野村證券からの転職先は困らない?【元NOMURA社員に聞いてみた】

野村證券からの転職先
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「野村證券を卒業して、次の転職先を見つけたいけど、どうすればいいの?」

「現在野村證券に勤められて満足しているけど、そろそろ次のステージに進みたい。」

と気になっている方向けの内容です。

日本トップレベルの証券会社の「野村證券(NOMURA)」

現在野村證券に勤めている方なら、そろそろ野村證券を卒業して、次のキャリアアップを目指したいかもしれません。

はじめに今回の結論から申し上げると、あなたが野村證券で職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません

なぜなら、野村證券社員は、

  • 企業のブランド力
  • 管理職経験者が多い
  • 営業力が高い

ため、転職における市場価値が高いからです。

しかし、現在のあなたは「これから本当に自分はキャリアアップを実現できるのか?」と少し不安に感じているに違いありません。

それでは、NOMURA出身者は一体どのような業界・企業に転職をするのでしょうか?

本記事では、「野村證券からの転職先」について詳しくご紹介します。

野村證券から転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

野村證券からの転職先は困らない?【事実ベース】

GAKU
結論から申し上げると、あなたが野村證券からの転職先に困ることはありません。

野村證券から転職される方は様々な業界や企業で活躍しているため、あなたの今後のキャリアの選択肢は数多くあります。

実際に私の周りをみても、野村證券から順調にキャリアアップしていますし、野村證券は日本TOPレベルの営業に強い証券会社として事業展開しており、次の転職先も金融業の領域で選び放題であることが多いです。

そのため、あなたが若いうちに野村證券で職務経験を積んでいれば、次の転職を機にキャリアアップできる可能性が高いす。

実際に野村證券に新卒で入社した方も就労3年などスムーズに次の転職先が決まることが多いので、野村證券は今後のキャリアアップの通過点として学生にも人気がある企業です。

また野村證券は国内の金融業界の中でも平均年収が高く、次のステップとして積極的にミドル・ハイクラスのポジションを十分狙うこともできます。

野村證券に複数年勤めた後に、思い切って独立する方も一定数います。野村證券出身の起業家は結構多いです。

NOMURA社員が転職に強い3つの理由【知っておきたい】

3つ

NOMURA社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことがあります。

GAKU
私の周りにも元NOMURA社員が数名いるので、実際に彼らの話を聞き、NOMURA社員が転職に強い理由がわかりました。

現在NOMURAに勤めている方であれば、共感できる部分が多いと思います。

NOMURA社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・営業力が高い

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

GAKU
まずNOMURA社員が転職に強い理由として、企業のブランド力の高さがあります。

現在野村證券は世界中でグローバルに事業を展開しており、企業としての高いブランド力があります。(野村證券の社員はかっこいいという世間的イメージも強いです。)

また野村證券は日本を代表する総合証券会社なので、金融業界の中でも優秀な人材が集まるイメージが強いです。

そのような高いブランド力が確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

野村證券の転職難易度はとても高いので、転職市場でも重宝されます。

管理職を経験できる

GAKU
次にNOMURA社員が転職に強い理由として、管理職を経験できることがあります。

野村證券の従業員の平均年齢は40代前半と若くはありませんが、年齢が若くても責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースは少なくありません。

実際に新卒で野村證券に入社した社員が30代前半から管理職に就くケースも多いです。

野村證券では若い年齢で管理職を経験する可能性が高いため、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

野村證券と同じように若いうちから管理職を経験できる企業としては、楽天東京海上日動などがあります。

営業力が高い

GAKU
最後にNOMURA社員が転職に強い理由として、営業力の高さがあります。

これまでグローバル証券会社としての地位を高めてきた野村證券は、日本を代表するグローバル企業へと華麗なる変貌を遂げました。

そんな野村證券では普段から営業に関わる業務が多く、そもそも営業力が高い方が多く在籍しています。

野村證券後のキャリアとして、銀行をはじめスタートアップ企業など様々な業界へ営業職として転職される方は非常に多いです。

ちなみに私の周りの元NOMURA社員は国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップする傾向が強いです。

