外資系航空会社CAに転職するためには?日系航空会社との違い

外資系企業に強い転職エージェント3選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
無料登録はこちら
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
無料登録はこちら
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
無料登録はこちら

※全て無料で会員登録できます

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!年収上げるなら登録すべき転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系航空会社のCAになるためには、どうすればいいの?」

外資系航空会社のカッコいい制服に憧れて、外資系航空会社CAを目指している方は少なくないはず。

とはいえ、具体的にどのような流れで転職すればいいのかわからない方は多いはずです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系航空会社CAに転職するための方法」についてどこよりも詳しくご紹介します。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

\60秒で簡単登録/

外資系CAと日系CAの違い
・募集方法
・勤務路線
・給料

1つずつみていきましょう。

募集方法

まず外資系と日系ではCAを募集する方法が異なります。

外資系では不定期にCAの募集が行われますが、日系では年1回など定期的にCAの募集が行われます。

また外資系の場合は応募するCAの身長やアームリーチが通過する条件であることもありますが、日系の場合はそのような条件はあまりありません。

勤務路線

次に外資系と日系では勤務する路線が違います。

外資系の勤務路線は国際線のみですが、日系は国際線と国内線のハイブリッド型です。

色んな国や地域に足を運びたい方は国際線しかない外資系を好んで選びますし、日本国内で時差なく楽しみたい方は国内線もある日系を好んで選びます。

若いうちに動けるうちに国際路線で乗務して経験を積みたいと考える方も多くいらっしゃいます。

給料

最後に外資系と日系では受け取る給料が異なります。

外資系では外資系航空会社の本部がある国の通貨で給料が支給され、日系では当然日本円で給料が支給されます。

その時のレートによってもどちらがお得なのかはわかりませんが、基本的には日系よりも外資系の方が給料が多い印象があります。

毎月実際に受け取る給料を比較して、外資系か日系かを決める方も多いです。

外資系CAに転職で求められるスキル

外資系CAに転職で求められるスキルは、主に以下2つあります。

外資系CAに求められるスキル
・英語力
・精神力

1つずつみていきましょう。

英語力

あなたが外資系航空会社のCAを目指すなら、まずは英語力が必要になります。

現在あなたが興味を持っている企業のCA募集要項を見ると、あなたに求められる英語力のレベルがわかります。

基本的にはTOEIC700点以上の英語レベルが必要な場合が多いです。(※アジアのLCCの場合、TOEIC400点で通過することもあるようです。)

また外資系航空会社に無事内定すると、その後数ヶ月間の訓練が用意されています。

この数ヶ月の訓練では、様々な国や地域の外国人と全て英語でトレーニングを受けることになります。

精神力

あなたが外資系航空会社のCAを目指すなら、次に精神力が必要になります。

外資系航空会社にCAとして転職するということは、異国の地に居住することを意味します。

慣れない土地で暮らしていくことに自信がない方や常に家族といないと落ち着かない方にとっては、異国の地に1人で居住することは不安でしかないはずです。

一方で同じ時期に外資系航空会社に入社した外国人の同期や一緒に勤務することが多い上司などと人間関係を構築できれば、異国の地での生活は楽しい時間へと変わっていくでしょう。

とはいえ、精神的にある程度タフでないと、外資系CAへの道のりは険しいと言えるでしょう。

外資系CA転職に最適な方

外資系CA転職に最適な方は、以下いずれかに該当する方です。

外資系CA転職に最適な方
・向上心がある
・精神的にタフ
・英語でコミュニケーションできる
・色んな国や地域を旅したい
・若いうちはバリバリ働きたい

外資系CAへの転職は働く環境や暮らす環境が大きく変わるのでその分エネルギーを使いますが、見方を変えればCAとしてキャリアアップができたり、色々な国や地域を旅できるメリットがあります。

普段から向上心があって、精神的にタフである程度英語でコミュニケーションが取れる方であれば、外資系CAには最適かもしれません。

あなたが外資系航空会社で働くことができたら、今後あなたの働くフィールドは世界中に広がります。

外資系CAを目指すなら、エアラインスクールも検討すべき!

今回は、「外資系航空会社CAに転職するための方法」について詳しくご紹介してきました。

外資系CAへの転職は日系CAへの転職よりもややハードルが高いですが、一度あなたが外資系CA転職ができれば、たくさんのメリットを享受することができます。

外資系CAに求められるスキル
・英語力
・精神力
外資系CA転職に最適な方
・向上心がある
・精神的にタフ
・英語でコミュニケーションできる
・色んな国や地域を旅したい
・若いうちはバリバリ働きたい

もちろん航空業界から全く異なる業界から外資系CAを目指すこともできますが、これから効率よく外資系CAに転職したいなら、エアラインスクールへ通うことも効果的です。

日本国内で知名度が高いエアラインスクールですと、「アビオンエアラインスクール」「神田外語学院」「CAコンシェルジュ」などがあります。

あなたのお住まいの地域から通えるエアラインスクールを見つけることができたら、あとは実際に今後CAとして必要なスキルを一つずつ身につけていくだけです。

外資系航空会社は不定期にCA募集を行なっているため、しっかりと準備を進めて、いつでもエントリーできるような状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり求人の質や転職サポートの質は非常に高いと感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

\60秒で簡単登録/

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

私や私の友人・知人は、転職活動の際に複数の転職エージェントに登録して各社を比較することが多いです。

各転職エージェントの求人案件を比較することで、より良い魅力的な求人に出会う確率を高めることができるからです。

本当は自分に最適な求人があったのに、転職エージェントを1つしか利用していなかったばかりに、あなたに最適な求人を見過ごしてしまうことが最ももったいないことです。

実際に転職が完了した時点で、あとから本当はもっと良い条件で転職することができたのに。。と後悔する方も多いです。

転職エージェントは必ず2-3社同時に登録して、あなたの転職を成功に近づけましょう。

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後人生初の外資系に転職する外資系転職を機に大幅に年収を上げたいと考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後様々な外資系企業の求人案件を見たい転職を機に大幅に年収を上げたいと考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

\60秒で簡単登録/

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!年収上げるなら登録すべき転職エージェント5選