グーグルに転職するためには高い英語力が必要?採用基準など

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「グーグルに転職するには高い英語力が必要?」

世界最大の検索エンジン、オンライン広告、クラウドサービスなどを提供する“グーグル”

グーグルはGAFAと呼ばれる世界中で最も利益をあげている企業の一つのため、日本国内の求職者にとっても非常に人気がある転職先企業の一つです。

さきに結論から申し上げると、グーグルに転職するためにはビジネスレベルの高い英語力が求められます。

そのため、あまり英語力に自信がない方にはグーグルへの転職は推奨できません。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「グーグルに転職するために必要な英語力や採用基準」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからグーグルをはじめとする外資系IT企業への転職を目指すなら、まずはミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

グーグルへの転職は高い英語力が必要?

まずさきに結論から申し上げると、グーグルへの転職には高い英語力が必要になります。

具体的にはTOEICスコアでできれば900点以上の英語力(最低でもTOEICスコア800点以上)、またそれに準ずるスピーキングスキルが必要になります。

グーグルは世界を代表するグローバル企業ということもあり、やはり日本国内のグーグルオフィスにおいてもそれ相応の英語力は求められます。(海外大学出身者も多く在籍しています。)

実際にグーグルの採用面接では、履歴書や職務経歴書を英語で表記することがありますし、面接自体が英語でやり取りされることもあります。

そのくらいグーグルでは英語でスムーズにコミュニケーションが取れる人材が重視されるため、あまり英語力に自信がない方には最適な転職先とは言えません。

GAKU
ちなみに私の友人の一人はTOEICスコアが920点ありましたが、グーグルの転職試験では落ちてしまいました。それくらい厳しい世界です。

グーグルの転職難易度はとても高い!

グーグルの転職難易度は“とても高い”と言えます。

グーグルは中途採用での募集枠が多いですが、世界的にも知名度が高いインターネット企業のため、日本国内の転職者にとっても非常に人気があります。

普段の生活でも私たちは一度はグーグルのサービスを使った経験はあるでしょう。

またグーグルは現在世界50ヶ国70以上の地域にオフィスを構えているため、日本国内であっても求職者には高い英語力が求められます。

グーグルに応募する求職者のレベルも非常に高いため、かなり競争率は高いと言えます。

とはいえ、グーグルでは常に多種多様な人材を積極的に採用しているため、あなたに最適な求人案件があれば挑戦する価値は高いと考えています。

GAKU
グーグルの選考では、主に“あなたのこれまでの職歴や保有するスキルを活かしてどうグーグルに貢献できるのか”を聞かれます。

グーグルへの転職に学歴・年齢は関係ない

正直ベースで申し上げると、グーグルへの転職に学歴・年齢は関係ありません。

実際にグーグルの採用面接では面接官から年齢や学歴に関わることは一切話さないことの方が多いです。

その代わりに専門性の高さやビジネスレベルの英語力が求められます。

グーグルへの転職に必要なもの
・専門性の高さ
・ビジネスレベルの英語力

1つずつ紹介していきます。

専門性の高さ

まずグーグルでは常に職種特化型で人材を募集しているので、あなたのこれまでの職歴や培ってきたスキルや専門性の高さが最も重要視されます。

与えられたミッションの中で最大限のパフォーマンスを発揮することが前提になっているため、多くの日系企業のように同時に手広く様々な業務を行うようなことはありません。

特にグーグルではエンジニアの職種は重要な役割を担っているため、それぞれの役割分担が細かく、他の職種よりも年収が高い傾向にあります。

ビジネスレベルの英語力

次にグーグルではビジネスレベルの英語力が求められます。

このスキルがないと、まずグーグルで働くことは難しいでしょう。

実際にグーグルへ転職する際の履歴書や職務経歴書から英語で表記することもありますし、選考期間も英語でやりとりを進めることが多いです。

様々な国や地域の従業員で構成されている外資系企業で働くのであれば、やはりビジネスレベルの英語力は必須条件となります。

現時点で英語力に自信がない方は、現職に勤めながらコツコツと英語力を高めておきましょう。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

グーグルに効率よく転職するためのコツ

これからグーグルに効率よく転職したいと考えているなら、外資系企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

もちろんグーグル公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、外資系企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、グーグルでは外資系企業特有の選考手法があり、十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もグーグルへの転職に近い転職エージェントです。

グーグルに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めての外資系企業転職も安心して進めることができます。

グーグルにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由でグーグルに転職を決めています。

グーグルに転職するなら、まず英語力を磨こう!

今回は、「グーグルに転職するために必要な英語力や採用基準」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、グーグルに転職するためにはビジネスレベルの高い英語力が求められます。

具体的にはTOEICスコアでできれば900点以上の英語力(最低でもTOEICスコア800点以上)、またそれに準ずるスピーキングスキルが必要になります。

またグーグルは超人気企業なので多くの求職者にとって、狭き門であることは紛れもない事実です。(もちろん、その分挑戦してみる価値は高いですす。)

グーグルへの転職に必要なもの
・専門性の高さ
・ビジネスレベルの英語力

またグーグルに転職するためには最低限上記2つのスキルは求められるので、あなたが将来的にグーグルで働きたいと考えているなら、現職で働きつつ専門性と英語力を磨いておくことを推奨します。

これからグーグルへ転職したいなら、まずはグーグルを含む外資系IT企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談することからはじめましょう。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率でグーグルをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。