野村證券の海外部門では英語を使う機会が多いので、所属する部署によって高い英語力が求められます。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

元NOMURA社員の主な転職先や業界【知らないと損】

転職元、転職先
GAKU
元NOMURA社員から聞いた野村證券社員の主な転職先や業界は以下の通り。

野村證券からの転職先

野村證券からの転職先
・プルデンシャル生命
・リクルート
・パナソニック
・アクセンチュア
GAKU
野村證券から転職する方は、プルデンシャル生命やメガバンクなど金融業界で管理職ポジションとして転職しやすいです。

またアクセンチュアなどの外資系コンサルファームへのキャリアアップを狙う方も一定数いらっしゃいます。

野村證券から進む業界

野村證券から進む業界
・金融業界
・保険業界
・人材業界
・外資系企業

また野村證券から進む業界は、金融業界や保険業界が多いです。

野村證券はこれまで総合証券会社として事業を展開してきましたが、最近では幅広い事業にも力を入れており、今後様々なキャリアの選択肢があります。

また野村證券には英語を使えるグローバル人材が多く、外資系企業に転職する方も多いです。

GAKU
やはり野村證券から転職しやすい企業や業界には傾向があります。

特に野村證券からは金融業界へのキャリアアップ、思い切って起業する方が多いです。

野村證券から他社に転職する最適なタイミングはいつ?

カレンダー
GAKU
野村證券から他社に転職する最適なタイミングは人それぞれありますが、野村證券では最低3年の就労経験を積んで転職することを強く推奨します。

なぜなら、野村證券で3年も業務を遂行していれば、すでにパフォーマンスを発揮しており、転職市場においても重宝される人材になっているからです。

あなたが野村證券で3年以上勤めているなら、そろそろ転職を考え始めてもいい時期かもしれません。

野村證券の新卒社員も入社から3年で転職することが多いです。

【まとめ】野村證券からの転職先は困らない!

今回は、「野村證券からの転職先」について詳しくご紹介してきました。

今回の結論を申し上げると、野村證券で職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません。

なぜなら、国内でも野村證券の知名度は高く、他の企業からみても、即戦力人材が多く集まるからです。

野村證券で3年以上職務経験がある方は、必ずどの企業でも活躍できるので、まず自信を持って転職活動を開始しましょう

しかし、転職活動のやり方や転職エージェント選びを誤ってしまうと、その後理想のキャリアを歩めなくなる可能性が高くなります

野村證券からキャリアアップを実現するなら?

数ある転職エージェントの中でも、ミドル・ハイクラス層の転職支援に強い「JACリクルートメント」は、最も野村證券社員が転職時に利用する転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントは求職者のターゲットを絞っており、積極的に求人紹介されないこともあるので注意が必要です。

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「野村證券卒業後の働き方を聞いてみたい」
「今の自分のキャリアの選択肢を知りたい」
「グローバル企業の選考対策について教えてほしい」
「初めてグローバル企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談をしてみましょう。

私自身もこれまで転職時にJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

野村證券から転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

野村證券からの転職先は、金融業界、保険業界、人材業界、コンサルファーム、外資系企業が多いです。

野村證券からの転職で失敗しないためには、転職支援のプロであり、ミドル・ハイクラス層に強いJACリクルートメントのコンサルタントに無料相談することを推奨します。

現在のあなたにとって、最適な企業への転職+年収アップを実現してくれます。

野村證券の採用大学は、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、東京大学、一橋大学、関西学院大学など、早慶・MARCH・関関同立を中心に採用しています。

野村證券の従業員は仕事ができるエリート社員が多く、世間一般的に「野村證券に入社できたら勝ち組」と呼ばれることが多いです。

證券会社からの転職先は、金融業界、保険業界、人材業界、コンサルファーム、外資系企業が多いです。