方の転職元
・Google
・Amazon
・Facebook

・マイクロソフト
・日本IBM
・楽天

GoogleやAmazonなどの大手グローバル企業で働いた経験がある方は、比較的アップルに転職しやすい傾向にあります。

また楽天やヤフーなどの日本のIT大手もインターネットに明るい会社なので、アップルとしては大歓迎の人材になります。

アップルからの転職先

アップルからの転職先
・Google
・Amazon
・Facebook

・DeNA
・ヤフー
・楽天

上記からわかる通り、アップルから転職する方は、GoogleやAmazonなどのグローバル企業や日本国内IT大手のDeNAやヤフー、楽天などに転職しやすい傾向にあります。

GAKU
やはりアップルに転職しやすい業界やアップルから転職しやすい業界には傾向があります。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

アップルへ中途入社するための条件は?

条件

アップルへ転職する方には、大きく以下5つの条件が求められます。

あなたが全ての条件に該当していれば、アップルに転職できる可能性は高いので、まずはチェックしてみましょう。

アップル中途入社の条件
・成果主義思考の方
・アップル製品に詳しい方
・コミュニケーション能力が高い方
・英語スキルがある方
・外資系で働きたい方

上記の条件すべてに該当していれば、あなたが“アップルで即戦力人材になれる可能性は極めて高い”です。

またこれまでアップルとはまったく畑違いの業界で勤務していたとしても、アップルの商品知識がある方なら、まずアップルでは即戦力人材になれるでしょう。

GAKU
アップルでは常に様々なポジションで人材を募集しているので、上記に1つでも該当するものがあれば、エントリーする価値は高いです。
英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

アップルに効率よく転職するためのコツ【まず知りたい】

女性

これからあなたがアップルに効率よく転職したいと考えているなら、“国内の外資系企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を強く推奨します。

もちろんアップルジャパン公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、これまで外資系企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、アップルジャパンでは外資系企業特有の選考手法があり、あなたは十分に選考対策ができないままに転職活動に臨む形になってしまうからです。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もアップルへの転職に近い転職エージェントです。

アップルに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持ちます。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と本気で考えている方にとって、まず最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚くサポートしてくれるので、人生初めての外資系企業への転職も安心して進めることができます。

アップルジャパンにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録しておいて間違いない転職エージェントです。

現在のあなたが最短距離でアップルジャパンに転職したいなら、まず「JACリクルートメント」に登録をしておきましょう。

あなたが万が一アップルに転職できなくても、国内の外資系優良求人に出会えることはまず間違いないので、まずJACリクルートメントには会員登録すべきです。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由でアップルジャパンに転職を決めています。転職活動はあなたの能力の高さ以上に“効率の良さ”が重要です。効率よく年収アップ・キャリアアップしたいなら、JACリクルートメントははじめに登録すべき転職エージェントです。

【まとめ】アップルの就職難易度は高い!

アップルの就職難易度

今回は、「アップルの転職難易度と効率よく転職するコツ」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、“アップルの転職難易度は高い”です。

もともとグローバル企業や日本国内のIT大手企業で職歴を積んできた優秀な人材がアップルに転職してくる傾向にあります。

アップル中途入社の条件
・成果主義思考の方
・アップル製品に詳しい方
・コミュニケーション能力が高い方
・英語スキルがある方
・外資系で働きたい方

しかし、アップルジャパンでは常に様々なポジションで求人を募集中なので、あなたの希望する職種とアップルジャパンが募集する人材がマッチすれば、アップルへ転職できる可能性は高くなります。

アップルへの転職は難しいからと諦めるのではなく、あなたがアップルに興味があるなら、転職支援のプロである転職エージェントを上手く活用しつつ、まずアップルジャパンの求人情報を収集しましょう。

これからアップルへの転職を実現したいなら、まずはアップルを含む外資系企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談することからはじめましょう。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層の転職支援をしているので、かなりの高い確率でアップルをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

アップルを含む外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

アップルに転職するなら?
JACリクルートメント今後アップルへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが強いため、アップルをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

Appleの就職難易度は高い

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。