【事務職の給料が上がらない。。】平均年収と給料を上げるコツを公開

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「事務職として働いているけど、まったく給料が上がらないどころか、これからも給料が上がる気配がない。。まじでどうすればいいんだ。。」

現在事務職として働いていて全然給料が上がらずに将来を不安に思っている方は多くいらっしゃるはずです。

また世間一般的に事務職の給料は低いイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「事務職の給料が上がらない最大の理由とこれから給料を上げるコツ」について詳しくご紹介していきます。

あなたがこれから事務職として今よりも高い給料を受け取りたいなら、まずは外資系事務職の転職支援に強い「ランスタッド」に無料登録をしましょう。

>>ランスタッドで優良求人を探す

事務職の給料が大幅に上がらない最大の理由

まずそもそもなぜ事務職の給料は上がらないのでしょうか?

あなたがまずここを理解できると、これから事務職として給料を上げていくことはできるでしょう。

事務職の給料が大幅に上がらない最大の理由としては、“基本的に事務職はルーティン業務が多いから”です。

そもそも会社から従業員に支払われる給料は、従業員が会社に対して貢献した対価として支払われるものです。

あなたが営業社員として会社の売上や利益に大きく貢献したら給料は上がりやすいですが、一方で事務職のように毎日同じ業務を繰り返し行うような働き方だと会社としては給料を上げづらいです。

もちろん現在事務職として働いている方の中には「私がやっている仕事は私にしかできない」と思うかもしれませんが、結局は誰もができる業務の方が多かったりします。

事務職の給料はじわじわと上がっていくことはありますが、大幅に上がるようなことはまずありません。

GAKU
あなたの周りの事務職の先輩を見てもなかなか給料が上がってないと感じることは多いはずです。

事務職の平均年収はいくら【男女別】

では日本国内の事務職の平均年収はいくらなのでしょうか?

事務職の平均年収を知ることで今の自分は適正な給料を受け取っているのかを判断できるはずです。

事務職の平均年収

(dodaの職種別平均年収より抜粋)

2020年に大手転職エージェントdodaが発表した職種別平均年収データによると、一般事務職の平均年収は男性が391万円女性が317万円となっています。(doda職種別平均年収データ)

ちなみに上記の年収は年2回のボーナス額も含めたものになっているので、実際に受け取っている月給は少ないはずです。

とはいえ、翻訳や秘書・法律事務などの資格や能力が必要な事務職は年収が高いので、一概に事務職の平均年収が低いとは言い切れません。

GAKU
しかしながら、上記のデータからも分かる通り、世間一般的に事務職の年収が上がりづらいということは理解いただけるでしょう。

【再現性◎】事務職で給料を上げる3つのコツ

あなたがこれから事務職として給料を上げたいなら、主に以下3つのことを実践しましょう。

このままズルズルと安い給料で働きたくないと思っているなら、まず現状を改善することから始めましょう。

事務職で給料を上げる3つのコツ
・会社に忠誠心を誓う
・資格やスキルを取得する
・転職をする

1つずつ紹介していきます。

会社に忠誠心を誓う

まず事務職で給料を上げるために、“会社に対して忠誠心を誓うこと”は有効です。

日本国内においては世間一般的に女性が事務職として働くことが多く、結婚や出産などのタイミングで退職をする方も非常に多いです。

そんな中あなたが会社に対してこれからも働き続けるというアピールをすることで、じわじわとあなたの給料が上がる可能性は高まります。

事務職として急激に給料が上がることはないかもしれませんが、あなたが年齢を重ねるたびに会社も給料を上げてくれることは間違いないです。

GAKU
特に年功序列の文化が浸透している日系企業では、長く勤める事務職には高い給料を支払うことも多いです。

資格やスキルを取得する

次に事務職で給料を上げるために、“資格やスキルを取得すること”も有効です。

あなたが他の事務職が持っていない資格やスキルを保有していれば、会社にとってあなたは絶対に手放したくない存在になります。

もちろんあなた自身の事務職としての業務の幅が広がるので、会社もいずれはあなたの給料を上げないといけない状況になるはずです。

今の会社に勤めながらあなたがこれまで以上に事務職として飛躍できる資格やスキルの取得に努めましょう。

GAKU
例えば事務職の仕事の幅を広げる資格として、「日商簿記検定」「秘書技能検定」「MOS」「ビジネス文書検定」「日商PC検定」などがあります。

転職をする

最後に事務職で給料を上げるために、“転職をすること”も有効です。

やはり同じ事務職の仕事をしていたとしても、実際にあなたが勤める業界や企業によって受け取る給料額は異なります。

例えば現在も成長が著しいIT業界や収益が安定している通信業界などで事務職として勤めれば給料は高い傾向にありますし、一方成長が鈍化している製造業界や積極的に人員削減をしている金融業界などで事務職として勤めれば給料は低い傾向にあります。

あなたが現在勤めている会社でなかなか給料が上がる気配がないと感じるなら、まず成長が著しい業界や企業に転職されることを強く推奨します。

GAKU
あなたが働く業界や企業を変えるだけで、大幅に給料が上がることは全然あります。

【必見】最も効率よく事務職の給料を上げる方法

現在事務職として給料が上がらないあなたが今後事務職として最も効率よく給料を上げたいなら、まずは“日本国内にある外資系企業の事務職に転職すること”を強く推奨します。

なぜなら、海外から日本に進出する外資系企業は資本力のある企業が多く、一般的に低収入のイメージが強い事務職でも高い給料を受け取れる可能性が高いからです。

もちろん企業によっては事務職にも最低限の英語力が求められる場合もありますが、英語力がなくても外資系企業に事務職として転職することは難しくありません。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「ランスタッド」は日本国内の外資系企業の転職支援に強く、事務職やオフィスワークに特化した転職支援も行っています。

外資系企業の求人案件の中には未経験OKの仕事もあるので、より効率よく事務職として給料を上げたい方はまず登録すべき転職エージェントです。

>>ランスタッドで優良求人を探す

【まとめ】事務職の給料が上がらないなら、今すぐ転職すべき!

今回は、「事務職の給料が上がらない最大の理由とこれから給料を上げるコツ」について詳しく紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、事務職の給料が上がらない最大の理由は、“基本的に事務職はルーティン業務が多いから”です。

そのため、あなたが今後事務職として給料を上げたいなら、まずは以下3つのことを実践されることを推奨します。

事務職で給料を上げる3つのコツ
・会社に忠誠心を誓う
・資格やスキルを取得する
・転職をする

特に現代においては事務職の方も積極的に転職をし給料を上げているため、今勤めている会社で今後も給料が上がることはないと感じているなら、すぐにでも転職をした方がいいでしょう。

あなたがこれから事務職としてさらなるキャリアアップ・年収アップを実現されることを心より応援しています。


\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。