ボストンコンサルティングの転職難易度は高い?【最新版】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「ボストンコンサルティングの転職難易度は高いの?」

“世界最大規模の戦略系コンサルファーム”の異名を持つボストンコンサルティング。

世界50カ国90以上の都市にオフィスを構える、グローバルなコンサルティングファームの一つです。

さきに結論から申し上げると、ボストンコンサルティングへの転職難易度はかなり高いです。

しかし、ボストンコンサルティングの日本法人では、常にデータサイエンティストやエンジニアなど幅広い職種で人材を募集しているため、常に転職できるチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「ボストンコンサルティングの転職難易度と転職を有利に進めるコツ」について詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからボストンコンサルティングへの転職を目指すなら、まずはコンサル業界の転職支援に強い「アクシスコンサルティング」に登録しましょう。

>>アクシスコンサルティングに無料登録する

ボストンコンサルティングの転職難易度は高い?

まずボストンコンサルティングへの転職難易度は“かなり高い”と言えます。

ボストンコンサルティングは中途採用の募集枠が多いですが、世界的にも知名度が高いグローバルコンサルファームのため、日本国内の転職者にとって非常に人気があります。

ボストンコンサルティングに転職する方の多くは、非常にレベルが高く高学歴であることも多いため、書類選考の時点で落とされる方も少なくありません。

また外資系企業ですので、ビジネスの現場で通用する語学力や人間力なども見られます。

特にボストンコンサルティングの選考では、求職者に以下3つの能力が求められます。

ボストンコンサルティングで求められる能力
・SPIの正解率9割以上
・高い思考力
・高いコミュニケーション能力

まずボストンコンサルティングでは選考ステップで受検するSPIで高い正解率が設定されており、ここで大多数の求職者が選考に落ちてしまいます。

続いてボストンコンサルティングの現役コンサルタントとのケース面接があり、そこであなたの高い思考力や高いコミュニケーション能力を確認します。

このようにボストンコンサルティングでは選考期間で求職者の様々な能力を確認しているため、転職難易度は非常に高いと言えます。

特にこれから初めてコンサル業界に転職する方は、ボストンコンサルティングの選考対策を十分に行った上で、ボストンコンサルティングにエントリーすることを推奨します。

>>アクシスコンサルティングに無料登録する

ボストンコンサルティングへ転職する方の転職元、転職先は?

ボストンコンサルティングへ転職する方の転職元や転職先については、以下の通りです。

ボストンコンサルティング転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。

ボストンコンサルティングへ転職する方の転職元

ボストンコンサルティングへ転職する方の転職元
・大手Sler
・総合商社
・メガバンク

大手Slerや総合商社で職歴がある方は、ボストンコンサルティングに転職しやすい傾向にあります。

また三菱UFJ銀行などのメガバンクなどからも優秀な人材を獲得しています。

ボストンコンサルティングからの転職先

ボストンコンサルティングからの転職先
・総合商社
・外資系ファンド
・外資系コンサルファーム

・大手IT企業

上記からもわかる通り、ボストンコンサルティングから転職する方は総合商社をはじめ、外資系ファンドや外資系コンサルファームに転職しやすい傾向にあります。

日本最大手のIT企業である楽天などの管理部門に転職する方も非常に多いです。

GAKU
やはりボストンコンサルティングに転職しやすい業界やボストンコンサルティングから転職しやすい業界には傾向があります。

ボストンコンサルティングへ転職する方の特徴

ボストンコンサルティングへ転職する方には、大きく以下5つの特徴があります。

あなたがいずれかの特徴に該当していれば、ボストンコンサルティングへ転職できる可能性は高いので、まずチェックしてみましょう。

ボストンコンサルティングへ転職する方の特徴
・成長意欲が高い方
・高い思考力をお持ちの方
・コミュニケーション能力が高い方
・英語スキルがある方
・マネジメント経験が豊富な方

上記いずれかに該当する内容があれば、あなたがボストンコンサルティングで即戦力人材になれる可能性は高いです。

またこれまでボストンコンサルティングとはまったく畑違いの業界で勤務していたとしても、マネジメント経験が豊富な方なら、ボストンコンサルティングで即戦力人材になれる可能性は高いです。

GAKU
ボストンコンサルティングでは常に様々なポジションで人材を募集しているので、上記に一つでも該当するものがあればエントリーする価値は高いです。

ボストンコンサルティングへの転職を有利に進めるコツ

これからボストンコンサルティングへの転職を有利に進めたいと考えているなら、コンサル業界の転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

もちろんボストンコンサルティング公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、これまでにコンサル業界や外資系企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、ボストンコンサルティングではケース面接などのコンサルファーム特有の選考手法があり、十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「アクシスコンサルティング」は最もボストンコンサルティングへの転職に近い転職エージェントです。

ボストンコンサルティングに転職するなら?
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサル業界の転職支援に強みを持っています。

コンサル業界で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方に最適な転職エージェントです。

アクシスコンサルティングで取り扱う求人全体の約77%はアクシスコンサルティングにしかない非公開求人のため、求職者は大きなアドバンテージを持って転職活動を進めることができます。

ボストンコンサルティングにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録しておいて間違いない転職エージェントです。

アクシスコンサルティングではボストンコンサルティングの他にも大手外資系コンサルファームの独占求人を取り扱っているため、これからコンサル業界でキャリアアップしたい方はまず登録しておきましょう。

GAKU
実際に私の友人の一人もアクシスコンサルティング経由でボストンコンサルティングに転職を決めています。

【まとめ】ボストンコンサルティングへの転職に挑戦しよう!

今回は、「ボストンコンサルティングの転職難易度と転職を有利に進めるコツ」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、ボストンコンサルティングの転職難易度はかなり高いです。

もともと大手Sler、総合商社、メガバンクなどで職歴を積んできた優秀な人材がボストンコンサルティングに転職してくる傾向にあります。

ボストンコンサルティングへ転職する方の特徴
・成長意欲が高い方
・高い思考力をお持ちの方
・コミュニケーション能力が高い方
・英語スキルがある方
・マネジメント経験が豊富な方

しかしながら、ボストンコンサルティングでは常に様々なポジションで求人を募集しているので、あなたの希望する職種とボストンコンサルティングが募集している人材がマッチすれば、自然とボストンコンサルティングへ転職できる可能性は高くなります。

ボストンコンサルティングへの転職ハードルは高いですが、あなたが外資系コンサルファームに興味があるなら、転職支援のプロである転職エージェントを上手く活用しながら、積極的にボストンコンサルティングの求人情報を収集しましょう。

これからボストンコンサルティングへの転職を実現したいなら、まずはボストンコンサルティングを含む外資系コンサルファームへの転職支援に強い「アクシスコンサルティング」に相談することからはじめましょう。

アクシスコンサルティングは、コンサル業界で約3,000名の現役コンサルタント、約10,000名の求職者の転職支援をした実績があるので、かなりの高い確率でボストンコンサルティングをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれるはずです。

これからコンサル業界で年収を上げたい、キャリアアップしたいと考えているなら、まずはアクシスコンサルティングの優秀なコンサルタントに相談しましょう。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。