ヤマハからの転職先は困らない?【元YAMAHA社員に聞いてみた】

ヤマハからの転職先
GAKU
もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今は年収1250万円で管理職に就くことができました。

曲がりなりにもキャリアアップしてきたので、その経験をもとにキャリア形成に役立つ情報を発信しています。

本記事は、

「ヤマハを卒業して、次の転職先を見つけたいけど、一体どうすればいいの?」

「現在ヤマハに勤められて満足しているけど、そろそろ次のステージに進みたい。」

と気になっている方向けの内容です。

世界最大の総合楽器メーカーの「ヤマハ株式会社(YAMAHA)」

全体の売上高6割以上を占める楽器事業が好調で、特に主力製品のピアノは販売額シェア世界1位を維持し続けています。

現在ヤマハからの転職を検討中の方なら、「絶対に転職に失敗したくない」でしょう。

はじめに今回の結論から申し上げると、あなたがヤマハで職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません

ヤマハ社員は、

  • 企業のブランド力
  • 管理職経験者が多い
  • 語学力がある

ため、転職における市場価値が高いです。

しかし、現在のあなたは「これから本当に自分はキャリアアップを実現できるのか?」と少し不安に感じているに違いありません。

本記事では、「ヤマハからの転職で失敗しない方法」について詳しくご紹介します。

ヤマハから転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

登録者の80%2ヶ月以内に企業から内定をもらっているので、あなたも今から2ヵ月後には内定が出てキャリアアップできる可能性は高いです。

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐに退会できるので、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

<JACリクルートメント利用者満足度>

4.7
Rated 4.7 out of 5
5つ星中4.7つ星です!(3人の利用者データ)
かなり高い67%
高い33%
普通0%
低い0%
かなり低い0%

 

満足度120%です。

Rated 5 out of 5
2023年6月20日

これまでの経験を活かせる会社を3社ご紹介いただき、私のことを高く評価いただいた会社に転職することを決めました。

鈴木 (48歳 男性)

ベンチャー企業から日系グローバル企業に転職しました!

Rated 4 out of 5
2022年8月15日

他の転職エージェントと比較して、相対的に良かったです。

コンサルタントの質に個人差はあると思いますが、丁寧にヒアリングしていただき、安心して転職活動を進められました。

Yumi (29歳 女性)

外資系メーカーに転職できました

Rated 5 out of 5
2021年2月1日

初めての転職で何から手をつけていいか分からない状態でしたが、担当者さんにご支援いただき、年収UPを実現できました。

ますだ (33歳 男性)

ヤマハからの転職先は困らない?【事実ベース】

GAKU
まず結論から申し上げると、あなたがヤマハからの転職先に困ることはありません

ヤマハから転職される方は様々な業界や企業で活躍しているため、むしろあなたの今後のキャリアの選択肢は数多くあります。

私の周りをみても、ヤマハから順調にキャリアアップしていますし、ヤマハはグローバルな日本の総合楽器メーカーとして着実に事業展開をしており、次の転職先もメーカーや外資系の領域で選び放題であることが多いです。

ヤマハで職務経験を積んでいれば、次の転職を機にキャリアアップできるだけでなく、転職先の企業でさらなる飛躍が期待できます。

ヤマハに新卒で入社した方も就労5年以内など早いタイミングでスムーズに次の転職先が決まるため、ヤマハは今後のキャリアアップの通過点として学生にも人気がある企業です。

またヤマハは日本国内の総合楽器メーカーの中でもかなり平均年収が高いため、次のキャリアのステップとしてミドル・ハイクラスのポジションを十分狙うこともできます。

しかし、一般的な転職活動をしていても、その後理想のキャリアを実現することはできません

ヤマハはどんな会社?

ヤマハは創業130年以上の歴史ある総合楽器メーカーで、これまで世界の楽器業界を支えてきた日本を代表する日系グローバル企業です。

ヤマハ会社概要
企業名 ヤマハ株式会社
本社所在地 静岡県浜松市中区中沢町10番1号
創業 1887年
資本金 285億34百万円
事業内容 楽器事業、音響機器事業、電子部品事業
従業員数 20,027名
公式HP ヤマハ

従業員の平均年収は800万円前後を維持しており、世間一般的にいうと、平均年収は高い方でホワイト企業です。

GAKU
ちなみにヤマハは静岡県浜松市に本社を構える地方企業のため、良くも悪くもガツガツとスピード感を持って仕事を進めるという感じではありません。

そのため、未だにやや年功序列的な文化が残っています。

YAMAHA社員が転職に強い3つの理由【使わなきゃ損】

外資系企業の営業マン

YAMAHA社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことがあります。

GAKU
私の周りにも元YAMAHA社員がいるので、彼らの話を聞き、YAMAHA社員が転職に強い理由がわかりました。

現在ヤマハに勤めている方であれば、共感できる部分が多いと思います。

YAMAHA社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・英語力がある

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

GAKU
まずYAMAHA社員が転職に強い理由として、企業のブランド力の高さがあります。

現在ヤマハはグローバルに事業を展開しており、企業としての高いブランド力があります。

またヤマハは日本を代表する総合楽器メーカーなので、メーカーの中でも特に優秀な人材が集まるイメージが強いです。

そのような高いブランド力が確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
ヤマハの転職難易度は高いので、転職市場でも重宝されやすいです。

