グーグルに転職するためには高い英語力が必要?採用基準なども公開

グーグルの転職に高い英語力は必要

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「グーグルに転職するためには、やっぱり高い英語力が必要なの?」

世界最大の検索エンジン、オンライン(インターネット)広告、クラウドサービスなどを提供する“グーグル(Google)”

グーグルはGAFAと呼ばれる世界中で最も売上や利益をあげている企業の一つのため、日本国内の求職者にとっても非常に人気がある転職先企業の一つです。

さきに今回の結論から申し上げると、グーグルに転職するためには、“ビジネスレベルの高い英語力”が求められます。

そのため、あまり英語力に自信がない方にはグーグルへの転職は推奨できません。

グーグルを含む外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「グーグルに転職するために必要な英語力や採用基準」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

これからグーグルをはじめ外資系IT企業への転職を目指すなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。
グーグルに転職するなら?
JACリクルートメント今後グーグルへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが強く、グーグルをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

グーグルへの転職は高い英語力が必要?【事実ベース】

外資働くドットコム

まず結論から申し上げると、“グーグルへの転職には高い英語力が必要です”

具体的にお伝えすると、TOEICスコアでできれば“900点以上の英語力”(最低でもTOEICスコア800点以上)、また“それに準ずるスピーキングスキル”が必要になります。

グーグルは世界を代表するグローバル企業なので、国内のグーグルオフィスにおいても相応の英語力は求められます。(海外大学出身者も多く在籍しています。)

実際にグーグルの採用面接では、履歴書や職務経歴書を英語で表記することがありますし、そもそもの面接自体が英語でやり取りされることも多いです。

そのくらいグーグルでは英語でスムーズにコミュニケーションが取れる人材が重視されるため、あまり英語力に自信がない方にはまず最適な転職先とは言えません。

GAKU
ちなみに私の友人の一人はTOEICスコアが920点ありましたが、グーグルの転職試験では落ちてしまいました。英語力が高いだけでもグーグルに転職することはできません。それくらい厳しい世界です。
グーグルの転職に最適な年齢

グーグルへの転職に最適な年齢は?必要な経験やスキルは?

2021年6月21日

グーグルの転職難易度はとても高い!【知らないと損】

グーグルの転職難易度はとても高い”です。

グーグルは中途採用での募集枠が多いですが、世界的にも知名度が高いインターネット企業のため、やはり日本国内の転職者にとっても非常に人気があります。

普段の生活でも私たちは一度はグーグルのサービスを使った経験はあるでしょう。

(それくらい日本国内で多くの方が普段の生活でグーグルを活用しています。)

またグーグルは現在世界50ヶ国70以上の地域にオフィスを構えており、国内であっても求職者に高い英語力が求められます。

グーグルに応募する求職者のレベルも非常に高いため、かなり競争率は高いです。

とはいえ、グーグルでは常に多種多様な人材を積極的に採用しているため、あなたに最適な求人案件があればまず挑戦(エントリー)する価値は高いです。

GAKU
グーグルの選考では、主に“あなたのこれまでの職歴や保有するスキルを活かしてどうグーグルに貢献できるのか”を聞かれます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

グーグルへの転職に学歴・年齢は関係ない【みんな知らない】

海外赴任に失敗

正直ベースで申し上げると、“グーグルへの転職に学歴・年齢は関係ありません”

実際にグーグルの採用面接では、面接官があなた(求職者)の年齢や学歴に関わることを話さないことの方が多いです。

その代わりに“専門性の高さ”“ビジネスレベルの英語力”が求められます。

グーグルへの転職に必要なもの
・専門性の高さ
・ビジネスレベルの英語力

1つずつ紹介していきます。

専門性の高さ

まずグーグルでは常に職種特化型で人材を募集しているので、あなたのこれまでの職歴培ってきたスキル専門性の高さが最も重要視されます。

企業文化的にも与えられたミッションの中で最大限のパフォーマンスを発揮することが前提になっているため、多くの日系企業のように同時に手広く様々な業務を行うようなことはありません。

特にグーグルではエンジニアの職種は重要な役割を担っているため、それぞれの役割分担が細かく、他の職種と比べて年収が高くなる傾向にあります。

グーグル(日本)の平均年収

グーグル(日本)の平均年収は超高い!?【効率よく転職する方法を伝授】

2021年7月21日

ビジネスレベルの英語力

次にグーグルではビジネスレベルの英語力が求められます。

このスキルがないと、まずあなたがグーグルで働くことは難しいでしょう。

実際にグーグルへ転職する際の履歴書や職務経歴書から英語で表記することもありますし、選考期間も英語でやりとりを進めることが多かったりします。

様々な国や地域の従業員で構成されている外資系企業で働くのであれば、やはりビジネスレベルの英語力は必須条件です。

現時点で自分の英語力に自信がない方は、まずは現職に勤めながら日々コツコツと英語力を高めておきましょう。

おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

グーグルに効率よく転職するためのコツ【知っておきたい】

あなたがこれからグーグルに効率よく転職したいと考えているなら、まず“外資系企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を強く推奨します。

もちろんグーグル公式HPの中途採用ページから直接エントリーする方法もありますが、これまで外資系企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、グーグルでは外資系企業特有の選考手法があり、十分選考対策ができず転職活動に臨む形になるからです。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もグーグルへの転職に近い転職エージェントです。

グーグルに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職に強みがあります。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも大幅に年収を上げたい。」と考えている方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、人生で初めての外資系企業転職もまず安心して進めることができます。

グーグルにおいても複数のポジションの掲載があるので、まずはじめに登録して間違いない転職エージェントです。

たとえあなたがグーグルへ転職できなくても、JACリクルートメントなら日本国内の優良外資系求人を紹介してくれます。

日本国内の優良外資系企業への転職を狙うなら、まず外資系の転職支援に特化したJACリクルートメントに登録しましょう。

JACリクルートメントは求職者の転職での年収アップを前提に支援をしてくれるので、あなたは転職を機に順調な年収アップ・キャリアアップを実現することができます。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由でグーグルに管理職として転職を決めています。

グーグルに転職したいなら、まず英語力を磨こう!

今回は、「グーグルに転職するために必要な英語力や採用基準」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、グーグルに転職するためには“ビジネスレベルの高い英語力”が求められます。

具体的にはTOEICスコアでできれば900点以上の英語力(最低800点以上)、それに準ずるスピーキングスキルが必要です。

またグーグルは超人気企業なので、多くの求職者にとって狭き門であることは紛れもない事実です。(もちろん、その分あなたが挑戦してみる価値は高いです。)

グーグルへの転職に必要なもの
・専門性の高さ
・ビジネスレベルの英語力

またグーグルに転職するためには上記2つのスキルを求められるので、あなたが将来的にグーグルで働きたいなら、現職で働きつつ専門性と英語力を磨くことを推奨します。

今後グーグルへ転職したいなら、まずグーグルを含む外資系IT企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談することから始めましょう。

JACリクルートメントは特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援しており、かなりの高い確率でグーグルをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

グーグルを含む外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

グーグルに転職するなら?
JACリクルートメント今後グーグルへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが強く、グーグルをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

グーグルの転職に高い英語力は必要

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。