ソフトバンクからの転職先は困らない?【今すぐに辞めたい】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「そろそろソフトバンクを卒業して、次の転職先を見つけたいけど、どうすればいいの?」

国内大手通信キャリアであり、最近では世界最大級の投資ファンドの異名を持つ“ソフトバンク”

現在ソフトバンクに勤めている方なら、そろそろソフトバンクを卒業して次のキャリアアップを目指したいと考えているかもしれません。

結論から申し上げると、あなたがすでにソフトバンクである程度職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはないでしょう。

では実際にソフトバンク出身者はどのような業界・企業に転職をするのでしょうか?

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「ソフトバンクからの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがソフトバンクからのキャリアアップを目指すなら、まずは国内優良企業の転職支援に強い「Samurai Job」に登録しましょう。

>>Samurai Jobに無料登録する

ソフトバンクからの転職先は困らない?

まず結論から申し上げると、あなたがソフトバンクからの転職先に困ることはありません。

ソフトバンクから転職される方は様々な業界や企業で活躍しているため、むしろ今後のキャリアの選択肢は大きくなっていきます。

実際に私の周りをみても、ソフトバンクから順調に年収アップ・キャリアアップしていますし、国内有数の人気企業の一つのため、次の転職先も主にIT業界・通信業界という領域で選び放題であることが多いです。

そのためあなたがソフトバンクで職務経験を積んでいれば、次の転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性が高いと言えるでしょう。

またソフトバンクはIT・通信業界の中でも平均年収が高く、次のステップとしてミドル・ハイクラスのポジションを狙うこともできます。

GAKU
ソフトバンクは多種多様な事業を展開しているため、転職市場においても市場価値が高く評価される場合が多いです。

ソフトバンク社員が転職に強い3つの理由

ソフトバンク社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことが考えられます。

私の周りにも元ソフトバンク社員が数名いるので、実際に彼ら(彼女ら)の話を聞き、ソフトバンク社員が転職に強い理由がわかってきました。

現在ソフトバンクに勤めている方であれば、共感できる部分が多いのではないかと思います。

ソフトバンク社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・成長意欲が高い

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

まずソフトバンク社員が転職に強い理由として、“企業のブランド力の高さ”があげられます。

ソフトバンクは日本国内で通信事業をはじめEコマース・Yahoo!Japanなど多事業を展開しており、日本国内に知らない人はいないくらいに企業としての高いブランド力があります。

またソフトバンクは大手通信キャリアなので、通信業界の中でも優秀な人材が集まっているイメージが強いです。

そのようなブランドが確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
ソフトバンクは通信事業者というイメージが強かったですが、最近は投資ファンドとしての存在感が大きくなりつつあります。

実力主義者が多い

次にソフトバンク社員が転職に強い理由として、“実力主義者が多いこと”があげられます。

ソフトバンクは創業者の孫会長率いる営業会社のため、自然と実力主義・成果主義になれる労働環境が整っています。

特にソフトバンクでは年収が高ければ高いほど実力がある傾向にあります。

またソフトバンクでは比較的若い年齢でも管理職を経験する可能性が高いため、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

GAKU
ソフトバンクには高学歴者の比率が高く、中には海外大学出身者も在籍しています。

成長意欲が高い

最後にソフトバンク社員が転職に強い理由として、“成長意欲が高いこと”があげられます。

多くの方がすでにご存知の通り、ソフトバンクにはIT・通信業界のプロフェッショナルばかりが集まっているため、さらなるキャリア発展をするために転職や独立という選択をします。

ソフトバンクは成長意欲が高い優秀な社員が多く集まっていることから、常に成長できる労働環境が整っています。

そのため、ソフトバンク後のキャリアとして、突然海外勤務に挑戦してみたり、日本国内の外資系企業へ転職をされる方も非常に多いです。

実際に私の周りの元ソフトバンク社員も日本国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップしたりしています。

GAKU
ソフトバンク卒業後のキャリアは様々な選択肢があるので、まず困ることはないでしょう。

元ソフトバンク社員の主な転職先や業界

元ソフトバンク社員の転職先や業界については、以下の通りです。

ソフトバンクからの転職先

ソフトバンクからの転職先
・リクルート
・楽天
・デロイトトーマツ

上記からもわかる通り、ソフトバンクから転職する方は、リクルートや楽天などの大手IT企業で管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

ソフトバンクから進む業界

ソフトバンクから進む業界
・IT業界
・外資コンサルファーム
・通信業界

またソフトバンクから進む業界は、IT業界や外資コンサルファーム、通信業界も多いです。

ソフトバンクはこれまで通信サービスを基盤に事業を展開してきましたが、最近では金融やEC事業にも力を入れており、様々なキャリアの選択肢があります。

またソフトバンクには英語を使える人材が一定数いるので、キャリアチェンジとして外資系企業に転職する方は多いです。

GAKU
やはりソフトバンクから転職しやすい企業や業界には傾向があります。

ソフトバンクから他社に転職する最適なタイミング

ソフトバンクから他社に転職する最適なタイミングは人それぞれですが、元ソフトバンク社員の友人の話をまとめると、ソフトバンクでは最低3年の就労経験を積んで転職することを推奨します。

なぜなら、ソフトバンクで3年も業務を遂行していれば、何かしらのパフォーマンスを発揮しており、転職市場においても重宝される人材になっているはずだからです。

またソフトバンクには数多くの事業・サービスがあり、万が一合わない部署があっても社内異動できるチャンスがあります。

ソフトバンクは現在通信サービスを軸に多岐にわたる事業を展開しているので、業務をしながら学べることも大きいはず。

すでにソフトバンクグループで3年以上勤めている方であれば、そろそろ転職を考え始めてもいい時期かもしれません。

GAKU
ソフトバンクの新卒社員も入社から3年が経過して転職することが多いです。

>>Samurai Jobで求人を探す

ソフトバンク社員がまず登録すべき転職エージェント

現在ソフトバンクに勤めるあなたが今後「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」と考えているなら、まず日本国内の外資系企業への転職を推奨します。

ソフトバンクで十分に成果主義思考を身につけているので、外資系企業でも確実に活躍することができますし、給料もキャリアも青天井に伸ばしていけるはずです。

またソフトバンク社員には英語スキルがある方も一定数いらっしゃるので、これまで以上にグローバルな働き方も実現ができるでしょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「Samurai Job」は非公開求人が多く、今後も外資系企業で働きたいと考えている方にとても定評があります。

Samurai Jobは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な外資系の求人案件を紹介してくれます。

まずはSamurai Jobに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

GAKU
私の周りのソフトバンク社員もソフトバンクからの転職時にはSamurai Jobを利用する方が多い印象があります。

【まとめ】ソフトバンクからの転職先は困らない!

今回は、「ソフトバンクからの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、あなたがすでにソフトバンクである程度職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません。

なぜなら、日本国内でもソフトバンクの知名度は高く、他の企業からみても即戦力人材が多く集まっているイメージが強いからです。

ソフトバンクグループで職務経験がある方なら、絶対にどの企業でも活躍できるはずなので、自信を持って転職活動を開始しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「Samurai Job」は最もソフトバンク社員が転職時に利用している転職エージェントの一つです。

まずはSamurai Jobに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

ソフトバンクに入社できる方はビジネスレベルの英語スキルも持ち合わせていることもあるので、特に今後外資系企業では順調に年収アップ・キャリアアップしていけるはずです。

ソフトバンクグループからの転職先は星の数ほどあるので、今後のキャリアについてじっくりと考えながら転職活動を進めていきましょう。