ちなみにヤマハの本社がある静岡県浜松市ですが、人件費が安い浜松エリアで、ヤマハの知名度は圧倒的です。

ヤマハに勤めていると言うだけで、浜松エリアでは高年収と第一想起が生まれます。

管理職を経験できる

GAKU
次にYAMAHA社員が転職に強い理由として、管理職を経験できることがあります。

ヤマハの従業員の平均年齢は40代前半と若くないですが、年齢が若いうちに責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースは少なくありません。

実際に新卒でヤマハに入社した社員が20代後半から管理職に就くケースも多いです。

ヤマハでは若い年齢で管理職を経験する可能性が高いため、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

とはいえ、なかなか社内で出世できず、他の会社に刺激を求めて転職する方も一定数いらっしゃいます。

GAKU
ヤマハと同じように若いうちから管理職を経験できる企業として、トヨタファーストリテイリングなどがあげられます。

最も効率よく外資系企業で管理職になる方法にも詳しく書きましたが、外資系企業の管理職になることはデメリットよりもメリットの方がかなり大きいです。

英語力がある

GAKU
最後にYAMAHA社員が転職に強い理由として、英語力があることがあります。

元々静岡県浜松市の小さな町工場から始まったヤマハは、今では日本を代表するグローバル企業へと華麗なる変貌を遂げました。

現時点でヤマハに入社してくる方の多くは英語力が高いことが多く、普段からグローバルな働き方ができる方が多いです。

ヤマハの後のキャリアとして、海外に勤務をしてみたり、国内の外資系企業へ転職をされる方は非常に多いです。

GAKU
私の友人の元ヤマハ社員も国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップを実現しました。

英語ができると人生が変わる?にも書きましたが、今が一番若いので、今からでも英語学習を始めることが重要です。

GAKU
実際にヤマハでは海外駐在するためには、TOEIC600点以上のスコアを突破する必要があります。

あなたがヤマハでキャリアアップしていくためには、いずれか英語力が必要になるタイミングがあります。

ちなみにヤマハは世界中に数えきれないくらい多くの支店を構えています。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

元YAMAHA社員の主な転職先や業界【知っておきたい】

転職元、転職先
GAKU
元YAMAHA社員から聞いたYAMAHA社員の主な転職先や業界は以下の通り。

ヤマハからの転職先

ヤマハからの転職先
・トヨタ
・ヤンマー
・コマツ
・日立製作所
・P&G

まずヤマハから転職する方はトヨタやヤンマーなど日系大手メーカーで管理職ポジションとして転職しやすい傾向にあります。

またP&Gなどの外資系消費財メーカーへのキャリアアップを狙う方も一定数います。

ヤマハから進む業界

ヤマハから進む業界
・メーカー
・IT業界
・外資系企業

またヤマハから進む業界は、メーカー全般やIT業界、外資系企業が多いです。

ヤマハはこれまで総合楽器メーカーとしてグローバルに事業展開してきましたが、最近では積極的に新事業にも注力しています。

特にヤマハには英語を使えるグローバル人材も多いので、その後思い切って優良外資系企業に転職する方は多いです。

GAKU
ヤマハから転職しやすい企業や業界には傾向があるので、転職エージェントに相談しながら転職活動を行うことで、より効率良く年収UPの転職を実現できます。

ヤマハは地方企業では珍しく平均年収がかなり高いので、その後の転職先もスムーズに決まりやすいです。

ヤマハから他社に転職する最適なタイミングはいつ?

カレンダー
GAKU
ヤマハから他社に転職する最適なタイミングは人それぞれですが、元YAMAHA社員の友人の話をまとめると、ヤマハでは最低5年の就労経験を積んで転職することを強く推奨します。

なぜなら、ヤマハで5年も業務を遂行していれば、転職市場においても重宝される人材になっているからです。

あなたがヤマハで5年以上勤めているなら、転職を考え始めてもいい時期かもしれません

ヤマハのような人気企業で5年も経験を積んでいれば、その後も順調にキャリアアップすることができます。

【まとめ】ヤマハからの転職先は困らない!

ヤマハからの転職先

今回は、「ヤマハからの転職先」について詳しくご紹介してきました。

GAKU
改めて結論を申し上げると、ヤマハで職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません

なぜなら、国内でもヤマハの知名度は高く、即戦力人材が多く集まっているからです。

ヤマハで5年以上職務経験がある方は、必ずどの企業でも活躍できるので、まず自信を持って転職活動を開始しましょう

しかし、転職活動のやり方や転職エージェント選びを誤ってしまうと、その後理想のキャリアを歩めなくなる可能性が高くなります

ヤマハからキャリアアップを実現するなら?

数ある転職エージェントの中でも、ミドル・ハイクラス層の転職支援に強い「JACリクルートメント」は、最もヤマハ社員が転職時に利用する転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントは求職者のターゲットを絞っており、積極的に求人紹介されないこともあるので注意が必要です。

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「ヤマハ卒業後の働き方を聞いてみたい」
「今の自分のキャリアの選択肢を知りたい」
「グローバル企業の選考対策について教えてほしい」
「初めてグローバル企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談をしてみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

ヤマハから転職するなら?

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

登録者の80%2ヶ月以内に企業から内定をもらっているので、あなたも今から2ヵ月後には内定が出てキャリアアップできる可能性は高いです。

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐに退会できるので、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

いつでも担当者は変更可能

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

あなたに合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼している転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用して損することはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後にこれから「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私も何度かビズリーチを利用したことがありますが、忙しい中でも、スピード感をもって、大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらえました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトを見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/